2021/01/05 更新

写真a

ニカイドウ ヨシカズ
二階堂 義和
NIKAIDO Yoshikazu
所属
医学研究科 共同研究講座
専任担当
医学研究科 共同研究講座 フレイル予防学研究講座
生年
1982年
研究室電話
0172-39-5113

学位

  • 学術博士

  • 農学修士

  • 農学士

研究分野

  • ライフサイエンス / 医療薬学

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

  • ライフサイエンス / 生理学

所属学協会

  • 日本神経科学会

  • 日本行動神経内分泌学研究会

  • 日本生理学会

  • 日本生気象学会

論文

  • Higher plasma leptin and lower C-peptide levels are associated with depression: A cross-sectional study.

    Daiki Takekawa, Takashi Kudo, Junichi Saito, Futoshi Kimura, Yoshikazu Nikaido, Kaori Sawada, Norio Yasui-Furukori, Kazuyoshi Hirota

    Journal of affective disorders   243   70 - 74   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Chronic inflammatory pain induced GABAergic synaptic plasticity in the adult mouse anterior cingulate cortex.

    Kohei Koga, Shuji Shimoyama, Akihiro Yamada, Tomonori Furukawa, Yoshikazu Nikaido, Hidemasa Furue, Kazuhiko Nakamura, Shinya Ueno

    Molecular pain   14   1744806918783478 - 1744806918783478   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • cis-3-Hexenol and trans-2-hexenal mixture prevents development of PTSD-like phenotype in rats.

    Yoshikazu Nikaido, Junko Yamada, Keisuke Migita, Yuko Shiba, Tomonori Furukawa, Toshihiro Nakashima, Shinya Ueno

    Behavioural brain research   297   251 - 258   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Spontaneous epileptic seizures in transgenic rats harboring a human ADNFLE missense mutation in the β2-subunit of the nicotinic acetylcholine receptor.

    Yuko Shiba, Fumiaki Mori, Junko Yamada, Keisuke Migita, Yoshikazu Nikaido, Koichi Wakabayashi, Sunao Kaneko, Motohiro Okada, Shinichi Hirose, Shinya Ueno

    Neuroscience research   100   46 - 54   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • p62 Deficiency Enhances α-Synuclein Pathology in Mice.

    Kunikazu Tanji, Saori Odagiri, Yasuo Miki, Atsushi Maruyama, Yoshikazu Nikaido, Junsei Mimura, Fumiaki Mori, Eiji Warabi, Toru Yanagawa, Shinya Ueno, Ken Itoh, Koichi Wakabayashi

    Brain pathology (Zurich, Switzerland)   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Properties of a novel GABAA receptor γ2 subunit mutation associated with seizures.

    Keisuke Migita, Junko Yamada, Yoshikazu Nikaido, XiuYu Shi, Sunao Kaneko, Shinichi Hirose, Shinya Ueno

    Journal of pharmacological sciences   121 ( 1 )   84 - 87   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Mixture of cis-3-hexenol and trans-2-hexenal attenuates behavioral and stress responses induced by 2,5-dihydro-2,4,5-trimethylthiazoline and electric footshock stress in rats.

    Y Nikaido, S Miyata, T Nakashima

    Physiology & behavior   103 ( 5 )   547 - 556   2011年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Different patterns of neuronal activities in the infralimbic and prelimbic cortices and behavioral expression in response to two affective odors, 2,5-dihydro-2,4,5-trimethylthiazoline and a mixture of cis-3-hexenol and trans-2-hexenal, in the freely moving rat.

    Y Nikaido, T Nakashima

    Behavioural brain research   218 ( 1 )   218 - 227   2011年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Localization of plasminogen in mouse hippocampus, cerebral cortex, and hypothalamus.

    Yuki Taniguchi, Naoko Inoue, Shoko Morita, Yoshikazu Nikaido, Toshihiro Nakashima, Nobuo Nagai, Kiyotaka Okada, Osamu Matsuo, Seiji Miyata

    Cell and tissue research   343 ( 2 )   303 - 317   2011年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Exposure to TMT odor affects adrenal sympathetic nerve activity and behavioral consequences in rats.

    Yuko Horii, Yoshikazu Nikaido, Katsuya Nagai, Toshihiro Nakashima

    Behavioural brain research   214 ( 2 )   317 - 322   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effects of environmental novelty on fear-related behavior and stress responses of rats to emotionally relevant odors.

    Y Nikaido, T Nakashima

    Behavioural brain research   199 ( 2 )   241 - 246   2009年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

受賞

  • 平成26年度 弘前大学若手・新任研究者支援事業研究成果発表会優秀賞

    2015年03月

  • 第19回JSIVA賞

    2012年09月

担当授業科目(学内)

  • 2019年度年度,医学・医療の世界-脳のしくみ-,教養教育科目

  • 2018年度年度,生活習慣と健康(L),21世紀教育科目

  • 2018年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,医学・医療の世界-脳のしくみ-,教養教育科目

  • 2017年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,神経科学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,神経科学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,神経科学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,神経科学,専門教育科目(学部)

▼全件表示