基本情報

写真a

佐々木 真吾

SASAKI SHINGO


職名

准教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Tumor necrosis factor α as an endogenous stimulator for circulating coupling factor 6.,Cardiovasc Res ,2004年04月,Sasaki S, Osanai T, Tomita H, Matsunaga T, Magota K, Okumura K.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,失神の既往、ピルジカイニド負荷試験、心室細動誘発性からみたBrugada症候群の生命予後の検討,心臓,2006年04月,佐々木 真吾、奥村 謙

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,無症候性Brugada症候群にICDは必要か,Jpn.J.ElectroCardiol,2008年04月,佐々木 真吾、奥村 謙

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Impact of telmisartan on coronary stenting in patients with acute myocardial infarction compared with enalapril.,Int J Cardiol,2009年02月,Yokoyama J, Higuma T, Tomita H, Abe N, Oikawa K, Fujiwara T, Yokota T, Yokoyama H, Kimura M, Sasaki S, Hanada H, Osanai T, Okumura K.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Increased serum anandamide level at ruptured plaque site in patients with acute myocardial infarction.,Fundam Clin Pharmacol.,2009年07月,Maeda N, Osanai T, Kushibiki M, Fujiwara T, Tamura Y, Oowada S, Higuma T, Sasaki S, Yokoyama J, Yoshimachi F, Matsunaga T, Hanada H,Okumura K.

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,循環器疾患 洞機能不全症候群,医学書院,2006年04月,佐々木真吾、岩佐篤、奥村謙ほか

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,AMI急性期にはどんな不整脈が見られるか?シミュレイション内科:心筋梗塞・狭心症を探る.,永井書店,2006年04月,佐々木真吾、堀内大輔、小林孝男、木村正臣、足利敬一、岩佐篤、奥村謙

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,肥大型心筋症ハンドブック 不整脈の治療(上室性/心室性,日本医事新報社,2007年04月,小林孝男、佐々木真吾、奥村謙.

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,患者抄録で極める循環器病シリーズ3心不全,羊土社,2010年10月,佐々木真吾、奥村謙ほか

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,今日の心臓手術の適応と至適時期,文光堂,2011年09月,佐々木真吾、奥村謙他

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,Ⅸ-13 カテーテルアブレーション,南江堂,循環器疾患 最新の治療 2004-2005,2003年03月,佐々木真吾他

    総説・解説(その他),共著

  • 日本語,第3章 心房細動の診断:診断、検査の進め方,最新医学社,最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 心房細動,2003年04月,佐々木真吾他

    総説・解説(その他),共著

  • 日本語,Brugada症候群,医学図書出版,ICUとCCU,2003年05月,佐々木真吾他

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 日本語,心室性期外収縮と非持続性心室頻拍,中外医学社,EBM 循環器疾患の治療 2004-2005,2003年07月,佐々木真吾他

    総説・解説(その他),共著

  • 日本語,慢性心不全の治療戦略3. 合併する不整脈の管理,メジカルビュー社,循環器New Trendsシリーズ⑦:心不全治療への挑戦,2004年05月,佐々木真吾他

    総説・解説(その他),共著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度,循環器内科学・外科学Ⅰ,専門教育科目(学部)