2021/09/06 更新

写真a

ミウラ トミサト
三浦 富智
MIURA TOMISATO
所属
地域イノベーション学系 戦略的融合領域
専任担当
被ばく医療総合研究所

学位

  • 博士(医学)

  • 修士(理学)

研究分野

  • ライフサイエンス / 放射線科学

所属学協会

  • 国際生物学的生体線量計測学会

  • 日本放射線影響学会

自己PR

  • (連携キーワード)

    被ばく線量評価
    放射線生物影響
    食品機能性

    (研究概要)

    ○緊急被ばく医療における細胞遺伝学的線量評価法に関する研究
     放射線事故等により被ばくした個人の被ばく線量推定法のゴールドスタンダードとして二動原体染色体(DIC)法があります。我々は、DIC法に加え未成熟染色体凝縮(PCC)法やCBMN法に関する新規手法の開発を行っています。さらに、国内外からの研修生を受け入れ、人材育成を行っております。

    ○リンゴプロシアニジンの生活習慣病予防効果に関する研究
     リンゴに豊富に含まれるプロシアニジン(ポリフェノールの1種)の機能性に着目し、生活習慣病の予防効果に関する研究を行っています。高重合型プロシアニジンは生体利用性(吸収率)が低く、その作用機序は不明な点が多いのが現状です。低生体利用性プロシアニジンがどのようにして生体調節に関与するのかを解明しています。

    (協力できる内容)

    ・被ばく線量評価の評価
    ・放射線生物影響の評価
    ・食品機能性の評価

    (PR)

    我々研究グループは「弘前大学染色体研究グループ」を立ち上げ、被ばく線量評価法の開発および被ばく影響評価を行っています。
    また、2011年3月11日に発生した東日本大震災により発生した福島第一原発事故により避難を余儀なくされている住人の復興支援活動を行っております。
    さらに、日本一の生産を誇るリンゴの主な成分であるプロシアニジンの機能性に着目し、農研機構果樹研究所との共同研究を実施しています。

    【おすすめURL】
    ・弘前大学大学院保健学研究科 分子細胞生物学研究室 / Laboratory of Molecular and Cellular Biology, Hirosaki University Graduate School of Health Sciences
    http://tomisato.wix.com/hs-biol

論文

  • A novel parameter, cell-cycle progression index, for radiation dose absorbed estimation in the premature chromosome condensation assay.

    Miura T, Nakata A, Kasai K, Nakano M, Abe Y, Tsushima E, Ossetrova NI, Yoshida MA, Blakely WF.

    Radiat Prot Dosimetry.   159 ( 1-5 )   52 - 30   2014年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Increase in dicentric chromosome formation after a single CT scan in adults.

    Yu Abe, Tomisato Miura, Mitsuaki A Yoshida, Risa Ujiie, Yumiko Kurosu, Nagisa Kato, Atsushi Katafuchi, Naohiro Tsuyama, Takashi Ohba, Tomoko Inamasu, Fumio Shishido, Hideyoshi Noji, Kazuei Ogawa, Hiroshi Yokouchi, Kenya Kanazawa, Takashi Ishida, Satoshi Muto, Jun Ohsugi, Hiroyuki Suzuki, Tetsuo Ishikawa, Kenji Kamiya, Akira Sakai

    Scientific reports   5   13882 - 13882   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Optimization of calyculin A-induced premature chromosome condensation assay for chromosome aberration studies.

    Miura T, Blakely WF.

    Cytometry Part A   79 ( 12 )   1016 - 1022   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Novel L-amino acid oxidase with antibacterial activity against methicillin-resistant Staphylococcus aureus isolated from epidermal mucus of the flounder Platichthys stellatus (共著)

    Kasai K他

    FEBS Journal   277 ( 2 )   453 - 465   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Nonclonal growth of preneoplastic cells positive for glutathione S-transferase P-form in the rat liver.

    Satoh K, Yamakawa D, Kasai K, Hayakari M, Uchida K, Miura T.

    Cancer Science   103 ( 8 )   1445 - 1450   2012年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Apple procyanidins induce tumor cell apoptosis through mitochondrial pathway activation of caspase-3.

    Tomisato Miura, Mitsuru Chiba, Kosuke Kasai, Hiroyuki Nozaka, Toshiya Nakamura, Toshihiko Shoji, Tomomasa Kanda, Yasuyuki Ohtake, Tatsusuke Sato

    Carcinogenesis   29 ( 3 )   585 - 593   2008年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effects of colcemid-block on chromosome condensation in metaphase analysis and premature chromosome condensation assays

    Miura T, Nakata A, Kasai K, Yohida MA

    Radiation Emergency Medicine   1 ( 1-2 )   70 - 74   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Recombinant production and evaluation of an antibacterial L-amino acid oxidase derived from flounder Platichthys stellatus.

    Kosuke Kasai, Kenro Hashiguchi, Hiroki Takahashi, Ayano Kasai, Sadanori Takeda, Manabu Nakano, Takashi Ishikawa, Toshiya Nakamura, Tomisato Miura

    Applied microbiology and biotechnology   2015年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • An alternative approach to background radiation monitoring using smartphone-coupled personal dosimeter POLISMART in Shimokita Peninsula, Japan.

    Valerie Swee Ting Goh, Yaeko Yamamoto, Yasushi Mariya, Toshiya Nakamura, Andrzej Wojcik, Shinji Tokonami, Tomisato Miura

    Radiation Environment and Medicine   9 ( 2 )   84 - 92   2021年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Macchiarelli, Contribution of light and electron microscopy in the identification of morphological alterations in large Japanese field mouse (Apodemus speciosus) testes exposed to low-dose-rate radiations

    Gatti M, Palmerini MG, Belli M, Nottola SA, Fujishima Y, Yamashiro H, Nakata A, Miura T, Macchiarelli G.

    Microscopie   31 ( 2 )   2021年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Morphological reproductive characteristics of testes and fertilization capacity of cryopreserved sperm after the Fukushima accident in raccoon (Procyon lotor).

    Kazuki Komatsu, Tsugumi Iwasaki, Kosuke Murata, Hideaki Yamashiro, Valerie Swee Ting Goh, Ryo Nakayama, Yohei Fujishima, Takumi Ono, Yasushi Kino, Yoshinaka Simizu, Atsushi Takahashi, Hisashi Shinoda, Kentaro Ariyoshi, Kosuke Kasai, Masatoshi Suzuki, Maria Grazia Palmerini, Manuel Belli, Guido Macchiarelli, Toshitaka Oka, Manabu Fukumoto, Mitsuaki A Yoshida, Akifumi Nakata, Tomisato Miura

    Reproduction in domestic animals = Zuchthygiene   56 ( 3 )   484 - 497   2021年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Transition of Radioactive Cesium Deposition in Reproductive Organs of Free-Roaming Cats in Namie Town, Fukushima.

    Yohei Fujishima, Yasushi Kino, Takumi Ono, Valerie Swee Ting Goh, Akifumi Nakata, Kentaro Ariyoshi, Kosuke Kasai, Tadashi Toyoda, Toru Akama, Hirofumi Tazoe, Masatoshi Yamada, Mitsuaki A Yoshida, Tomisato Miura

    International journal of environmental research and public health   18 ( 4 )   2021年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The Differences in the Flavan-3-ol and Procyanidin Contents of the Japanese 'Fuji' and 'Orin' Apples Using a Rapid Quantitative High-Performance Liquid Chromatography Method: Estimation of the Japanese Intake of Flavan-3-ols and Procyanidins from Apple as Case Study.

    Toshihiko Shoji, Mina Obara, Tadashi Takahashi, Saeko Masumoto, Hironaka Hirota, Tomisato Miura

    Foods (Basel, Switzerland)   10 ( 2 )   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Extracellular vesicles released from irradiated neonatal mouse cheek tissue increased cell survival after radiation.

    Kentaro Ariyoshi, Yota Hiroyama, Naoya Fujiwara, Tomisato Miura, Kosuke Kasai, Akifumi Nakata, Yohei Fujishima, Valerie Swee Ting Goh, Mitsuaki A Yoshida

    Journal of radiation research   62 ( 1 )   73 - 78   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • A unique high natural background radiation area - Dose assessment and perspectives.

    Masahiro Hosoda, Eka Djatnika Nugraha, Naofumi Akata, Ryohei Yamada, Yuki Tamakuma, Michiya Sasaki, Kevin Kelleher, Shinji Yoshinaga, Takahito Suzuki, Chanis Pornnumpa Rattanapongs, Masahide Furukawa, Masaru Yamaguchi, Kazuki Iwaoka, Tetsuya Sanada, Tomisato Miura, Kusdiana, Dadong Iskandar, Eko Pudjadi, Ikuo Kashiwakura, Shinji Tokonami

    The Science of the total environment   750   142346 - 142346   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Improved harvest and fixation methodology for isolated human peripheral blood mononuclear cells in cytokinesis-block micronucleus assay.

    Valerie Swee Ting Goh, Ryo Nakayama, William F Blakely, Yu Abe, Christelle En Lin Chua, Zi Huai Chew, Akifumi Nakata, Yohei Fujishima, Mitsuaki A Yoshida, Kosuke Kasai, Kentaro Ariyoshi, Tomisato Miura

    International journal of radiation biology   97 ( 2 )   194 - 207   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Metal coordination by L-amino acid oxidase derived from flounder Platichthys stellatus is structurally essential and regulates antibacterial activity.

    Kosuke Kasai, Yudai Ito, Akihide Nitta, Kentaro Ariyoshi, Toshiya Nakamura, Tomisato Miura

    Applied microbiology and biotechnology   104 ( 22 )   9645 - 9654   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Phosphorylation of Thr328 in hyaluronan synthase 2 is essential for hyaluronan synthesis.

    Kosuke Kasai, Yoshiyuki Kuroda, Yutaro Takabuchi, Akihide Nitta, Takashi Kobayashi, Hiroyuki Nozaka, Tomisato Miura, Toshiya Nakamura

    Biochemical and biophysical research communications   533 ( 4 )   732 - 738   2020年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Environmental radiation on large Japanese field mice in Fukushima reduced colony forming potential in hematopoietic progenitor cells without inducing genomic instability.

    Kentaro Ariyoshi, Tomisato Miura, Kosuke Kasai, Valerie Swee Ting Goh, Yohei Fujishima, Akifumi Nakata, Atsushi Takahashi, Yoshinaka Shimizu, Hisashi Shinoda, Hideaki Yamashiro, Colin Seymour, Carmel Mothersill, Mitsuaki A Yoshida

    International journal of radiation biology   1 - 12   2020年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Seasonal changes in the spermatogenesis of the large Japanese field mice (Apodemus speciosus) controlled by proliferation and apoptosis of germ cells.

    Jun Ito, Kanna Meguro, Kazuki Komatsu, Takuya Ohdaira, Rina Shoji, Takahisa Yamada, Satoshi Sugimura, Yohei Fujishima, Akifumi Nakata, Manabu Fukumoto, Tomisato Miura, Hideaki Yamashiro

    Animal Reproduction Science   214   106288 - 106288   2020年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 整形外科医の超局所慢性被曝による染色体異常

    三浦富智

    臨床整形外科   55 ( 2 )   109 - 113   2020年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Induction of superovulation using inhibin antiserum and competence of embryo development in wild large Japanese field mice (Apodemus speciosus).

    Kanna Meguro, Kazuki Komatsu, Takuya Ohdaira, Naomi Nakagata, Akifumi Nakata, Manabu Fukumoto, Tomisato Miura, Hideaki Yamashiro

    Reproduction in domestic animals = Zuchthygiene   54 ( 12 )   1637 - 1642   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Construction of fluorescence in situ hybridization (FISH) translocation dose-response calibration curve with multiple donor data sets using R, based on ISO 20046:2019 recommendations.

    Valerie Swee Ting Goh, Yohei Fujishima, Yu Abe, Akira Sakai, Mitsuaki A Yoshida, Kentaro Ariyoshi, Kosuke Kasai, Ruth C Wilkins, William F Blakely, Tomisato Miura

    International journal of radiation biology   95 ( 12 )   1668 - 1684   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Investigation of the cumulative number of chromosome aberrations induced by three consecutive CT examinations in eight patients.

    Yu Abe, Hideyoshi Noji, Tomisato Miura, Misaki Sugai, Yumiko Kurosu, Risa Ujiie, Naohiro Tsuyama, Aki Yanagi, Yukari Yanai, Takashi Ohba, Tetsuo Ishikawa, Kenji Kamiya, Mitsuaki A Yoshida, Akia Sakai

    Journal of radiation research   60 ( 6 )   729 - 739   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 整形外科医の医療被曝の現状と対策 超局所慢性被曝を受けた整形外科医の末梢血リンパ球における染色体異常解析

    三浦 富智, 越後谷 直樹, Goh Valerie Swee Ting, 伊東 杏, 三上 紗季, 柳舘 快利, 藤嶋 洋平, 有吉 健太郎, 葛西 宏介, 中田 章史, 石橋 恭之, 吉田 光明

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 10 )   774 - 779   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Radiation-Induced Bystander Effect is Mediated by Mitochondrial DNA in Exosome-Like Vesicles.

    Kentaro Ariyoshi, Tomisato Miura, Kosuke Kasai, Yohei Fujishima, Akifumi Nakata, Mitsuaki Yoshida

    Scientific reports   9 ( 1 )   9103 - 9103   2019年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Analysis of Radioactive Elements in Testes of Large Japanese Field Mice Using an Electron Probe Micro-Analyser after the Fukushima Accident.

    Takuya Ohdaira, Kanna Meguro, Kazuki Komatsu, Rina Syoji, Yohei Fujishima, Valerie Swee Ting Goh, Kosuke Kasai, Kentaro Ariyoshi, Akifumi Nakata, Yusuke Urushihara, Kazuma Koarai, Yasushi Kino, Tsutomu Sekine, Masatoshi Suzuki, Atsushi Takahasi, Yoshinaka Shimizu, Hisashi Shinoda, Mitsuaki A. Yoshida, Manabu Fukumoto, Hideaki Yamashiro and Tomisato Miura

    [IntecOpen   1 - 9   2019年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Influence of anticoagulants and storage temperatures on blood counts and mitotic index of blood samples collected for cytogenetic biodosimetry.

    Yohei Fujishima, Syuki Kanahama, Shigeki Hagino, Shiori Natsubori, Hitoshi Saito, Ayaka Azumaya, Kentaro Ariyoshi, Akifumi Nakata, Kosuke Kasai, Kyogo Yamada, Yasushi Mariya, Mitsuaki A Yoshida, Tomisato Miura

    International journal of radiation biology   95 ( 2 )   186 - 192   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Age Dependence of Radiation-Induced Genomic Instability in Mouse Hematopoietic Stem Cells.

    Kentaro Ariyoshi, Tomisato Miura, Kosuke Kasai, Nakata Akifumi, Yohei Fujishima, Mitsuaki A Yoshida

    Radiation research   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Radiation-induced bystander effect in large Japanese field mouse (Apodemus speciosus) embryonic cells.

    Kentaro Ariyoshi, Tomisato Miura, Kosuke Kasai, Nakata Akifumi, Yohei Fujishima, Mitsuaki A Yoshida

    Radiation and environmental biophysics   57 ( 3 )   223 - 231   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Chronic administration of apple polyphenols ameliorates hyperglycaemia in high-normal and borderline subjects: A randomised, placebo-controlled trial.

    Toshihiko Shoji, Mitsuhiro Yamada, Tomisato Miura, Kazuaki Nagashima, Kasane Ogura, Nobuya Inagaki, Mari Maeda-Yamamoto

    Diabetes research and clinical practice   129   43 - 51   2017年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Possible benefits of tomato juice consumption: a pilot study on irradiated human lymphocytes from healthy donors.

    Ayumi Nakamura, Chieko Itaki, Ayako Saito, Toko Yonezawa, Koichi Aizawa, Ayumi Hirai, Hiroyuki Suganuma, Tomisato Miura, Yasushi Mariya, Siamak Haghdoost

    Nutrition journal   16 ( 1 )   27 - 27   2017年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Regression of atherosclerosis with apple procyanidins by activating the ATP-binding cassette subfamily A member 1 in a rabbit model.

    Liang Wang, Toshio Fumoto, Saeko Masumoto, Toshihiko Shoji, Tomisato Miura, Masato Naraoka, Naoya Matsuda, Tadaatsu Imaizumi, Hiroki Ohkuma

    Atherosclerosis   258   56 - 64   2017年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Rapid isolation of murine primary hepatocytes for chromosomal analysis.

    Kentaro Ariyoshi, Yohei Fujishima, Tomisato Miura, Yi Shang, Shizuko Kakinuma, Shimada Yoshiya, Kosuke Kasai, Akifumi Nakata, Akira Tachibana, Mitsuaki A Yoshida

    In vitro cellular & developmental biology. Animal   2017年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Analysis of the Effect of Chronic and Low-Dose Radiation Exposure on Spermatogenic Cells of Male Large Japanese Field Mice ( Apodemus speciosus ) after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident.

    Sachio Takino, Hideaki Yamashiro, Yukou Sugano, Yohei Fujishima, Akifumi Nakata, Kosuke Kasai, Gohei Hayashi, Yusuke Urushihara, Masatoshi Suzuki, Hisashi Shinoda, Tomisato Miura, Manabu Fukumoto

    Radiation research   187 ( 2 )   161 - 168   2017年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Non-absorbable apple procyanidins prevent obesity associated with gut microbial and metabolomic changes.

    Saeko Masumoto, Akari Terao, Yuji Yamamoto, Takao Mukai, Tomisato Miura, Toshihiko Shoji

    Scientific reports   6   31208 - 31208   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Induction of genomic instability and activation of autophagy in artificial human aneuploid cells.

    Kentaro Ariyoshi, Tomisato Miura, Kosuke Kasai, Yohei Fujishima, Mitsuo Oshimura, Mitsuaki A Yoshida

    Mutation research   790   19 - 30   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Analysis of chromosome translocation frequency after a single CT scan in adults.

    Yu Abe, Tomisato Miura, Mitsuaki A Yoshida, Risa Ujiie, Yumiko Kurosu, Nagisa Kato, Atsushi Katafuchi, Naohiro Tsuyama, Fumihiko Kawamura, Takashi Ohba, Tomoko Inamasu, Fumio Shishido, Hideyoshi Noji, Kazuei Ogawa, Hiroshi Yokouchi, Kenya Kanazawa, Takashi Ishida, Satoshi Muto, Jun Ohsugi, Hiroyuki Suzuki, Tetsuo Ishikawa, Kenji Kamiya, Akira Sakai

    Journal of radiation research   2016年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effect of seasonal changes on testicular morphology and the expression of circadian clock genes in Japanese wood mice (Apodemus speciosus)

    Akiyama M, Takino S, Sugano Y, Yamada T, Nakata A, Miura T, Fukumoto M, Yamashiro H.

    Journal of Biological Regulators & Homeostatic Agents.   2015年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The Internet's Role in a Biodosimetric Response to a Radiation Mass Casualty Event.

    Sugarman SL, Livingston GK, Stricklin DL, Abbott MG, Wilkins RC, Romm H, Oestreicher U, Yoshida MA, Miura T, Moquet JE, Di Giorgio M, Ferrarotto C, Gross GA, Christiansen ME, Hart CL, Christensen DM.

    Health Phys.   106 ( 5(S2) )   S65 - 70   2014年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Healthcare of 18 workers who supported the regulation of radiological contaminations at the Fukushima Daiichi nuclear power plant

    Tomisato Miura, Akifumi Nakata, Kosuke Kasai, Yu Abe, Yutaka Jin, Mitsuaki A. Yoshida

    Radiation Emergency Medicine   2 ( 2 )   63 - 67   2013年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Multi-layer virtual slide scanning system with multi-focus image fusion for cytopathology andiImage diagnosis

    Hiroyuki Nozaka, Tomisato Miura, Zhongxi Zheng

    EICE Transactions on Information and Systems   E96-D ( 4 )   856 - 863   2013年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Nonclonal growth of preneoplastic cells positive for glutathione S-transferase P-form in the rat liver.

    Kimihiko Satoh, Daishi Yamakawa, Kosuke Kasai, Makoto Hayakari, Koji Uchida, Tomisato Miura

    Cancer Science   103 ( 8 )   1445 - 1450   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effects of colcemid-block on chromosome condensation in metaphase analysis and premature chromosome condensation assays

    Tomisato Miura, Akifumi Nakata, Kosuke Kasai, Mitsuaki Yoshida

    Radiation Emergency Medicine   1 ( 1-2 )   70 - 74   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Identification of up-regulated and down-regulated cis-natural antisense transcripts in the human B lymphoblastic cell line IM-9 after X-ray irradiation.

    Chiba M, Miura T, Kasai K, Monzen S, Kashiwakura I, Yasue H, Nakamura T.

    Molecular Medicine Reports   5 ( 5 )   1151 - 1157   2012年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Cytologic difference between benignity and malignancy in suspicious cases employing urine cytodiagnosis using a liquid-based method.

    Washiya K, Sato T, Miura T, Tone K, Kojima K, Watanabe J, Kijima H.

    Analytical & Quantitative Cytology & Histology   33 ( 3 )   169 - 174   2011年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ラット膵腺房細胞に及ぼすアディポネクチンの作用

    中野京子、武尾照子、三浦富智、落合昴、窪沢勇亮、須藤章裕、中山純

    弘前大学大学院保健学研究科紀要   9   143 - 149   2010年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • Novel neofusapyrones isolated from Verticillium dahliae as potent antifungal substances

    Honma M, Kudo S, Takada N, Tanaka K, Miura T, Hashimoto M.

    Bioorg Med Chem Lett.   20 ( 2 )   709 - 712   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The promoting activity on human megakaryocytopoiesis and thrombopoiesis by liquid crystal-related compounds.

    Terasawa R, Fukushi Y, Monzen S, Miura T, Takahashi K, Yoshizawa A, Kashiwakura I

    Biological & pharmaceutical bulletin   32 ( 6 )   976 - 981   2009年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Hepatoid carcinoma of the skin: spontaneous rat skin hepatoid carcinoma with eosinophilic globules and crystals immunoreactive to a-1-antitrypsin.

    Sutoh M, Chiba M, Kasai K, Miura T, Nozaka H, Washiya K, Okusawa E, Oyama N, Tsutaya C, Tsushima M, Terayama Y, Funyu T, Sato T.

    Medical molecular morphology   42 ( 2 )   118 - 122   2009年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Rapid diagnostic method for the detection of diarrheagenic Escherichia coli by multiplex PCR

    Fujioka M, Kasai K, Miura T, Sato T, Otomo Y.

    Jpn J Infect Dis.   62 ( 6 )   476 - 480   2009年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 乳腺細胞診におけるLBCの評価

    野坂大喜, 水戸郁子, 奥沢悦子, 鷲谷清忠,三浦富智, 方山揚誠, 佐藤達資

    弘前大学医学部保健学科紀要   8   73 - 81   2009年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • バーチャルスライドを用いた病理組織診断学教育用Learning Management Systemの構築と評価

    野坂大喜,三浦富智,葛西宏介,中野学,中村敏也,高見秀樹,佐藤達資

    臨床検査学教育   1 ( 1 )   19 - 25   2009年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 臨床検査専門領域における英語教育の現状

    中野京子, 佐藤剛, 中村敏也, 佐藤公彦, 三浦富智, 木田和幸

    臨床検査学教育   1 ( 1 )   32 - 37   2009年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 婦人科液状細胞診におけるReverse dot blot in situ hybridization法を用いたHuman papillomavirus検出(共著)

    野坂大喜 他

    弘前大学大学院保健学研究科紀要   8   83 - 91   2009年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:単著  

  • Four analogues of spiroleptosphol isolated from Leptosphaeria doliolum

    Murakami T, Tsushima T, Takada N, Tanaka K, Nihei K, Miura T, Hashimoto M.

    Bioorganic & medicinal chemistry   17 ( 2 )   492 - 495   2009年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • リンゴポリフェノールの機能性 抗腫瘍効果に着目して

    三浦富智

    青臨技会誌   33   13 - 20   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Localization of sense and antisense transcripts of Prdx2 gene in mouse tissues.

    Chiba M, Kubo M, Miura T, Sato T, Rezaeian AH, Kiyosawa H, Ohkohchi N, Yasue H.

    Cytogenet Genome Research   121 ( 3-4 )   222 - 231   2008年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • HER-2/neu splicing variant expression in human breast cancer : Comparison of RT-PCR and Immunohistochemistry and Fluorescence in situ hybridization.

    Nozaka H, Kazama R, Kouga H, Muramatsu A, Arai C, Zheng Z, Miura T, Kasai K, Sato T, Okusawa E, Katayama Y, Uesugi N, Sugai T,Nakamura S.

    Modern Patholog   21 ( S1 )   47A - 47A   2008年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Expression of HER-2/neu splice variants in the human breast cancer cells.

    Arai C, Miura T, Kasai K, Chiba M, Nozaka H, Kazama R, Muramatsu A,Sato T

    Modern Pathology   21 ( S1 )   19A - 19A   2008年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Suppression of matrix metalloproteinase-9 by 4-methylumbelliferone.

    Nakamura R, Kuwabara H, Yoneda M, Yoshihara S, Ishikawa T, Miura T, Nozaka H, Nanashima N, Sato T, Nakamura T.

    Cell biology international   31 ( 9 )   1022 - 1026   2007年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Development of Pathology Information System based on virtual slide system.

    Nozaka H, Kazama R, Muramatsu A, Miura T, Sato T, Miura H, Zheng Z, Takamatsu T, Nakamura S.

    World Congress of Pathology Informatics 2007   bid005   2007年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Development of high-speed virtual slides imaging system in histopathology.

    Miura T, Nozaka H, Muramatsu A, Kazama R, Sato T, Katsura N, Ishii A, Miura H, Zheng Z, Takamatsu T, Nakamura S.

    World Congress of Pathology Informatics 2007   bid 011 - bid 011   2007年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • 病理検査の進歩 バーチャルスライド作製システムの開発とその活用

    佐藤達資, 三浦富智, 野坂大喜, 中村眞一, 方山揚誠, 鄭衆喜, 高松輝賢

    臨床病理   54 ( 4 )   344 - 350   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 透過型紫外線顕微鏡解析によるメラニンの紫外線吸収に関する基礎的研究

    村松篤, 近藤潤, 須藤美穂子, 千葉満, 野坂大喜, 三浦富智, 高松輝賢, 佐藤達資

    弘前大学医学部保健学科紀要   6   141 - 150   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • The analysis of apoptosis mechanism by the apple procyanidins in the mouse mammary tumor cells.

    Miura T, Chiba M, Kasai K, Nozaka H, Toshihiko Shoji T, Kanda K, Otake Y, Sato T.

    Polyphenols Communications 2006   547 - 548   2006年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • 透過型紫外線顕微鏡解析によるメラニンの紫外線吸収に関する基礎的研究.

    村松篤, 近藤潤, 千葉満, 須藤美穂子, 野坂大喜, 三浦富智, 佐藤達資, 高松輝賢.

    弘前大学医学部保健学科紀要   6   141 - 150   2006年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • Alteration of MMP and TIMP expression in human skin fibroblasts under acidic culture conditions.

    Nanashima N, Ishikawa T, Miura T, Nozaka H, Sato T, Nakamura T.

    弘前大学医学部保健学科紀要   6   135 - 139   2006年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • バーチャルスライドシステムVASSALOの医学教育と臨床医学への応用

    川口順三, 野坂大喜, 三浦富智, 佐藤達資, 高松輝賢

    細胞   37 ( 13 )   546 - 549   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:共著  

  • Enzymatic detection of precursor cell populations of preneoplastic foci positive for gamma-glutamyltranspeptidase in rat liver.

    Satoh K, Takahashi G, Miura T, Hayakari M, Hatayama I.

    International Journal of Cancer   115 ( 5 )   711 - 716   2005年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • バーチャルスライド連動型遠隔病理診断支援システムの研究開発

    野坂大喜, 佐藤達資, 三浦富智, 中村敏也, 石川孝,高松輝賢

    医療情報学   24   1054 - 1055   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:共著  

  • Tumor necrosis factor-alpha is required for gastritis induced by Helicobacter felis infection in mice.

    Hasegawa S, Nishikawa S, Miura T, Saito Y, Madarame H, Sekikawa K, Tagawa Y, Iwakura Y, Nakane A.

    Microbial pathogenesis   37 ( 3 )   119 - 124   2004年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Examination of the anti-tumor effect by the apple polyphenol and analysis of the anti-tumor component.

    Miura T, Chiba M, Nozaka H, Shoji T, Kanda T, Sato T.

    Polyphenols Communications 2004   299 - 300   2004年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • リンゴ由来ポリフェノールによる癌予防効果

    庄司俊彦、三浦富智、佐藤達資、樋廻博重、神田智正、池田満雄

    ブレインテクノニュース   101   24 - 29   2004年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 医療画像用高精度タイリング技術の開発に関する研究

    野坂大喜, 三浦富智, 佐藤達資

    医療情報学   23   944 - 955   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:共著  

  • Vibrio vulnifigusの抗生剤感受性に与える鉄の影響.

    佐藤征,大高昌子,浅野厚歩,三浦富智,齋藤雅明,大友良光,本郷俊治,戸羽隆宏

    医学検査   52 ( 7 )   950 - 953   2003年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effect of cell-surface glycosaminoglycans on the activity of hyaluronan-depolymerizing enzyme.

    Nakamura T, Nanashima N, Nozaka N, Nakaoka R, Miura T, Ishikawa T, Sato T.

    弘前大学医学部保健学科紀要   2   75 - 80   2003年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Polyphenols in Human Health and Disease. 1st ed. Apple polyphenols in cancer prevention.

    Shoji T, Miura T.( 担当: 共著)

    Academic Press, Elsevier.  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Regulation between anti-bacterial immunity and acute GVHD in mice. Excep. Medica Inter. Cong. Series 1216. Progress in transplantation.

    Miura T, Mizuki D, Sasaki S, Hasegawa S, Sashinami H, Nakane A.( 担当: 共著)

    ELSEVIER  2000年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 知の散歩シリーズ2 福島に学ぶ

    細田正洋、床次眞司、三浦富智、田副博文、柏倉幾郎、山口平、辻口貴清、中村敏也、木立るり子、細川洋一郎( 担当: 共著)

    弘前大学出版会  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • りんごの赤はママの愛(改訂版)

    三浦富智、前多隼人、池田友子、間山マミー(執筆・監修)( 担当: 監修)

    青森県農林水産部リンゴ果樹課発行  2020年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • りんごの赤はママの愛(改訂版)

    三浦富智、前多隼人、池田友子、間山マミー(執筆・監修)( 担当: 監修)

    青森県農林水産部リンゴ果樹課発行  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • りんごの赤はママの愛

    三浦富智、前多隼人、池田友子、間山マミー(執筆・監修)( 担当: 共著)

    青森県農林水産部リンゴ果樹課発行  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • メディカルサイエンス遺伝子検査学

    有波忠雄 太田敏子 清水淑子 福島亜紀子 三村邦裕 / 編( 担当: 共著)

    近代出版  2012年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

▼全件表示

総説・短報・翻訳等

  • Antibacterial properties of L-amino acid oxidase: mechanisms of action and perspectives for therapeutic applications

    Kosuke KasaiTakashi IshikawaToshiya NakamuraTomisato Miura

    Applied microbiology and biotechnolog   99 ( 19 )   7847 - 7857   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The cytokinesis-block micronucleus (CBMN) assay

    Miura T.

    IAEA HUman Health Campus, Biodosimetry in the 21st Century   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:IAEA   共著区分:単著  

受賞

  • 福島復興支援会第5回内藤賞

    2021年03月

  • 松島振興財団振興奨励賞

    2021年03月

  • Excellent Poster Award

    2015年05月

  • Poster Prize winner

    2013年03月

  • 「第3回ものづくり日本大賞」東北経済産業局長賞

    2009年08月

  • インテリジェント・コスモス奨励賞

    2008年05月

▼全件表示

担当授業科目(学内)

  • 2020年度年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,分子生物検査学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,医用生物学実験(放射),専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,医用生物学実験(検査),専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,卒業研究(検査),専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,被ばく医療学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,生体検査科学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,被ばく医療演習,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,被ばく医療総論,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,生体検査科学特別研究,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2020年度年度,生体検査科学特講演習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2020年度年度,環境と生活-放射線の理解-,教養教育科目

  • 2020年度年度,生物学の世界-細胞の基礎生物学-,教養教育科目

  • 2019年度年度,生物学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2019年度年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,分子生物検査学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,医用生物学実験(R),専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,医用生物学実験(T),専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,細胞生物化学,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,先進被ばく医療,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2019年度年度,地域学ゼミナール,教養教育科目

  • 2019年度年度,生物学の世界-細胞の基礎生物学-,教養教育科目

  • 2018年度年度,生物学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2018年度年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,分子生物検査学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,医用生物学実験(R),専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,医用生物学実験(T),専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,基礎生体検査科学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,染色体検査学,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,染色体解析演習,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,生体検査科学特別演習,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,生体検査科学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,細胞生物化学,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,先進被ばく医療,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2018年度年度,生物学の世界-細胞の基礎生物学-,教養教育科目

  • 2017年度年度,生物学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2017年度年度,分子生物学実験(集中講義),専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,分子生物検査学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,医用生物学実験(R),専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,医用生物学実験(T),専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,細胞生物化学,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,細胞生物化学,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,生物学の世界-細胞の基礎生物学-,教養教育科目

  • 2016年度年度,生物学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,分子生物検査学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,医用生物学実験(R),専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,医用生物学実験(T),専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,検査医学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,細胞生物化学,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,先進被ばく医療,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2016年度年度,生物学の世界-細胞の基礎生物学-,教養教育科目

  • 2015年度年度,生物学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2015年度年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,分子生物検査学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,医用生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,染色体解析演習,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,細胞生物化学,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,病態解析科学特講,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2014年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2014年度年度,生物学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2014年度年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,分子生物検査学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,医用生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,染色体解析演習,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,生物学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2013年度年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,分子生物検査学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,医用生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,染色体検査学,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,染色体解析演習,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,細胞分子生物科学特別演習,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,細胞生物化学,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,生物学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2012年度年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,分子生物検査学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,医用生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,細胞生物化学,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,生物学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2011年度年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,分子生物検査学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,医用生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,細胞分子生物科学演習,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,細胞分子生物科学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,細胞生物化学,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,生物学の基礎ⅡD(R),21世紀教育科目

  • 2009年度年度,生物学の基礎ⅡD(T),21世紀教育科目

  • 2009年度年度,分子生物検査学,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,医用生物学実験(R),専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,医用生物学実験(T),専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,細胞分子生物科学演習,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,細胞生物化学,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2008年度年度,生物学の基礎ⅡD(R),21世紀教育科目

  • 2008年度年度,生物学の基礎ⅡD(T),21世紀教育科目

  • 2008年度年度,分子生物検査学,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,医用生物学実験(R),専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,医用生物学実験(T),専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,細胞分子生物科学演習,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,細胞生物化学,修士課程・博士前期課程

  • 2007年度年度,生物学の基礎ⅡD(R),21世紀教育科目

  • 2007年度年度,生物学の基礎ⅡD(T),21世紀教育科目

  • 2007年度年度,分子生物検査学,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,分子生物検査学実験,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,医用生物学実験(R),専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,医用生物学実験(T),専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,医用生物学実験(T:集中講義),専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,検査医学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,細胞分子生物科学演習,修士課程・博士前期課程

  • 2007年度年度,細胞生物化学,修士課程・博士前期課程

  • 2007年度年度,病態解析科学特講,博士一貫課程・博士後期課程

▼全件表示

社会貢献活動

  • 浪江町議会 放射線に関する講演会.環境中に存在する放射性物質が人体に与える影響とそのリスクを考える. 3. 放射線によって引き起こされる染色体異常.

    2021年01月

  • いわて農林水産物機能性研究会第2回機能性活用セミナー

    2018年11月

  • タイ王国マヒドール大学ラマチボディ病院病理検査室セミナー

    2016年12月

  • 北海道旭川西高等学校サイエンスセミナー

    2015年11月

  • 第5回 東北地域「食と健康セミナー」

    2014年04月

  • HICARE, BIODOSIMETRY IN THE 21st CENTURY

    2013年06月

  • ドリーム講座(三本木高校)

    2012年07月

  • 市民講演

    2008年05月

  • 見てみて、聞いてみて、触ってみて、弘前大学

    2007年11月

  • 青森県リンゴ協会講演会

    2007年10月

  • 北東北国立3大学集中講義

    2007年09月

▼全件表示