2022/05/27 更新

写真a

セヤ カズヒコ
瀬谷 和彦
SEYA KAZUHIKO
所属
医学系 基礎医学領域
専任担当
医学研究科 脳神経血管病態研究施設 脳血管病態学講座

学位

  • 薬学博士

  • 薬学修士

研究キーワード

  • 生化学薬理学

研究分野

  • ライフサイエンス / 薬理学

所属学協会

  • 社団法人日本薬理学会

  • 社団法人日本薬学会

  • 国際心臓研究学会日本部会

  • 日本薬理学会

  • 日本薬学会

  • 日本移植学会

▼全件表示

自己PR

  • (連携キーワード)

    一酸化窒素 心筋細胞 ミトコンドリア

    (研究概要)

    ○虚血性心疾患で起こる傷害によらない心筋細胞死(アポトーシス)のメカニズムの解明
    ○薬物が心筋細胞ミトコンドリアに及ぼす作用に関する研究

    (協力できる内容)

    ・様々な成分の生理薬理活性試験に関するアドバイス

    (PR)

    農産物や食品などに含まれる成分の生理・薬理活性を調べたい場合、ご相談ください

論文

  • Glomerular endothelial expression of type I IFN-stimulated gene, DExD/H-Box helicase 60 via toll-like receptor 3 signaling: possible involvement in the pathogenesis of lupus nephritis.

    Karasawa T, Sato R, Imaizumi T, Hashimoto S, Fujita M, Aizawa T, Tsugawa K, Kawaguchi S, Seya K, Terui K, Tanaka H

    Renal failure   44 ( 1 )   137 - 145   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide induces interleukin-6 and c-c motif chemokine ligand 2 expression in cultured hCMEC/D3 human brain microvascular endothelial cells.

    Sato N, Matsumoto T, Kawaguchi S, Seya K, Matsumiya T, Ding J, Aizawa T, Imaizumi T

    Gerodontology   39 ( 2 )   139 - 147   2022年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Hepatic Macrophages Express Melanoma Differentiation-Associated Gene 5 in Nonalcoholic Steatohepatitis.

    Kawaguchi S, Sakuraba H, Horiuchi M, Ding J, Matsumiya T, Seya K, Iino C, Endo T, Kikuchi H, Yoshida S, Hiraga H, Fukuda S, Imaizumi T

    Inflammation   45 ( 1 )   343 - 355   2022年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Effect of sera from lupus patients on the glomerular endothelial fibrinolysis system.

    Sato R, Aizawa T, Imaizumi T, Tsugawa K, Kawaguchi S, Seya K, Terui K, Tanaka H

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   64 ( 1 )   e15099   2022年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Ketamine Does Not Change Natural Killer Cell Cytotoxicity in Patients Undergoing Cancer Surgery: Basic Experiment and Clinical Trial.

    Kubota M, Niwa H, Seya K, Kawaguchi J, Kushikata T, Hirota K

    Journal of oncology   2022   8946269   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Expression of Zinc-Finger Antiviral Protein in hCMEC/D3 Human Cerebral Microvascular Endothelial Cells: Effect of a Toll-Like Receptor 3 Agonist.

    Okudera M, Odawara M, Arakawa M, Kawaguchi S, Seya K, Matsumiya T, Sato R, Ding J, Morita E, Imaizumi T

    Neuroimmunomodulation   1 - 10   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Inhibitory effect of anti-malarial agents on the expression of proinflammatory chemokines via Toll-like receptor 3 signaling in human glomerular endothelial cells.

    Sato R, Imaizumi T, Aizawa T, Watanabe S, Tsugawa K, Kawaguchi S, Seya K, Matsumiya T, Tanaka H

    Renal failure   43 ( 1 )   643 - 650   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Expression of IFN-induced transmembrane protein 1 in glomerular endothelial cells.

    Hashimoto S, Imaizumi T, Watanabe S, Aizawa T, Tsugawa K, Kawaguchi S, Seya K, Matsumiya T, Tanaka H

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   63 ( 9 )   1075 - 1081   2021年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Daily Brazilian green propolis intake elevates blood artepillin C levels in humans.

    Ding J, Matsumiya T, Hayakari R, Shiba Y, Kawaguchi S, Seya K, Ueno K, Imaizumi T

    Journal of the science of food and agriculture   101 ( 11 )   4855 - 4861   2021年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Interleukin-6 via Toll-Like Receptor 3 Signaling Attenuates the Expression of Proinflammatory Chemokines in Human Podocytes.

    Umetsu H, Watanabe S, Imaizumi T, Aizawa T, Tsugawa K, Kawaguchi S, Seya K, Matsumiya T, Tanaka H

    Kidney & blood pressure research   46 ( 2 )   207 - 218   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Preliminary study on local medical treatment of aortic valve calcification: Drug delivery to aortic valve in rat

    Yu Zaiqiang, Liu Xu, Daitoku Kazuyuki, Furukawa Ken-Ichi, Fukuda Ikuo, Motomura Shigeru, Seya Kazuhiko

    Hirosaki Medical Journal   71 ( 2-4 )   101 - 107   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • Expression of IFN-induced Transmembrane Protein 1 in Glomerular Endothelial Cells.

    Shun Hashimoto, Tadaatsu Imaizumi, Shojiro Watanabe, Tomomi Aizawa, Koji Tsugawa, Shogo Kawaguchi, Kazuhiko Seya, Tomoh Matsumiya, Hiroshi Tanaka

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Endothelial expression of fractalkine (CX3CL1) is induced by Toll-like receptor 3 signaling in cultured human glomerular endothelial cells.

    Hirono K, Imaizumi T, Aizawa T, Watanabe S, Tsugawa K, Shiratori T, Kawaguchi S, Seya K, Matsumiya T, Ito E, Tanaka H

    Modern rheumatology   30 ( 6 )   1074 - 1081   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Correction to: Warfarin calcifies human aortic valve interstitial cells at high-phosphate conditions via pregnane X receptor.

    Yu Z, Seya K, Chiyoya M, Daitoku K, Motomura S, Imaizumi T, Fukuda I, Furukawa KI

    Journal of bone and mineral metabolism   38 ( 3 )   418 - 419   2020年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • ISG56 is involved in CXCL10 expression induced by TLR3 signaling in BEAS-2B bronchial epithelial cells.

    Shiratori T, Imaizumi T, Hirono K, Kawaguchi S, Matsumiya T, Seya K, Tasaka S

    Experimental lung research   46 ( 6 )   195 - 202   2020年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Menaquinone-4 Accelerates Calcification of Human Aortic Valve Interstitial Cells in High-Phosphate Medium through PXR.

    Yang W, Yu Z, Chiyoya M, Liu X, Daitoku K, Motomura S, Imaizumi T, Fukuda I, Furukawa KI, Tsuji M, Seya K

    The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   372 ( 3 )   277 - 284   2020年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Interferon-induced transmembrane protein 1 and Myxovirus resistance protein 1 are induced by polyinosinic-polycytidylic acid in cultured hCMEC/D3 human cerebral microvascular endothelial cells.

    Imaizumi T, Satake U, Miyashita R, Kawaguchi S, Matsumiya T, Seya K, Ding J, Tanaka H

    Journal of neuroimmunology   337   577047   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Melanoma Differentiation-Associated Gene 5 Positively Modulates TNF-α-Induced CXCL10 Expression in Cultured HuH-7 and HLE Cells.

    Kawaguchi, Sakuraba H, Haga T, Matsumiya T, Seya K, Endo T, Sawada N, Iino C, Kikuchi H, Hiraga H, Fukuda S, Imaizumi

    Inflammation   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Endothelial expression of fractalkine (CX3CL1) is induced by Toll-like receptor 3 signaling in cultured human glomerular endothelial cells.

    Hirono K, Imaizumi T, Aizawa T, Watanabe S, Tsugawa K, Shiratori T, Kawaguchi S, Seya K, Matsumiya T, Ito E, Tanaka H.

    Modern Rheumatology   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Warfarin calcifies human aortic valve interstitial cells at high-phosphate conditions via pregnane X receptor.

    Yu Z, Seya K, Chiyoya M, Daitoku K, Motomura S, Imaizumi T, Fukuda I, Furukawa KI

    Journal of bone and mineral metabolism   37 ( 6 )   944 - 956   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Cytosolic Sensors of Viral RNA Are Involved in the Production of Interleukin-6 via Toll-Like Receptor 3 Signaling in Human Glomerular Endothelial Cells.

    Qiang Liu, Tadaatsu Imaizumi, Tomomi Aizawa, Koji Hirono, Shogo Kawaguchi, Shojiro Watanabe, Koji Tsugawa, Tomoh Matsumiya, Kazuhiko Seya, Hidemi Yoshida, Hiroshi Tanaka

    Kidney & blood pressure research   44 ( 1 )   62 - 71   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effect of low-concentration amyloid-β 1–42 (Aβ42) on human neuroblastoma SH-SY5Y cell viability: neuroprotective potential of combination use with carnosic acid, rebamipide, edaravone, and resveratrol

    Yoshida Hidemi, Hashimoto Yuko, Fukushima Takashi, Tanji Kunikazu, Matsumiya Tomoh, Seya Kazuhiko, Kawaguchi Shogo, Imaizumi Tadaatsu

    Hirosaki Medical Journal   70 ( 1 )   24 - 38   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • Interferon-stimulated gene 60 (ISG60) constitutes a negative feedback loop in the downstream of TLR3 signaling in hCMEC/D3 cells.

    Tadaatsu Imaizumi, Naoko Sassa, Shogo Kawaguchi, Tomoh Matsumiya, Hidemi Yoshida, Kazuhiko Seya, Toshihiro Shiratori, Koji Hirono, Hiroshi Tanaka

    Journal of neuroimmunology   324   16 - 21   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Interferon-stimulated gene 60 (ISG60) constitutes a negative feedback loop in the downstream of TLR3 signaling in hCMEC/D3 cells.

    Imaizumi T, Sassa N, Kawaguchi S, Matsumiya T, Yoshida H, Seya K, Shiratori T, Hirono K, Tanaka H

    Journal of neuroimmunology   324   16 - 21   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Gnetin C suppresses double-stranded RNA-induced C-C motif chemokine ligand 2 (CCL2) and CCL5 production by inhibiting Toll-like receptor 3 signaling pathway.

    Yoshida H, Imaizumi T, Matsumiya T, Seya K, Kawaguchi S, Tanaka H

    Biomedical research (Tokyo, Japan)   39 ( 5 )   231 - 240   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

    CiNii Research

  • Gnetin C, a resveratrol dimer, reduces amyloid-β 1-42 (Aβ42) production and ameliorates Aβ42-lowered cell viability in cultured SH-SY5Y human neuroblastoma cells.

    Seino S, Kimoto T, Yoshida H, Tanji K, Matsumiya T, Hayakari R, Seya K, Kawaguchi S, Tsuruga K, Tanaka H, Imaizumi T

    Biomedical research (Tokyo, Japan)   39 ( 3 )   105 - 115   2018年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

    CiNii Research

  • Gnetin C suppresses double-stranded RNA-induced C-C motif chemokine ligand 2 (CCL2) and CCL5 production by inhibiting Toll-like receptor 3 signaling pathway.

    Hidemi Yoshida, Tadaatsu Imaizumi, Tomoh Matsumiya, Kazuhiko Seya, Shogo Kawaguchi, Hiroshi Tanaka

    Biomedical research (Tokyo, Japan)   39 ( 5 )   231 - 240   2018年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Matrix Gla protein negatively regulates calcification of human aortic valve interstitial cells isolated from calcified aortic valves.

    Mari Chiyoya, Kazuhiko Seya, Zaiqiang Yu, Kazuyuki Daitoku, Shigeru Motomura, Tadaatsu Imaizumi, Ikuo Fukuda, Ken-Ichi Furukawa

    Journal of pharmacological sciences   136 ( 4 )   257 - 265   2018年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Matrix Gla protein negatively regulates calcification of human aortic valve interstitial cells isolated from calcified aortic valves.

    Chiyoya M, Seya K, Yu Z, Daitoku K, Motomura S, Imaizumi T, Fukuda I, Furukawa KI

    Journal of pharmacological sciences   136 ( 4 )   257 - 265   2018年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Gnetin C, a resveratrol dimer, reduces amyloid-β 1-42 (Aβ42) production and ameliorates Aβ42-lowered cell viability in cultured SH-SY5Y human neuroblastoma cells.

    Syota Seino, Takeru Kimoto, Hidemi Yoshida, Kunikazu Tanji, Tomoh Matsumiya, Ryo Hayakari, Kazuhiko Seya, Shogo Kawaguchi, Kazushi Tsuruga, Hiroshi Tanaka, Tadaatsu Imaizumi

    Biomedical research (Tokyo, Japan)   39 ( 3 )   105 - 115   2018年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ネパールにおける文字情報サービスに関する支援

    瀬谷和彦

    ノーマライゼーション: 障害者の福祉   2018年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 〈一般演題抄録〉ワルファリンによる大動脈弁異所性石灰化促進作用

    于 在強, 千代谷 真理, 大徳 和之, 瀬谷 和彦, 古川 賢一, 福田 幾夫

    弘前医学   68 ( 2-4 )   188   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • TNF-α induces calcification of cultured human aortic valve interstitial cells obtained from patients with calcific aortic stenosis: involvement of BMP2

    Seya Kazuhiko, Yu Zaiqiang, Chiyoya Mari, Daitoku Kazuyuki, Motomura Shigeru, Imaizumi Tadaatsu, Fukuda Ikuo, Furukawa Ken-Ichi

    Proceedings for Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society   WCP2018 ( 0 )   PO2-3-12   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • Ketamine suppresses the proliferation of rat C6 glioma cells.

    Hideyuki Niwa, Ken-Ichi Furukawa, Kazuhiko Seya, Kazuki Hirota

    ONCOLOGY LETTERS   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Simultaneous Measurement of Adenosine 3’,5’-Cyclic Monophosphate and Guanosine 3’,5’-Cyclic Monophosphate in Biological Samples.

    Kazuhiko Seya, Shigeru Motomura, Tadaatsu Imaizumi, Ken-Ichi Furukawa

    Hirosaki Medical Journal   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ketamine suppresses the proliferation of rat C6 glioma cells.

    Niwa H, Furukawa KI, Seya K, Hirota K

    Oncology letters   14 ( 4 )   4911 - 4917   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Expression of CCL5 is induced by polyinosinic : polycytidylic acid in cultured hCMEC/D3 human brain microvascular endothelial cells.

    Akine Arai, Hidemi Yoshida, Ryo Hayakari, Tomoh Matsumiya, Shogo Kawaguchi, Kazuhiko Seya, Hiroshi Tanak, Tadaatsu Imaizumi

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEUROIMMUNOLOGY   2017年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 新生仔マウス初代培養心筋細胞の単離培養法

    韓沖, 瀬谷和彦, 小潟佳輝, 野崎修平, 米倉学, 村上 学

    Hirosaki Medical Journal   2017年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effects of Enflurane on Cardiac Autonomic Nervous Activity in Mice.

    Yoshiki Ogata, Manabu Yonekura, Rouichi Yamaki, Chong Han, Tomonori Fujiwara, Kazuhiko Seya, Hidetoshi Niwa, Tetsuya Kushikata, Tadaatsu Imaizumi, Kazuyoshi Hirota, Hirofumi Tomita, Manabu Murakami

    Hirosaki Medical Journal   2017年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effects of enflurane on cardiac autonomic nervous activity in mice

    Ogata Yoshiki, Hirota Kazuyoshi, Yamaki Rouichi, Han Chong, Fujiwara Tomonori, Seya Kazuhiko, Niwa Hidetoshi, Kushikata Tetsuya, Imaizumi Tadaatsu

    Hirosaki Medical Journal   67 ( 2-4 )   153 - 157   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • 新生仔マウス初代培養心筋細胞の単離培養法

    韓 沖, 瀬谷 和彦, 小潟 佳輝, 野崎 修平, 米倉 学, 村上 学

    弘前医学   67 ( 2-4 )   147 - 152   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • 〈一般演題抄録〉大動脈弁異所性石灰化のキーレギュレーター: マトリックスグラタンパク質

    于 在強, 千代谷 真理, 大徳 和之, 瀬谷 和彦, 古川 賢一, 福田 幾夫

    弘前医学   67 ( 2-4 )   186   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • Simultaneous measurement of adenosine 3’,5’-cyclic monophosphate and guanosine 3’,5’-cyclic monophosphate in biological samples.

    瀬谷 和彦

    Hirosaki Med J   68   52 - 61   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Research

  • Simultaneous measurement of adenosine 3’,5’-cyclic monophosphate and guanosine 3’,5’-cyclic monophosphate in biological samples

    Seya Kazuhiko, Motomura Shigeru, Imaizumi Tadaatsu, Furukawa Ken-Ichi

    Hirosaki Medical Journal   68 ( 1 )   52 - 61   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • 1-Methyl-2-undecyl-4(1H)-quinolone, a derivative of quinolone alkaloid evocarpine, attenuates high phosphate-induced calcification of human aortic valve interstitial cells by inhibiting phosphate cotransporter PiT-1.

    Seya K, Furukawa K, Chiyoya M, Yu Z, Kikuchi H, Daitoku K, Motomura S, Murakami M, Oshima Y, Fukuda I

    Journal of pharmacological sciences   131 ( 1 )   51 - 7   2016年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • 8-Methyltryptanthrin-induced differentiation of P19CL6 embryonal carcinoma cells into spontaneously beating cardiomyocyte-like cells.

    Seya K, Yamaya A, Kamachi S, Murakami M, Kitahara H, Kawakami J, Okumura K, Murakami M, Motomura S, Furukawa K

    Journal of natural products   77 ( 6 )   1413 - 9   2014年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • 8‑Methyltryptanthrin-Induced Differentiation of P19CL6 Embryonal Carcinoma Cells into Spontaneously Beating Cardiomyocyte-like Cells

    Kazuhiko Seya, Asako Yamaya, Sayuri Kamachi, Mana Murakami, Haruo Kitahara, Jun Kawakami, Ken Okumura, Manabu Murakami, Shigeru Motomura, and Ken-Ichi Furukawa

    Journal of Natural Products   77   1413 - 1419   2014年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • CD34-negative mesenchymal stem-like cells may act as the cellular origin of human aortic valve calcification.

    Nomura A, Seya K, Yu Z, Daitoku K, Motomura S, Murakami M, Fukuda I, Furukawa K

    Biochemical and biophysical research communications   440 ( 4 )   780 - 5   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • CD34-negative mesenchymal stem-like cells may act as the cellular origin of human aortic valve calcification

    Anan Nomura, Kazuhiko Seya, Zaiqiang Yu, Kazuyuki Daitoku, Shigeru Motomura,Manabu Murakami, Ikuo Fukuda, Ken-Ichi Furukawa

    Biochemical and Biophysical Research Communications   440 ( 780 )   785   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Cytosolic Ca2+-induced apoptosis in rat cardiomyocytes via mitochondrial NO-cGMP-protein kinase G pathway.

    Kazuhiko Seya, Kyoichi Ono, Susumu Fujisawa, Ken Okumura, Shigeru Motomura, and Ken-Ichi Furukawa

    Journal of Pharmacological and Experimental Therapy   2013年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Cytosolic Ca2+-induced apoptosis in rat cardiomyocytes via mitochondrial NO-cGMP-protein kinase G pathway.

    Seya K, Ono K, Fujisawa S, Okumura K, Motomura S, Furukawa K

    The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   344 ( 1 )   77 - 84   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Br-DIF-1 accelerates 1% dimethyl sulfoxide-induced cardiomyocyte differentiation from P19CL6 embryonic carcinoma cells

    Kazuhiko Seya他

    British Journal of Pharmacology   2012年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Tumor Necrosis Factor-{alpha} Accelerates the Calcification of Human Aortic Valve Interstitial Cells Obtained from Patients with Calcific Aortic Valve Stenosis via the BMP2-Dlx5 Pathway.

    「Zaiqiang Yu」「Kazuhiko Seya他」

    Journal of Pharmacological and Experimental Therapy   2011年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Tumor necrosis factor-α accelerates the calcification of human aortic valve interstitial cells obtained from patients with calcific aortic valve stenosis via the BMP2-Dlx5 pathway.

    Yu Z, Seya K, Daitoku K, Motomura S, Fukuda I, Furukawa K

    The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   337 ( 1 )   16 - 23   2011年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Contribution of bone morphogenetic protein-2 to aortic valve calcification in aged rat.

    Kazuhiko Seya他

    Journal of Pharmacological Sciences   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Contribution of bone morphogenetic protein-2 to aortic valve calcification in aged rat.

    Seya K, Yu Z, Kanemaru K, Daitoku K, Akemoto Y, Shibuya H, Fukuda I, Okumura K, Motomura S, Furukawa K

    The Japanese Journal of Pharmacology   115 ( 1 )   8 - 14   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

    CiNii Research

  • Opposite effects of two resveratrol (trans-3,5,4'-trihydroxystilbene) tetramers, vitisin A and hopeaphenol, on apoptosis of myocytes isolated from adult rat heart.

    Kazuhiko Seya, Kouta Kanemaru, Chiharu Sugimoto, Megumi Suzuki, Teruko Takeo, Shigeru Motomura, Haruo Kitahara, Masatake Niwa, Yoshiteru Oshima, Ken-Ichi Furukawa

    Journal of Pharmacology and Experimental Therapy   328   90 - 98   2009年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Opposite effects of two resveratrol (trans-3,5,4'-trihydroxystilbene) tetramers, vitisin A and hopeaphenol, on apoptosis of myocytes isolated from adult rat heart.

    Seya K, Kanemaru K, Sugimoto C, Suzuki M, Takeo T, Motomura S, Kitahara H, Niwa M, Oshima Y, Furukawa K

    The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   328 ( 1 )   90 - 8   2009年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Intracellular calcium ion regulates myocardial apoptosis induced by mitochondrial NO-cGMP pathway.

    Kazuhiko Seya, Kyoichi Ono, Susumu Fujisawa, Shigeru Motomura, Ken-Ichi Furukawa

    Journal of Molecular and Cellular Cardiology   45   S30 - S31   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • 高齢者にはどう聞こえる? (薬局のための 高齢者ケアガイドブック) -- (高齢者の特徴を知ろう)

    瀬谷和彦

    調剤と情報   14 ( 10 )   1183 - 1188   2008年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Calcification of aortic smooth muscle cells isolated from spontaneously hypertensive rats.

    Kouta Kanemaru, Kazuhiko Seya, Izumi Miki, Shigeru Motomura, Ken-Ichi Furukawa

    Journal of Pharmacological Sciences   106   280 - 286   2008年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Possible role of extracellular nucleotides in ectopic ossification of human spinal ligaments.

    Toshikazu Sawada, Masaki Kishiya, Kouta Kanemaru, Kazuhiko Seya, Toru Yokoyama, Kazumasa Ueyama, Shigeru Motomura, Satoshi Toh, Ken-Ichi Furukawa

    Journal of Pharmacological Sciences   106   152 - 161   2008年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Calcification of aortic smooth muscle cells isolated from spontaneously hypertensive rats.

    Kanemaru K, Seya K, Miki I, Motomura S, Furukawa K

    The Japanese Journal of Pharmacology   106 ( 2 )   280 - 286   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

    CiNii Research

  • Possible role of extracellular nucleotides in ectopic ossification of human spinal ligaments.

    Sawada T, Kishiya M, Kanemaru K, Seya K, Yokoyama T, Ueyama K, Motomura S, Toh S, Furukawa K

    The Japanese Journal of Pharmacology   106 ( 1 )   152 - 161   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

    CiNii Research

  • Assessment of the effects of L- and N-Type Ca2+ channel blocking drugs using canine isolated blood-perfused papillary muscle preparation.

    Kazuyuki Daitoku, Kazuhiko Seya, Ken-Ichi Furukawa, Shigeru Motomura

    The Tohoku Journal of Experimental Medicine   212   415 - 422   2007年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Cardiac mitochondrial cGMP stimulates cytochrome c release.

    Kazuhiko Seya, Shigeru Motomura, Ken-Ichi Furukawa

    Clinical Science   112   113 - 121   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Cardiac mitochondrial cGMP stimulates cytochrome c release.

    Seya K, Motomura S, Furukawa K

    Clinical science (London, England : 1979)   112 ( 2 )   113 - 21   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Assessment of the effects of L- and N-type Ca2+ channel blocking drugs using canine blood-perfused papillary muscle preparations.

    Daitoku K, Seya K, Furukawa K, Motomura S

    The Tohoku journal of experimental medicine   212 ( 4 )   415 - 422   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

    CiNii Research

  • P-28 ニンニク《鱗片と皮》 : 機能性材料として(ポスター発表の部)

    北原 晴男, 杉本 千春, 佐々木 成俊, 金丸 幸太, 十川 和弘, 半田 智一, 原田 幸雄, 佐野 輝男, 瀬谷 和彦, 古川 賢一, 元村 成, 大内 秋比古

    天然有機化合物討論会講演要旨集   48 ( 0 )   529 - 534   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • Cardiac mitochondrial nitric oxide-cGMP pathway regulates myocardial apoptosis.

    Kazuhiko Seya, Ken-Ichi Furukawa, Shigeru Motomura

    Mitochondria and Life 2005   110 - 110   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Nifedipine enhances cGMP production through the activation of soluble guanylyl cyclase in rat ventricular papillary muscle.

    Kazuhiko Seya, Ken-Ichi Furukawa, Kazuhiko Yoshida, Reina Narita, Shigeru Motomura

    Journal of Pharmacy and Pharmacology   57   511 - 514   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Nifedipine enhances cGMP production through the activation of soluble guanylyl cyclase in rat ventricular papillary muscle.

    Seya K, Furukawa K, Yoshida K, Narita R, Motomura S

    The Journal of pharmacy and pharmacology   57 ( 4 )   511 - 4   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • 心筋ミトコンドリア一酸化窒素-cGMP経路によるアポトーシス誘導機構の解明と創薬

    瀬谷 和彦, 古川 賢一, 元村 成

    日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA   124   83P - 84P   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • Role of Corticotropin-Releasing Factor Receptor Type 2βin Urocortin-Induced Vasodilation of Rat Aortas

    MIKI Izumi, SEYA Kazuhiko, MOTOMURA Shigeru, FURUKAWA Ken-Ichi

    Journal of pharmacological sciences   96 ( 2 )   170 - 176   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • Role of Corticotropin Releasing Factor Receptor Type 2beta in Urocortin-Induced Vasodilation of Rat Aortas.

    Izumi Miki, Kazuhiko Seya, Shigeru Motomura, Ken-Ichi Furukawa

    Journal of Pharmacological Sciences   96   170 - 176   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Regulation of cytochrome c release via mitochondrial NO-cGMP pathway in rat cardiac myocytes.

    Kazuhiko Seya, Ken-Ichi Furukawa, Shigeru Motomura

    Biochimica et Biophysica Acta, Euromit6 Abstract book   69 - 69   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • For the realization of comfortable medical treatments for hard of hearing and late-deafened people in Japan

    Kazuhiko Seya, Tadashi Takaoka

    THE PAPERS AND PRESENTATIONS OF THE 7TH IFHOH WORLD CONGRES   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Gene expression and functional activity of sodium/calcium exchanger enhanced in vascular smooth muscle cells of spontaneously hypertensive rats.

    Satoshi Taniguchi S, Ken-Ichi Furukawa, Satoshi Sasamura, Yasushi Ohizumi, Kazuhiko Seya, Shigeru Motomura

    Journal of Cardiovascular Pharmacology   43   629 - 637   2004年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Gene expression and functional activity of sodium/calcium exchanger enhanced in vascular smooth muscle cells of spontaneously hypertensive rats.

    Taniguchi S, Furukawa K, Sasamura S, Ohizumi Y, Seya K, Motomura S

    Journal of cardiovascular pharmacology   43 ( 5 )   629 - 37   2004年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Role of corticotropin-releasing factor receptor type 2 beta in urocortin-induced vasodilation of rat aortas.

    Miki I, Seya K, Motomura S, Furukawa K

    The Japanese Journal of Pharmacology   96 ( 2 )   170 - 176   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

    CiNii Research

  • Endothelium-dependent vasodilatory effect of vitisin C, a novel plant oligostilbene from Vitis Plants (Vitaceae) in rabbit aorta

    Kazuhiko Seya, Ken-Ichi Furukawa, Satoshi Taniguchi, Genji Kodzuka, Yoshiteru Oshima, Masatake Niwa, and Shigeru Motomura

    Clinical Science   105   73 - 79   2003年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Endothelium-dependent vasodilatory effect of vitisin C, a novel plant oligostilbene from Vitis plants (Vitaceae), in rabbit aorta.

    Seya K, Furukawa K, Taniguchi S, Kodzuka G, Oshima Y, Niwa M, Motomura S

    Clinical science (London, England : 1979)   105 ( 1 )   73 - 9   2003年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Chemiluminescent Assay for Phosphatidylcholine Hydroperoxide.

    SEYA Kazuhiko, OHKOHCHI Nobuhiro, SHIBUYA Hiroshi, SATOMI Susumu, MOTOMURA Shigeru

    Analytical Sciences   13 ( 2 )   311 - 314   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • 生薬和常山に含まれるキノリンアルカロイド,pteleprenineの神経節遮断作用の解析

    村田 清志, 瀬谷 和彦, 三木 いずみ, 順毛 久江, 元村 成, 大島 吉輝

    日本薬理学雑誌   110 ( supplement )   148 - 152   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

▼全件表示

書籍等出版物

  • 大動脈弁はなぜ石灰化するのか

    福田幾夫、大徳和之、瀬谷和彦、于 在強( 担当: 共編者(共編著者))

    やまと印刷株式会社  2021年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • きこえの総合支援をめざして(国民3000名を対象とした「きこえ」に関する意識調査結果報告)

    瀬谷和彦( 担当: 編集)

    有限会社ヤマダスピード製版  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • 第10回国際難聴者会議報告書

    瀬谷和彦( 担当: 編集)

    株式会社 功文社  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • きこえの支援センター公開シンポジウム報告書

    瀬谷和彦( 担当: 編集)

    教文堂  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • "Total Communication” for Hard of Hearing and Late-Deafened People in Japan.

    Kazuhiko Seya( 担当: 単著)

    Springer-Verlag GmbH  2004年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書  専門分野(e-Rad研究分野)コード:人文・社会 / 社会福祉学

総説・短報・翻訳等

  • 社会の進歩は人々を幸福にするか

    瀬谷和彦

    すべての人の社会   41 ( 501 )   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著  

  • きこえにくいということ ②難聴の基本知識(医学面)

    瀬谷和彦

    日本聴力障害者新聞   ( 863 )   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著  

  • 国連・障害者権利委員会へのオンブッドの報告:ノルウェーの初回定期報告への補足

    佐藤 久夫、瀬谷 和彦

    障害者権利条約のパラレルレポートJD草案と主な国々のパラレポ・総括所見   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   共著区分:共著  

  • ネパール初回報告に関する総括所見

    瀬谷 和彦、宮本 忠司、南 由美子、小林 敬、佐藤 久夫

    障害者権利条約のパラレルレポートJD草案と主な国々のパラレポ・総括所見   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   共著区分:共著  

  • 障害の定義から生じる難聴者・中途失聴者の現状と課題

    瀬谷和彦

    ノーマライゼーション   27   18 - 19   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:財団法人 日本障害者リハビリテーション協会   共著区分:単著    専門分野(e-Rad研究分野)コード:人文・社会 / 社会福祉学

  • A chemiluminescent assay for hydroperoxide level of phosphatidylcholine hydroperoxide fraction purified by two Sep-Pak cartridges in biological samples

    K Seya, N Ohkohchi, H Shibuya, M Satoh, K Oikawa, T Fukumori, S Satomi, S Motomura

    JOURNAL OF PHARMACEUTICAL AND BIOMEDICAL ANALYSIS   23 ( 2-3 )   515 - 520   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Novel acyl alpha-pyronoids, dictyopyrone A, B, and C, from Dictyostelium cellular slime molds

    Y Takaya, H Kikuchi, Y Terui, J Komiya, KI Furukawa, K Seya, S Motomura, A Ito, Y Oshima

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   65 ( 4 )   985 - 989   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Norepinephrine measurement in the isolated, blood-perfused papillary muscle of the dog by using ex vivo microdialysis

    K Seya, K Daitoku, S Motomura

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL AND TOXICOLOGICAL METHODS   42 ( 3 )   149 - 155   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • A fluorometric assay for cyclic guanosine 3 ',5 '-monophosphate incorporating a Sep-Pak cartridge and enzymatic cycling

    K Seya, KI Furukawa, S Motomura

    ANALYTICAL BIOCHEMISTRY   272 ( 2 )   243 - 249   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Fragility of the electron transport chain and superoxide generation in mitochondria of the liver graft after cold ischemia

    N Ohkohchi, T Endoh, K Oikawa, K Seya, S Satomi

    TRANSPLANTATION   67 ( 8 )   1173 - 1177   1999年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS   共著区分:共著  

    Web of Science

  • Kupffer cells generate superoxide anions and modulate lipid peroxidation and mitochondrial proton ATP-ASE activity in the perfused rat liver after cold preservation

    H Shibuya, N Ohkohchi, K Seya, S Satomi

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   29 ( 1-2 )   1328 - 1330   1997年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC   共著区分:共著  

    Web of Science

  • PHOTO-OXIDATION OF L-TYROSINE, AN EFFICIENT 1,4-CHIRALITY TRANSFER-REACTION

    K ENDO, K SEYA, H HIKINO

    JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-CHEMICAL COMMUNICATIONS   ( 14 )   934 - 935   1988年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY   共著区分:共著  

    Web of Science

▼全件表示

担当授業科目(学内)

  • 2021年度年度,免疫学,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,臨床薬理学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,地域学ゼミナール,教養教育科目

  • 2019年度年度,臨床薬理学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,医学研究基礎技術実習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2019年度年度,地域学ゼミナール,教養教育科目

  • 2016年度年度,薬理学実習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,薬理概論,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,医学研究基礎技術実習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2015年度年度,特別教育科目(研究室研修),専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,臨床薬理学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,薬理学実習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,薬理概論,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,医学研究基礎技術実習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2014年度年度,PBL,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,特別教育科目(研究室研修),専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,臨床薬理学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,薬理学実習,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,薬理概論,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,医学研究基礎技術実習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2013年度年度,PBL,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,特別教育科目(研究室研修),専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,臨床薬理学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,薬理学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,薬理学実習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,薬理概論,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,医学研究基礎技術実習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2012年度年度,PBL,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,特別教育科目(研究室研修),専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,臨床薬理学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,薬理学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,薬理学実習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,薬理概論,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,医学研究基礎技術実習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2011年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,臨床薬理学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,薬理学実習,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,薬理概論,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,医学研究基礎技術実習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2010年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,特別教育科目(研究室研修),専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,統合基礎医学実習B,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,臨床薬理学,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,薬理概論,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,医学研究基礎技術実習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2009年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,特別教育科目(研究室研修),専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,統合基礎医学実習B,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,臨床薬理学,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,薬理概論,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,医学研究基礎技術実習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2008年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,特別教育科目(研究室研修),専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,統合基礎医学実習B,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,臨床薬理学,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,薬理概論,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,医学研究基礎技術実習,博士一貫課程・博士後期課程

▼全件表示

社会貢献活動

  • 平成29年度きこえのセミナー 補聴器で生活の質を高めよう

    2017年11月

  • 青森県要約筆記者養成講座講師

    2000年04月 - 2016年03月