2022/03/22 更新

写真a

ナカハラ タケヒサ
中原 岳久
NAKAHARA Takehisa
所属
医学系 保健科学領域
専任担当
保健学研究科 保健学専攻(博士後期課程) 放射線技術科学領域
生年
1970年
研究室電話
0172-39-5935
研究室FAX
0172-39-5935

学位

  • 博士(理学)

  • 修士(理学)

  • 学士(理学)

研究キーワード

  • 放射線計測学

  • 放射線生物学

研究分野

  • 環境・農学 / 放射線影響

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 計測工学

  • 環境・農学 / 放射線影響

  • 環境・農学 / 化学物質影響

  • ライフサイエンス / 分子生物学

所属学協会

  • 日本放射線腫瘍学会

  • 米国放射線生物学会

  • 弘前医学会

  • 日本医学放射線学会生物部会

  • 日本生体磁気学会

  • 日本放射線影響学会

  • 日本分子生物学会

▼全件表示

自己PR

  • (連携キーワード)

    電磁場の生物影響、生化学、分子生物学、放射線生物学

    (研究概要)

    定常磁場は、この30年程の間に普及してきた医療用のMRIで使用されている。
    現在のMRIでは、およそ1.5Tという強い定常磁場が一般的に使用されている。
    また、現在開発されている、MRIの一種であるfMRIの中には、最大8Tの磁場を発生させることのできるものもある。さらに、現在開発が進んでいるリニアモーターカーにも使用されている。
    このように、将来的に強い定常磁場にさらされる機会は確実に増えて来ると予想されており、その生物影響の有無の解明および影響がある場合の安全基準の策定が望まれている。現在行っている研究の成果によって、学術レベルでの細胞の定常磁場応答システムの解明だけでなく、細胞レベルでの遺伝子発現を基準とした定常磁場曝露の安全強度、強定常磁場曝露を利用した再生医療などの新たな医学アプリケーションの開発やそのアプリケーションにおける最適強度をなど決定することができる。

    (協力できる内容)

    放射線や電磁場の生物影響の評価について

論文

  • Extremely low frequency (ELF) magnetic fields enhance chemically induced formation of apurinic/apyrimidinic (AP) sites in A172 cells.

    Koyama S, Sakurai T, Nakahara T, Miyakoshi J

    International journal of radiation biology   84 ( 1 )   53 - 9   2008年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Magnetic fields generated by an induction heating (IH) cook top do not cause genotoxicity in vitro.

    Miyakoshi J, Horiuchi E, Nakahara T, Sakurai T.

    Bioelectromagnetics   28 ( 7 )   529 - 537   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Magnetic fields generated by an induction heating (IH) cook top do not cause genotoxicity in vitro.

    Miyakoshi J, Horiuchi E, Nakahara T, Sakurai T

    Bioelectromagnetics   28 ( 7 )   529 - 37   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Nuclear accumulation and activation of nuclear factor kappaB after split-dose irradiation in LS174T cells.

    Liu Y, Nakahara T, Miyakoshi J, Hu DL, Nakane A, Abe Y.

    Journal of radiation research   48 ( 1 )   13 - 20   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Extremely low frequency (ELF) magnetic fields enhance chemically induced formation of apurinic/apyrimidinic (AP) sites in A172 cells.

    Koyama S, Sakurai T, Nakahara T, Miyakoshi J.

    International journal of radiation biology   83 ( 9 )   1 - 7   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Nuclear accumulation and activation of nuclear factor kappaB after split-dose irradiation in LS174T cells.

    Liu Y, Nakahara T, Miyakoshi J, Hu DL, Nakane A, Abe Y

    Journal of radiation research   48 ( 1 )   13 - 20   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

    CiNii Research

  • Seed deterioration due to high humidity at high temperature is suppressed by extremely low frequency magnetic fields.

    Junichi Mano, Takehisa Nakahara, Yoshimitsu Torii, Hideki Hirose, Junji Miyakoshi and Koichi Takimoto

    Seed Science and Technology   34 ( 1 )   189 - 192   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 骨芽細胞分化に対する放射線の影響

    櫻井 智徳, 澤田 庸平, 川井 美幸, 小山 眞, 中原 岳久, 宮越 順二

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   2006 ( 0 )   264 - 264   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • 極低周波変動電磁場(ELF‐EMF)による過酸化水素誘導APサイトの増幅効果

    小山 眞, 中原 岳久, 櫻井 智徳, 宮越 順二

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   2006 ( 0 )   326 - 326   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • Combined exposure of ELF magnetic fields and x-rays increased mutant yields compared with x-rays alone in pTN89 plasmids.

    Koyama S, Nakahara T, Sakurai T, Komatsubara Y, Isozumi Y, Miyakoshi J.

    Journal of radiation research   46 ( 2 )   257 - 264   2005年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Combined exposure of ELF magnetic fields and x-rays increased mutant yields compared with x-rays alone in pTN89 plasmids.

    Koyama S, Nakahara T, Sakurai T, Komatsubara Y, Isozumi Y, Miyakoshi J

    Journal of radiation research   46 ( 2 )   257 - 264   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

    CiNii Research

  • Enhanced effect of extremely low frequency electromagnetic fields (ELF-EMF) on the induced AP sites (Apurinic/apyrimidinic sites) by MMS (methyl methane sulfonate)

    KOYAMA Shin, ISOZUMI Yasuhito, NAKAHARA Takehisa, SAKURAI Tomonori, KOMATSUBARA Yoshiki, MIYAKOSHI Junji

    The Japan Radiation Research Society Annual Meeting Abstracts   2005 ( 0 )   350 - 350   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • ELF electromagnetic fields increase hydrogen peroxide (H2O2)-induced mutations in pTN89 plasmids.

    Koyama S, Nakahara T, Hirose H, Ding GR, Takashima Y, Isozumi Y, Miyakoshi J

    Mutation research   560 ( 1 )   27 - 32   2004年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • ELF electromagnetic fields increase hydrogen peroxide (H2O2)-induced mutations in pTN89 plasmids.

    Koyama S, Nakahara T, Hirose H, Ding GR, Takashima Y, Isozumi Y, Miyakoshi J.

    Mutation research   560 ( 1 )   27 - 32   2004年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Extremely low frequency magnetic fields and the promotion of H2O2-induced cell death in HL-60 cells.

    Ding GR, Nakahara T, Hirose H, Koyama S, Takashima Y, Miyakoshi J.

    International journal of radiation biology   80 ( 4 )   317 - 324   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Combined effects of radiation and electromagnetic fields and its mechanism analysis

    Koyama Shin, Nakahara Takehisa, Isozumi Yasuhito, Miyakoshi Junji

    The Japan Radiation Research Society Annual Meeting Abstracts   2004 ( 0 )   49 - 49   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • Effects of high frequency electromagnetic fields on micronucleus formation in CHO-K1 cells.

    Koyama S, Nakahara T, Wake K, Taki M, Isozumi Y, Miyakoshi J

    Mutation research   541 ( 1-2 )   81 - 9   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Induction of kinetochore-positive and kinetochore-negative micronuclei in CHO cells by ELF magnetic fields and/or X-rays.

    Ding GR, Nakahara T, Miyakoshi J

    Mutagenesis   18 ( 5 )   439 - 43   2003年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Static magnetic field with a strong magnetic field gradient (41.7 T/m) induces c-Jun expression in HL-60 cells.

    Hirose H, Nakahara T, Zhang QM, Yonei S, Miyakoshi J

    In vitro cellular & developmental biology. Animal   39 ( 8-9 )   348 - 52   2003年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Radiosensitization by inhibition of IkappaB-alpha phosphorylation in human glioma cells.

    Ding GR, Honda N, Nakahara T, Tian F, Yoshida M, Hirose H, Miyakoshi J

    Radiation research   160 ( 2 )   232 - 7   2003年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Orientation of human glioblastoma cells embedded in type I collagen, caused by exposure to a 10 T static magnetic field.

    Hirose H, Nakahara T, Miyakoshi J

    Neuroscience letters   338 ( 1 )   88 - 90   2003年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Effects of the Strong Static Magnetic Field on the Expression of Proto-oncogenes in HL-60 Cells

    HIROSE Hideki, NAKAHARA Takehisa, ZHANG Qiu-Mei, YONEI Shuji, MIYAKOSHI Junji

    日本放射線影響学会大会講演要旨集   2003 ( 0 )   418 - 419   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • Exposure to power frequency magnetic fields and X-rays induces GAP-43 gene expression in human glioma MO54 cells.

    Ding GR, Nakahara T, Miyakoshi J

    Bioelectromagnetics   23 ( 8 )   586 - 91   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Effects of exposure of CHO-K1 cells to a 10-T static magnetic field.

    Nakahara T, Yaguchi H, Yoshida M, Miyakoshi J

    Radiology   224 ( 3 )   817 - 22   2002年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Exposure to power frequency magnetic fields suppresses X-ray-induced apoptosis transiently in Ku80-deficient xrs5 cells.

    Tian F, Nakahara T, Yoshida M, Honda N, Hirose H, Miyakoshi J

    Biochemical and biophysical research communications   292 ( 2 )   355 - 61   2002年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物

  • 電磁場生命科学(共著)

    宮越順二(編著)、中原岳久、他15名( 担当: 共著)

    京都大学学術出版会  2005年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

担当授業科目(学内)

  • 2021年度年度,医学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,医用物理学実験(放射線),専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,医用物理学実験(検査),専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,放射線安全管理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,放射線生物学,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,放射線科学実験,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,総合演習Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,放射線影響学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2021年度年度,放射線管理学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2021年度年度,放射線防護総論,修士課程・博士前期課程

  • 2021年度年度,放射線技術科学特講,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2021年度年度,物理学の世界-医療系の物理学-,教養教育科目

  • 2021年度年度,生物学の世界-細胞の基礎生物学-,教養教育科目

  • 2020年度年度,医用物理学実験(放射線),専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,医用物理学実験(検査),専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,放射線安全管理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,放射線生物学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,放射線科学実験,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,放射線影響学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,放射線管理学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,放射線技術科学特講,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2020年度年度,物理学の世界-医療系の物理学-,教養教育科目

  • 2019年度年度,物理学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2019年度年度,医用物理学実験(放射線),専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,医用物理学実験(検査),専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,放射線安全管理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,放射線生物学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,放射線科学実験,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,放射線影響学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,放射線管理学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,放射線技術科学特講,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2019年度年度,地域学ゼミナール,教養教育科目

  • 2019年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2019年度年度,物理学の世界-医療系の物理学-,教養教育科目

  • 2018年度年度,物理学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2018年度年度,医用物理学実験(放射線),専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,医用物理学実験(検査),専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,放射線安全管理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,放射線生物学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,放射線科学実験,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,総合演習Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,放射線影響学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,放射線管理学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,放射線防護総論,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,物理学の世界-医療系の物理学-,教養教育科目

  • 2017年度年度,物理学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2017年度年度,医用物理学実験(放射線),専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,医用物理学実験(検査),専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,放射線安全管理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,放射線生物学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,放射線科学実験,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,総合演習Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,放射線影響学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,放射線管理学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,放射線防護総論,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,物理学の世界-医療系の物理学-,教養教育科目

  • 2016年度年度,物理学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,医用物理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,放射線安全管理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,放射線生物学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,放射線科学実験,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,総合演習Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,放射線管理学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,放射線防護総論,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,物理学の世界-医療系の物理学-,教養教育科目

  • 2015年度年度,物理学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2015年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2015年度年度,医用物理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,放射線安全管理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,放射線生物学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,放射線科学実験,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,放射線管理学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,放射線防護総論,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,物理学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2014年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2014年度年度,医用物理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,卒業研究(放射)〔前期〕,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,放射線安全管理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,放射線生物学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,放射線科学実験,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,放射線管理学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,放射線防護総論,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2013年度年度,物理学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2013年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2013年度年度,医用物理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,放射線安全管理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,放射線生物学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,放射線科学実験,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,放射線管理学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,放射線防護総論,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,物理学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2012年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2012年度年度,医用物理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,放射線安全管理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,放射線生物学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,放射線科学実験,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,総合演習3,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,放射線防護総論,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,物理学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2011年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2011年度年度,医用物理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,放射線生物学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,放射線科学実験,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,放射線管理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,総合演習3,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,大学院共通講義,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,放射線防護総論,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,物理学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2009年度年度,生物学の基礎Ⅱ(B),21世紀教育科目

  • 2009年度年度,医用物理学実験(R),専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,医用物理学実験(T),専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,放射線生物学,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,放射線科学実験,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,放射線管理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,放射線計測学,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,放射線計測学演習,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,総合演習2,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,総合演習3,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,大学院共通講義,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,放射線管理学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,生体情報放射線科学演習,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,電磁波生命科学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,放射線生命科学特講,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2008年度年度,物理学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2008年度年度,生物学の基礎Ⅱ(B),21世紀教育科目

  • 2008年度年度,医用物理学実験(R),専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,医用物理学実験(T),専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,放射線生物学,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,放射線科学実験,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,放射線管理学実験,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,放射線計測学,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,放射線計測学演習,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,総合演習2,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,総合演習3,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,大学院共通講義,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,放射線管理学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,生体情報放射線科学演習,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,電磁波生命科学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,放射線生命科学特講,博士一貫課程・博士後期課程

▼全件表示