基本情報

写真a

蔭山 和則

KAGEYAMA KAZUNORI


取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本内分泌学会

  • 間脳下垂体副腎研究会

  • 青森県内分泌研究会

  • 米国内分泌学会

全件表示 >>

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    ホルモン ストレス 下垂体 免疫 感染

    (研究概要)

    Corticotropin-releasing factor (CRF)の中枢神経系におけるストレス反応の役割。
    末梢器官や細胞レベルでのストレス反応の役割。
    生体内のストレス反応や生体防御反応機構解明。

    (協力できる内容)

    ホルモンに関する共同研究,分子生物学的研究 

    (PR)

    生体レベルでのストレス曝露は、精神神経系のみならず高血圧、糖尿病、心疾患、免
    疫異常や悪性腫瘍など多彩な疾患の発症、増悪に関与します。
    ホルモンのはたらきと、病気をひきおこすメカニズムを研究していますので、共同研
    究の御相談など、どうぞ。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Regulation of the expression of corticotropin-releasing factor gene by pyroglutamylated RFamide peptide in rat hypothalamic 4B cells. ,Endocr J ,63巻 10号 (頁 919 ~ 927) ,1016年10月,Ishigame N, Kageyama K, Takayasu S, Furumai K, Nakada Y, Daimon M.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Differential regulation of CREB and ERK phosphorylation through corticotropin-releasing factor receptors type 1 and 2 in AtT-20 and A7r5 cells. ,Mol Cell Endocrinol ,263巻 1号 (頁 90 ~ 102) ,2007年01月,Kageyama K, Hanada K, Moriyama T, Imaizumi T, Satoh K, Suda T.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide stimulates corticotropin-releasing factor, vasopressin, and interleukin-6 gene transcription in hypothalamic 4B cells. ,J Encocrinol,195巻 2号 (頁 199 ~ 211) ,2007年02月,Kazunori Kageyama, Komaki Hanada, Yasumasa Iwasaki, Satoru Sakihara, Takeshi Nigawara, John Kasckow, Toshihiro Suda.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Inhibitory effects of glucocorticoids on urocortin-mediated increases in interleukin-6 gene expression in rat aortic smooth muscle cells. ,Peptides,28巻 5号 (頁 1059 ~ 1067) ,2007年05月,Kageyama K, Hanada K, Nigawara T, Furukawa K-I, Terui K, Ogura E, Motomura S, Suda T.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Expression of adrenocorticotropic hormone, prolactin and transcriptional factors in clinically nonfunctioning pituitary adenoma. ,Endocrine J,54巻 6号 (頁 961 ~ 968) ,2007年06月,Kageyama K, Ikeda H, Nigawara T, Sakihara S, Suda T.

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,臨床内分泌代謝学,弘前大学出版,2007年03月,須田俊宏編集、蔭山和則ほか

    教科書,共著

  • 日本語,下垂体の病気:家庭医学大全科,法研,2010年10月,蔭山和則、須田俊宏

    事典・辞書,共著

  • 日本語,臨床検査ガイド2011,光文堂,2011年05月,蔭山和則、須田俊宏

    事典・辞書,共著

  • 日本語,臨床内分泌代謝学,弘前大学出版会,2011年05月,蔭山和則、須田俊宏

    教科書,共著

  • 日本語,内分泌糖尿病内科学,シュプリンガー,2011年10月,蔭山和則、須田俊宏

    教科書,共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第10回弘前大学医学部学術特別賞,2006年03月

  • 第23回神経内分泌学会川上賞受賞,2007年08月

  • 日本内分泌学会研究奨励賞,2009年04月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度,クリニカルクラークシップ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度,ベットサイド臨床実習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度,内分泌・代謝学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度,研修室研修,専門教育科目(学部)

  • 2020年度,内分泌の検査,修士課程・博士前期課程

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 弘前アップルロータリークラブ,2017年11月