2021/12/16 更新

写真a

クリタ ダイスケ
栗田 大輔
KURITA Daisuke
所属
自然科学系 農学・生命科学領域
専任担当
農学生命科学部 分子生命科学科

学位

  • 農学(博士)

研究キーワード

  • 部位特異的ラジカルプロービング

  • 翻訳停滞

  • 翻訳

  • 分子擬態

  • リボソーム

  • トランス・トランスレーション

  • タンパク合成

  • クライオ電子顕微鏡

  • tRNA

  • tmRNA

  • SmpB

  • Release Factor

  • In vitro 翻訳系

  • ArfA

研究分野

  • ライフサイエンス / 応用生物化学

  • ライフサイエンス / 応用生物化学

  • ライフサイエンス / 応用分子細胞生物学

自己PR

  • (連携キーワード)

    タンパク合成、翻訳、リボソーム、RNA、タンパク質

論文

  • A stalled-ribosome rescue factor Pth3 is required for mitochondrial translation against antibiotics in Saccharomyces cerevisiae

    Soichiro Hoshino, Ryohei Kanemura, Daisuke Kurita, Yukihiro Soutome, Hyouta Himeno, Masak Takaine, Masakatsu Watanabe, Nobukazu Nameki

    Communications Biology   4 ( 1 )   300 - 300   2021年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Involvement of GcvB small RNA in intrinsic resistance to multiple aminoglycoside antibiotics in Escherichia coli.

    Muto A, Goto S, Kurita D, Ushida C, Himeno H.

    Journal of Biochemistry   169 ( 4 )   485 - 489   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Molecular determinants of Release Factor 2 for ArfA-mediated ribosome rescue

    Daisuke Kurita, Tatsuhiko Abo, Hyouta Himeno

    Journal of Biological Chemistry   295 ( 38 )   13326 - 13337   2020年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • RsgA couples the maturation state of the 30S ribosomal decoding center to activation of its GTPase pocket.

    López-Alonso JP, Kaminishi T, Kikuchi T, Hirata Y, Iturrioz I, Dhimole N, Schedlbauer A, Hase Y, Goto S, Kurita D, Muto A, Zhou S, Naoe C, Mills DJ, Gil-Carton D, Takemoto C, Himeno H, Fucini P, Connell SR.

    Nucleic Acids Research   6945 - 6959   2017年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Mechanistic insights into the alternative translation termination by ArfA and RF2.

    Ma C, Kurita D, Li N, Chen Y, Himeno H, Gao N

    Nature   ( 541 )   550 - 553   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 細菌におけるリボソームレスキュー機構

    姫野 俵太, 栗田 大輔

    化学と生物   54 ( 12 )   878 - 884   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ribosome rescue systems in bacteria.

    Himeno H, Nameki N, Kurita D, Muto A, Abo T.

    Biochimie.   2015年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ArfA recognizes the lack of mRNA in the mRNA channel after RF2 binding for ribosome rescue.

    Kurita D, Chadani Y, Muto A, Abo T, Himeno H.

    Nucleic Acids Research   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Rejection of tmRNA• SmpB after GTP hydrolysis by EF-Tu on ribosomes stalled on intact mRNA.

    Kurita D, Miller M, Muto A, Buskirk A, Himeno H.

    RNA   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • tmRNA-mediated trans-translation as the major ribosome rescue system in a bacterial cell.

    Himeno H, Kurita D, Muto A.

    Frontiers in Genetics.   2014年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Mechanism of trans-translation revealed by in vitro studies.

    Himeno H, Kurita D, Muto A.

    Frontiers in Microbiology.   5   2014年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • In vitro trans-translation assays.

    Kurita D, Muto A, Himeno H

    Methods in molecular biology   905   311 - 325   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Scopus

    PubMed

  • tRNA/mRNA Mimicry by tmRNA and SmpB in Trans-Translation.

    Kurita D, Muto A, Himeno H

    Journal of nucleic acids   2011   130581   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Scopus

    PubMed

  • Role of the C-terminal tail of SmpB in the early stage of trans-translation.

    Kurita D, Muto A, Himeno H

    RNA   16 ( 5 )   980 - 990   2010年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • [Collaboration of two kinds of tRNA/mRNA hybrids: trans-translation].

    Himeno H, Kurita D, Muto A

    Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   54 ( 16 Suppl )   2201 - 6   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • [Collaboration of two kinds of tRNA/mRNA hybrids: trans-translation].

    Hyouta Himeno, Daisuke Kurita, Akira Muto

    Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   54 ( 16 Suppl )   2201 - 2206   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Trans-translation by tmRNA and SmpB

    Une M, Kurita D, Muto A, Himeno H.

    Nucleic Acids Symposium Series   53   305 - 306   2009年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • mRNAを擬態するタンパク質

    栗田 大輔, 武藤 〓, 姫野 俵太

    化学と生物   46 ( 7 )   465 - 471   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Interaction of SmpB with ribosome from directed hydroxyl radical probing.

    Kurita D, Sasaki R, Muto A, Himeno H

    Nucleic acids research   35 ( 21 )   7248 - 7255   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Molecular mechanism of trans-translation

    Kurita D, Konno T, Takada K, Muto A, Himeno H.

    Nucleic Acids Symposium Series   51   43 - 44   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Molecular mechanism of trans-translation.

    Daisuke Kurita, Takayuki Konno, Kazuma Takada, Akira Muto, Hyouta Himeno

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 51 )   43 - 44   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • A functional interaction of SmpB with tmRNA for determination of the resuming point of trans-translation

    Konno T, Kurita D, Takada K, Muto A, Himeno H.

    RNA   13 ( 10 )   1723 - 1731   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Interaction of SmpB with ribosome from directed hydroxyl radical probing

    Kurita D, Sasaki R, Muto A, Himeno H.

    Nucleic Acids Research   35 ( 21 )   7248 - 7255   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A functional interaction of SmpB with tmRNA for determination of the resuming point of trans-translation.

    Konno T, Kurita D, Takada K, Muto A, Himeno H

    RNA (New York, N.Y.)   13 ( 10 )   1723 - 1731   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Molecular mechanism of trans-translation

    Hyouta Himeno, Daisuke Kurita, Kazuma Takada, Takayuki Konno, Kyoko Hanawa-Suetsugu, Chie Takemoto, Masahito Kawazoe, Shigeyuki Yokoyama, Nobukazu Nameki, Gota Kawai, Akira Muto

    SEIKAGAKU   79 ( 3 )   213 - 221   2007年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Competition between trans-translation and termination or elongation of translation

    Asano K, Kurita D, Takada K, Konno T, Muto A, Himeno H.

    Nucleic Acids Research   33 ( 17 )   5544 - 5552   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Competition between trans-translation and termination or elongation of translation.

    Asano K, Kurita D, Takada K, Konno T, Muto A, Himeno H

    Nucleic acids research   33 ( 17 )   5544 - 5552   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Functional analysis of factors involved in trans-translation

    Takada K, Takemoto C, Kawazoe M, Konno T, Matsuta N, Kurita D, Asano K, Shirouzu M, Yokoyama S, Muto A, Himeno H.

    Nucleic Acids Symposium Series   49   101 - 102   2005年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Initiation-shift of trans-translation by aminoglycosides

    Konno T, Kurita D, Takahashi T, Muto A, Himeno H.

    Nucleic Acids Symposium Series   ( 48 )   299 - 300   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • A minimum structure of aminoglycosides that causes an initiation shift of trans-translation

    Konno T, Takahashi T, Kurita D, Muto A, Himeno H

    Nucleic Acids Research   32 ( 14 )   4119 - 4126   2004年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A minimum structure of aminoglycosides that causes an initiation shift of trans-translation.

    Konno T, Takahashi T, Kurita D, Muto A, Himeno H

    Nucleic acids research   32 ( 14 )   4119 - 4126   2004年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物

  • tRNA/mRNA mimicry by tmRNA and SmpB in trans-translation.

    Kurita D, Muto A, Himeno H.( 担当: 共著)

    Avid Science  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Advances in Genetics Research

    Himeno H, Kurita D, Muto, A( 担当: 共著)

    Nova Science Publishers Inc.  2011年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • mRNAプログラム 多様性と非対称性の獲得戦略(稲田利文、大野睦人編)

    姫野俵太、栗田大輔、武藤昱( 担当: 共著)

    共立出版  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Protein Biosynthesis

    Himeno H, Kurita D, Muto A.( 担当: 共著)

    Nova Science Publishers Inc.  2009年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

総説・短報・翻訳等

  • 細菌におけるリボソームレスキュー機構

    姫野俵太、栗田大輔

    化学と生物   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本農芸化学会   共著区分:共著  

  • リボソーム、ArfA、翻訳終結因子RF2、開始tRNA、mRNAからなる複合体のクライオ電子顕微鏡による構造解析

    栗田大輔, 姫野俵太

    ライフサイエンス新着論文レビュー   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:共著  

  • 2つの機能を有するtmRNAによる細菌の翻訳解消システム

    姫野俵太、栗田大輔、武藤昱

    実験医学   31 ( 7 )   54 - 60   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:羊土社   共著区分:共著  

  • Molecular mimicry of tRNA/mRNA during trans-translation

    Daisuke Kurita, Masataka Une, Akira Muto, Hyouta Himeno

    FASEB JOURNAL   24   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL   共著区分:共著  

    Web of Science

  • 2つのtRNA/mRNAハイブリッド –トランス・トランスレーション-

    姫野俵太、栗田大輔、武藤昱

    蛋白質核酸酵素   54 ( 16 )   2201 - 2206   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:共立出版   共著区分:共著  

  • mRNAを擬態するタンパク質

    栗田大輔、武藤昱、姫野俵太.

    化学と生物   46 ( 7 )   465 - 471   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:学会出版センター   共著区分:共著  

  • トランス・トランスレーションの分子メカニズム

    姫野俵太、栗田大輔、高田一馬、今野貴之、塙(末次)京子、竹本千重、川添将仁、横山茂之、行木信一、河合剛太、武藤昱

    生化学   79 ( 3 )   213 - 221   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本生化学会   共著区分:共著  

▼全件表示

受賞

  • 弘前大学若手優秀論文賞

    2016年02月

担当授業科目(学内)

  • 2021年度年度,分子生命科学実験Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,分子生命科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,文献講読Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,海外研修入門,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,生体高分子構造化学,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,実践研究推進セミナー,修士課程・博士前期課程

  • 2021年度年度,生体高分子構造学A,修士課程・博士前期課程

  • 2021年度年度,生体高分子構造学B,修士課程・博士前期課程

  • 2021年度年度,地域学ゼミナール,教養教育科目

  • 2021年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2020年度年度,コンピュータ演習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,分子生命科学実験Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,分子生命科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,専門英語,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,文献講読Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,生体高分子構造化学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,生体高分子構造学A,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,生体高分子構造学B,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,地域学ゼミナール,教養教育科目

  • 2019年度年度,分子生命科学実験Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,分子生命科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,文献講読Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,文献講読Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,生体高分子構造化学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,分析技術法E,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,生体高分子構造学A,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,生体高分子構造学B,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,地域学ゼミナール,教養教育科目

  • 2018年度年度,分子生命科学実験Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,分子生命科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,文献講読,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,生体高分子構造化学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,生体高分子構造学A,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,生体高分子構造学B,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,分子生命科学実験Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,分子生命科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,文献講読,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,生体高分子構造化学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,農学生命科学概論,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,分析技術法E,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,生体高分子構造学A,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,生体高分子構造学B,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,コンピュータ演習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,分子生命科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,専門英語,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,文献講読,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,生体高分子構造化学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,生体高分子構造学A,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,生体高分子構造学B,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,コンピュータ演習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,専門英語,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,文献講読,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,生体高分子構造化学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,生体高分子構造学A,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,生体高分子構造学B,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,コンピュータ演習,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,文献講読,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,生体高分子構造化学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,分析技術法E,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,生体高分子構造学A,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,生体高分子構造学B,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,コンピュータ演習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,生体高分子構造化学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,生化学実験Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,分析技術法E,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,科学コミュニケーション,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2012年度年度,コンピュータ演習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,生体高分子構造化学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,生化学実験Ⅰ,専門教育科目(学部)

▼全件表示