2021/03/26 更新

写真a

モリタ エイジ
森田 英嗣
MORITA Eiji
所属
自然科学系 農学・生命科学領域
専任担当
農学生命科学部 分子生命科学科
研究室電話
0172-39-3586

学位

  • 博士(医学)

  • 理学修士

  • 理学学士

研究キーワード

  • ウイルス学

  • 細胞生物学

研究分野

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

  • ライフサイエンス / ウイルス学

所属学協会

  • 日本細菌学会

  • 日本生化学会

  • 日本細胞生物学会

  • 日本ウイルス学会

自己PR

  • (連携キーワード)

    細胞生物、分子生物、生化学、ウイルス、病原体、細胞内寄生

    (研究概要)

    哺乳動物に感染するRNAウイルスの増殖の仕組みを研究しています。ウイルスは感染すると、どのような細胞側のシステムを利用して自身の複製を行うのか。とくに感染後期課程、ウイルス複製複合体とウイルス粒子形成機構に焦点を当てて研究しています。

    (協力できる内容)

    ウイルス感染実験、オルガネラの生成、プロテオミクス解析、蛋白質精製

    (PR)

    哺乳動物及び昆虫に感染するウイルスの細胞生物学的解析をしています。

論文

  • Unique Requirement for ESCRT Factors in Flavivirus Particle Formation on the Endoplasmic Reticulum.

    Keisuke Tabata, Masaru Arimoto, Masashi Arakawa, Atsuki Nara, Kazunobu Saito, Hiroko Omori, Arisa Arai, Tomohiro Ishikawa, Eiji Konishi, Ryosuke Suzuki, Yoshiharu Matsuura, Eiji Morita

    Cell reports   16 ( 9 )   2339 - 2347   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ESCRT-III protein requirements for HIV-1 budding.

    Eiji Morita, Virginie Sandrin, John McCullough, Angela Katsuyama, Ira Baci Hamilton, Wesley I Sundquist

    Cell host & microbe   9 ( 3 )   235 - 242   2011年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Human ESCRT-III and VPS4 proteins are required for centrosome and spindle maintenance.

    Eiji Morita, Leremy A Colf, Mary Anne Karren, Virginie Sandrin, Christopher K Rodesch, Wesley I Sundquist

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107 ( 29 )   12889 - 12894   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Human ESCRT and ALIX proteins interact with proteins of the midbody and function in cytokinesis.

    Eiji Morita, Virginie Sandrin, Hyo-Young Chung, Scott G Morham, Steven P Gygi, Christopher K Rodesch, Wesley I Sundquist

    The EMBO journal   26 ( 19 )   4215 - 4227   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Identification of human MVB12 proteins as ESCRT-I subunits that function in HIV budding.

    Eiji Morita, Virginie Sandrin, Steven L Alam, Debra M Eckert, Steven P Gygi, Wesley I Sundquist

    Cell host & microbe   2 ( 1 )   41 - 53   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Retrovirus budding.

    Eiji Morita, Wesley I Sundquist

    Annual review of cell and developmental biology   20   395 - 425   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 細胞外微粒子に積荷をローディングする方法の概念と応用

    森田英嗣

    実験医学別冊   2020年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Anti-Japanese Encephalitis Virus (JEV) Activity of Triterpenes and Flavonoids from Euphorbia hirta.

    6. Tayone, WC., Ishida, K., Goto, S., Tayone, JC., Arakawa, M., Morita, E., and Hashimoto, M.

    Philippine Journal of Science.   2020年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ゼノファジーの分子機構

    森田英嗣

    医学のあゆみ   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Split nano luciferase-based assay to measure assembly of Japanese encephalitis virus.

    Goto, S., Ishida, K., Suzuki, R., Morita, E.

    Bioprotocol.   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Functional Correlation between Subcellular Localizations of Japanese Encephalitis Virus Capsid Protein and Virus Production.

    3. Ishida, K., Goto, S., Ishimura, M., Amanuma, M., Hara, Y., Suzuki, R., Katoh, K., Morita, E.

    Journal of Virology   2019年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Flavivirus Replication Organelle Biogenesis in the Endoplasmic Reticulum: Comparison with Other Single-Stranded Positive-Sense RNA Viruses.

    Arakawa, M., Morita, E.

    International Journal of Molecular Medicine   2019年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Membrane closure in stress induced-autophagosome formation.

    Morita, E.

    Cell Stress   2 ( 6 )   122 - 124   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Network-based analysis of host-pathogen interactions.

    Tripathi, L.P., Chen, Y. A., Mizuguchi, K and Morita, E.

    Encyclopedia of Bioinformatics and Computational Biology.   ( 3 )   932 - 937   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • プラス鎖RNAウイルスによって形成される複製オルガネラの構造と形成の分子機構

    森田 英嗣

    生化学   89 ( 5 )   744 - 747   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 細胞内病原体の増殖を制御するオートファジー機構

    森田 英嗣

    最新医学   72 ( 2 )   240 - 249   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • ウイルス感染とオートファジー

    田端 桂介, 森田 英嗣

    臨床免疫・アレルギー科   66 ( 4 )   324 - 329   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The PtdIns3-phosphatase MTMR3 interacts with mTORC1 and suppresses its activity.

    Feike Hao, Takashi Itoh, Eiji Morita, Kanae Shirahama-Noda, Tamotsu Yoshimori, Takeshi Noda

    FEBS letters   590 ( 1 )   161 - 173   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Structural basis of the autophagy-related LC3/Atg13 LIR complex: recognition and interaction mechanism.

    Hironori Suzuki, Keisuke Tabata, Eiji Morita, Masato Kawasaki, Ryuichi Kato, Renwick C J Dobson, Tamotsu Yoshimori, Soichi Wakatsuki

    Structure (London, England : 1993)   22 ( 1 )   47 - 58   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • プラス鎖RNAウイルス感染におけるオートファジー機構の役割

    森田 英嗣

    細胞科学研究財団助成研究報告集   25   35 - 45   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • プラス鎖RNAウイルス粒子形成の分子機構

    森田 英嗣

    上原記念生命科学財団研究報告集   28   1 - 5   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Recruitment of the autophagic machinery to endosomes during infection is mediated by ubiquitin.

    Naonobu Fujita, Eiji Morita, Takashi Itoh, Atsushi Tanaka, Megumi Nakaoka, Yuki Osada, Tetsuo Umemoto, Tatsuya Saitoh, Hitoshi Nakatogawa, Shouhei Kobayashi, Tokuko Haraguchi, Jun-Lin Guan, Kazuhiro Iwai, Fuminori Tokunaga, Kazunobu Saito, Koutaro Ishibashi, Shizuo Akira, Mitsunori Fukuda, Takeshi Noda, Tamotsu Yoshimori

    The Journal of cell biology   203 ( 1 )   115 - 128   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Understanding the biological context of NS5A-host interactions in HCV infection: a network-based approach.

    Lokesh P Tripathi, Hiroto Kambara, Yi-An Chen, Yorihiro Nishimura, Kohji Moriishi, Toru Okamoto, Eiji Morita, Takayuki Abe, Yoshio Mori, Yoshiharu Matsuura, Kenji Mizuguchi

    Journal of proteome research   12 ( 6 )   2537 - 2551   2013年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Japanese encephalitis virus core protein inhibits stress granule formation through an interaction with Caprin-1 and facilitates viral propagation.

    Hiroshi Katoh, Toru Okamoto, Takasuke Fukuhara, Hiroto Kambara, Eiji Morita, Yoshio Mori, Wataru Kamitani, Yoshiharu Matsuura

    Journal of virology   87 ( 1 )   489 - 502   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Attenuated protein expression vectors for use in siRNA rescue experiments.

    Eiji Morita, Jun Arii, Devin Christensen, Jörg Votteler, Wesley I Sundquist

    BioTechniques   0 ( 0 )   1 - 5   2012年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Expression of microRNA miR-122 facilitates an efficient replication in nonhepatic cells upon infection with hepatitis C virus.

    Takasuke Fukuhara, Hiroto Kambara, Mai Shiokawa, Chikako Ono, Hiroshi Katoh, Eiji Morita, Daisuke Okuzaki, Yoshihiko Maehara, Kazuhiko Koike, Yoshiharu Matsuura

    Journal of virology   86 ( 15 )   7918 - 7933   2012年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Proteomic analysis of hepatitis C virus (HCV) core protein transfection and host regulator PA28γ knockout in HCV pathogenesis: a network-based study.

    Lokesh P Tripathi, Hiroto Kambara, Kohji Moriishi, Eiji Morita, Takayuki Abe, Yoshio Mori, Yi-An Chen, Yoshiharu Matsuura, Kenji Mizuguchi

    Journal of proteome research   11 ( 7 )   3664 - 3679   2012年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Membrane recruitment of autophagy proteins in selective autophagy.

    Eiji Morita, Tamotsu Yoshimori

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   42 ( 5 )   435 - 441   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Differential requirements of mammalian ESCRTs in multivesicular body formation, virus budding and cell division.

    Eiji Morita

    The FEBS journal   279 ( 8 )   1399 - 1406   2012年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Heterogeneous nuclear ribonucleoprotein A2 participates in the replication of Japanese encephalitis virus through an interaction with viral proteins and RNA.

    Hiroshi Katoh, Yoshio Mori, Hiroto Kambara, Takayuki Abe, Takasuke Fukuhara, Eiji Morita, Kohji Moriishi, Wataru Kamitani, Yoshiharu Matsuura

    Journal of virology   85 ( 21 )   10976 - 10988   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Autophagy requires endoplasmic reticulum targeting of the PI3-kinase complex via Atg14L.

    Kohichi Matsunaga, Eiji Morita, Tatsuya Saitoh, Shizuo Akira, Nicholas T Ktistakis, Tetsuro Izumi, Takeshi Noda, Tamotsu Yoshimori

    The Journal of cell biology   190 ( 4 )   511 - 521   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • エンベロープウイルスの出芽と細胞質分裂

    森田 英嗣

    生化學   82 ( 5 )   415 - 419   2010年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Biochemical analyses of human IST1 and its function in cytokinesis.

    Monika Bajorek, Eiji Morita, Jack J Skalicky, Scott G Morham, Markus Babst, Wesley I Sundquist

    Molecular biology of the cell   20 ( 5 )   1360 - 1373   2009年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Vacuolar protein sorting pathway contributes to the release of Marburg virus.

    Larissa Kolesnikova, Thomas Strecker, Eiji Morita, Florian Zielecki, Eva Mittler, Colin Crump, Stephan Becker

    Journal of virology   83 ( 5 )   2327 - 2337   2009年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • メンブレントラフィックと感染・免疫 エンベロープウイルス粒子形成の分子メカニズム (メンブレントラフィックの奔流--分子から細胞,そして個体へ) -- (メンブレントラフィックと高次機能)

    森田 英嗣

    蛋白質核酸酵素   53 ( 16 )   2245 - 2250   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Two distinct modes of ESCRT-III recognition are required for VPS4 functions in lysosomal protein targeting and HIV-1 budding.

    Collin Kieffer, Jack J Skalicky, Eiji Morita, Ivana De Domenico, Diane M Ward, Jerry Kaplan, Wesley I Sundquist

    Developmental cell   15 ( 1 )   62 - 73   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • NEDD4L overexpression rescues the release and infectivity of human immunodeficiency virus type 1 constructs lacking PTAP and YPXL late domains.

    Hyo-Young Chung, Eiji Morita, Uta von Schwedler, Barbara Müller, Hans-Georg Kräusslich, Wesley I Sundquist

    Journal of virology   82 ( 10 )   4884 - 4897   2008年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Influenza virus hemagglutinin and neuraminidase, but not the matrix protein, are required for assembly and budding of plasmid-derived virus-like particles.

    Benjamin J Chen, George P Leser, Eiji Morita, Robert A Lamb

    Journal of virology   81 ( 13 )   7111 - 7123   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Evidence for a new viral late-domain core sequence, FPIV, necessary for budding of a paramyxovirus.

    Anthony P Schmitt, George P Leser, Eiji Morita, Wesley I Sundquist, Robert A Lamb

    Journal of virology   79 ( 5 )   2988 - 2997   2005年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Human Parvovirus B19 nonstructural protein transactivates the p21/WAF1 through Sp1.

    Akitoshi Nakashima, Eiji Morita, Shigeru Saito, Kazuo Sugamura

    Virology   329 ( 2 )   493 - 504   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Parvovirus B19 and the pathogenesis of anaemia.

    Hiroshi Chisaka, Eiji Morita, Nobuo Yaegashi, Kazuo Sugamura

    Reviews in medical virology   13 ( 6 )   347 - 359   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effects of deficiencies of STAMs and Hrs, mammalian class E Vps proteins, on receptor downregulation.

    Chikako Kanazawa, Eiji Morita, Mitsuhiro Yamada, Naoto Ishii, Shigeta Miura, Hironobu Asao, Tamostu Yoshimori, Kazuo Sugamura

    Biochemical and biophysical research communications   309 ( 4 )   848 - 856   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Establishment of multifunctional monoclonal antibody to the nonstructural protein, NS1, of human parvovirus B19.

    Hiroshi Chisaka, Eiji Morita, Kohtaro Tada, Nobuo Yaegashi, Kunihiro Okamura, Kazuo Sugamura

    The Journal of infection   47 ( 3 )   236 - 242   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The protein network of HIV budding.

    Uta K von Schwedler, Melissa Stuchell, Barbara Müller, Diane M Ward, Hyo-Young Chung, Eiji Morita, Hubert E Wang, Thaylon Davis, Gong-Ping He, Daniel M Cimbora, Anna Scott, Hans-Georg Kräusslich, Jerry Kaplan, Scott G Morham, Wesley I Sundquist

    Cell   114 ( 6 )   701 - 713   2003年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Human parvovirus B19 nonstructural protein (NS1) induces cell cycle arrest at G(1) phase.

    Eiji Morita, Akitoshi Nakashima, Hironobu Asao, Hiroyuki Sato, Kazuo Sugamura

    Journal of virology   77 ( 5 )   2915 - 2921   2003年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A transgenic mouse model for non-immune hydrops fetalis induced by the NS1 gene of human parvovirus B19.

    Hiroshi Chisaka, Eiji Morita, Kazuko Murata, Naoto Ishii, Nobuo Yaegashi, Kunihiro Okamura, Kazuo Sugamura

    The Journal of general virology   83 ( Pt 2 )   273 - 281   2002年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Human parvovirus B19-induced cell cycle arrest and apoptosis.

    Eiji Morita, Kazuo Sugamura

    Springer seminars in immunopathology   24 ( 2 )   187 - 199   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Human parvovirus B19 induces cell cycle arrest at G(2) phase with accumulation of mitotic cyclins.

    E Morita, K Tada, H Chisaka, H Asao, H Sato, N Yaegashi, K Sugamura

    Journal of virology   75 ( 16 )   7555 - 7563   2001年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • パルボウイルス B19 の母子感染

    八重樫 伸生, 千坂 泰, 森田 英嗣, 多田 孝太郎, 岡村 州博, 菅村 和夫

    ウイルス   51 ( 1 )   51 - 56   2001年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Primary structures of hemagglutinin-esterase and spike glycoproteins of murine coronavirus DVIM.

    E Morita, H Ebina, A Muto, H Himeno, K Hatakeyama, K Sugiyama

    Virus genes   17 ( 2 )   123 - 128   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Characterization of haemagglutinin-esterase protein (HE) of murine corona virus DVIM by monoclonal antibodies.

    H Kasai, E Morita, K Hatakeyama, K Sugiyama

    Archives of virology   143 ( 10 )   1941 - 1948   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Zika virus infection and replication organelle biogenesis.

    Arakawa, M., Morita, E.( 担当: 共著)

    Elsevier “Zika Virus Biology, Pathology and Control”   2020年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

受賞

  • 北斗医学賞

    2016年10月

担当授業科目(学内)

  • 2020年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2020年度年度,分子生命科学実験II ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,細胞分子生物学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,細胞工学特論A,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,細胞工学特論B,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2020年度年度,生物学の世界-ウイルスの世界-,教養教育科目

  • 2019年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2019年度年度,免疫学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,分子生命科学実験II,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,海外研修入門,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,細胞分子生物学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,細胞工学特論A,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,細胞工学特論B,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,地域学ゼミナール,教養教育科目

  • 2019年度年度,生物学の世界-ウイルスの世界-,教養教育科目

  • 2018年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2018年度年度,生化学実験Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,細胞免疫学実験,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,細胞分子生物学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,細胞工学特論A,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,細胞工学特論B,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2018年度年度,工学の世界-遺伝子改変技術の歴史と最新技術、応用-,教養教育科目

  • 2017年度年度,免疫学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,分子生命科学実験Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,文献購読,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,生物専門実験,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,細胞免疫学実験,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,細胞分子生物学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,分析技術法G,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,細胞工学特論A,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,細胞工学特論B,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,免疫学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,文献購読,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,細胞免疫学実験,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,細胞分子生物学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,研究方法論 ,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,細胞工学特論A,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,細胞工学特論B,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2015年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2015年度年度,免疫学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,細胞免疫学実験,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,細胞分子生物学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2014年度年度,免疫学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,専門英語,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,細胞工学特論AB,修士課程・博士前期課程

▼全件表示

社会貢献活動

  • 南陵サイエンスセミナー

    2017年11月