2020/12/09 更新

写真a

フジタ アケミ
藤田 あけみ
FUJITA Akemi
所属
医学系 保健科学領域
専任担当
保健学研究科 保健学専攻(博士後期課程) 看護学領域

学位

  • 博士(保健学)

研究キーワード

  • 大腸がん

研究分野

  • ライフサイエンス / 臨床看護学

  • ライフサイエンス / 基礎看護学

所属学協会

  • 保健科学研究会

  • 日本自殺予防学会

  • 日本ニューロサイエンス看護学会

  • 日本ヒューマンケア科学学会

  • 弘前医学

  • 日本家族看護学会

  • 日本看護学教育学会

  • 日本看護科学学会

  • 北日本看護学会

  • 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会

  • 日本看護研究学会

▼全件表示

自己PR

  • (連携キーワード)

    大腸がん、排泄障害、主観的QOL

    (研究概要)

    近年、大腸がんの死亡者数が増加しており、その治療法の第一選択である手術療法の中でも直腸がん肛門温存手術(ISR、LAR)を受けた患者のQOLを向上させるための看護介入を検討する。第1次調査として、術式別に患者が認識している排便障害とセルフケアの実態を明らかにし、看護介入を検討した。第2次調査として、第1次調査の結果を受けて、排便障害が多かった内肛門括約筋切除患者を対象に、排便障害を改善しQOLが向上するために有効な看護介入を検討した。

    (協力できる内容)

    ・大腸がんの手術後の排泄障害に対する対処方法の指導・教育
    ・患者・家族、医療従事者に対する教育的かかわりの指導・教育

    (PR)

    大腸がんの患者・家族への看護介入、研究を通して得られた成果を必要としている方々に提供できればと考えています。

論文

  • ACTUAL CONDITIONS OF POSTOPERATIVE DYSCHEZIA RECOGNIZED BY RECTAL CANCER PATIENTS AND SELF-CARE

    Akemi Fujita, Seiko Kudo, Manabu Iwata

    弘前医学   62 ( 2-4 )   186 - 198   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • NURSING INTERVENTIONS AND INFLUENCING SUBJECTIVE QOL IN PATIENTS AT DIFFERENT STAGES AFTER SURGERY FOR RECTAL CANCER

    Akemi Fujita, Seiko Kudo

    弘前医学   68 ( 2-4 )   112 - 122   2018年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 直腸がん肛門温存手術患者の術後の排便障害と対処法の関連

    藤田あけみ

    日本ストーマ・排泄会誌   34 ( 3 )   49 - 59   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 認知症高齢者グループホームにおける「その人らしさを尊重したケア」の実態と影響要因

    中川孝子,藤田あけみ,西沢義子

    弘前医学   69 ( 1-4 )   2019年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 小児がん患児のきょうだいへの母親のかかわりーきょうだいと母親の思いとの関連-

    橋本美亜、藤田あけみ

    保健科学研究   8 ( 2 )   35 - 44   2018年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 看護職者の「患者指導技術評価尺度(短縮版)」の開発

    小倉能理子、一戸とも子、齋藤久美子、佐藤真由美、工藤ひろみ、藤田あけみ、會津桂子

    保健科学研究   8 ( 2 )   29 - 34   2018年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 看護職者の「患者指導技術評価尺度」の開発

    小倉能理子、一戸とも子、齋藤久美子、佐藤真由美、工藤ひろみ、藤田あけみ、會津桂子

    保健科学研究   8 ( 2 )   21 - 28   2018年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Does supervision protect care staff from heavy working stress? -Focusing on Relations between Frequency of Supervision and Perceived Levels of Workload and Work intensity-

    enya Ishida, Yumiko Teduka, Hideaki Kudo, Hiroko Kodama, Akemi Fujita

    日本ニューマンケア科学学会誌   2018年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • “Care That Respects Individuality” Provided to Elderly People with Dementia as Perceived by Japanese Dementia Carers Qualified

    Takako Nakagawa、Akemi Fujita、Yoshiko Nishizawa

    0pen Journal of Nursing   7 ( 11 )   1227 - 1245   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 「その人らしさを尊重したケア」に関する文献検討-認知症高齢者への実践に向けて-

    中川孝子、藤田あけみ、西沢義子

    青森中央学院大学研究紀要   ( 27 )   141 - 151   2017年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • 回復期リハビリテーション病棟から在宅移行する脳血管障害患者と介護者の特徴

    渡邉知子、藤田あけみ、中村令子

    秋田大学大学院医学系研究科保健学専攻紀要   22   101 - 111   2014年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • 回復期リハビリテーション病棟における脳血管障害患者の主観的QOLの変化

    渡邉知子、中村令子、藤田あけみ

    日本ニューロサイエンス看護学会誌   2 ( 1 )   29 - 37   2014年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 内肛門括約筋切除患者の排便障害の改善とQOLの向上をめざした看護介入の検討

    藤田あけみ、工藤せい子

    日本ニューマンケア科学学会誌   5 ( 1 )   60 - 73   2010年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • ナースの報告のしかた

    藤田あけみ( 担当: 単著)

    照林社  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 疾患別看護過程2

    藤田あけみ( 担当: 分担執筆)

    メヂカルフレンド社  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

総説・短報・翻訳等

  • じょうずなナースへの報告のしかた

    藤田あけみ

    プチナース   26 ( 4 )   30 - 35   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:株式会社照林社   共著区分:単著  

  • 実習で報告すべきことと直したい報告のしかた教えます

    藤田あけみ

    プチナース   22 ( 7 )   35 - 46   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:照林社   共著区分:単著  

受賞

  • 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会学会賞

    2019年02月

担当授業科目(学内)

  • 2020年度年度,人を育む営み(B),21世紀教育科目

  • 2020年度年度,運動とリハビリテーション(A),21世紀教育科目

  • 2020年度年度,運動とリハビリテーション(B),21世紀教育科目

  • 2019年度年度,運動とリハビリテーション(A),21世紀教育科目

  • 2019年度年度,運動とリハビリテーション(B),21世紀教育科目

  • 2018年度年度,人を育む営み(B),21世紀教育科目

  • 2018年度年度,運動とリハビリテーション(A),21世紀教育科目

  • 2018年度年度,運動とリハビリテーション(B),21世紀教育科目

  • 2018年度年度,事前・事後指導(看護),専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,基礎看護学実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,基礎看護学実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,教職実践演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,教育実習(高等学校)(看護),専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,看護学概論,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,看護対象論,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,看護技術学演習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,看護技術学演習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,看護教育学概論,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,看護教育学演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,看護科教育法Ⅰ(特設講座),専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,看護科教育法Ⅰ(看護),専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,統合実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,フィジカルアセスメント,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,保健学研究セミナー,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,基礎看護・看護教育特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,基礎看護学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,看護学特別演習,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,看護教育学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,基礎・実践看護学特講,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2018年度年度,人を育む営み-家族の機能と役割-,教養教育科目

  • 2018年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2018年度年度,生活と健康-食と健康-,教養教育科目

  • 2018年度年度,運動と健康A-運動とリハビリテーションA-,教養教育科目

  • 2017年度年度,保健学研究セミナー,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,生活と健康-食と健康-,教養教育科目

  • 2016年度年度,人を育む営み(B),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,運動とリハビリテーション(A),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,運動とリハビリテーション(B),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,事前・事後指導(看護),専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,卒業研究(講義),専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,基礎看護学実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,基礎看護学実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,教育実習(高等学校)(看護),専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,看護技術学演習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,看護技術学演習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,看護教育学概論,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,看護教育学演習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,看護科教育法Ⅰ(看護),専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,統合実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,フィジカルアセスメント,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,保健学研究セミナー,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,基礎看護学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,看護学特別演習,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,看護教育学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,基礎・実践看護学特講,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2016年度年度,人を育む営み-家族の機能と役割-,教養教育科目

  • 2016年度年度,生活と健康-食と健康-,教養教育科目

  • 2016年度年度,運動と健康A-運動とリハビリテーションA-,教養教育科目

  • 2015年度年度,基礎看護学実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,基礎看護学実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,教職実践演習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,教育実習事前・事後指導,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,教育実習(高等学校)(看護),専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,看護技術学演習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,看護技術学演習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,看護教育学概論,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,看護教育学演習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,看護科教育法Ⅰ(看護),専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,看護科教育法Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,統合実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,フィジカルアセスメント,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,保健学研究セミナー,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,基礎看護・看護教育学特別演習,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,基礎看護・看護教育学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,看護教育学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,健康増進科学特講,博士一貫課程・博士後期課程

▼全件表示

社会貢献活動

  • ドリーム講座

    2015年08月