2022/03/22 更新

写真a

オオタ シュン
太田 俊
OHTA Shun
所属
自然科学系 機能創成科学領域
専任担当
理工学研究科 研究部
研究室電話
0172-39-3569

学位

  • 博士 (理学)

研究キーワード

  • 有機金属化学

  • 触媒化学

  • 錯体化学

  • 錯体化学

  • 環化三量化

  • 水素結合

  • 有機金属化学

  • 亜鉛

  • ベンゾイミダゾール

  • ヒドロアミノ化

  • ニッケル

  • チタン

  • ジルコニウム

  • オレフィン重合

  • インドリル

研究分野

  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学

所属学協会

  • 近畿化学協会有機金属部会

  • 米国化学会

  • 高分子学会

  • 日本化学会

自己PR

  • (連携キーワード)

    マグネシウム, 金属錯体, 物質変換反応

    (研究概要)

    "温室効果ガスを発生しないマグネシウムをエネルギー源とする環境低負荷型物質変換反応"
     マグネシウムは、エネルギー放出する際に温室効果ガスを放出しません。またその際に発生する酸化マグネシウムは、マグネシウムへと再生可能です。以上の観点よりマグネシウムは、環境低負荷なエネルギー源として位置づけることができる、と考えています。
     われわれは、このマグネシウムをエネルギー源として用いた物質変換反応の開発をめざします。この目標を達成するため、安価でかつ、小分子固定に対して実績のあるチタン錯体を触媒として用い、有機基質存在下、マグネシウムを反応させ、有用化成品へと変換させます。

    (協力できる内容)

    金属錯体の合成とその構造解析、並びに物性測定や反応性の検討

    (PR)

    2015年4月に着任したばかりの若手研究者ですが、学部4年次より磨き上げてきた無機合成には自信があります。「こんな構造の無機化合物が欲しいんだけどつくれないか?」といった相談をいただけると、うれしいです。

論文

  • Ethylene and propylene polymerization by bis(indolyl)-coordinated titanium dichlorido complexes activated by modified methylaluminoxane

    Shun Ohta, Keigo Itoh, Tomoyuki Toda, Kei Nishii, Masaaki Okazaki

    Polymer Journal   54   223 - 227   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis and Structures of Bis(indolyl)-Coordinated Titanium Dichlorido Complexes and Their Catalytic Application in the Cyclotrimerization of Alkynes

    Shun Ohta, Narumi Miura, Keiichiro Saitoh, Keigo Itoh, Sora Satoh, Ryo Miyamoto, Masaaki Okazaki

    Organometallics   40 ( 16 )   2826 - 2835   2021年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Adsorption of Polar Volatile Organic Compounds by a Crystalline Network Structure Based on a Bis(benzimidazole)NiCl2 Complex

    Shun Ohta, Yurika Iwabuchi, Ryota Mukai, Manabu Ishizaki, Tomoyuki Toda, Masato Kurihara, Masaaki Okazaki

    Crystal Growth & Design   20 ( 6 )   4046 - 4053   2020年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis, Structures, and Solution Dynamics of Titanium and Zirconium Complexes Carrying a Bis(indolyl) and Two Diethylamido Ligands

    Shun Ohta, Shiona Takahashi, Amon Takenaka, Yuta Akazawa, Ryo Miyamoto, Masaaki Okazaki

    Inorganic Chemistry   58 ( 22 )   15520 - 15528   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ethylene Polymerization and Ethylene/1-Octene Copolymerization with a Titanium Complex Supported by a Bis(indolyl) Ligand

    Shun Ohta, Yuki Kasai, Tomoyuki Toda, Kei Nishii, Masaaki Okazaki

    Polymer Journal   51 ( 3 )   345 - 349   2018年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis and Structure of a Bis(indolyl)–Coordinated Titanium Diamido Complex, and Its Catalytic Applications in the Intermolecular Hydroamination of Alkynes

    Shun Ohta, Masaya Shimbayashi, Ryo Miyamoto, Masaaki Okazaki

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   91 ( 11 )   1570 - 1575   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • Solid-State Fluorescence of Tryptanthrin Analogs

    Kawakami Jun, Osanai Chica, Ohta Shun, Ito Shunji

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   46 ( 1 )   45 - 48   2021年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • Transformation of Tertiary Amines at a Cationic [CCH] Subunit Stabilized by Coordination with a Tetrairon Core

    Masakazu Nishiya, Ryo Funada, Shun Ohta, Masaaki Okazaki

    Chemistry Letters   47 ( 1 )   48 - 50   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Activation of Isocyanides and Hydrosilanes by a Cationic [CCH] Subunit in a Tetrairon­Tetracarbon Cluster

    Wataru Taniwaki, Shun Ohta, Masaaki Okazaki

    Bulletin of the Chemical Society of JAPAN   89 ( 1 )   11 - 19   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A nitrogenase cluster model [Fe8S6O] with an oxygen unsymmetrically bridging two proto-Fe4S3 cubes: relevancy to the substrate binding mode of the FeMo cofactor.

    Ohta S, Ohki Y, Hashimoto T, Cramer RE, Tatsumi K

    Inorganic chemistry   51 ( 21 )   11217 - 11219   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Oxido-bridged di-, tri-, and tetra-nuclear iron complexes bearing bis(trimethylsilyl)amide and thiolate ligands.

    Ohta S, Yokozawa S, Ohki Y, Tatsumi K

    Inorganic chemistry   51 ( 4 )   2645 - 2651   2012年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Bio-Inspired Iron and Nickel Complexes: Monomeric Iron(II) Complexes Having Two Sterically Hindered Arylthiolates

    Yasuhiro Ohki, Shun Ohta, Kazuyuki Tatsumi, Luke M. Davis, Gregory S. Girolami, Aaron M. Royer, Thomas B. Rauchfuss

    Inorganic Syntheses   35   137 - 143   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   共著区分:共著  

    Scopus

  • Synthesis, structures, and electronic properties of [8Fe-7S] cluster complexes modeling the nitrogenase P-cluster.

    Ohki Y, Imada M, Murata A, Sunada Y, Ohta S, Honda M, Sasamori T, Tokitoh N, Katada M, Tatsumi K

    Journal of the American Chemical Society   131 ( 36 )   13168 - 13178   2009年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Synthesis and characterization of heteroleptic iron(II) thiolate complexes with weak iron-arene interactions

    Shun Ohta, Yasuhiro Ohki, Yohei Ikagawa, Rie Suizu, Kazuyuki Tatsumi

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   692 ( 21 )   4792 - 4799   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

▼全件表示

総説・短報・翻訳等

  • Nitrogenase: Metal Cluster Models

    Shun Ohta

    2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著    専門分野(e-Rad研究分野)コード:ナノテク・材料 / 無機・錯体化学

  • くさいだけじゃない!? "アンモニア"の大切さとその新しいつくりかた

    太田俊

    青い森しんきん とれんど情報   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   共著区分:単著  

  • Impact of ligands and media on the structure and properties of biological and biomimetic iron-sulfur clusters

    Shun Ohta, Yasuhiro Ohki

    Coordination Chemistry Reviews   338   207 - 225   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

受賞

  • 令和2年度弘前大学若手優秀論文賞

    2020年12月

  • H28弘前大学若手・新任研究者支援事業研究成果発表会優秀賞

    2017年03月

  • Bulletin of the Chemical Society JAPAN, BCSJ賞

    2016年01月

  • 日本化学会第89春季年会学生講演賞

    2009年04月

  • 名古屋大学学術奨励賞

    2008年07月

担当授業科目(学内)

  • 2021年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,化学の基礎Ⅰ(A),21世紀教育科目

  • 2018年度年度,化学の基礎Ⅰ(B),21世紀教育科目

  • 2018年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,プログレス無機化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,物質創成化学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,科学技術英語Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,錯体化学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,錯体化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,化学の世界-米国式基礎化学-,教養教育科目

  • 2017年度年度,化学の基礎Ⅰ(B),21世紀教育科目

  • 2017年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,プログレス無機化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,化学専門実験,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,基礎化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,無機化学演習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,物質創成化学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,錯体化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,化学の世界-米国式基礎化学-,教養教育科目

  • 2016年度年度,化学の基礎Ⅰ(A),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,化学の基礎Ⅰ(B),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,プログレス無機化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,無機・分析化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,無機化学演習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,錯体化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,化学の世界-米国式基礎化学-,教養教育科目

  • 2015年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,無機化学演習,専門教育科目(学部)

▼全件表示

メディア報道

  • 有害気体の吸着材開発

    2020年06月25日

  • 有害物質吸着材を新開発

    2020年04月27日

  • 弘前大など、VOC処理の安全性・持続性確保につながる新材料を開発

    2020年04月21日

  • 柔軟性高い結晶性材料

    2020年02月09日