2021/09/06 更新

写真a

ハナダ ヒロユキ
花田 裕之
HANADA HIROYUKI
所属
医学系 臨床医学領域
専任担当
医学研究科 医科学専攻 救急・災害医学講座

学位

  • 医学博士

研究キーワード

  • 地域救急体制

  • 病院前救急体制

研究分野

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

  • ライフサイエンス / 救急医学

所属学協会

  • 日本航空医療学会

  • 日本医師会 将来ビジョン委員会

  • 日本循環器学会

  • 日本心臓病学会

  • 日本内科学会

  • 日本冠疾患学会

▼全件表示

自己PR

  • (連携キーワード)

    急性冠症候群
    STEMIの院外診療体制
    心肺蘇生

    (研究概要)

    循環器病学  
    ◯急性冠症候群の病態解明、治療応用
    ○急性心筋梗塞の院外診療体制の確立
    救急医学
    ○蘇生科学 人工心肺を用いた心肺蘇生・低体温療法
    ○ITを用いた医療情報共有に関する研究

    (協力できる内容)

    心肺蘇生教育・実習など

    【提供可能な資源】
    ・原子力災害医療に関する支援
    原子力災害医療にかんして、国の原子力防災訓練への支援などを行っており、原子力災害医療に関して人的、物的支援が可能。
    現在線量評価にかんして、内部被ばく線量評価対応を進めており、1-2年後に内部被ばく線量評価が可能になる予定。

    ・心肺蘇生法に関する教育(一般向け 専門者向け とも)
    心肺蘇生について 一次救命措置からECMOを使った蘇生まで教育可能。

    (PR)

    日本循環器学会 蘇生科学少委員会 委員
    日本循環器学会 心肺蘇生法普及委員会 委員
    日本医師会 将来ビジョン委員会 委員

    【おすすめURL】
    ・J-PULSE
    http://j-pulse.umin.jp/index.html

    ・AHA BLS・ACLS 講習会情報
    http://www.j-circ.or.jp/information/acls/acls.htm

論文

  • Do-It-Yourself (DIY) Disposable Aerosol Box.

    Osamu Nomura, Hiroshi Nonogi, Hiroyuki Hanada

    The Journal of emergency medicine   59 ( 4 )   e154 - e155   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 脳神経外科医が繫いだ北海道胆振東部地震における青森県DMAT調整本部

    伊藤勝博, 石澤義也, 菊池潤, 長谷川聖子, 佐藤裕太, 伊藤勝宣, 齋藤兄治, 小笠原賢, 矢口慎也, 花田裕之, 大熊洋揮

    Neurosurgical Emergency   25 ( 2 )   174 - 178   2020年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Lessons From a Japan-Korea Collaboration on Medical Response Training for a Nuclear or Radiological Emergency, Assuming Mass Casualty.

    Takakiyo Tsujiguchi, Maiko Kitajima, Toshiko Tomisawa, Yuki Shiroto, Ryohei Yamada, Kyoji Saito, Hiroyuki Hanada, Young Woo Jin, Minsu Cho, Seongjae Jang, Hyunjung Kim, Minjung Pak, Toshiya Nakamura

    Disaster medicine and public health preparedness   14 ( 4 )   431 - 432   2020年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Rural-Urban Disparity in Emergency Care for Acute Myocardial Infarction in Japan.

    Jun Masuda, Mikio Kishi, Naoto Kumagai, Toru Yamazaki, Kenji Sakata, Takumi Higuma, Akiyoshi Ogimoto, Kaoru Dohi, Takashi Tanigawa, Hiroyuki Hanada, Mashio Nakamura, Shigeru Sokejima, Morimasa Takayama, Jitsuo Higaki, Masakazu Yamagishi, Ken Okumura, Masaaki Ito

    Circulation Journal   82 ( 6 )   1666 - 1674   2018年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Specific Problems With Accidental Deaths in Japan - Cardiac Arrest From Hot Baths and Foreign Body Airway Obstruction in Elders.

    Hanada Hiroyuki

    Circulation Journal   80 ( 7 )   1523 - 1524   2016年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Direct Transfer, Shorter Onset-to-Balloon Time, and Better Clinical Outcome in ST-Segment Elevation Myocardial Infarction.

    Higuma T, Hanada H, Okumura K.

    Circulation Journal   79 ( 9 )   1897 - 1899   2015年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ultrasound-guided lumbar retrolaminar block for acute lumbar trauma.

    Yoshida H, Yaguchi S, Chiba N, Kitayama M, Hanada H

    Anaesth Intensive Care   43 ( 4 )   528 - 529   2015年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A modified paravertebral block to reduce risk of mortality in a patient with multiple rib fractures

    Yoshida H, Yaguchi S, Matsumoto A, Hanada H, Niwa H, Kitayama M

    American Journal of Emergency Medicine   33 ( 5 )   e3 - e4   2015年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Plasma soluble lectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor-1 as a novel prognostic biomarker in patients with ST-segment elevation acute myocardial infarction

    Takumi Higuma, Naoki Abe, Syunta Tateyama, Tomohide Endo, Shuji Shibutani, Hiroaki Yokoyama, Kenji Hanada, Masahiro Yamada, Hirofumi Tomita, Hiroyuki Hanada, Tomohiro Osanai, Noriaki Kume, Ken Okumura

    Circulation Journal   79 ( 3 )   641 - 648   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Imidapril and enalapril similarly inhibit plasma matrix metalloproteinase activities and attenuate left ventricular remodeling in patients with acute myocardial infarction.

    Yokota T, Tomita H, Mori Y, Kudo T, Hiraga H, Suto N, Higuma T, Abe N, Hanada H, Osanai T, Okumura K.

    Journal of Cardiovascular pharmacology   63 ( 6 )   528 - 532   2014年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 喉頭鏡検査による声帯下浮腫の評価-気道熱傷症例の再挿管回避のために-

    矢口慎也, 吉田仁, 花田裕之, 浅利靖, 齋藤百合子, 齊藤真喜子, 樋熊有子, 三上誠, 渡辺庸介, 横井克憲, 漆舘聡志

    日本熱傷学会機関紙   40 ( 1 )   46 - 50   2014年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Plasma apelin level is decreased in patients with coronary artery disease.

    Yokoyama H, Saito S, Higuma T, Hanada H, Osanai T, Okumura K.

    Hirosaki Med J   2010年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • From 4-links to 5-links of “Chain of survival” ―Post-resuscitation care is critical for good neurological recovery ―

    Hanada H, Okumura K.

    Circ J   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Impact of telmisartan on coronary stenting in patients with acute myocardial infarction compared with enalapril.

    Yokoyama J, Higuma T, Tomita H, Abe N, Oikawa K, Fujiwara T, Yokota T, Yokoyama H, Kimura M, Sasaki S, Hanada H, Osanai T, Okumura K.

    Int J Cardiol   2009年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Increased serum anandamide level at ruptured plaque site in patients with acute myocardial infarction.

    Maeda N, Osanai T, Kushibiki M, Fujiwara T, Tamura Y, Oowada S, Higuma T, Sasaki S, Yokoyama J, Yoshimachi F, Matsunaga T, Hanada H,Okumura K.

    Fundam Clin Pharmacol.   2009年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Decreased plasma and cardiac matrix metalloproteinase activities in patients with coronary artery disease and treated with pravastatin.

    Fujiwara T, Saito S, Osanai T, Kameda K, Abe N, Higuma T, Yokoyama J, Hanada H, Fukui K, Fukuda I, Okumura K.

    European J Pharmacol   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Nicorandil suppresses the increases in plasma level of matrix metalloproteinase activity and attenuates left ventricular remodeling in patients with acute myocardial infarction.

    Fujiwara T, Matsunaga T, Kameda K, Abe N, Ono H, Higuma T, Yokoyama J, Hanada H, Osanai T, Okumura K.

    Heart & Vessels   22 ( 5 )   303 - 309   2007年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Efficacy and safety of low-dose pioglitazone after primary coronary angioplasty with the use of bare metal stent in patients with acute myocardial infarction and with type 2 diabetes mellitus or impaired glucose tolerance.

    Yokoyama J, Sutoh N, Higuma T, Horiuchi D, Katoh C, Yokota T, Echizen T, Sasaki S, Hanada H, Osanai T, Okumura K.

    Heart & Vessels   22 ( 3 )   146 - 51   2007年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Increased level of pericardial insulin-like growth factor-1 in patients with left ventricular dysfunction and advanced heart failure.

    Abe N, Matsunaga T, Kameda K, Tomita H, Fujiwara T, Ishizaka H, Hanada H, Fukui K, Fukuda I, Osanai T, Okumura K.

    Journal of American College of Cardiology   48 ( 7 )   1387 - 1395   2006年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 急性心不全におけるホスホジエステラーゼ(PDE)Ⅲ阻害薬オルプリノンの血行動態ならびに体液性因子に対する効果

    花田 裕之、奥村 謙

    循環器科   59 ( 2 )   198 - 205   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:共著  

  • Increased pericardial fluid level of matrix metalloproteinase-9 activity in patients with acute myocardial infarction: possible role in the development of cardiac rupture.

    Kameda K, Matsunaga T, Abe N, Fujiwara T, Hanada H, Fukui K, Fukuda I, Osanai T, Okumura K.

    Circulation Journal   70 ( 6 )   673 - 678   2006年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Feasibility and safety of thrombectomy with TVAC aspiration catheter system for patients with acute myocardial infarction.

    Yokoyama J, Kushibiki M, Fujiwara T, Tamura Y, Maeda N, Higuma T, Sasaki S, Yoshimachi F, Matsunaga T, Hanada H, Osanai T, Okumura K.

    Heart& Vessels   21 ( 1 )   1 - 7   2006年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Circulating level of gelatinase activity predicts ventricular remodeling in patients with acute myocardial infarction.

    Matsunaga T, Abe N, Kameda K, Hagii J, Fujita N, Onodera H, Kamata T, Ishizaka H, Hanada H, Osanai T, Okumura K.

    International Journal of Cardiology   105 ( 2 )   203 - 208   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Enalapril suppresses ventricular remodeling more effectively than losartan in patients with acute myocardial infarction.

    Onodera H, Matsunaga T, Tamura Y, Maeda N, Higuma T, Sasaki S, Mori Y, Yoshimachi F, Ishizaka H, Hanada H, Osanai T, Okumura K.

    American Heart Journal   150 ( 4 )   689 - 692   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Nicorandil improves cardiac function and clinical outcome in patients with acute myocardial infarction undergoing primary percutaneous coronary intervention: Role of inhibitory effect on reactive oxygen species formation.

    Ono H, Osanai T, Ishizaka H, Hanada H, Kamada T, Onodera H, Fujita N, Sasaki S, Matsunaga T, Okumura K.

    American Heart Journal   148 ( 1 )   e15 - e16   2004年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Correlation of oxidative stress with activity of matrix metalloproteinase in patients with coronary artery disease. Possible role for left ventricular remodelling.

    Kameda K, Matsunaga T, Abe N, Hanada H, Ishizaka H, Ono H, Saitoh M, Fukui K, Fukuda I, Osanai T, Okumura K.

    Europial Heart Journal   24 ( 24 )   2180 - 2185   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • High plasma level of asymmetric dimethylarginine in patients with acutely exacerbated congestive heart failure: role in reduction of plasma nitric oxide level.

    Saitoh M, Osanai T, Kamada T, Matsunaga T, Ishizaka H, Hanada H, Okumura K.

    Heart& Vessels   18 ( 4 )   177 - 182   2003年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effect of allopurinol pretreatment on free radical generation after primary coronary angioplasty for acute myocardial infarction.

    Guan W, Osanai T, Kamada T, Hanada H, Ishizaka H, Onodera H, Iwasa A, Fujita N, Kudo S, Ohkubo T, Okumura K.

    Journal of Cardiovascular Pharmacology   41 ( 5 )   699 - 705   2003年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effectiveness of a novel serotonin blocker, sarpogrelate, for patients with angina pectoris.

    Kinugawa T, Fujita M, Lee JD, Nakajima H, Hanada H, Miyamoto S.

    American Heart Journal   144 ( 2 )   E1   2002年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 心筋梗塞

    花田裕之、奥村謙( 担当: 共著)

    医学書院  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • ReSS Report 2013

    木村剛・野々木宏・岡田和夫・笠貫宏編 花田裕之著( 担当: 共著 ,  範囲: Session ⅧBest Original Resuscitation Science Poster Session and Reception)

    協和企画  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 喀血 標準救急医学

    花田裕之( 担当: 共著)

    医学書院  2014年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Ress Report

    木村 剛・野々木 宏 企画編集( 担当: 共著 ,  範囲: Best Original Resuscitation Science Poster and Luncheon)

    協和企画  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書  専門分野(e-Rad研究分野)コード:ライフサイエンス / 救急医学,ライフサイエンス / 麻酔科学

  • ACLS プロバイダーマニュアル 日本語版(2010年ガイドライン準拠)

    Chair; Robert W. Neumar, 日本語版編集機構 主監修 野ノ木宏( 担当: 共訳)

    American Heart Association  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論  専門分野(e-Rad研究分野)コード:ライフサイエンス / 麻酔科学,ライフサイエンス / 循環器内科学,ライフサイエンス / 救急医学

  • Ress Report

    木村 剛・野々木 宏 企画編集( 担当: 共著 ,  範囲: Best Original Resuscitation Science Poster and Luncheon)

    協和企画  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書  専門分野(e-Rad研究分野)コード:ライフサイエンス / 救急医学,ライフサイエンス / 麻酔科学

  • 救急・ERノート 胸背部痛を極める

    森脇龍太郎・石川康郎編( 担当: 共著 ,  範囲: 専門医へのコンサルテーションとそのタイミング)

    羊土社  2012年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  専門分野(e-Rad研究分野)コード:ライフサイエンス / 救急医学

  • 今日の救急治療指針

    前川和彦・相川直樹監修、杉本壽・堀進悟・行岡哲男・山田至康・坂本哲也編集( 担当: 共著 ,  範囲: 徐脈性不整脈、心筋炎)

    医学書院  2012年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書  専門分野(e-Rad研究分野)コード:ライフサイエンス / 救急医学

  • JRC蘇生ガイドライン2010

    共同議長 岡田和夫、丸川征四郎 その他( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: ACS作業部会 委員)

    へるす出版  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書  専門分野(e-Rad研究分野)コード:ライフサイエンス / 麻酔科学,ライフサイエンス / 救急医学

  • AHA コアインストラクターコースパッケージ(日本語版)

    日本循環器学会 国際トレーニングセンタ-翻訳チーム( 担当: 共訳)

    シナジー社  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • ACLSプロバイダーマニュアル(日本語版)

    笠貫 宏 など( 担当: 監修)

    シナジー社  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 再灌流療法に年齢制限はあるか?

    花田 裕之( 担当: 共編者(共編著者))

    野々木 宏編 ECC超急性期をのりこえる 中山書店  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 心筋梗塞・狭心症をさぐる 疾患編 23 最近になって胸痛が起こりやすくなった

    花田 裕之( 担当: 単著)

    永井書店  2006年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 「AHA 心肺蘇生法の教育」-普及と教育法としてのシミュレーションの利用-

    花田 裕之( 担当: 単著)

    弘前大学生涯教育研究センターページ  2006年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • 虚血性心疾患 市民のための老年病学

    花田 裕之( 担当: 単著)

    弘前大学生涯教育研究センターページ  2006年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

▼全件表示

総説・短報・翻訳等

  • 心タンポナーデ

    花田 裕之

    循環器ジャーナル   66 ( 4 )   648 - 651   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 低体温療法の適応 心原性心停止 -低体温療法-

    花田裕之

    救急医学   38 ( 5 )   542 - 544   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:へるす出版   共著区分:共著  

  • 心肺蘇生法

    花田裕之

    耳鼻咽喉科・頭頸部外科   85 ( 5 )   18 - 24   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:医学書院   共著区分:共著   担当部分:心肺蘇生法    専門分野(e-Rad研究分野)コード:ライフサイエンス / 麻酔科学,ライフサイエンス / 耳鼻咽喉科学

  • 研修医のための ER診療マニュアル(2) 基本手技・検査編 除細動

    加藤 博 編

    救急医学   36 ( 4 )   392 - 395   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:へるす出版   共著区分:共著   担当部分:心肺蘇生 除細動    専門分野(e-Rad研究分野)コード:ライフサイエンス / 救急医学

  • 専門医へのコンサルト-私のタイミングとコツ- 「胸痛」

    花田裕之、 奥村謙

    内科 12月増大号   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:南江堂   共著区分:共著  

  • 心臓救急「急性冠症候群だけじゃない」心不全の病態と初期治療

    花田裕之

    救急医療ジャーナル   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:    共著区分:単著  

  • 心不全Q&A-プレホスピタルから慢性期まで-「Q29.経皮的心肺補助装置」

    花田裕之

    救急・集中治療   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:    共著区分:単著  

  • メタボリックシンドローム

    花田 裕之、奥村 謙

    循環器症候群(第2版)日本臨床   2 ( 5 )   7 - 11   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本臨床社   共著区分:共著  

  • ガイドライン2005における心電図診断の役割

    花田 裕之

    救急医療ジャーナル   86   24 - 30   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:株式会社プラネット   共著区分:単著  

  • 負荷心電図、心臓病の外来診療

    花田 裕之、奥村 謙

    日本医師会雑誌特別号   132 ( 8 )   70 - 73   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本医師会   共著区分:共著  

  • プライマリケアの場における狭心痛の診かた

    花田 裕之、奥村 謙

    治療    81   179 - 182   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:中山書店   共著区分:共著  

▼全件表示

担当授業科目(学内)

  • 2020年度年度,最新医学の現状(T),21世紀教育科目

  • 2020年度年度,クリニカルクラークシップ 1-2合計,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,医療安全学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,救急・災害医学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,医学・医療の世界-最新医学の現状A-,教養教育科目

  • 2019年度年度,医療安全学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,地域医療学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,救急・災害医学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,救急医学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,生活習慣と健康(L),21世紀教育科目

  • 2014年度年度,救急・災害医学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,最新医学の現状(M),21世紀教育科目

  • 2013年度年度,BSL,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,pre BSLとその試験,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,クリニカルクラークシップ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,医学部保健学科看護 蘇生法の科学と実習 ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,救急医学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,BSL,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,pre BSLとその試験,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,医学部保健学科看護 蘇生法の科学と実習 ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,循環器と疾患 心不全,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,BSL,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,pre BSLとその試験,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,医学部保健学科看護 蘇生法の科学と実習 ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,循環器と疾患 心不全,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,救急医学 心肺蘇生・環境障害・エマルゴ実習 ,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,pre BSL,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,循環器と疾患,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,チュートリアル教育,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,医療リスクマネジメント,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,循環器と疾患,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,最新医学の現況,21世紀教育科目

  • 2008年度年度,生活習慣と健康,21世紀教育科目

  • 2008年度年度,医学部保健学科看護 蘇生法の科学と実習,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,循環器と疾患,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,医学部保健学科看護 蘇生法の科学と実習,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,循環器と疾患,専門教育科目(学部)

▼全件表示

社会貢献活動

  • 青森県ドクターヘリ運航調整員会委員

    2019年04月 - 現在

  • 青森県災害医療コウディネーター

    2019年04月 - 現在

  • 青森県防災会議専門委員(原子力部門専門委員)

    2019年04月 - 現在

  • 弘前大学市民公開講座

    2012年08月

  • 救急認定看護師の講義(県立保健大学)

    2007年08月 - 2012年08月

メディア報道

  • 青森県メディカルコントロール協議会委員長

    2019年04月

  • 青森県原子力災害医療対策専門部会委員長

    2019年04月

  • 青森県救急搬送受入協議会委員長

    2019年04月

  • 青森県心血管疾患対策協議会委員

    2019年04月

  • 津軽西北地区メディカルコントロール協議会委員長

    2019年04月

  • 青森県救急・災害医療対策協議会委員長

    2019年04月

▼全件表示