2021/12/08 更新

写真a

ナリタ コウジ
成田 浩司
NARITA KOUJI
所属
医学系 基礎医学領域
専任担当
医学研究科 動物実験施設

学位

  • 博士(医学)

研究分野

  • ライフサイエンス / 細菌学

所属学協会

  • 東北動物実験研究会

  • 日本実験動物技術者協会

  • 国立大学法人動物実験施設協議会

  • 日本インターフェロン・サイトカイン学会

  • 日本細菌学会

  • 日本免疫学会

▼全件表示

自己PR

  • (連携キーワード)

    感染症 免疫 生態防御

    (研究概要)

    MRSA感染に対する粘膜ワクチンの研究

論文

  • 222-nm UVC inactivates a wide spectrum of microbial pathogens

    Kouji Narita, Krisana Asano, Keisuke Naito, Hiroyuki Ohashi, Masahiro Sasaki, Yukihiro Morimoto, Tatsushi Igarashi, Akio Nakane

    The Journal of hospital infection   105 ( 3 )   459 - 467   2020年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Interleukin-10 (IL-10) Produced by Mutant Toxic Shock Syndrome Toxin 1 Vaccine-Induced Memory T Cells Downregulates IL-17 Production and Abrogates the Protective Effect against Staphylococcus aureus Infection.

    Narita K, Hu DL, Asano K, Nakane A

    Infection and Immunity   2019年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Histamine release from intestinal mast cells induced by staphylococcal enterotoxin A (SEA) evokes vomiting reflex in common marmoset.

    Ono HK, Hirose S, Narita K, Sugiyama M, Asano K, Hu DL, Nakane A

    PLoS Pathog   2019年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Contribution of toxic shock syndrome toxin-1 to systemic inflammation investigated by a mouse model of cervicovaginal infection with Staphylococcus aureus

    Asano K, Narita K, Hirose S, Nakane A

    Med Microbiol Immunol.   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Salmon cartilage proteoglycan attenuates allergic responses in mouse model of papain‑induced respiratory inflammation

    Ono HK, Yoshimura S, Hirose S, Narita K, Tsuboi M, Asano K, Nakane A

    Mol Med Rep.   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Chronic irradiation with 222-nm UVC light induces neither DNA damage nor epidermal lesions in mouse skin, even at high doses

    Narita K, Asano K, Morimoto Y, Igarashi T, Nakane A.

    PLoS One   2018年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Salmon cartilage proteoglycan promotes the healing process of Staphylococcus aureus-infected wound.

    Hirose S, Narita K, Asano K, Nakane A.

    Heliyon   2018年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Disinfection and healing effects of 222-nm UVC light on methicillin-resistant Staphylococcus aureus infection in mouse wounds.

    Narita K, Asano K, Morimoto Y, Igarashi T, Hamblin MR, Dai T, Nakane A

    Journal of photochemistry and photobiology. B, Biology   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • IL-17A plays an important role in protection induced by vaccination with fibronectin-binding domain of fibronectin-binding protein A against Staphylococcus aureus infection.

    Narita K, Asano K, Nakane A.

    Med Microbiol Immunol   2017年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Bactericidal and antimicrobial effects of pure titanium and titanium alloy treated with short-term, low-energy UV irradiation

    Itabashi T, Narita K, Ono A, Wada K, Tanaka T, Kumagai G, Yamauchi R, Nakane A, Ishibashi Y

    Bone & Joint Research   2017年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Passive immunization with anti-ActA and anti-listeriolysin O antibodies protects against Listeria monocytogenes infection in mice.

    Asano K, Sashinami H, Osanai A, Hirose S, Ono HK, Narita K, Hu DL, Nakane A

    Scientific Reports   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Identification and Characterization of a Novel Staphylococcal Emetic Toxin.

    Hisaya K Ono, Yusuke Sato'o, Kouji Narita, Ikunori Naito, Shouhei Hirose, Junzo Hisatsune, Krisana Asano, Dong-Liang Hu, Katsuhiko Omoe, Motoyuki Sugai, Akio Nakane

    Applied and environmental microbiology   81 ( 20 )   7034 - 7040   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Vaccination with non-toxic mutant toxic shock syndrome toxin-1 induces IL-17-dependent protection against Staphylococcus aureus infection.

    Kouji Narita, Dong-Liang Hu, Krisana Asano, Akio Nakane

    Pathogens and disease   73 ( 4 )   2015年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Reduced IL-1β Production in Diet-Induced Obese Mice Impairs Host Defense against Skin Staphylococcus Aureus Infection

    Sakamoto Yuichi, Narita Kouji, Nakane Akio

    Hirosaki Medical Journal   2013年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Role of interleukin-17A in cell-mediated protection against Staphylococcus aureus infection in mice immunized with the fibrinogen-binding domain of clumping factor A

    Narita, K., Hu, D.-L., Mori, F., Wakabayashi, K., Iwakura, Y., Nakane, A.

    Infect. Immun.   78 ( 10 )   4234 - 4242   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The role of interleukin-17 in the protective effect of an immunization with clumping factor A against Staphylococcus aureus infection

    Narita, K., Hu, D-L., Nakane, A.

    Hirosaki Medical Journal   61 ( Supplement )   S232 - S237   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • c-di-GMP as vaccine adjuvant enhances protection against systemic methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) infection

    Hu, D.-L., Narita, K., Hyodo, M., Hayakawa, Y., Nakane, A., Karaolis, DKR.

    Vaccine   27 ( 35 )   4867 - 4873   2009年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Intranasal immunization of mutant toxic shock syndrome toxin 1 elicits systemic and mucosal immune response against Staphylococcus aureus infection (共著)

    Kouji Narita, Dong-Liang Hu, Takao Tsuji, Akio Nakane

    FEMS Immunology and Medical Microbiology   52 ( 3 )   389 - 396   2008年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Protective effect of intranasal vaccination with notoxic mutant toxic shock syndrome toxin 1 against Staphylococcus aureus infections (共著)

    Kouji Narita, Dong-Liang Hu, Takao Tsuji, Akio Nakane

    Hirosaki Medical Journal   59 ( 2-4 )   71 - 82   2008年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Protective effect of intranasal vaccination with nontoxic mutant TSST-1 against Staphylococcus aureus infection.(共著)

    Narita, K., Hu, D.-L., Tsuji, T., Nakane, A

    Hirosaki Medical Journal   59 ( Supplement )   S227 - S234   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Vaccination with a nontoxic mutant of staphylococcal enterotoxin C elicits Th2 immune response for protection against Staphylococcus aureus infection

    Dong-Liang Hu, Katsuhiko Omoe, Kouji Narita, Kunihiro Shinagawa, Akio Nakane

    Hirosaki Medical Journal   59 ( Supplement )   S210 - S218   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • 日本と中国における急性胃腸炎起因微生物の汚染調査 (共著)

    胡 東良, 銭 愛東, 単 暁風, 成田浩司, 差波拓志, 長内理大, 阿部由紀子, 平賀寛人, 工藤幸清, 劉 勇, 中根明夫

    弘前医学   59 ( 1 )   1 - 6   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Intranasal vaccination with a double mutant of staphylococcal enterotoxin C provides protection against Staphylococcus aureus infection. (共著)

    Dong-Liang Hu, Katsuhiko Omoe, Kouji Narita, Jing-Chun Cui, Kunihiro Shinagawa, Akio Nakane

    Microbes and Infection   8 ( 14-15 )   2841 - 2848   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

総説・短報・翻訳等

  • 黄色ブドウ球菌に対するワクチンの開発

    中根明夫、成田浩司、胡 東良

    臨床免疫・アレルギー科   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:科学評論社   共著区分:共著  

受賞

  • 平成19年度弘前医学会優秀論文賞

    2008年06月

担当授業科目(学内)

  • 2021年度年度,微生物学,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,微生物学実習,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,医学・医療の世界-感染症から身を守る-,教養教育科目

  • 2020年度年度,微生物学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,微生物学実習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,医学・医療の世界-感染症から身を守る-,教養教育科目

  • 2019年度年度,最新医学の現状(R),21世紀教育科目

  • 2019年度年度,PBL,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,微生物学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,微生物学実習,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,医学・医療の世界-感染症から身を守る-,教養教育科目

  • 2019年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2018年度年度,最新医学の現状(R),21世紀教育科目

  • 2018年度年度,微生物学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,微生物学実習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,医学・医療の世界-感染症から身を守る-,教養教育科目

  • 2018年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2017年度年度,最新医学の現状(R),21世紀教育科目

  • 2017年度年度,微生物学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,微生物学実習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,特別研究セミナー,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2017年度年度,医学・医療の世界-感染症から身を守る-,教養教育科目

  • 2017年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2016年度年度,最新医学の現状(R),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,微生物学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,微生物学実習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,特別研究セミナー,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2016年度年度,医学・医療の世界-感染症から身を守る-,教養教育科目

  • 2016年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2014年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2014年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,微生物学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,微生物学実習,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2013年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,微生物学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,微生物学実習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2012年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,微生物学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,微生物学実習,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2011年度年度,基礎科学実験,21世紀教育科目

  • 2011年度年度,免疫学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,基礎人体演習,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,微生物学実習,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,基礎科学実験(生物),21世紀教育科目

  • 2010年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,統合基礎医学実習B,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,基礎科学実験(生物),21世紀教育科目

  • 2009年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,統合基礎医学実習B,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,基礎科学実験(生物),21世紀教育科目

  • 2008年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,統合基礎医学実習B,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,基礎科学実験(生物),21世紀教育科目

  • 2007年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,統合基礎医学実習B,専門教育科目(学部)

▼全件表示