2021/03/22 更新

写真a

ナナシマ ナオキ
七島 直樹
NANASHIMA NAOKI
所属
医学系 保健科学領域
専任担当
保健学研究科 保健学専攻(博士後期課程) 生体検査科学領域

学位

  • 博士(医学)

  • 修士(農学)

研究分野

  • ライフサイエンス / 実験病理学

  • ライフサイエンス / 構造生物化学

  • 人文・社会 / 家政学、生活科学

所属学協会

  • 日本分子生物学会

  • 日本栄養・食糧学会

  • 健康食品管理士会

  • 日本癌学会

  • 日本生化学会

自己PR

  • (連携キーワード)

    カシス リンゴ 機能性食品 植物性エストロゲン ケラチン

    (研究概要)

    ○カシスおよびリンゴ含有成分の保健機能性に関する研究
    ○植物由来エストロゲンに関する研究
    ○毛ケラチンの細胞内における機能解析
    ○エストロゲン関連受容体の機能解析

    (協力できる内容)

    分子生物学的な実験・研究
    食品の機能性評価

論文

  • L.) Extract Exerts Potential Vasculoprotective Effects in Ovariectomized Rats, Including Prevention of Elastin Degradation and Pathological Vascular Remodeling.

    Kayo Horie, Naoki Nanashima, Hayato Maeda, Toshiko Tomisawa, Indrawati Oey

    Nutrients   13 ( 2 )   2021年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Comparison of Chemical Composition between Kuromoji ( Lindera umbellata) Essential Oil and Hydrosol and Determination of the Deodorizing Effect

    Naoki Nanashima, Maiko Kitajima, Shizuka Takamagi, Miyuki Fujioka, Toshiko Tomisawa

    Molecules   25 ( 18 )   2020年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ) Extract Prevents Dyslipidemia and Hepatic Steatosis in Ovariectomized Rats.

    Naoki Nanashima, Kayo Horie, Kanako Yamanouchi, Toshiko Tomisawa, Maiko Kitajima, Indrawati Oey, Hayato Maeda

    Nutrients   12 ( 5 )   2020年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effects of Blackcurrant Anthocyanin on Endothelial Function and Peripheral Temperature in Young Smokers.

    Toshiko Tomisawa, Naoki Nanashima, Maiko Kitajima, Kasumi Mikami, Shizuka Takamagi, Hayato Maeda, Kayo Horie, Fu-Chih Lai, Tomohiro Osanai

    Molecules (Basel, Switzerland)   24 ( 23 )   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Blackcurrant Extract with Phytoestrogen Activity Alleviates Hair Loss in Ovariectomized Rats.

    Naoki Nanashima, Kayo Horie

    Molecules (Basel, Switzerland)   24 ( 7 )   2019年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Phytoestrogenic Effects of Blackcurrant Anthocyanins Increased Endothelial Nitric Oxide Synthase (eNOS) Expression in Human Endothelial Cells and Ovariectomized Rats.

    Kayo Horie, Naoki Nanashima, Hayato Maeda

    Molecules (Basel, Switzerland)   24 ( 7 )   2019年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • カシスの魅力と健康機能性

    前多 隼人, 西山 広亮, 小舘 めい, 福田 覚, 七島 直樹, 堀江 香代, 冨澤 登志子, 藤田 俊文, 北島 麻衣子, 加藤 陽治

    New food industry = ニューフードインダストリー : 食品加工および資材の新知識   60 ( 9 )   11 - 18   2018年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Blackcurrant Anthocyanins Increase the Levels of Collagen, Elastin, and Hyaluronic Acid in Human Skin Fibroblasts and Ovariectomized Rats.

    Naoki Nanashima, Kayo Horie, Hayato Maeda, Toshiko Tomisawa, Maiko Kitajima, Toshiya Nakamura

    Nutrients   10 ( 4 )   2018年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Single Oral Administration of Anthocyanin Rescues Smoking-Induced Endothelial Dysfunction in Young Smokers but Facilitates Oxidative Stress in Non-Smokers

    Akane Yoshizaki, Toshiko Tomisawa, Tomohiro Osanai, Naoki Nanashima, Maiko Kitajima, Kasumi Mikami, Toshifumi Fujita, Hayato Maeda, Yoji Kato

    Food and Nutrition Sciences   9 ( 3 )   179 - 190   2018年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Phytoestrogenic Activity of Blackcurrant Anthocyanins Is Partially Mediated through Estrogen Receptor Beta.

    Naoki Nanashima, Kayo Horie, Hayato Maeda

    Molecules (Basel, Switzerland)   23 ( 1 )   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Anthocyanin‑rich blackcurrant extract inhibits proliferation of the MCF10A healthy human breast epithelial cell line through induction of G0/G1 arrest and apoptosis.

    Naoki Nanashima, Kayo Horie, Mitsuru Chiba, Manabu Nakano, Hayato Maeda, Toshiya Nakamura

    Molecular medicine reports   16 ( 5 )   6134 - 6141   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Hair keratin KRT81 is expressed in normal and breast cancer cells and contributes to their invasiveness.

    Naoki Nanashima, Kayo Horie, Toshiyuki Yamada, Takeshi Shimizu, Shigeki Tsuchida

    Oncology reports   37 ( 5 )   2964 - 2970   2017年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Involvement of Clustered Genes in Mammalian Functions: Their Relation in a Rat Mutant Strain.

    Naoki Nanashima, Toshiyuki Yamada, Takeshi Shimizu, Shigeki Tsuchida

    Journal of molecular evolution   84 ( 4 )   159 - 161   2017年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Exosomes derived from SW480 colorectal cancer cells promote cell migration in HepG2 hepatocellular cancer cells via the mitogen-activated protein kinase pathway.

    Mitsuru Chiba, Narumi Watanabe, Miki Watanabe, Maki Sakamoto, Akika Sato, Mizuki Fujisaki, Shiori Kubota, Satoru Monzen, Atsushi Maruyama, Naoki Nanashima, Ikuo Kashiwakura, Toshiya Nakamura

    International journal of oncology   48 ( 1 )   305 - 312   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Phytoestrogenic activity of blackcurrant (Ribes nigrum) anthocyanins is mediated through estrogen receptor alpha.

    Naoki Nanashima, Kayo Horie, Toshiko Tomisawa, Mitsuru Chiba, Manabu Nakano, Toshifumi Fujita, Hayato Maeda, Maiko Kitajima, Shizuka Takamagi, Daishi Uchiyama, Jun Watanabe, Toshiya Nakamura, Yoji Kato

    Molecular nutrition & food research   59 ( 12 )   2419 - 2431   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Establishment of a recessive mutant small-eye rat with lens involution and retinal detachment associated with partial deletion and rearrangement of the Cryba1 gene.

    Toshiyuki Yamada, Naoki Nanashima, Takeshi Shimizu, Yosuke Nakazawa, Mitsuru Nakazawa, Shigeki Tsuchida

    The Biochemical journal   471 ( 2 )   293 - 305   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Deletion of phospholipase A2 group IV c induces apoptosis in rat mammary tumor cells by the nuclear factor-κB/lipocalin 2 pathway.

    Naoki Nanashima, Toshiyuki Yamada, Takeshi Shimizu, Shigeki Tsuchida

    The Biochemical journal   2015年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Fatty acid synthase-positive hepatocytes and subsequent steatosis in rat livers by irinotecan.

    Takeyuki Sawano, Takeshi Shimizu, Toshiyuki Yamada, Naoki Nanashima, Takuya Miura, Satoko Morohashi, Daisuke Kudo, Feng Mao Hui, Hiroshi Kijima, Kenichi Hakamada, Shigeki Tsuchida

    Oncology reports   33 ( 5 )   2151 - 2160   2015年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Demonstration of Epidermal Growth Factor-like Activity in Salmon Cartilage Proteoglycan

    K. Kasai, S Fujita, T. Ishikawa, M. Nakano, M. Chiba, N. Nanashima, H. Nozaka, T. Miura, T. Nakamura.

    Journal of health science research   5   93 - 104   2015年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Demonstration of Epidermal Growth Factor-like Activity in Salmon Cartilage Proteoglycan

    Kasai K, Fujita S, Ishikawa T, Nakano M, Chiba M, Nanashima N, Nozaka H, Miura T and Nakamura T.

    Journal of health science research   5   93 - 104   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • 第2回若手研究者のための放射線と健康に関する教育シンポジウム(ESRAH2015)開催報告

    辻口 貴清, 山口 平, 七島 直樹, 千葉 満, 寺島 真悟, 藤嶋 洋平, 松谷 悠佑, 権 池勲, 中村 敏也

    日本放射線技術学会雑誌   71 ( 11 )   1132 - 1137   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • OP-002-1 CPT-11によるSDラット肝のsteatosis誘発とそれに先行するKupffer細胞の減少 : CPT-11肝障害の動物モデル(OP-002 肝 基礎-2,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    澤野 武行, 三浦 卓也, 工藤 大輔, 清水 武史, 七島 直樹, 山田 俊幸, 土田 成紀, 袴田 健一

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Lectin-like receptor Ly49s3 on dendritic cells contributes to the differentiation of regulatory T cells in the rat thymus.

    Yamada T, Nanashima N, Akita M, Shimizu T, Miura T, Yamana D, Sawano T, Sakurai T, Tsuchida S.

    J Immunology   191 ( 7 )   3799 - 3809   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 4-Methylumbelliferone inhibits the phosphorylation of hyaluronan synthase 2 induced by 12-O-tetradecanoyl-phorbol-13-acetate.

    Yoshiyuki Kuroda, Kosuke Kasai, Naoki Nanashima, Hiroyuki Nozaka, Manabu Nakano, Mitsuru Chiba, Masahiko Yoneda, Toshiya Nakamura

    Biomedical research (Tokyo, Japan)   34 ( 2 )   97 - 103   2013年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effect of X-ray Irradiation on Extracellular Matrix Components of Rat Osteoblasts and Femurs.

    Tanaka Komei, Suto Shinichiro, Kuroda Yoshiyuki, Ishikawa Takashi, Nakano Kyoko, Chiba Mitsuru, Nanashima Naoki, Nakano Manabu, Ito Koichi, Nakamura Toshiya.

    Radiation Emergency Medicine   2   43 - 49   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Damage of hair follicle stem cells and alteration of keratin expression in external radiation-induced acute alopecia.

    Naoki Nanashima, Koichi Ito, Takashi Ishikawa, Manabu Nakano, Toshiya Nakamura

    International journal of molecular medicine   30 ( 3 )   579 - 584   2012年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ペルオキシソーム増殖剤によるラット肝発がん過程におけるCD34陽性前駆細胞の出現

    清水 武史, 七島 直樹, 山田 俊幸, 土田 成紀

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   27   17 - 18   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Sustained repression and translocation of Ntcp and expression of Mrp4 for cholestasis after rat 90% partial hepatectomy.

    Takuya Miura, Norihisa Kimura, Toshiyuki Yamada, Takeshi Shimizu, Naoki Nanashima, Daisuke Yamana, Kenichi Hakamada, Shigeki Tsuchida

    Journal of hepatology   55 ( 2 )   407 - 414   2011年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Decrease of hepatic stellate cells in rats with enhanced sensitivity to clofibrate-induced hepatocarcinogenesis.

    Daisuke Yamana, Takeshi Shimizu, Yang Fan, Takuya Miura, Naoki Nanashima, Toshiyuki Yamada, Kenichi Hakamada, Shigeki Tsuchida

    Cancer science   102 ( 4 )   735 - 741   2011年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • ペルオキシソーム増殖剤によるラット肝発がん過程は多段階で進行する

    清水 武史, 山名 大輔, 七島 直樹, 山田 俊幸, 三浦 卓也, 土田 成紀

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   26   24 - 25   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Isolation and characterization of a novel two-component hemolysin, erylysin A and B, from an edible mushroom, Pleurotus eryngii.

    Shibata T, Kudou M, Hoshi Y, Kudo A, Nanashima N, Miyairi K

    Toxicon   56   1436 - 1442   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Histone acetylation and steroid receptor coactivator expression during clofibrate-induced rat hepatocarcinogenesis.

    Jumpei Asano, Toshihiro Kudo, Takeshi Shimizu, Yang Fan, Naoki Nanashima, Daisuke Yamana, Takuya Miura, Toshiyuki Yamada, Shigeki Tsuchida

    Cancer science   101 ( 4 )   869 - 875   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Glutathione S-transferase A4 is a positive marker for rat hepatic foci induced by clofibrate and genotoxic carcinogens.

    Shimizu T, Fan Y, Yamana D, Miura T, Nanashima N, Yamada T, Tsuchida S.

    Cancer Sci.   101 ( 5 )   1093 - 1098   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ブナシメジに含まれる熱安定な細胞溶解毒素、不活性型ヘモリシンの活性化機構の解明

    宮入 一夫, 工藤 絢子, 七島 直樹

    食に関する助成研究調査報告書   ( 23 )   89 - 98   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 遺伝子毒性および非遺伝子毒性物質によるラット肝前がん病変に出現するグルタチオンS-トランスフェラーゼA4 遺伝子の転写因子の解析

    清水 武史, 七島 直樹, 山田 俊幸, 三浦 卓也, 山名 大輔, 土田 成紀

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   25   29 - 30   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Protein adsorption of ultrafine metal oxide and its influence on cytotoxicity toward cultured cells.

    Masanori Horie, Keiko Nishio, Katsuhide Fujita, Shigehisa Endoh, Arisa Miyauchi, Yoshiro Saito, Hitoshi Iwahashi, Kazuhiro Yamamoto, Hideki Murayama, Hajime Nakano, Naoki Nanashima, Etsuo Niki, Yasukazu Yoshida

    Chemical research in toxicology   22 ( 3 )   543 - 553   2009年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Physical and functional interactions between hematopoietic cell-specific ETS transcription factors and homeodomain proteins.

    Toshiyuki Yamada, Takeshi Shimizu, Takuya Sakurai, Naoki Nanashima, Fumiko Kihara-Negishi, Mitsuhiro Suzuki, Yang Fan, Miki Akita, Tsuneyuki Oikawa, Shigeki Tsuchida

    Leukemia research   33 ( 3 )   483 - 489   2009年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ferritin expression in rat hepatocytes and Kupffer cells after lead nitrate treatment.

    Yang Fan, Toshiyuki Yamada, Takeshi Shimizu, Naoki Nanashima, Miki Akita, Kohji Suto, Shigeki Tsuchida

    Toxicologic pathology   37 ( 2 )   209 - 217   2009年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 塩基性ヘアケラチン遺伝子群を欠失する弘前ヘアレスラットの毛包の性質--毛髄質の拡大と毛小皮の欠損,退行期の延長

    秋田 美季, 七島 直樹, 山田 俊幸, Nakano Hajime, Shimizu Takeshi, Fan Yang, Tsuchida Shigeki

    弘前醫學   60 ( 1 )   1 - 11   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • グルタチオン S-トランスフェラーゼ(GST)A4-4 は非遺伝子毒性および遺伝子毒性発がん剤によるラット肝前がん病変の陽性マーカーとなる

    清水 武史, 范 洋, 七島 直樹, 秋田 美季, 山田 俊幸, 土田 成紀

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   24   56 - 57   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • The hairless phenotype of the Hirosaki hairless rat is due to the deletion of an 80-kb genomic DNA containing five basic keratin genes.

    Naoki Nanashima, Miki Akita, Toshiyuki Yamada, Takeshi Shimizu, Hajime Nakano, Yang Fan, Shigeki Tsuchida

    The Journal of biological chemistry   283 ( 24 )   16868 - 16875   2008年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Development of glutathione S-transferase-P-negative foci accompanying nuclear factor-erythroid 2-related factor 2 expression during early stage of rat hepatocarcinogenesis.

    Yang Fan, Takeshi Shimizu, Toshiyuki Yamada, Naoki Nanashima, Miki Akita, Jumpei Asano, Shigeki Tsuchida

    Cancer science   99 ( 3 )   497 - 501   2008年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Interaction between the homeodomain protein HOXC13 and ETS family transcription factor PU.1 and its implication in the differentiation of murine erythroleukemia cells.

    Toshiyuki Yamada, Takeshi Shimizu, Mitsuhiro Suzuki, Fumiko Kihara-Negishi, Naoki Nanashima, Takuya Sakurai, Yang Fan, Miki Akita, Tsuneyuki Oikawa, Shigeki Tsuchida

    Experimental cell research   314 ( 4 )   847 - 858   2008年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Glutathione S-transferase(GST)A4-4はペルオキシソーム増殖剤(PP)によるラット肝前がん病変の陽性マーカーとなる

    清水 武史, 七島 直樹, 范 洋, 秋田 美季, 山田 俊幸, 土田 成紀

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   23   25 - 26   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Suppression of matrix metalloproteinase-9 by 4-methylumbelliferone.

    Rika Nakamura, Hiroko Kuwabara, Masahiko Yoneda, Shuichi Yoshihara, Takashi Ishikawa, Tomisato Miura, Hiroyuki Nozaka, Naoki Nanashima, Tatsusuke Sato, Toshiya Nakamura

    Cell biology international   31 ( 9 )   1022 - 1026   2007年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 酸性条件下におけるヒト皮膚繊維芽細胞のMMPとTIMPの発現変化

    七島 直樹, 石川 孝, 三浦 富智, 野坂 大喜, 佐藤 達資, 中村 敏也

    弘前大学医学部保健学科紀要   6   135 - 139   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • 弘前ヘアレスラットの乳腺におけるO-グリコシド型N-アセチルグルコサミンで修飾されたSTAT5Aの核局在と早期退縮[平成18年度(第11回)弘前大学医学部学術賞奨励賞受賞論文]

    七島 直樹

    弘前醫學   58 ( 1 )   56 - 58   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • ペルオキシソーム増殖剤によるグルタチオントランスフェラーゼ遺伝子多型ラットでの肝二頭酵素誘導の差異に係わる要因

    清水 武史, 浅野 純平, 七島 直樹, 范 洋, 秋田 美季, 山田 俊幸, 土田 成紀

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   22   18 - 19   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Different susceptibility to peroxisome proliferator-induced hepatocarcinogenesis in rats with polymorphic glutathione transferase genes.

    Toshihiro Kudo, Jumpei Asano, Takeshi Shimizu, Naoki Nanashima, Yang Fan, Miki Akita, Keizo Ookawa, Makoto Hayakari, Yoshihito Yokoyama, Kohji Suto, Shigeki Tsuchida

    Cancer science   97 ( 8 )   703 - 709   2006年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ペルオキシソーム増殖剤によるラット肝前がん病変における炭酸脱水酵素IIIの欠損

    清水 武史, 工藤 敏啓, 浅野 純平, 七島 直樹, 范 洋, 山田 俊幸, 土田 成紀

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   21   43 - 44   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Nuclear localization of STAT5A modified with O-linked N-acetylglucosamine and early involution in the mammary gland of Hirosaki hairless rat.

    Naoki Nanashima, Jumpei Asano, Makoto Hayakari, Toshiya Nakamura, Hajime Nakano, Toshiyuki Yamada, Takeshi Shimizu, Miki Akita, Yang Fan, Shigeki Tsuchida

    The Journal of biological chemistry   280 ( 52 )   43010 - 43016   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ヒアルロン酸低分子化酵素の活性におよぼす細胞表面グリコサミノグリカンの影響

    中村 敏也, 七島 直樹, 野坂 大喜, 中岡 理恵, 三浦 富智, 石川 孝, 佐藤 剛

    弘前大学医学部保健学科紀要   2   73 - 78   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • 4-Methylumbelliferone induces the expression of membrane type 1-matrix metalloproteinase in cultured human skin fibroblasts.

    Toshiya Nakamura, Takashi Ishikawa, Naoki Nanashima, Tomisato Miura, Hiroyuki Nozaka, Rie Nakaoka, Tatsusuke Sato

    Biochemical and biophysical research communications   298 ( 5 )   646 - 650   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物

  • 弘前大学レクチャーコレクション

    弘前大学出版会編( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ヒロサキヘアレスラット)

    弘前大学出版会  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

総説・短報・翻訳等

  • 認定校紹介シリーズ

    七島 直樹

    日本食品安全協会会誌   14 ( 4 )   333 - 334   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   共著区分:単著  

  • 第1回研修会・市民公開講座報告

    七島 直樹

    日本食品安全協会会誌協会   14 ( 3 )   253 - 254   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:会議報告等   共著区分:単著  

  • Phospholipase A2 group IVc blocks mammary tumor apoptosis

    Naoki Nanashima, Toshiyuki Yamada, Shigeki Tsuchida

    ATLAS of Science   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   共著区分:共著  

  • Deletion of phospholipase A2 group IVc induces apoptosis in rat mammary tumour cells by the nuclear factor-kB/lipocalin 2 pathway

    七島 直樹、山田 俊幸、清水 武史、土田 成紀

    日本人論文紹介(ユサコHP内)    2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   共著区分:共著  

受賞

  • 弘前大学若手優秀論文賞

    2018年02月

  • 日本生化学会東北支部優秀論文賞

    2009年05月

  • 第11回 弘前大学医学部学術奨励賞

    2007年01月

担当授業科目(学内)

  • 2020年度年度,化学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2020年度年度,代謝機能検査化学演習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,健康食品学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,健康食品法規,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,医用化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,臨床化学検査学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,臨床化学検査学実習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,臨床栄養学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,臨床検査総合演習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,分子生化学,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,化学の世界-医療系の基礎化学-,教養教育科目

  • 2020年度年度,青森の自然-青い森の食材機能学-,教養教育科目

  • 2019年度年度,化学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2019年度年度,代謝機能検査化学演習,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,健康食品学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,健康食品法規,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,医用化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,検査科学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,臨床化学検査学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,臨床化学検査学実習,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,臨床栄養学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,臨床検査総合演習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,化学の世界-医療系の基礎化学-,教養教育科目

  • 2019年度年度,青森の自然-青い森の食材機能学-,教養教育科目

  • 2018年度年度,代謝機能検査化学演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,健康食品学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,健康食品法規,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,臨床化学検査学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,臨床化学検査学実習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,臨床栄養学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,臨床検査総合演習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2018年度年度,青森の自然-青い森の食材機能学-,教養教育科目

  • 2017年度年度,代謝機能検査化学演習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,健康食品学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,健康食品法規,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,臨床化学検査学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,臨床化学検査学実習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,臨床栄養学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,臨床検査総合演習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,分子生化学,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,分子生化学,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,地域学ゼミナール,教養教育科目

  • 2017年度年度,青森の自然-青い森の食材機能学-,教養教育科目

  • 2016年度年度,健康食品学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,健康食品法規,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,臨床化学検査学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,臨床化学検査学実習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,臨床栄養学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,臨床検査総合演習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2016年度年度,青森の自然-青い森の食材機能学-,教養教育科目

  • 2015年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2015年度年度,代謝機能検査化学演習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,健康食品学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,健康食品法規,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,臨床化学検査学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,臨床化学検査学実習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,臨床栄養学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,臨床検査総合演習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,分子生化学,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2014年度年度,代謝機能検査化学演習,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,健康食品学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,健康食品法規,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,臨床化学検査学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,臨床化学検査学実習,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,臨床検査総合演習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,分子生化学,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2013年度年度,代謝機能検査化学演習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,健康食品学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,健康食品法規,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,臨床化学検査学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,臨床化学検査学実習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,臨床栄養学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,臨床検査総合演習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,分子生化学,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,生物の科学・技術(B),21世紀教育科目

  • 2012年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2012年度年度,健康食品学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,健康食品法規,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,臨床化学検査学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,臨床化学検査学実習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,臨床栄養学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,臨床検査総合演習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,保健学研究セミナー,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,分子生化学,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2011年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2011年度年度,健康食品学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,健康食品法規,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,臨床化学検査学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,臨床化学検査学実習,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,臨床栄養学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,臨床検査総合演習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,分子生化学,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,生物の基礎IIA,21世紀教育科目

  • 2009年度年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,栄養・代謝学実習,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,統合基礎医学実験A,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,臨床化学検査学実習,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,細胞分子生物科学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,生物の基礎IIA,21世紀教育科目

  • 2008年度年度,生物の科学・技術,21世紀教育科目

  • 2008年度年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,栄養・代謝学実習,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,統合基礎医学実験A ,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,臨床化学検査学実習,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,細胞分子生物科学特別研究 ,修士課程・博士前期課程

  • 2007年度年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,栄養・代謝学実習,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,統合基礎医学実験A,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,臨床化学検査学実習,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,細胞分子生物科学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2007年度年度,細胞生物化学,修士課程・博士前期課程

▼全件表示

社会貢献活動

  • 弘前医療福祉大学短期大学部 非常勤講師

    2018年04月 - 2019年08月

  • 弘大ナビゲートin青森東高校

    2016年06月

  • 弘前病院附属看護学校 非常勤講師

    2011年08月 - 現在

  • 弘前市医師会看護専門学校 非常勤講師

    2003年08月 - 現在

メディア報道

  • こうぎょくカレッジ

    2019年08月