2021/07/30 更新

写真a

コバヤシ カズヤ
小林 一也
KOBAYASHI Kazuya
所属
自然科学系 農学・生命科学領域
専任担当
農学生命科学部 生物学科
研究室電話
0172-39-3587
研究室FAX
0172-39-3587

学位

  • 博士(理学)

研究分野

  • ライフサイエンス / 発生生物学

  • ライフサイエンス / 形態、構造

所属学協会

  • 日本発生生物学会

  • 日本動物学会

論文

  • Identification of novel yolk ferritins unique to planarians: planarians supply aluminum rather than iron to vitellaria in egg capsules.

    Osamu Kawase, Hisashi Iwaya, Yoshiya Asano, Hiromoto Inoue, Seiya Kudo, Motoki Sasahira, Nobuyuki Azuma, Daisuke Kondoh, Madoka Ichikawa-Seki, Xuenan Xuan, Kimitoshi Sakamoto, Hikaru Okamoto, Hinaki Nakadate, Wataru Inoue, Ikuma Saito, Miyu Narita, Kiyono Sekii, Kazuya Kobayashi

    Cell and tissue research   2021年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • D-Tryptophan enhances the reproductive organ-specific expression of the amino acid transporter homolog Dr-SLC38A9 involved in the sexual induction of planarian Dugesia ryukyuensis.

    Takanobu Maezawa, Masaki Ishikawa, Kiyono Sekii, Go Nagamatsu, Ryohei Furukawa, Kazuya Kobayashi

    Zoological letters   7 ( 1 )   4 - 4   2021年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Transcriptomic analysis reveals differences in the regulation of amino acid metabolism in asexual and sexual planarians.

    Kiyono Sekii, Shunta Yorimoto, Hikaru Okamoto, Nanna Nagao, Takanobu Maezawa, Yasuhisa Matsui, Katsushi Yamaguchi, Ryohei Furukawa, Shuji Shigenobu, Kazuya Kobayashi

    Scientific reports   9 ( 1 )   6132 - 6132   2019年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A comprehensive comparison of sex-inducing activity in asexual worms of the planarian Dugesia ryukyuensis: the crucial sex-inducing substance appears to be present in yolk glands in Tricladida.

    Haruka Nakagawa, Kiyono Sekii, Takanobu Maezawa, Makoto Kitamura, Soichiro Miyashita, Marina Abukawa, Midori Matsumoto, Kazuya Kobayashi

    Zoological letters   4   14 - 14   2018年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The identification of ᴅ-tryptophan as a bioactive substance for postembryonic ovarian development in the planarian Dugesia ryukyuensis.

    Kazuya Kobayashi, Takanobu Maezawa, Hiroyuki Tanaka, Hiroyuki Onuki, Yurie Horiguchi, Hiroshi Hirota, Tetsuo Ishida, Kihachiro Horiike, Yasutoshi Agata, Manabu Aoki, Motonori Hoshi, Midori Matsumoto

    Scientific reports   7   45175 - 45175   2017年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Light and electron microscopic studies of the intestinal epithelium in Notoplana humilis (Platyhelminthes, Polycladida): the contribution of mesodermal/gastrodermal neoblasts to intestinal regeneration.

    Daisuke Okano, Sachiko Ishida, Sei-Ichi Ishiguro, Kazuya Kobayashi

    Cell and tissue research   2015年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Planarian D-amino acid oxidase is involved in ovarian development during sexual induction.

    Takanobu Maezawa, Hiroyuki Tanaka, Haruka Nakagawa, Mizuki Ono, Manabu Aoki, Midori Matsumoto, Tetsuo Ishida, Kihachiro Horiike, Kazuya Kobayashi

    Mechanisms of development   132   69 - 78   2014年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The Dr-nanos gene is essential for germ cell specification in the planarian Dugesia ryukyuensis.

    Haruka Nakagawa, Hirotsugu Ishizu, Ayako Chinone, Kazuya Kobayashi, Midori Matsumoto

    The International journal of developmental biology   56 ( 1-3 )   165 - 171   2012年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Existence of two sexual races in the planarian species switching between asexual and sexual reproduction.

    Kazuya Kobayashi, Takanobu Maezawa, Haruka Nakagawa, Motonori Hoshi

    Zoological science   29 ( 4 )   265 - 272   2012年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Drpiwi-1 is essential for germline cell formation during sexualization of the planarian Dugesia ryukyuensis.

    Haruka Nakagawa, Hirotsugu Ishizu, Reiko Hasegawa, Kazuya Kobayashi, Midori Matsumoto

    Developmental biology   361 ( 1 )   167 - 176   2012年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Sex-inducing effect of a hydrophilic fraction on reproductive switching in the planarian Dugesia ryukyuensis (Seriata, Tricladida).

    Kazuya Kobayashi, Motonori Hoshi

    Frontiers in zoology   8   23 - 23   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effects of 17β-estradiol and bisphenol A on the formation of reproductive organs in planarians.

    Hitoshi Miyashita, Haruka Nakagawa, Kazuya Kobayashi, Motonori Hoshi, Midori Matsumoto

    The Biological bulletin   220 ( 1 )   47 - 56   2011年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Production of asexual and sexual offspring in the triploid sexual planarian Dugesia ryukyuensis.

    Kazuya Kobayashi, Sachiko Arioka, Motonori Hoshi, Midori Matsumoto

    Integrative zoology   4 ( 3 )   265 - 271   2009年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Neoblast-enriched fraction rescues eye formation in eye-defective planarian 'menashi' Dugesia ryukyuensis.

    Kazuya Kobayashi, Toshiyuki Hashiguchi, Taiichiro Ichikawa, Yugo Ishino, Motonori Hoshi, Midori Matsumoto

    Development, growth & differentiation   50 ( 8 )   689 - 696   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Production of diploid and triploid offspring by inbreeding of the triploid planarian Dugesia ryukyuensis.

    Kazuya Kobayashi, Hirotsugu Ishizu, Sachiko Arioka, Jocelyn Padilla Cabrera, Motonori Hoshi, Midori Matsumoto

    Chromosoma   117 ( 3 )   289 - 296   2008年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The Dugesia ryukyuensis database as a molecular resource for studying switching of the reproductive system.

    Hideyuki Ishizuka, Takanobu Maezawa, Junpei Kawauchi, Hanae Nodono, Yukako Hirao, Osamu Nishimura, Haruka Nakagawa, Kiyono Sekii, Kenta Tasaka, Hiroshi Tarui, Kiyokazu Agata, Motonori Hoshi, Kazuya Kobayashi, Yasubumi Sakakibara, Midori Matsumoto

    Zoological science   24 ( 1 )   31 - 37   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Characterization of novel genes expressed specifically in the sexual organs of the planarian Dugesia ryukyuensis.

    Sumitaka Hase, Emiko Kashiwagi, Kazuya Kobayashi, Motonori Hoshi, Midori Matsumoto

    The International journal of developmental biology   51 ( 4 )   345 - 349   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Characterization of the pigment produced by the planarian, Dugesia ryukyuensis.

    Sumitaka Hase, Kazumasa Wakamatsu, Kengo Fujimoto, Akemi Inaba, Kazuya Kobayashi, Midori Matsumoto, Motonori Hoshi, Sumiko Negishi

    Pigment cell research   19 ( 3 )   248 - 249   2006年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Comparative study of eye defective worm 'menashi' and regenerating wild-type in planarian, Dugesia ryukyuensis.

    Yukiko Sato, Kazuya Kobayashi, Midori Matsumoto, Motonori Hoshi, Sumiko Negishi

    Pigment cell research   18 ( 2 )   86 - 91   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Switch from Asexual to Sexual Reproduction in the Planarian Dugesia ryukyuensis.

    Motonori Hoshi, Kazuya Kobayashi, Sachiko Arioka, Sumitaka Hase, Midori Matsumoto

    Integrative and comparative biology   43 ( 2 )   242 - 246   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Transcriptional pattern of a novel gene, expressed specifically after the point-of-no-return during sexualization, in planaria.

    Sumitaka Hase, Kazuya Kobayashi, Ryo Koyanagi, Motonori Hoshi, Midori Matsumoto

    Development genes and evolution   212 ( 12 )   585 - 592   2003年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Seasonal changes in the sexualization of the planarian Dugesia ryukyuensis.

    Kazuya Kobayashi, Sachiko Arioka, Motonori Hoshi

    Zoological science   19 ( 11 )   1267 - 1278   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Signification of the sexualizing substance produced by the sexualized planarians.

    Kazuya Kobayashi, Sachiko Arioka, Sumitaka Hase, Motonori Hoshi

    Zoological science   19 ( 6 )   667 - 672   2002年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Switching from asexual to sexual reproduction in the planarian Dugesia ryukyuensis: change of the fissiparous capacity along with the sexualizing process.

    Kazuya Kobayashi, Motonori Hoshi

    Zoological science   19 ( 6 )   661 - 666   2002年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Localization of mitochondrial ribosomal RNA on the chromatoid bodies of marine planarian polyclad embryos.

    K Sato, T Sugita, K Kobayashi, K Fujita, T Fujii, Y Matsumoto, T Mikami, N Nishizuka, S Nishizuka, K Shojima, M Suda, G Takahashi, H Himeno, A Muto, S Ishida

    Development, growth & differentiation   43 ( 2 )   107 - 114   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • プラナリアにおける生殖戦略転換機構

    小林 一也

    1999年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)   共著区分:単著  

  • Switching from Asexual to Sexual Reproduction in the Planarian Dugesia ryukyuensis: Bioassay System and Basic Description of Sexualizing Process

    Kazuya Kobayashi, Ryo Koyanagi, Midori Matsumoto, Jocelyn Padilla Cabrera and Motonori Hoshi

    Zoological science   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Switch from Asexual to Sexual Reproduction in the Planarian Dugesia ryukyuensis.

    Kazuya Kobayashi, Ryo Koyanagi, Midori Matsumoto, Jocelyn and Motonori Hoshi

    Invertebrate Reproduction & Development   36 ( 1-3 )   153 - 158   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 動物学の百科辞典 日本動物学会編

    小林一也( 担当: 共著 ,  範囲: 有性生殖と無性生殖−生殖戦略の多様性)

    丸善出版  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  • Reproductive and Developmental Strategies: The Continuity of Life

    K. Kobayashi, T. Kitano, Y. Iwao, M. Kondo( 担当: 共編者(共編著者))

    Springer Japan  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • シリーズ・生命の神秘と不思議 プラナリアたちの巧みな生殖戦略

    小林一也、関井清乃( 担当: 共著)

    裳華房  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 白神学入門 <2017> 弘前大学白神自然環境研究所 編

    小林一也( 担当: 単著)

    弘前大学出版会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 弘前大学で見つけた一〇七の言の葉ノート−勉学 人生 世界観−

    小林一也( 担当: 単著)

    弘前大学出版会  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • 身近な動物を使った実験2 プラナリア モノアラガイ・ナメクジ ミミズ

    小林一也・松本緑( 担当: 共著)

    三共出版  2009年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

総説・短報・翻訳等

  • Sex-inducing substances terminate dormancy in planarian postembryonic reproductive development

    Kiyono Sekii, Kazuya Kobayashi

    Advances in Invertebrate (Neuro) Endocrinology, Volume 1: Phyla Other Than Arthropoda   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Apple Academic Press   共著区分:共著  

  • Reproductive strategies in planarians: Insights gained from the bioassay system for sexual induction in asexual Dugesia ryukyuensis worms

    Maezawa, K. Sekii, M. Ishikawa, H. Okamoto, K. Kobayashi

    Reproductive and Developmental Strategies: The Continuity of Life   175 - 201   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Japan   共著区分:共著  

  • 切っても死なない!?プラナリアから学ぶ生殖戦略

    小林一也

    青い森しんきん とれんど情報   456 ( 11月 )   1 - 1   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   共著区分:単著  

  • プラナリアの生殖様式転換機構と配偶子幹細胞

    小林一也,松本緑

    細胞工学   29 ( 7 )   670 - 674   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:秀潤社   共著区分:共著  

受賞

  • 弘前大学表彰

    2014年05月

  • Fujii Award

    2013年09月

  • Zoological Science Award

    2013年09月

担当授業科目(学内)

  • 2020年度年度,動物発生生物学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,基礎生物学C,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,外書講読,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,専門英語I,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,専門英語II,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,教職生物学専門実験,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,生殖生物学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,生物学実験Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,生物学専門実験I,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,生物学専門実験II,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,生物学演習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,臨海実習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,学会等発表,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,学術特別演習II,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,学術特別研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,実践特別演習I,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,実践特別演習II,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,実践特別研究I,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,実践特別研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,生殖生物学実習,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,生殖生物学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,科学英語,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2020年度年度,青森の自然-白神学Ⅰ-,教養教育科目

  • 2019年度年度,白神学入門(A),21世紀教育科目

  • 2019年度年度,動物発生生物学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,基礎生物学C,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,専門英語I,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,専門英語II,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,生殖生物学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,生物学専門実験I,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,生物学専門実験II,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,生物学演習,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,発生生物学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,臨海実習,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,学会等発表,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,学術特別演習I,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,学術特別研究I,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,実践特別演習I,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,実践特別研究I,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,生殖生物学実習,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,生殖生物学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,科学英語,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,青森の自然-白神学Ⅰ-,教養教育科目

  • 2018年度年度,白神学入門(A),21世紀教育科目

  • 2018年度年度,動物発生生物学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,基礎生物学C,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,専門英語II,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,海外研修入門,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,生殖生物学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,生物学実験Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,生物学専門実験I,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,生物学専門実験II,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,生物学演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,発生生物学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,臨海実習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,実践特別演習II,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,実践特別研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,生殖生物学実習,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,生殖生物学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2018年度年度,青森の自然-白神学Ⅰ-,教養教育科目

  • 2017年度年度,白神学入門(A),21世紀教育科目

  • 2017年度年度,動物発生生物学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,生殖生物学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,生物学専門実験,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,生物学専門実験I,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,生物学専門実験II,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,発生生物学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,臨海実習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,実践特別演習I,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,実践特別研究I,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,生殖生物学実習,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,生殖生物学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,青森の自然-白神学Ⅰ-,教養教育科目

  • 2016年度年度,生物の科学・技術(A),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,生物学の基礎Ⅱ(B),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,白神学入門(A),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,コンピュータ演習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,基礎生物学C,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,生殖生物学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,生物学実験 I,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,生物学専門実験 I,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,生物学専門実験 II,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,発生生物学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,臨海実習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,学術特別演習II,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,学術特別研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,実践特別演習II,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,実践特別研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,生殖生物学実習,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,生殖生物学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,地域学ゼミナール,教養教育科目

  • 2016年度年度,青森の自然-白神学Ⅰ-,教養教育科目

  • 2015年度年度,環境との共生 (A),21世紀教育科目

  • 2015年度年度,生物の科学・技術 (A),21世紀教育科目

  • 2015年度年度,生物学の基礎II (B),21世紀教育科目

  • 2015年度年度,コンピュータ演習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,生殖生物学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,生物学実験 I,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,生物学専門実験 I,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,生物学専門実験 II,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,発生生物学 Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,臨海実習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,農学生命科学概論 I,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,学会発表等,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,生殖生物学実習,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,生殖生物学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,科学英語,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,環境との共生 (A),21世紀教育科目

  • 2014年度年度,生物の科学・技術 (A),21世紀教育科目

  • 2014年度年度,生物学の基礎II (B),21世紀教育科目

  • 2014年度年度,コンピュータ演習,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,専門英語,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,生物学実験 I,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,生物学専門実験,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,生物学専門実験 I,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,生物学専門実験 II,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,発生生物学 Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,臨海実習,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,農学生命科学概論 I,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,生殖生物学実習,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,生殖生物学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2013年度年度,環境との共生(A),21世紀教育科目

  • 2013年度年度,コンピュータ演習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,専門英語,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,生物学実験 I,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,生物学専門実験 I,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,生物学専門実験 II,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,発生生物学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,臨海実習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,環境との共生(A),21世紀教育科目

  • 2012年度年度,コンピュータ演習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,外書購読,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,専門英語,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,生物学実験 I,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,生物学専門実験 I,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,生物学専門実験 II,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,発生生物学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,臨海実習,専門教育科目(学部)

▼全件表示

社会貢献活動

  • 日本動物学会第87回沖縄大会 動物学ひろば

    2016年11月

  • 日本動物学会第86回新潟大会 動物学ひろば「見てみよう、多様な動物の世界」

    2015年09月

  • 日本動物学会第86回新潟大会 ミニ講演会「研究の世界で活躍する動物たち」

    2015年09月

  • 日本動物学会第85回大会仙台大会 「見てみよう触ってみようー多様な動物の世界ー」

    2014年09月