2020/12/09 更新

写真a

ソガ トオル
曽我 亨
SOGA TORU
所属
人文社会・教育学系 社会科学領域
専任担当
人文社会科学部 情報行動

学位

  • 博士(理学)

  • 理学修士

  • 理学学士

研究分野

  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学

  • 人文・社会 / 地域研究

所属学協会

  • 日本学術会議

  • 日本文化人類学会

  • 生態人類学会

  • 日本ナイル・エチオピア学会

  • 日本アフリカ学会

自己PR

  • (連携キーワード)

    アフリカ、牧畜民、生態、民族問題、難民、人類学、フィールドワーク

    (研究概要)

    生態人類学。
    ○近代化にともなう牧畜社会の変容。とくに、少数民族が国民国家に包摂される過程
    でおきる文化変容・民族紛争・難民化などの現象について、現地調査から得られた資料をもとに考察している。
    ○津軽の過疎・高齢化・出稼ぎに関する共同研究。とくに青年団活動の変容を手がかりに、20世紀の津軽の再構成を試みている。

    (協力できる内容)

    講演できる内容:「アフリカの人々の暮らし」、「民族紛争・難民など現代アフリカが抱える問題」

    (PR)

    私自身はアフリカ地域研究を専門にしていますが、授業では津軽地域研究を指導してきました。「現場にでかけて学ぼう」を合言葉に、津軽をこれまで支えてこられた方々のお話をうかがい、津軽がどのような変貌を遂げてきたのか調べています。書物から知識を得るだけでなく、現場で考えることができる学生を育てたいと考えています。

論文

  • 自民族愛と他民族憎悪のあいだ

    曽我亨

    極限:人類社会の進化   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 難民を支えたラクダ交易

    曽我亨

    遊牧の思想   2019年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 遊牧の思想とは何か

    曽我亨, 太田至

    遊牧の思想   2019年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • When Others Appear

    Toru SOGA

    Others   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 地域おこし協力隊の入口・出口戦略 全国版

    平井太郎,曽我亨

    人文社会科学論叢   ( 5 )   275 - 313   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • これからの「地域学」

    曽我 亨

    地理   62 ( 4 )   29 - 37   2017年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • The Formation of Institutions

    Toru SOGA

    Institutions: The Evotution of Human Sociality   2017年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 地域に埋め込まれた/地域を創りだすローカル・イノベーション

    日比野愛子,曽我亨

    人文社会論叢(社会科学篇)   33   1 - 16   2015年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • 生業

    曽我亨

    アフリカ社会を学ぶ人のために   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Perceivable "Unity": Between Visible "Group" and Invisible "Category"

    Toru SOGA

    Groups : The Evolution of Human Sociality   2013年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 制度が成立するとき

    曽我亨

    制度:人類社会の進化   2013年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Sharing System of the “Scarce Resources” in Southern Ethiopia

    Soga Toru

    Proceedings of the 16th International Conference of Ethiopian Studies   2   357 - 367   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:単著  

  • 過去を写生する−歴史への生態人類学的接近法−

    曽我亨

    アフリカ研究   69   121 - 136   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Changes in Knowledge of Time among Gabra Miigo Pastoralists of Southern Ethiopia.

    Toru Soga

    Nilo-Ethiopian Studies   10   33 - 44   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 歴史への生態人類学的接近

    曽我亨

    アフリカ研究   ( 68 )   88 - 92   2006年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Five Drums Meeting: The Reaction to the 1997 Election of the Gabra, Pastoralist in Northern Kenya

    曽我亨

    人文社会論叢   ( 13 )   167 - 195   2005年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:単著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • ケニアを知るための55 章

    松田素二,津田みわ,曽我亨( 担当: 共著 ,  範囲: 砂漠の民―過酷な環境を生き抜く工夫:pp.37-41.)

    明石書店  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書  専門分野(e-Rad研究分野)コード:人文・社会 / 地域研究

  • シベリアとアフリカの遊牧民—極北と砂漠で家畜とともに暮らす—

    高倉浩樹, 曽我亨( 担当: 共著 ,  範囲: ラクダ牧畜民ガブラの生業文化と社会, 総合討論, 希望としての生業)

    東北大学出版会  2011年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書  専門分野(e-Rad研究分野)コード:人文・社会 / 文化人類学、民俗学

  • 集団―人類社会の進化(共著)

    曽我亨, 河合香吏, 寺嶋秀明, 北村光二, 大村敬一, 内堀基光, 船曳建夫(等)( 担当: 共著 ,  範囲: 9章 感知される「まとまり」(pp.203-222))

    京都大学出版会  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 近代化のフィールドワーク

    曽我亨, (作道信介編)( 担当: 共著 ,  範囲: 18-35)

    東進堂  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論  専門分野(e-Rad研究分野)コード:人文・社会 / 社会学,人文・社会 / 文化人類学、民俗学,人文・社会 / 社会心理学

  • (講座世界の先住民族5)サハラ以南アフリカ

    曽我亨, (福井勝義, 竹沢尚一郞, 宮脇幸生共編)( 担当: 共著 ,  範囲: 161-182)

    明石書店  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書  専門分野(e-Rad研究分野)コード:人文・社会 / 文化人類学、民俗学

  • 自然の資源化

    曽我亨( 担当: 共著 ,  範囲: 「稀少資源」をめぐる競合という神話)

    弘文堂  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 遊動民:アフリカの原野に生きる

    曽我亨( 担当: 共著 ,  範囲: 個人と共同体の相克)

    昭和堂  2004年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

総説・短報・翻訳等

  • 牧畜民は家畜を看護するか?

    曽我亨

    Animal Nursing   8 ( 1 )   7 - 14   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本動物看護学会   共著区分:単著  

担当授業科目(学内)

  • 2020年度年度,人類学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,人類学B,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,住民生活論A,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,地域アクションリサーチ実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,地域アクションリサーチ実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,地域協働実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,地域協働実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,社会学入門,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,社会行動論B,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,社会調査論,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,社会調査論A,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,3年次ゼミナールⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,3年次ゼミナールⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,4年次ゼミナールⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,4年次ゼミナールⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,政治経済・社会-発想筋を120%にアップ-,教養教育科目

  • 2019年度年度,人類学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,人類学B,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,住民生活論A,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,地域アクションリサーチ実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,地域アクションリサーチ実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,地域フィールドワーク実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,地域フィールドワーク実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,地域協働実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,地域協働実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,地域行動論演習A,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,地域行動論演習B,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,地域行動論演習C,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,地域行動論演習D,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,社会行動論A,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,社会行動論B,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,社会調査実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,社会調査実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,社会調査実習A,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,社会調査実習B,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,社会調査論,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,社会調査論A,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,3年次ゼミナールⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,3年次ゼミナールⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,4年次ゼミナールⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,4年次ゼミナールⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,生態人類学,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,地域学ゼミナール,教養教育科目

  • 2019年度年度,政治経済・社会-発想筋を120%にアップ-,教養教育科目

  • 2018年度年度,人類学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,住民生活論A,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,社会調査実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,社会調査実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,社会調査論,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,生態人類学,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,政治経済・社会-発想筋を120%にアップ-,教養教育科目

  • 2017年度年度,人類学B,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,社会行動論A,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,社会行動論B,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,社会調査論A,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,国際協力人類学,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,青森県のイイトコ発信!,21世紀教育科目

  • 2016年度年度,人類学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,人類学B,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,社会行動論B,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,社会調査実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,社会調査実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,社会調査実習A,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,社会調査実習B,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,社会調査論,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,社会調査論A,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,3年次ゼミナールⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,3年次ゼミナールⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,4年次ゼミナールⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,4年次ゼミナールⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,特別研究I,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,特別研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,生態人類学,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,青森エクスカーション-青森県のイイトコ発信!-,教養教育科目

  • 2015年度年度,社会行動論B,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,社会調査実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,社会調査実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,社会調査実習A,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,社会調査実習B,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,社会調査論A,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,3年次ゼミナールⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,3年次ゼミナールⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,4年次ゼミナールⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,4年次ゼミナールⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,特別研究I,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,特別研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,生態人類学,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2014年度年度,社会学の基礎,21世紀教育科目

  • 2014年度年度,人類学B,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,社会調査実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,社会調査実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,社会調査実習A,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,社会調査実習B,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,社会調査論A,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,3年次ゼミナールⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,3年次ゼミナールⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,4年次ゼミナールⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,4年次ゼミナールⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,特別研究I,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,生態人類学,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,社会調査設計,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,社会行動論B,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,社会調査実習B,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,社会調査論A,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,3年次ゼミナールⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,3年次ゼミナールⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,4年次ゼミナールⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,4年次ゼミナールⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,生態人類学,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2012年度年度,社会学の基礎,21世紀教育科目

  • 2012年度年度,人類学B,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,社会調査実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,社会調査実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,社会調査実習A,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,社会調査実習B,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,3年次ゼミナールⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,3年次ゼミナールⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,4年次ゼミナールⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,4年次ゼミナールⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,コミュニケーション行動特論,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,人間行動論演習,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,国際地域を考える(G),21世紀教育科目

  • 2011年度年度,社会学の基礎,21世紀教育科目

  • 2011年度年度,人類学B,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,社会調査実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,社会調査実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,社会調査実習A,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,社会調査実習B,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,社会調査論A,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,3年次ゼミナールⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,3年次ゼミナールⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,4年次ゼミナールⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,4年次ゼミナールⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,コミュニケーション行動特論,修士課程・博士前期課程

  • 2010年度年度,社会学の基礎,21世紀教育科目

  • 2010年度年度,ゼミナール,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,人類学B,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,社会調査実習A,B,I,II,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,アフリカ入門A,21世紀教育科目

  • 2009年度年度,社会学の基礎,21世紀教育科目

  • 2009年度年度,ゼミナール,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,人類学B,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,社会調査実習A,B,I,II,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,社会調査論A,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2008年度年度,特設科目「アフリカ入門A」,21世紀教育科目

  • 2008年度年度,社会学の基礎,21世紀教育科目

  • 2008年度年度,ゼミナール,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,人類学B,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,社会調査実習A,B,I,II,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,くらし・歴史・文化C,21世紀教育科目

  • 2007年度年度,社会学の基礎,21世紀教育科目

  • 2007年度年度,ゼミナール,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,人類学B,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,社会行動論D,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,社会調査実習A,B,I,II,専門教育科目(学部)

▼全件表示

社会貢献活動

  • 北海道札幌旭丘高校出前講義

    2019年11月

  • 第39回 地域産学官と技術士との合同セミナー

    2019年10月

  • 夢ナビライブ2019

    2019年10月

  • 北海道札幌旭丘高校出前講義

    2018年11月

  • 野田村におけるボランティア活動

    2011年05月 - 2011年08月

  • 青森県立弘前南高等学校出前講義

    2008年07月

  • 岐阜県立郡上高等学校創立記念講演

    2005年04月

  • 和良小学校

    2005年04月

▼全件表示