2021/03/09 更新

写真a

イシカワ アキラ
石川 玲
ISHIKAWA AKIRA
所属
医学系 保健科学領域
専任担当
保健学研究科 保健学専攻(博士後期課程) 総合リハビリテーション科学領域

学位

  • 博士(医学)

  • 修士(教育学)

研究キーワード

  • 理学療法

研究分野

  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学

所属学協会

  • 日本リンパ学会

  • 日本心臓リハビリテーション学会

  • 弘前医学会

  • 日本体力医学会

  • 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • 理学療法科学学会

  • 日本理学療法士協会

  • 青森県理学療法士会

▼全件表示

自己PR

  • (連携キーワード)

    運動生理,自律神経,筋,呼吸・循環,代謝

    (研究概要)

    ○運動と呼吸・循環応答および自律神経活動に関する研究
    ○呼吸音解析に関する研究
    ○筋ジストロフィーにおける障害評価に関する研究
    ○透析患者の運動機能評価に関する研究

       

    (協力できる内容)

    運動機能評価

    (PR)

    ○運動療法の効果と安全性を運動生理学および神経学的な面から明らかにしたいと思っています。
    ○筋ジストロフィーの障害の進展過程を評価し,呼吸・循環・運動機能及び諸能力の低下を遷延させる理学療法の確立を目指したいと思っています。
    ○呼吸理学療法の効果を呼吸音の面から捉えたいと思っています。
    ○透析患者の運動機能の推移と運動療法の効果を明らかにしたいと思っています。。

論文

  • Effects of postural differences on intrapleural pressure during chest wall compression in healthy males

    Kenta Yamamoto, Kyoshi Mase, Kazuaki Kihara, Akira Ishikawa, Kohei Ozaki

    Journal of Physical Therapy Science   33 ( 2 )   132 - 136   2021年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Impact of heart failure on functional recovery after hip fracture.

    Atsunori Itagaki, Ayaka Kakizaki, Miyuki Funahashi,Kaori Sato, Kyoko Yasuhara, Akira Ishikawa

    Jounal of Physical Therapy Science   30 ( 3 )   277 - 281   2019年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • リハビリテーション職に求められるコミュニケーションスキルについて~青森市内4病院に勤務するPT・OT・STに対する調査から~

    奥瀬文代,林真子,佐藤香織,中田農生,坂本麻結,安原教子,石川玲

    理学療法研究   ( 35 )   2018年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 血液透析患者における握力と上腕筋周囲径およびインピーダンス法による腕筋肉量の関係について

    川﨑 忍,石川 玲

    理学療法研究   ( 34 )   25 - 30   2017年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Rate of oral intake and effects of mechanical insufflation-exsufflation on pulmonary complications in patients with Duchenne muscular dystrophy.

    Toshihiko Miura, Akiyoshi Takami, Misato Makino, Akira Ishikawa, Yuka Ishikawa

    Journal of Physical Therapy Science   29   487 - 490   2017年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ベッドからポータブルトイレへの移乗介助動作の分析 看護師と看護学生の比較

    木村 素子, 工藤 せい子, 佐藤 真由美, 安杖 優子, 横田 ひろみ, 牧野 美里, 石川 玲

    保健科学研究   5   161 - 172   2015年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 高次脳機能患者の職業復帰に向けた介入

    千葉由加里, 安原教子, 伊藤美弥子, 相馬美穂, 石川玲

    青森県作業療法研究   2015年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ダイナミックストレッチングの即時効果に関する検討

    藤林直樹,奈良里美,佐藤誠剛,山田智子,長谷川至,越後谷直樹,対馬栄輝,石川玲

    東北理学療法学   ( 26 )   84 - 89   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 呼吸器疾患を有する乳幼児の呼吸音解析の試み

    佐藤香吏,原田久美子,千葉直,長内理愛,後藤明教,北澤淳一,牧野美里,藤田俊文,石川玲

    東北理学療法学   ( 26 )   152 - 158   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 起立性低血圧と運動器疾患がみられた高齢な急性心筋梗塞患者に対する理学療法の経験

    林真子,安原教子,廣瀬美幸,小笠原佑介,石川玲

    理学療法研究   ( 31 )   24 - 28   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 危険予知トレーニング(KYT)による転倒予防対策の取り組み.理学療法研究

    中田農生,安原教子,石川玲

    理学療法研究   ( 31 )   15 - 19   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 呼吸音解析の試み~乳幼児の呼吸理学療法評価への応用を目指して~

    佐藤香吏,原田久美子,千葉直,後藤明教,北澤淳一,牧野美里,藤田俊文,石川玲

    理学療法研究   ( 30 )   30 - 35   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 目標設定と退院の時期について考えさせられた心臓原発肉腫の再発症例

    小笠原佑介,安原教子,石川玲

    理学療法研究   ( 30 )   36 - 40   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 心臓リハビリテーションにおけるAdaptive servo ventilation導入の効果

    奈良享平,安原教子,廣瀬美幸,石川玲,福士智久

    理学療法研究   ( 30 )   26 - 29   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Errorless learningにて起居動作獲得に成功した一症例

    天坂宗一郎,安原教子,伊藤美弥子,川村真理子,中村美穂,石川玲

    青森県作業療法研究   21 ( 1 )   45 - 48   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 肩関節に亜脱臼と疼痛がみられる脳卒中片麻痺患者に対する上肢懸垂用肩関節装具オモニューレクサの使用経験

    長谷部香織,伊藤美弥子,安原教子,相馬史弥,石川 玲

    理学療法研究   29   39 - 42   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • バージャー病(TAO)の理学療法経験-Fontain分類による病期に合わせたプログラムの施行-

    廣瀬美幸,安原教子,石川 玲

    理学療法研究   29   35 - 38   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 弘前大学医学部保健学科におけるコミュニケーション能力の教育について-平成23年度臨床実習指導者連絡会議から-

    尾田 敦,吉田英樹,赤池あらた,牧野美里,対馬栄輝,藤田俊文,石川 玲,若山佐一,成田大一,高見彰淑,對馬 均

    東北理学療法教育   10 ( 1 )   19 - 25   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Edaravone and carnosic acid synergistically enhance the expression of nerve growth factor in human astrocytes under hypoxia/reoxygenation.

    Yoshida H, Mimura J, Imaizumi T, Matsumiya T, Ishikawa A, Metoki N, Tanji K, Ota K, Hayakari R, Kosaka K, Itoh K, Satoh K.

    Neuroscience Research   69 ( 4 )   291 - 298   2011年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 弘前大学の理学療法教育における自己点検・評価の現状

    石川 玲,藤田俊文,牧野美里,他

    東北理学療法教育   8 ( 1 )   5 - 8   2010年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Edaravone improves the expression of nerve growth factor in human astrocytes subjected to hypoxia/reoxygenation.

    Yoshida H, Metoki N, Ishikawa A, Imaizumi T, Matsumiya T, Tanji K, Ota K, Ohyama C, Satoh K.

    Neuroscience research   66 ( 3 )   284 - 289   2010年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 下肢肢伸展挙上運動の指導方法が膝関節伸展筋力の増強効果に及ぼす影響について

    尾田敦,石川 玲,対馬栄輝,長谷川至,成田太一,秋元博之

    Hirosaki Orthopaedic Journal   ( 2 )   133 - 136   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 大腿四頭筋の等尺性運動における血圧と脈拍の変動

    高橋純平,石川 玲

    山形理学療法学   4   26 - 31   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Edaravone inhibits the expression of vascular endothelial growth factor in human astrocytes exposed to hypoxia.

    Ishikawa A, Yoshida H, Metoki N, Toki T, Imaizumi T, Matsumiya T, Yamashita K, Taima K, Satoh K.

    Neuroscience research   59 ( 4 )   406 - 412   2007年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 筋強直性ジストロフィーにおける上肢の機能障害の特徴-関節可動域異常と筋力低下の面から-

    石川玲, 前田千尋, 横山瞳, 宇野光人, 山口美穂子, 高田博仁,三上雅史

    理学療法研究   ( 24 )   15 - 21   2007年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 筋強直性ジストロフィー患者の上衣の着脱能力と上肢筋力の関連について

    石川玲, 前田千尋, 横山瞳, 三上雅史, 宇野光人, 山口美穂子, 高田博仁

    理学療法研究   ( 23 )   19 - 26   2006年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Expression of IP-10/CXCL10 is upregulated by double-stranded RNA in BEAS-2B bronchial epithelial cells.

    Taima K, Imaizumi T, Yamashita K, Ishikawa A, Fujita T, Yoshida H, Takanashi S, Okumura K, Satoh K.

    Respiration   73 ( 3 )   360 - 364   2006年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effect of peroxisome proliferator-activated receptor-g ligands on the expression of retinoic acid-inducible gene-I in endothelial cells stimulated with lipopolysaccharide.

    Imaizumi T, Yamashita K, Taima K, Ishikawa A, Yoshida H, Satoh K

    Prostaglandins & other lipid mediators   78 ( 1-4 )   46 - 54   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Double-stranded RNA induces the synthesis of retinoic acid- inducible gene-I in vascular endothelial cells.

    Imaizumi T, Mori F, Hatakeyama M, Yamashita K, Ishikawa A, Taima K, Yoshida H, Wakabayashi K, Satoh K

    Endothelium : journal of endothelial cell research   12 ( 3 )   133 - 137   2005年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 理学療法学生の留年経験とその後の行動

    伊藤日出男, 上村佐知子, 石川玲

    理学療法学   32 ( 3 )   105 - 109   2005年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Double-strande RNA stimulates the expression of monocyte chemoattractant protein-1 in BEAS-2B bronchial epithelial cells.

    Taima K, Takanashi S, Okumura K, Imaizumi T, Kumagai M, Ishikawa A, Yoshida H, Satoh K, Fujita T

    Experimental lung research   31 ( 2 )   361 - 375   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Polyinosinic-polycytidylic acid induces the expression of GRO-alpha in BEAS-2B cells.

    Yamashita K, Imaizumi T, Taima K, Fujita T, Ishikawa A, Yoshida H, Oyama C, Satoh K.

    Inflammation   29 ( 1 )   17 - 21   2005年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Platelet-activating factor enhances the expression of nerve growth factor in normal human astrocytes under hypoxia.

    Yoshida H, Imaizumi T, Tanji K, Sakaki H, Metoki N, Hatakeyama M, Yamashita K, Ishikawa A, Taima K, Sato Y, Kimura H, Satoh K

    Molecular Brain Research   133 ( 1 )   95 - 101   2005年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Upregulation of retinoic acid-inducible gene-I in T24 urinary bladder carcinoma cells stimulated with interferon-γ.

    Imaizumi T, Yagihashi N, Hatakeyama M, Yamashita K, Ishikawa A, Taima K, Yoshida H, Yagihashi S, Satoh K

    The Tohoku journal of experimental medicine   203 ( 4 )   313 - 318   2004年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effect of double-stranded RNA on the expression of neutrophil activating peptide-78/CXCL-5 in human endothelial cells.

    Imaizumi T, Hatakeyama M, Taima K, Ishikawa A, Yamashita K, Yoshida H, Satoh K

    Inflammation   28 ( 4 )   215 - 219   2004年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Interferon-gamma induces retinoic acid--inducible gene-I in endothelial cells.

    Imaizumi T, Hatakeyama M, Yamashita K, Yoshida H, Ishikawa A, Taima K, Satoh K, Mori F, Wakabayashi K

    Endothelium : journal of endothelial cell research   11 ( 3-4 )   169 - 173   2004年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Double-stranded RNA enhances the expression of galectin-9 in vascular endothelial cells.

    Ishikawa A, Imaizumi T, Yoshida H, Nishi N, Nakamura T, Hirashima M, Satoh K

    Immunology and cell biology   82 ( 4 )   410 - 414   2004年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Expression of retinoic acid-inducible gene-I in vascular smooth muscle cells stimulated with interferon-g

    Imaizumi T, Yagihashi N, Hatakeyama M, Yamashita K, Ishikawa A, Taima K, Yoshida H, Inoue I, Fujita T, Yagihashi S, Satoh K

    Life Sciences   75 ( 10 )   1171 - 1180   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Edaravone inhibits the expression of vascular endothelial growth factor in human astrocytes exposed to hypoxia.

    Ishikawa A, Yoshida H, Metoki N, Toki T, Imaizumi T, Matsumiya T, Yamashita K,Taima K, Satoh K

    Neuroscience Research   59 ( 4 )   406 - 412   2003年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)   共著区分:共著  

  • 反復起立動作を用いた換気性作業閾値の測定方法に関する検討起立動作を用いた換気性作業  閾値の測定方法に関する検討

    石川玲

    2001年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   共著区分:単著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • エビデンスに基づく高齢者の理想  な運動プログラム

    對馬均,秋元博之,石川玲,他( 担当: 共訳)

    医歯薬出版株式会社  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 筋ジストロフィーのリハビリテーション

    大竹進、石川 玲、植田能茂、風間忠道、近藤隆春、他( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: 第1部第3章、第2部第1章)

    医歯薬出版株式会社  2002年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書  専門分野(e-Rad研究分野)コード:ライフサイエンス / リハビリテーション科学

総説・短報・翻訳等

  • 青森県立保健大学理学療法学科学生に於ける"死生観"考 Palliative Care EducationのEarly Exposureとして

    津嶋惠輔, 佐藤秀紀, 石川玲

    セミナー医療と社会   ( 25 )   65 - 71   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:セミナー医療と社会   共著区分:共著  

受賞

  • 第31回東北理学療法学術大会学会最優秀賞

    2014年11月

  • 第20回東北作業療法士学会学会奨励賞

    2009年10月

  • 青森県理学療法士会第2回学術奨励賞

    1990年03月

担当授業科目(学内)

  • 2020年度年度,がんリハビリテーション科学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,保健学概論,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,内部障害系理学療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,内部障害系理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,卒業研究(理学),専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,成人看護学演習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,理学療法学研究演習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,理学療法学総論演習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,理学療法特殊講義,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,神経筋障害理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,臨床実習Ⅰ(3年前期1単位),専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,臨床実習Ⅲ(3年後期6単位),専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,臨床実習Ⅳ(4年13単位),専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,運動療法学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,運動療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,リハビリテーション医学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,リハビリテーション教育学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,リハビリテーション教育学特論演習,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,リハビリテーション教育学特講,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2020年度年度,リハビリテーション教育学特講演習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2020年度年度,リハビリテーション科学特別研究,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2020年度年度,障害保健学特別研究,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2020年度年度,運動と健康A-運動とリハビリテーションB-,教養教育科目

  • 2019年度年度,運動とリハビリテーション(B),21世紀教育科目

  • 2019年度年度,がんリハビリテーション科学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,保健学概論,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,内部障害系理学療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,内部障害系理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,卒業研究(理学),専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,成人看護学演習,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,理学療法学研究演習,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,理学療法学総論演習,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,神経筋障害理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,臨床実習Ⅰ(2年後1単位),専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,臨床実習Ⅱ(3年前1単位),専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,臨床実習Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,臨床実習Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,運動療法学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,運動療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,リハビリテーション医学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,障害保健学特別研究,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2019年度年度,運動と健康A-運動とリハビリテーションB-,教養教育科目

  • 2018年度年度,運動とリハビリテーションB,21世紀教育科目

  • 2018年度年度,がんリハビリテーション科学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,保健学概論,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,内部障害系理学療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,内部障害系理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,卒業研究(理学),専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,成人看護学演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,理学療法学研究演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,理学療法学総論演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,神経筋障害理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,臨床実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,臨床実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,臨床実習Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,臨床実習Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,運動療法学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,運動療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,リハビリテーション医学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,リハビリテーション科学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,運動と健康A-運動とリハビリテーションB-,教養教育科目

  • 2017年度年度,運動とリハビリテーション(B),21世紀教育科目

  • 2017年度年度,がんリハビリテーション科学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,保健学概論,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,内部障害系理学療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,内部障害系理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,卒業研究(理学),専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,成人看護学演習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,理学療法学研究演習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,理学療法学総論演習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,神経筋障害理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,臨床実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,臨床実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,臨床実習Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,臨床実習Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,運動療法学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,運動療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,リハビリテーション医学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,リハビリテーション科学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,地域学ゼミナール,教養教育科目

  • 2017年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2017年度年度,運動と健康A-運動とリハビリテーションB-,教養教育科目

  • 2016年度年度,運動とリハビリテーション(B),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,がんリハビリテーション科学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,保健学概論,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,内部障害系理学療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,内部障害系理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,卒業研究(理学),専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,成人看護学演習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,理学療法学研究演習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,理学療法学総論演習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,神経筋障害理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,臨床実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,臨床実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,臨床実習Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,臨床実習Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,運動療法学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,運動療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,リハビリテーション医学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,リハビリテーション科学特別演習,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,リハビリテーション科学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,リハビリテーション科学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,リハビリテーション科学特講,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2016年度年度,リハビリテーション科学特講演習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2016年度年度,地域学ゼミナール,教養教育科目

  • 2016年度年度,運動と健康A-運動とリハビリテーションB-,教養教育科目

  • 2015年度年度,地域学ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2015年度年度,運動とリハビリテーション(B),21世紀教育科目

  • 2015年度年度,がんリハビリテーション科学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,保健学概論,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,内部障害系理学療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,内部障害系理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,卒業研究(理学),専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,成人看護学演習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,理学療法学研究演習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,理学療法学総論演習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,神経筋障害理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,臨床実習Ⅰ(2年後1単位),専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,臨床実習Ⅱ(3年前1単位),専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,臨床実習Ⅲ(3年後6単位),専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,臨床実習Ⅳ(4年13単位),専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,運動療法学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,運動療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,リハビリテーション特論,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,基礎理学療法学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,理学療法学特別演習,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,理学療法学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,がんリハビリテーション科学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,内部障害系理学療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,内部障害系理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,卒業研究(理学),専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,成人看護学演習,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,歩行解析セミナー,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,福祉機器適合論,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,臨床実習Ⅱ(3年前1単位),専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,臨床実習Ⅲ(3年後6単位),専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,臨床実習Ⅳ(4年13単位),専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,運動療法学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,運動療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,リハビリテーション医学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,基礎理学療法学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,理学療法学特別演習,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,がんリハビリテーション科学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,内部障害系理学療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,内部障害系理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,成人看護学演習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,歩行解析セミナー,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,理学療法学研究演習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,理学療法学総論演習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,神経筋障害理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,福祉機器適合論,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,臨床実習Ⅰ(2年後1単位),専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,臨床実習Ⅱ(3年前1単位),専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,臨床実習Ⅲ(3年後6単位),専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,臨床実習Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,運動療法学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,運動療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,リハビリテーション医学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,基礎理学療法学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,理学療法学特別演習,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,障害保健学特講,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2012年度年度,運動とリハビリテーション(C),21世紀教育科目

  • 2012年度年度,がんリハビリテーション科学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,内部障害系理学療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,内部障害系理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,成人看護学演習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,歩行解析セミナー,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,理学療法学研究演習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,理学療法学総論演習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,神経筋障害理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,福祉機器適合論,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,臨床実習3(3年後6単位),専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,臨床実習Ⅰ(2年後1単位),専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,臨床実習Ⅱ(3年前1単位),専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,臨床実習Ⅲ(3年後6単位),専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,臨床実習Ⅳ(4年前13単位),専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,運動療法学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,運動療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,リハビリテーション医学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,理学療法学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,教育・研究者育成コースワーク,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2012年度年度,障害保健学特講,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2011年度年度,基礎ゼミ,21世紀教育科目

  • 2011年度年度,内部障害系理学療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,内部障害系理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,成人看護学演習,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,歩行解析セミナー,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,理学療法学研究演習,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,理学療法学総論演習,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,神経筋障害理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,福祉機器適合論,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,臨床実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,臨床実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,臨床実習Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,臨床実習Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,運動療法学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,運動療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,リハビリテーション医学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,基礎理学療法学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,理学療法学特別演習,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,教育・研究者育成コースワーク,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2011年度年度,障害保健学特講,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2010年度年度,運動とリハビリテーション,21世紀教育科目

  • 2010年度年度,内部障害系理学療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,内部障害系理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,成人看護学演習,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,歩行解析セミナー,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,理学療法学研究演習,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,理学療法学総論演習,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,神経筋障害理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,福祉機器適合論,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,臨床実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,臨床実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,臨床実習Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,臨床実習Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,運動療法学,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,運動療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,リハビリテーション医学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2010年度年度,理学療法学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2010年度年度,障害保健学特講,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2009年度年度,運動とリハビリテーション,21世紀教育科目

  • 2009年度年度,内部障害系理学療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,内部障害系理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,成人看護学演習,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,歩行解析セミナー,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,理学療法学総論演習,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,神経筋障害理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,福祉機器適合論,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,臨床実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,臨床実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,臨床実習Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,臨床実習Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,運動療法学,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,運動療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,リハビリテーション医学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,基礎理学療法学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,理学療法学特別演習,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,理学療法学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,運動とリハビリテーション,21世紀教育科目

  • 2008年度年度,内部障害系理学療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,内部障害系理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,成人看護学演習,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,歩行解析セミナー,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,理学療法学総論演習,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,神経筋障害理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,福祉機器適合論,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,臨床実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,臨床実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,臨床実習Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,臨床実習Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,運動療法学,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,運動療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,リハビリテーション特論,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,保健学研究セミナー,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,基礎理学療法学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,学際連携セミナー,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,理学療法学特別演習,修士課程・博士前期課程

  • 2007年度年度,運動とリハビリテーション,21世紀教育科目

  • 2007年度年度,内部障害系理学療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,内部障害系理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,成人看護学演習,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,歩行解析セミナー,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,理学療法学総論演習,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,神経筋障害理学療法学演習,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,福祉機器適合論,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,臨床実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,臨床実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,臨床実習Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,臨床実習Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,運動療法学,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,運動療法学実習,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,リハビリテーション特論,修士課程・博士前期課程

  • 2007年度年度,学際連携セミナー,修士課程・博士前期課程

▼全件表示

社会貢献活動

  • 学生特別支援に係る青森県内高等教育機関との情報交換会の主催

    2020年02月

  • 障害学生の支援に係る東北地区大学間情報交換会への参加

    2020年02月

  • 第2回在仙大学障害学生支援大学間ネットワーク情報交換会

    2020年02月

  • 障害学生の支援に係る東北地区大学間情報交換会への参加

    2019年03月

  • 弘前大学大学院保健学研究科市民公開講座の開催

    2018年10月

  • 学生特別支援に係る青森県内高等教育機関との情報交換会の主催

    2018年02月

  • 弘前大学浪江町復興支援プロジェクト(アップルサロンでの健康教室開催)

    2017年11月

  • 弘前大学浪江町復興支援プロジェクト (安達地区健康教室)

    2016年11月

  • 平成28年度東北地区学生指導研修会での講演

    2016年08月

  • 弘前大学浪江町復興支援プロジェクト(桑折地区健康教室)

    2014年09月

  • 弘前市医師会看護専門学校

    2010年09月 - 現在

  • 弘前大学ドリーム講座

    2008年10月 - 現在

  • メタボリックシンドロームの予防と改善のためのツアー

    2008年10月

  • 大鰐町町民健康まつり

    2007年07月

  • 弘前学院大学非常勤講師

    2007年04月 - 現在

  • 青森県高齢者等地域リハビリテーション津軽圏域広域支援センター発行マニュアルの監修

    2006年03月 - 2010年03月

  • 出前講義

    2004年09月 - 現在

  • 弘前大学医学部保健学科公開講座

    2004年09月 - 2008年03月

▼全件表示

メディア報道

  • 弘前大学大学院保健学研究科市民公開講座の開催

    2019年10月