基本情報

写真a

古舘 健

FURUDATE Ken


職名

助教

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)

  • 学士(歯学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔外科学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,最近5年間の降雪に関連する口腔顎顔面外傷の臨床統計,日口外誌,2015年,古舘 健, 乾 明成, 伊藤 良平, 小林 恒, 木村 博人

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Comparative Study of Superselective Intra-Arterial Chemoradiotherapy versus Radical Surgery on Distant Metastasis for Advanced Oral Cancer,Oral Oncol,2015年,Wataru Kobayashi, Beng The, Narita Norihiko, Ryohei Ito, Yuki Saito, Ken Furudate, Hiroto Kimura, Shinya Kakehata, and Hideo Kawaguchi,

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Professional oral health care reduces oral mucositis pain in patients treated by superselective intra-arterial chemotherapy concurrent with radiotherapy for oral cancer,Support Care Cancer,2015年,Kubota K, Kobayashi W, Sakaki H, Nakagawa H, Kon T, Mimura M, Ito R, Furudate K, Kimura H

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,A Case of Refracture During Implant Treatment after Open Reduction of Mandibular Fracture Followed by Distraction Osteogenesis,JSODOM,2015年,Wataru, R. ITO, K. Furudate, A Inui, M Kawahara, B Gwanteh, J Tanaka, H Kimura, A

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Retinoic acid-inducible gene-I-like receptor (RLR)-mediated antiviral innate immune responses in the lower respiratory tract: Roles of TRAF3 and TRAF5,iochem Biophys Res Commun,2015年,Chiba Y, Matsumiya T, Satoh T, Hayakari R, Furudate K, Xing F, Yoshida H, Tanji K, Mizukami H, Imaizumi T, Ito E

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,口がきれいだと、健康で長生きできる 万病・突然死を遠ざける近道,KADOKAWA,2019年07月,古舘健

    単行本(一般書),単著

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,【健康】歯磨きだけじゃない!「お口の中のケア」やるべきことのすべて,からだにいいこと,2020年01月,古舘 健, 他

    総説・解説(商業誌),共著

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 八戸市健康部保健所 健康づくり推進課 ,2018年12月