2021/10/28 更新

写真a

カワカミ ジユン
川上 淳
KAWAKAMI JUN
所属
自然科学系 機能創成科学領域
専任担当
理工学研究科 研究部
研究室電話
0172-39-3566

学位

  • 博士(理学)

  • 理学修士

  • 理学士

研究キーワード

  • 凝集誘起発光

  • 光化学

  • ピレン

  • トリプタンスリン

  • デンドリマー

  • エネルギー移動

  • Tryptanthrin

  • Supramolecular Chemistry

  • Photochemistry

  • Organic Chemistry

  • FRET

  • 有機化学

  • 有機合成化学

  • BODIPY

  • 物理有機化学

  • 蛍光

  • 蛍光イメージング

  • 蛍光センサー

  • 蛍光プローブ

  • 蛍光分析

  • 蛍光色素

  • 計算化学

  • 超分子化学

  • 近赤外

  • 金属イオン

  • 電子移動

  • 電荷移動

  • 分析化学

  • 化学センサー

研究分野

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学

  • ナノテク・材料 / 分析化学

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

  • ナノテク・材料 / 分析化学

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学

  • ナノテク・材料 / 生体化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

▼全件表示

所属学協会

  • アメリカ化学会

  • 日本化学会

  • 日本分析化学会

  • 光化学協会

  • 日本MRS

  • 有機合成化学協会

  • 基礎有機化学会

  • ひろさき産学官連携フォーラム

  • 北日本環状化合物利活用技術研究会

  • 日本コンピュータ化学会

  • 日本生化学会(過去に所属:1995~2012)

  • 化学工学会(過去に所属:1999~2002)

  • 基礎有機化学会

  • 日本MRS

  • アメリカ化学会

  • 日本分析化学会

  • 有機合成化学協会

  • 日本化学会

  • 光化学協会

  • 北日本環状化合物利活用技術研究会

  • 化学工学会(過去に所属)

  • ひろさき産学官連携フォーラム

  • 日本コンピュータ化学会(過去に所属)

  • 日本生化学会(過去に所属)

▼全件表示

自己PR

  • (連携キーワード)

    有機化学,有機光化学,超分子化学,分子認識化学,ホスト―ゲスト化学,蛍光性化学センサー,抗菌活性物質

    (研究概要)

    ○ 物理有機化学・有機光化学・超分子化学
    ○ 蛍光性化学センサーの合成と性質に関する研究
    ○ 有機分子の励起状態での分子内・分子間相互作用に関する研究
    ○ 新規な抗菌活性物質の開発 

    (協力できる内容)

    ○ 有機化合物の性質など、有機化学に関連する事柄について
    ○ 分光学的測定方法について

    (PR)

    有機化学に関連する事柄で、何かお困りの方はご相談ください     

論文

  • Solid-State Fluorescence of Tryptanthrin Analogs

    Jun Kawakami, Chica Osanai, Shun Ohta, Shunji Ito

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   46 ( 1 )   45 - 48   2021年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Article

  • Solid-State Fluorescence of Tryptanthrin Analogs

    Jun. Kawakami, Chica. Osanai, Shun. Ohta, Shunji. Ito

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   46 ( 1 )   45 - 48   2021年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Photophysical Properties of 2-Hydroxytryptanthrin Analog as a Near-Infrared Dye for Fluorescent Imaging

    Jun Kawakami, Chika Osanai, and Shunji Ito

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   45 ( 1 )   19 - 22   2020年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Article

  • Aggregation-induced Emission Properties of 2-(N,N-diphenylamino)tryptanthrin

    Jun Kawakami, Mizuki Harada, and Shunji Ito

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   44 ( 4 )   153 - 156   2019年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Preparation of a large-sized highly flexible carbon nanohoop

    Yuta Nakagawa, Ryuta Sekiguchi, Jun Kawakami, and Shunji Ito

    Organic & Biomolecular Chemistry   17 ( 28 )   6843 - 6853   2019年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Benzo-fused BODIPY Derivative as a Fluorescent Chemosensor for Fe3+, Cu2+, and Al3+

    Jun Kawakami, Yuta Sasaki, Koji Yanase and Shunji Ito

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   44 ( 2 )   69 - 73   2019年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Biotransformation of indanol, fluorenol and their analogs using tissue-cultured cells and their antimicrobial activity

    Masahiko Nagaki, Narishige Soma, Kouta Ono, Kanako Yamanouchi, Takakiyo Tsujiguchi, Jun Kawakami, Yukiyasu Chounan

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   44 ( 1 )   29 - 33   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Article

  • Aggregation-induced Emission Properties of 2-(<i>N,N</i>-diphenylamino)tryptanthrin

    Kawakami Jun, Harada Mizuki, Ito Shunji

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   44 ( 4 )   153 - 156   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Benzo-fused BODIPY Derivative as a Fluorescent Chemosensor for Fe<sup>3+</sup>, Cu<sup>2+</sup>, and Al<sup>3+</sup>

    Kawakami Jun, Sasaki Yuta, Yanase Koji, Ito Shunji

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   44 ( 2 )   69 - 73   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Synthesis and photophysical properties of azuleno[1′,2′:4,5]pyrrolo[2,1-b]quinazoline-6,14-diones: Azulene analogs of tryptanthrin

    Chieko Kogawa, Asuka Fujiwara, Ryuta Sekiguchi, Taku Shoji, Jun Kawakami, Masaaki Okazaki, Shunji Ito

    Tetrahedron   74 ( 79 )   7018 - 7029   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

  • Fluorescence Emission Mechanism of Three N,N-dimethylaminotryptanthrins by Density Functional Theory Calculations

    Jun Kawakami, Chika Osanai, and Shunji Ito

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   43 ( 5 )   319 - 323   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Article

  • 2-Hydroxy-1-((2-(pyridin-2-yl)hydrazono)methyl)tryptanthrin as a Fluorescent Chemosensor for Metal Ions

    Jun Kawakami, Masayoshi Sasagawa, Shunji Ito

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   43 ( 3 )   209 - 212   2018年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Article

  • 2-Hydroxytryptanthrin and 1-Formyl-2-hydroxytryptanthrin as Fluorescent Metal-ion Sensors and Near-infrared Fluorescent Labeling Reagents

    Jun Kawakami, Yui Kinami, Masahiro Takahashi, Shunji Ito

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   43 ( 2 )   109 - 112   2018年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Article

  • Cyanine–cyanine hybrid structure as a stabilized polyelectrochromic system: synthesis, stabilities, and redox behavior of di(1-azulenyl)methylium units connected with electron-accepting π-electron systems

    Shunji Ito, Ryuta Sekiguchi, Akira Mizushima, Kohei Kudo, Jun Kawakami, and Taku Shoji

    Arkivoc   ii   145 - 169   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

  • Preparation of a Cyclic Polyphenylene Array for a Chiral-Type Carbon Nanotube Segment

    Ryuta Sekiguchi, Shun Kudo, Jun Kawakami, Atsushi Sakai, Hiroshi Ikeda, Hiromu Nakamura, Kazuchika Ohta, and Shunji Ito

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   89 ( 10 )   1260 - 1275   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    CiNii Article

  • Spectral Characteristics of Highly Fluorescent 2-(N,N-dimethylamino)tryptanthrin

    J. Kawakami, T. Kadowaki, M. Ikeda, Y. Habata, S. Ito and H. Kitahara

    Trans. Mater. Res. Soc. Japan   41 ( 2 )   143 - 146   2016年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Naphthalene Ring-Fused 2-Aminotryptanthrin as a Fluorescent Chemosensor for Al3+

    J. Kawakami, A. Tsuiki, S. Ito, and H. Kitahara

    Trans. Mater. Res. Soc. Japan   41 ( 1 )   131 - 133   2016年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Photophysical Properties of the 2-Hydroxytryptanthrin and its Sodium Salt as Near-infrared Dyes for Fluorescent Imaging

    J. Kawakami, M. Takahashi, S. Ito, and H. Kitahara,

    Analytical Sciences   32 ( 2 )   251 - 253   2016年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Naphthalene Ring-Fused 2-Aminotryptanthrin as a Fluorescent Chemosensor for Al<sup>3+</sup>

    Kawakami Jun, Tsuiki Akihiro, Ito Shunji, Kitahara Haruo

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   41 ( 1 )   131 - 133   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Spectral Characteristics of Highly Fluorescent 2-(<i>N,N</i>-dimethylamino)tryptanthrin

    Kawakami Jun, Kadowaki Takuma, Ikeda Mari, Habata Yoichi, Ito Shunji, Kitahara Haruo

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   41 ( 2 )   143 - 146   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Preparation of a Cyclic Polyphenylene Array for a Zigzag-Type Carbon Nanotube Segment

    Ryuta Sekiguchi, Kei Takahashi, Jun Kawakami, Atsushi Sakai, Hiroshi Ikeda, Aya Ishikawa, Kazuchika Ohta, and Shunji Ito

    The Journal of Organic Chemistry   80 ( 10 )   5092 - 5110   2015年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  • 2-Aminotryptanthrin Derivative with Pyrene as a FRET-based Fluorescent Chemosensor for Metal Ions

    Jun KAWAKAMI, Arisa SOMA, Kenta KIKUCHI, Yoh KIKUCHI, Shunji ITO, Haruo KITAHARA

    Analytical Sciences   30 ( 10 )   949 - 954   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 8-Methyltryptanthrin-Induced Differentiation of P19CL6 Embryonal Carcinoma Cells into Spontaneously Beating Cardiomyocyte-like Cells

    Kazuhiko Seya, Asako Yamaya, Sayuri Kamachi, Mana Murakami, Haruo Kitahara, Jun Kawakami, Ken Okumura, Manabu Murakami, Shigeru Motomura, and Ken-Ichi Furukawa

    Journal of Natural Ptpducts   77 ( 6 )   1413 - 1419   2014年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 8-Methyltryptanthrin-induced differentiation of P19CL6 embryonal carcinoma cells into spontaneously beating cardiomyocyte-like cells.

    Seya K, Yamaya A, Kamachi S, Murakami M, Kitahara H, Kawakami J, Okumura K, Murakami M, Motomura S, Furukawa K

    Journal of natural products   77 ( 6 )   1413 - 1419   2014年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    PubMed

    J-GLOBAL

  • Synthesis and redox behavior of 1,2-dihydro-1-oxabenz[a]azulen-2- ones

    Shunji Ito, Shohei Yamazaki, Shun Kudo, Ryuta Sekiguchi, Jun Kawakami, Masayuki Takahashi, Takashi Matsuhashi, Kozo Toyota, Noboru Morita

    Tetrahedron   70 ( 17 )   2796 - 2803   2014年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    Scopus

    J-GLOBAL

  • Efficient synthesis and redox behavior of a series of 6-alkyl-2-phenylazulenes

    Shunji Ito, Mao Ueda, Ryuta Sekiguchi, Jun Kawakami

    Tetrahedron   69 ( 21 )   4259 - 4269   2013年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Scopus

    J-GLOBAL

  • Structure–activity Relationship Analysis for Antimicrobial Activities of Tryptanthrin Derivatives Using Quantum Chemical Calculations

    J. Kawakami, H. Kakinami, N. Matsushima, A. Nakane, H. Kitahara, M. Nagaki, S. Ito

    Journal of Computer Chemistry, Japan   12 ( 2 )   109 - 112   2013年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Fluorescent Solvatochromism of 2-Aminotryptanthrin

    J. Kawakami, H. Kawaguchi, K. Kikuchi, A. Yamaya, S. Ito and H. Kitahara

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   38 ( 1 )   123 - 125   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Fluorescent Solvatochromism of 2-Aminotryptanthrin

    Kawakami Jun, Kawaguchi Hiroko, Kikuchi Kenta, Yamaya Asako, Ito Shunji, Kitahara Haruo

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   38 ( 1 )   123 - 125   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Structure–activity Relationship Analysis for Antimicrobial Activities of Tryptanthrin Derivatives Using Quantum Chemical Calculations

    KAWAKAMI Jun, KAKINAMI Hiroko, MATSUSHIMA Noriyuki, NAKANE Akio, KITAHARA Haruo, NAGAKI Masahiko, ITO Shunji

    Journal of Computer Chemistry, Japan   12 ( 2 )   109 - 112   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 8-Hydroxyquinoline Ligands as Fluorescent Chemosensors for Zinc and Cadmium Ions

    J. Kawakami, Y. Yamauchi, M. Ohta and S. Ito

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   37 ( 4 )   601 - 602   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Substrate specificities of E- and Z-farnesyl diphosphate synthases with substrate analogs

    M. Nagaki, T. Ichijo, R. Kobashi, Y. Yagihashi, T. Musashi, J. Kawakami, N Ohya, T. Gotoh, H. Sagami

    Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic   80   1 - 6   2012年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Substrate specificities of E- and Z-farnesyl diphosphate synthases with substrate analogs

    Masahiko Nagaki, Takumi Ichijo, Rikiya Kobashi, Yusuke Yagihashi, Tohru Musashi, Jun Kawakami, Norimasa Ohya, Takeshi Gotoh, Hiroshi Sagami

    JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS B-ENZYMATIC   80   1 - 6   2012年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    J-GLOBAL

  • 東北支部 青森地区弘前地域の活動

    川上 淳

    化学と工業 = Chemistry and chemical industry   65 ( 1 )   2012年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 8-Hydroxyquinoline Ligands as Fluorescent Chemosensors for Zinc and Cadmium Ions

    Kawakami Jun, Yamauchi Yasuhiro, Ohta Masaki, Ito Shunji

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   37 ( 4 )   601 - 602   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Antibacterial and Antifungal Activities of Tryptanthrin Derivatives

    J. Kawakami, N. Matsushima, Y. Ogawa, H. Kakinami, A. Nakane, H. Kitahara, M. Nagaki, and S. Ito

    Trans. Mater. Res. Soc. of Japan   36 ( 4 )   603 - 606   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Composition and antimicrobial activity of the essential oil and water extract from Japanese wild Rosa rugosa

    M. Nagaki, Y. Goto, T. Narita, J. Kawakami, and R. Miyamoto

    Trans. Mater. Res. Soc. of Japan   36 ( 3 )   517 - 521   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Controlling photochromism between fluoroalkyl end-capped oligomer/polyaniline and N,N′-diphenyl-1,4-phenylenediamine nanocomposites induced by UV-light-responsive titanium oxide nanoparticles

    H. Sawada, T. Tsuzuki-ishi, T. Kijima, J. Kawakami, M. Iizuka, and M. Yoshida

    Journal of Colloid and Interface Science   359   461 - 466   2011年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Controlling photochromism between fluoroalkyl end-capped oligomer/polyaniline and N,N'-diphenyl-1,4-phenylenediamine nanocomposites induced by UV-light-responsive titanium oxide nanoparticles.

    Sawada H, Tsuzuki-ishi T, Kijima T, Kawakami J, Iizuka M, Yoshida M

    Journal of colloid and interface science   359 ( 2 )   461 - 466   2011年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    PubMed

  • TD-DFT study on the fluorescent chemosensor for Hg2+, 2-(Benzo-d-thiazol-2-yl)quinoline

    R. Miyamoto, J. Kawakami, R Ohtake, M. Nagaki, S. Ito

    Journal of Molecular Structure   991   73 - 78   2011年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • TD-DFT study on the fluorescent chemosensor for Hg2+, 2-(Benzo-d-thiazol-2-yl)quinoline

    Ryo Miyamoto, Jun Kawakami, Rie Ohtake, Masahiko Nagaki, Shunji Ito

    JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE   991 ( 1-3 )   73 - 78   2011年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    J-GLOBAL

  • Antibacterial and antifungal activities of isoprenoids

    M. Nagaki, T. Narita, H. Ichikawa, J. Kawakami, A. Nakane

    Trans. Mater. Res. Soc. of Japan   36 ( 1 )   55 - 58   2011年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Antibacterial and antifungal activities of isoprenoids

    Nagaki Masahiko, Narita Takashi, Ichikawa Hiroaki, Kawakami Jun, Nakane Akio

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   36 ( 1 )   55 - 58   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Composition and antimicrobial activity of the essential oil and water extract from Japanese wild <i>Rosa rugosa</i>

    Nagaki Masahiko, Goto Yoshifumi, Narita Takashi, Kawakami Jun, Miyamoto Ryo

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   36 ( 3 )   517 - 521   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Antibacterial and Antifungal Activities of Tryptanthrin Derivatives

    Kawakami Jun, Matsushima Noriyuki, Ogawa Yuta, Kakinami Hiroko, Nakane Akio, Kitahara Haruo, Nagaki Masahiko, Ito Shunji

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   36 ( 4 )   603 - 606   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Antibacterial Activities of Radial Compounds with Peripheral Quaternary Ammonium Units

    J. Kawakami, I. Harada, A. Nakane, H. Kitahara, M. Nagaki, and S. Ito

    Trans. Mater. Res. Soc. of Japan   35 ( 4 )   885 - 887   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Poly(amide amine) Dendrimers with Naphthyl Units as Fluorescent Chemosensor Materials for Metal Cations

    J. Kawakami, Y. Miyamoto, T. Isobe, M. Nagaki, and S. Ito

    Trans. Mater. Res. Soc. of Japan   35 ( 4 )   849 - 852   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis and liquid crystalline behavior of azulene-based liquid crystals with 6-hexadecyl substituents on each azulene ring

    K. Nakagawa, T. Yokoyama, K. Toyota, N. Morita, S. Ito, S. Tahata, M. Ueda, J. Kawakami, M. Yokoyama, Y. Kanai, K. Ohta

    Tetrahedron   42   8304 - 8312   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis and liquid crystalline behavior of azulene-based liquid crystals with 6-hexadecyl substituents on each azulene ring

    Kosuke Nakagawa, Takahiro Yokoyama, Kozo Toyota, Noboru Morita, Shunji Ito, Shota Tahata, Mao Ueda, Jun Kawakami, Miho Yokoyama, Yoriko Kanai, Kazuchika Ohta

    TETRAHEDRON   66 ( 42 )   8304 - 8312   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • ケージド化合物による生理機能の分析

    川上 淳

    ぶんせき   ( 426 )   287 - 288   2010年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Substrate specificities of farnesyl diphosphate synthases with respect to homoallylic substrate homologs

    T. Musashi, H. Kanno, J. Kawakami, S. Yokota, N. Ohya, and M. Nagaki

    Trans. Mater. Res. Soc. of Japan   35 ( 2 )   227 - 231   2010年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Substrate Specificities of E- and Z-Farnesyl Diphosphate Synthases with Artificial Substrates

    M. Nagaki, T. Musashi, J. Kawakami, N. Ohya, H. sagami

    Trans. Mater. Res. Soc. of Japan   35 ( 2 )   391 - 395   2010年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Antibacterial Activity of Radial Compounds with Peripheral Quaternary Ammonium Units

    Kawakami Jun, Harada Isao, Nakane Akio, Kitahara Haruo, Nagaki Masahiko, Ito Shunji

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   35 ( 4 )   885 - 887   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Substrate specificities of farnesyl diphosphate synthases with respect to cyclic substrate homologs

    Musashi Tohru, Kanno Hiroshi, Kawakami Jun, Yokota Saki, Ohya Norimasa, Nagaki Masahiko

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   35 ( 2 )   227 - 231   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Substrate Specificities of <i>E</i>-and <i>Z</i>-Farnesyl Diphosphate Synthases with Artificial Substrates

    Nagaki Masahiko, Musashi Tohru, Kawakami Jun, Ohya Norimasa, Sagami Hiroshi

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   35 ( 2 )   391 - 395   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Poly(amide amine) Dendrimers with Naphthyl Units as Fluorescent Chemosensor Materials for Metal Cations

    Kawakami Jun, Miyamoto Yoshihiro, Isobe Toru, Nagaki Masahiko, Ito Shunji

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   35 ( 4 )   849 - 852   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 2-Aminotryptanthrin Derivative with Pyrene as a FRET-based Fluorescent Chemosensor for Al^<3+>

    KAWAKAMI Jun, KIKUCHI Kenta, CHIBA Kazunori, MATSUSHIMA Noriyuki, YAMAYA Asako, ITO Shunji, NAGAKI Masahiko, KITAHARA Haruo

    Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   25 ( 12 )   1385 - 1386   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 2-Aminotryptanthrin Derivative with Pyrene as a FRET-based Fluorescent Chemosensor for Al3+

    J. Kawakami, K. Kikuchi, K. Chiba, N. Matushima, A. Yamaya, S. Ito, M. Nagaki, and H. Kitahara

    Anal. Sci.   25   1385 - 1386   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Towards the Preparation of Electrochromic Materials with Strong Absorption in the Near-Infrared Region: Synthesis and Redox Behavior of Azulene-Substituted Enediyne Scaffolds Connected by a 9,10-Anthracenediyl Spacer

    Shunji Ito, Takahiro Iida, Jun Kawakami, Tetsuo Okujima, Noboru Morita

    EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   2009 ( 31 )   5355 - 5364   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Substrate specificities of wild and mutated type of farnesyl diphosphate synthases with artifical substrate homologs

    M. Nagaki, K. Miyata, J. Kawakami, R. Miyamoto, Y. Maki, H. Sagami, and T. Koyama

    Trans.MRS-J   34 ( 3 )   533 - 536   2009年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Insect pheromone-like activity of several isoprenoids against Phyllonorycter ringoniella (Matsumura)

    M. Nagaki, K. Miyata, T. Musashi, J. Kawakami, N. Ohya, and H. Sagami

    Trans.MRS-J   34 ( 3 )   575 - 578   2009年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Towards the Preparation of Electrochromic Materials with Strong Absorption in the Near-Infrared Region: Synthesis and Redox Behavior of Azulene-Substituted Enediyne Scaffolds Connected by a 9,10-Anthracenediyl Spacer

    S. Ito, T. Iida, J. Kawakami, T. Okujima, N Morita

    Eur. J. Org. Chem.   31   5355 - 5364   2009年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Substrate specificities of wild and mutated farnesyl diphosphate synthases: Reactivity of allylic substrate homologs having hydrophilic groups at ω-position

    M. Nagaki, M. Nakada, T. Musashi, J. Kawakami, T. Endo, Y. Maki, T. Koyama

    J. Mol. Catal. B: Enzym   59   225 - 230   2009年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Substrate specificities of wild and mutated farnesyl diphosphate synthases: Reactivity of allylic substrate homologs having hydrophilic groups at omega-position

    Masahiko Nagaki, Minori Nakada, Tohru Musashi, Jun Kawakami, Takae Endo, Yuji Maki, Tanetoshi Koyama

    JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS B-ENZYMATIC   59 ( 4 )   225 - 230   2009年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Insect pheromone-like activity of several isoprenoids against <i>Phyllonorycter ringoniella</i> (Matsumura)

    Nagaki Masahiko, Miyata Kazuhiko, Musashi Tohru, Kawakami Jun, Ohya Norimasa, Sagami Hiroshi

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   34 ( 3 )   575 - 578   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Substrate specificities of wild- and mutated-type farnesyl diphosphate synthases with artificial substrate homologs

    Nagaki Masahiko, Miyata Kazuhiko, Kawakami Jun, Miyamoto Ryo, Maki Yuji, Sagami Hiroshi, Koyama Tanetoshi

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   34 ( 3 )   533 - 536   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Bio-catalytic Synthesis of Isoprenoids by Cultured Cells of Cucurbita maxima

    M. Nagaki, H. Imaruoka, J. Kawakami, N. Ohya, H. Hamada, H. Sagami, T. Koyama

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   33 ( 4 )   819 - 822   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Synthesis and Intramolecular Pericyclization of 1-Azulenyl Thioketones

    S. Ito, T. Okujima, S. Kikuchi, T. Shoji, N. Morita, T. Asao, T. Ikoma, S. Tero-kubota, J. Kawakami, and A. Tajiri

    J. Org. Chem   73 ( 6 )   2256 - 2263   2008年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Bio-catalytic Synthesis of Isoprenoids by Cultured Cells of Cucurbita maxima

    M. Nagaki, H. Imaruoka, J. Kawakami, N. Ohya, H. Hamada, H. Sagami, and T. Koyama

    Trans.MRS-J   33 ( 4 )   819 - 822   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis and intramolecular pericyclization of 1-azulenyl thioketones.

    Ito S, Okujima T, Kikuchi S, Shoji T, Morita N, Asao T, Ikoma T, Tero-Kubota S, Kawakami J, Tajiri A

    The Journal of organic chemistry   73 ( 6 )   2256 - 63   2008年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 2-(Benzo-d-thiazol-2-yl)quinoline as a Fluorescent Chemosensor Material for Hg(Ⅱ)

    J. Kawakami, R. Ohtake, R. Miyamoto, M. Nagaki, and S. Ito

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   33 ( 1 )   9 - 11   2008年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 2-(Benzo-d-thiazol-2-yl)quinoline as a Fluorescent Chemosensor Material for Hg(Ⅱ)

    J. Kawakami, R. Ohtake, R. Miyamoto, M. Nagaki, S. Ito

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   33 ( 1 )   9 - 11   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:単著  

    Web of Science

  • シアニン構造の安定性を活用した有機エレクトロクロミズム系の合成

    伊東 俊司, 水島 陽, 田畑 奨太, 飯田 尚弘, 川上 淳, 森田 昇

    基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2008 ( 0 )   32 - 32   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Garlic as a Functional Material: - Antibacterial Activity of Garlic Peel against Colletotrichum acutatum-

    H. Kitahara, N. Sasaki, K. Kanemaru, T. Handa, Y. Harada, T. Sano, J. Kawakami, M. Nagaki, T. Iwase, and A. Ouchi

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   34 ( 4 )   1167 - 1170   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Substrate Specificities of Wild and Mutated Farnesyl Diphosphate Synthases from Bacillus Stearothermophilus with Artificial Substrates

    Nagaki Masahiko, Nakada Minori, Musashi Tohru, KAWAKAMI Jun, OHYA Norimasa, KURIHARA Masayo, MAKI Yuji, NISHINO Tokuzo, KOYAMA Tanetoshi

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   71 ( 7 )   1657 - 1662   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Substrate Specificities of Wild and Mutated Farnesyl Diphosphate Synthases from Bacillus Stearothermophilus with Artificial Substrates

    M. Nagaki, M. Nakada, T. Musashi, J. Kawakami, N. Ohya, M. Kurihara, Y. Maki, T. Nishino, and T. Koyama

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   71 ( 7 )   1657 - 1662   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Biotransformation of prenyl alcohols by cultured cells of Cucurbita maxima

    M. Nagaki, H. Imaruoka, J. Kawakami, K. Saga, H. Kitahara, H. Sagami, R. Oba, N. Ohya, T. Koyama

    Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic   47   33 - 36   2007年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Biotransformation of prenyl alcohols by cultured cells of Cucurbita maxima

    Masahiko Nagaki, Hiroto Imaruoka, Jun Kawakami, Kouichi Saga, Haruo Kitahara, Hiroshi Sagami, Ryo Oba, Norimasa Ohya, Tanetoshi Koyama

    JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS B-ENZYMATIC   47 ( 1-2 )   33 - 36   2007年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Synthesis, Stabilities, and Redox Behavior of Mono-, Di-, and Tetracations Composed of Di(1-azulenyl)methylium Units Connected to a Benzene Ring by Phenyl- and 2-Thienylacetylene Spacers. A Concept of a Cyanine-Cyanine Hybrid as a Stabilized Electrochr・・・

    S. Ito, K. Akimoto, J. Kawakami, A. Tajiri, T. Shoji, H. Satake, N. Morita

    J. Org. Chem.   72 ( 1 )   162 - 72   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Synthesis, Stabilities, and Redox Behavior of Mono-, Di-, and Tetracations Composed of Di(1-azulenyl)methylium Units Connected to a Benzene Ring by Phenyl- and 2-Thienylacetylene Spacers. A Concept of a Cyanine-Cyanine Hybrid as a Stabilized Electrochromic System

    S. Ito, K. Akimoto, J. Kawakami, A. Tajiri, T. Shoji, H. Satake, and N. Morita

    Journal of Organic Chemistry   72 ( 1 )   162 - 172   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Garlic as a functional material: Antibacterial activity of garlic peel against Colletotrichum acutatum

    Haruo Kitahara, Narutoshi Sasaki, Kouta Kanemaru, Tomokazu Handa, Yukio Harada, Teruo Sano, Jun Kawakami, Masahiko Nagaki, Toshimi Iwase, Akihiko Ouchi

    TRANSACTIONS OF THE MATERIALS RESEARCH SOCIETY OF JAPAN, VOL 32, NO 4   32 ( 4 )   1167 - 1170   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:単著  

    Web of Science

  • 外殻部に複数のナフタレン環をもつPAMAMデンドリマーの性質と蛍光による金属イオン認識

    宮本 義大, 川上 淳, 伊東 俊司

    基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   37 ( 0 )   231 - 231   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • ナフタレン誘導体の水溶液中での分子内エキシマー形成と蛍光による金属イオン認識

    澤田 達哉, 川上 淳, 伊東 俊司

    基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   37 ( 0 )   230 - 230   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • デンドリマー型第四級アンモニウム塩の合成と抗菌活性試験

    原田 勲, 川上 淳, 中根 明夫, 伊東 俊司

    基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   37 ( 0 )   92 - 92   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Poly(amine ester) Dendrimer with Naphthyl Units as a Fluorescent Chemosensor for Al(III), Cu(II), and Zn(II)

    KAWAKAMI Jun, MIZUGUCHI Takafumi, ITO Shunji

    Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   22 ( 11 )   1383 - 1384   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Poly(amine ester) Dendrimer with Naphthyl Units as a Fluorescent Chemosensor for Al(III), Cu(II), and Zn(II)

    J. Kawakami,T. Mizuguchi, and S.Ito

    ANALYTICAL SCIENCES   22   1383 - 1384   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Androgen-deprivation therapy as primary treatment for localized prostate cancer: data from Cancer of the Prostate Strategic Urologic Research Endeavor (CaPSURE).

    Kawakami J, Cowan JE, Elkin EP, Latini DM, DuChane J, Carroll PR, CaPSURE Investigators.

    Cancer   106 ( 8 )   1708 - 14   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    PubMed

  • Time-Dependent DFT Study of Emission Mechanism of 8-Hydroxyquinoline Derivatives as Fluorescent Chemosensors for Metal Ions

    宮本 量, 川上 淳, 高橋 修子, ITO Shunji, NAGAKI Masahiko, KITAHARA Haruo

    Journal of computer chemistry, Japan   5 ( 1 )   19 - 22   2006年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Time-Dependent DFT Study of Emission Mechanism of 8-Hydroxyquinoline Derivatives as Fluorescent Chemosensors for Metal Ions

    R. Miyamoto, J. Kawakami, S. Takahashi, S. Ito, M. Nagaki, H. Kitahara

    The Journal of Computer Chemistry, Japan   5   19 - 22   2006年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Poly(amine ester) Dendrimer with Naphthyl Units as a Fluorescent Chemosensor for Al(III), Cu(II), and Zn(II)

    KAWAKAMI Jun, MIZUGUCHI Takafumi, ITO Shunji

    Analytical Sciences   22 ( 11 )   1383 - 1384   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Synthesis and Dynamic Stereochemistry of Azulene-Substituted 9-Fluorenyl, 9,10-Dihydro-10,10-dimethyl-9-anthryl, 10,11-Dihydro-5H-dibenzo[a,d]cyclohepten-5-yl, and 5H-Dibenzo[a,d]cyclohepten-5-yl Cations. Correlations of Stabilities of the Carbocations and Rotational Barrier of Azulene Ring

    Ito Shunji, Kawakami Jun, Tajiri Akio, RYUZAKI Daisuke, MORITA Noboru, ASAO Toyonobu, WATANABE Masataka, HARADA Nobuyuki

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   78 ( 11 )   2051 - 2065   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Synthesis and Dynamic Stereochemistry of Azulene-Substituted 9-Fluorenyl, 9,10-Dihydro-10,10-dimethyl-9-anthryl, 10,11-Dihydro-5H-dibenzo[a,d]cyclohepten-5-yl, and 5H-Dibenzo[a,d]cyclohepten-5-yl Cations. Correlations of Stabilities of the Carbocations and Rotational Barrier of Azulene Ring

    S. Ito, J. Kawakami, A. Tajiri, D. Ryuzaki, N. Morita, T. Asao, M. Watanabe, and N. Harada

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   78 ( 11 )   2051 - 2065   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis and Properties of Hexakis(6-octyl-2-azulenyl)benzene as a Multielectron Redox System with Liquid Crystalline Behavior

    S. Ito, M. Ando, A. Nomura, N. Morita, C. Kabuto, H. Mukai, K. Ohta, J. Kawakami, A. Yoshizawa, and A. Tajiri

    Journal of Organic Chemistry   70 ( 10 )   2285 - 2293   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Poly (amide amine) Dendrimer with Naphthyl Units as a Fluorescent Chemosensor for Metal Ions

    KAWAKAMI Jun, ISOBE Toru, SASAKI Yohei, ITO Shunji, NAGAKI Masahiko, KITAHARA Haruo

    Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   21 ( 7 )   729 - 730   2005年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Poly(amide amine) Dendrimer with Naphthyl Units as a Florescent Chemosensor for Metal Ions

    J. Kawakami, T. Isobe, Y. Sasaki, S. Ito, M. Nagaki, and H. Kitahara

    ANALYTICAL SCIENCES   21   729 - 730   2005年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Azulene-Substituted Aromatic Amines. Synthesis and Amphoteric Redox Behavior of N,N-Di(6-azulenyl)-p-toluidine and N,N,N',N'-Tetra(6-azulenyl)-p-phenylenediamine and Their Derivatives

    S. Ito, T. Kubo, N. Morita, T. Ikoma, S. Tero-Kubota, J. Kawakami, and A. Tajiri

    Journal of Organic Chemistry   70 ( 6 )   2285 - 2293   2005年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis and properties of hexakis(6-octyl-2-azulenyl)benzene as a multielectron redox system with liquid crystalline behavior.

    Ito S, Ando M, Nomura A, Morita N, Kabuto C, Mukai H, Ohta K, Kawakami J, Yoshizawa A, Tajiri A

    The Journal of organic chemistry   70 ( 10 )   3939 - 3949   2005年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Azulene-substituted aromatic amines. synthesis and amphoteric redox behavior of N,N-Di(6-azulenyl)-p-toluidine and N,N,N',N'-tetra(6-azulenyl)-p-phenylenediamine and their derivatives.

    Ito S, Kubo T, Morita N, Ikoma T, Tero-Kubota S, Kawakami J, Tajiri A

    The Journal of organic chemistry   70 ( 6 )   2285 - 2293   2005年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Poly(amide amine) Dendrimer with Naphthyl Units as a Fluorescent Chemosensor for Metal Ions

    KAWAKAMI Jun, ISOBE Toru, SASAKI Yohei, ITO Shunji, NAGAKI Masahiko, KITAHARA Haruo

    Analytical Sciences   21 ( 7 )   729 - 730   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Synthesis and Dynamic Stereochemistry of Azulene-Substituted 9-Fluorenyl, 9,10-Dihydro-10,10-dimethyl-9-anthryl, 10,11-Dihydro-5H-dibenzo[a,d]cyclohepten-5-yl, and 5H-Dibenzo[a,d]cyclohepten-5-yl Cations. Correlations of Stabilities of the Carbocations and Rotational Barrier of Azulene Ring

    Ito Shunji, Kawakami Jun, Tajiri Akio, Ryuzaki Daisuke, Morita Noboru, Asao Toyonobu, Watanabe Masataka, Harada Nobuyuki

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   78 ( 11 )   2051 - 2065   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Substrate Specificities of Several Prenyl Chain Elongating Enzymes with Respect to 4-Methyl-4-pentenyl Diphosphate

    Nagaki Masahiko, Miki Yohei, Nakada Minori, KAWAKAMI Jun, KITAHARA Haruo, MAKI Yuji, GOTOH Yoshinori, NISHINO Tokuzo, KOYAMA Tanetoshi

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   68 ( 10 )   2070 - 2075   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Substrate Specificities of Several Prenyl Chain Elongating Enzymes with Respect to 4-Methyl-4-pentenyl Diphosphate

    M. Nagaki, Y. Miki, M. Nakada, J. Kawakami, H. Kitahara, Y. Maki, Y. Gotoh, T. Nishino, T. Koyama

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   68 ( 10 )   2070 - 2075   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Efficient preparation of 2-azulenylboronate and Miyaura-Suzuki cross-coupling reaction with aryl bromides for easy access to poly(2-azulenyl)benzenes

    S. Ito, T. Terazono, T. Kubo, T. Okujima, N. Morita, T. Murafuji, Y. Sugihara, K. Fujimori, J. Kawakami, A. Tajiri

    Tetrahedron   60   5357 - 5266   2004年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Efficient preparation of 2-azulenylboronate and Miyaura-Suzuki cross-coupling reaction with aryl bromides for easy access to poly(2-azulenyl)benzenes

    S Ito, T Terazono, T Kubo, T Okujima, N Morita, T Murafuji, Y Sugihara, K Fujimori, J Kawakami, A Tajiri

    TETRAHEDRON   60 ( 25 )   5357 - 5366   2004年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Intramolecular exciplex formation and complexing behavior of 1-(2-naphthalenecarboxy)-n-(p-substituted benzenecarboxy)oxaalkanes as fluorescent chemosensors for calcium and barium ions

    J. Kawakami, H. Kimura, M. Nagaki, H. Kitahara, S. Ito

    Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry   161   141 - 149   2004年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Intramolecular exciplex formation and complexing behavior of 1-(2-naphthalenecarboxy)-n-(p-substituted benzenecarboxy)oxaalkanes as fluorescent chemosensors for calcium and barium ions

    J Kawakami, H Kimura, M Nagaki, H Kitahara, S Ito

    JOURNAL OF PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY A-CHEMISTRY   161 ( 2-3 )   141 - 149   2004年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 亜鉛イオン用蛍光プローブ

    川上 淳

    光化学 = Photochemistry   34 ( 3 )   202 - 204   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Erratum: 'Characterization of bis-8-hydroxyquinoline-armed diazatrithia-16-crown-5 and diazadibenzo-18-crown-6 ligands as fluorescent chemosensors for zinc' (Journal of Supramolecular Chemistry (2001) vol. 1 (221-227) S1472786202000291)

    Jun Kawakami, R. Todd Bronson, Guoping Xue, Jerald S. Bradshaw, Reed M. Izatt, Paul B. Savage

    Journal of Supramolecular Chemistry   2 ( 6 )   537   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Scopus

    J-GLOBAL

  • Products and Antibacterial Activity of Thermolysis of Apple Lees

    H. Kitahara, Y. Kitayama, D. Ishikawa, T. Sakurai, J. Kawakami, M. Nagaki, T. Fukui, T. Okabe

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   28 ( 4 )   1045 - 1048   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 8-Hydroxyquinoline Derivative as a Fluorescent Chemosensor for Zinc Ion

    KAWAKAMI Jun, OHTA Masaki, YAMAUCHI Yasuhiro, OHZEKI Kunio

    Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   19 ( 10 )   1353 - 1354   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 8-Hydroxyquinoline Derivative as a Fluorescent Chemosensor for Zinc Ion

    J. Kawakami, M. Ohta, Y. Yamauchi, and K. Ohzeki

    ANALYTICAL SCIENCES   19 ( 10 )   1353 - 1354   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Products and Antibacterial Activity of Thermolysis of Apple Lees

    H. Kitahara, Y. Kitayama, D. Ishikawa, T. Sakurai, J. Kawakami, M. Nagaki, T. Fukui, and T. Okabe

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   28 ( 4 )   1045 - 1048   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Fluorescent Chemosensors by Excimer Emission for Magnesium, Calcium or Zinc Ions

    J. Kawakami, K. Shimozaki, T. Niiyama, M. Nagaki, and H. Kitahara

    Recent Res. Devel. Pure & Applied Chem.   6   1 - 6   2003年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ab Initio Molecular Orbital Study of Emission Mechanism of Fluorescent Chemosensors for Metal Ion

    J. Kawakami and R. Miyamoto

    Research Advances in Photochemistry & Photobiology   2   1 - 11   2003年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 非経験的分子軌道計算による亜鉛・カドミウムイオン用蛍光性化学センサー2, 6-Bis(quinolinecarboxy)methylpyridineの発光メカニズム

    川上 淳, 宮本 量, 木村 公昭, 小幡 和弘, 長岐 正彦, 北原 晴男

    Journal of computer chemistry, Japan   2 ( 2 )   57 - 62   2003年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Ab initio Molecular Orbital Study of Emission Mechanism of 2,6-Bis(quinolinecarboxy)methylpyridine as Fluorescent Chemosensors for Zinc and Cadmium Ions

    J. Kawakami, R. Miyamoto, K. Kimura, K. Obata, M. Nagaki, H. Kitahara

    The Journal of Computer Chemistry, Japan   2   57 - 62   2003年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Substrate specificities of medium-prenylchain elongating enzymes, hexaprenyl- and heptaprenyl diphosphate synthases

    M. Nagaki, K. Kuwahara, K. Kimura, J. Kawakami, Y. Maki, S. Ito, N. Morita,T. Nishino, T. Koyama

    Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic   22   97 - 103   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Substrate specificities of medium-prenylchain elongating enzymes, hexaprenyl- and heptaprenyl diphosphate synthases

    M Nagaki, K Kuwahara, K Kimura, J Kawakami, Y Maki, S Ito, N Morita, T Nishino, T Koyama

    JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS B-ENZYMATIC   22 ( 1-2 )   97 - 103   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    J-GLOBAL

  • Characterization of Bis-8-hydroxyquinoline-Armed Diazatrithia-16-crown-5 and Diazadibenzo-18-crown-6 Ligands as Fluorescent Chemosensors for Zinc

    J. Kawakami, R. T. Bronson, G. Xue, J. S. Bradshaw, P B. Savage, and R. M. Izatt

    J. Supramolecular Chem.   1   221 - 227   2003年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ab Initio Molecular Orbital Study of Emission Mechanism of Fluorescent Chemosensors for Metal Ion

    J. Kawakami, R. Miyamoto

    Research Advances in Photochemistry & Photobiology   2   1 - 11   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Fluorescent Chemosensors by Excimer Emission for Magnesium, Calcium or Zinc Ions

    J. Kawakami, K. Shimozaki, T. Niiyama, M. Nagaki, H. Kitahara

    Recent Res. Devel. Pure & Applied Chem.   6   1 - 6   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Intramolecular Excimer Formation and Complexing Behavior of Tridentate Pyridine Podand Having Two Naphthalene Rings as a Fluorescent Chemosensor for Zinc Ion

    KAWAKAMI Jun, NIIYAMA Takuya, ITO Shoei

    Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   18 ( 7 )   735 - 736   2002年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Ab initio molecular orbital study of the complexing behavior of N-ethyl-1-naphthalenecarboxamide as fluorescent chemosensors for alkali and alkaline earth metal ions

    J Kawakami, R Miyamoto, A Fukushi, K Shimozaki, S Ito

    JOURNAL OF PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY A-CHEMISTRY   146 ( 3 )   163 - 168   2002年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Fluorescent chemosensors by excimer or exciplex emission for metal ions

    J. Kawakami, S. Ito

    Current Topics in Analytical Chemistry   3   135 - 143   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Photophysical Properties of β-(1-Pyrenyl)ethyl p-Cyanobenzoate in Binary Solvents of Isooctane-Ethyl Acetate and Ethyl Acetate-Acetonitrile

    J. Kawakami, J. Nakamura, M. Iwamura

    J. Photochem. Photobiol. A: Chemistry   140 ( 3 )   199 - 206   2001年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Intramolecular excimer formation and complexing behavior of 1,n-bis(naphthalenecarboxy)oxaalkanes as fluorescent chemosensors for calcium and barium ions

    J Kawakami, Y Komai, T Sumori, A Fukushi, K Shimozaki, S Ito

    JOURNAL OF PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY A-CHEMISTRY   139 ( 1 )   71 - 78   2001年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    J-GLOBAL

  • Characterization of bis-8-hydroxyquinoline-armed diazatrithia-16-crown-5 and diazadibenzo-18-crown-6 ligands as fluorescent chemosensors for zinc

    Jun Kawakami, R. Todd Bronson, Guoping Xue, Jerald S. Bradshaw, Reed M. Izatt, Paul B. Savage

    Journal of Supramolecular Chemistry   1 ( 4-6 )   221 - 227   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Scopus

  • Correlation of Excimer Formation with Ground State Conformations : The Conformation Analysis of 1, 2-Bis (1-naphthalenecarboxy) ethane by <I>Ab</I> Indio Molecular Orbital Calculations

    Kawakami Jun, Miyamoto Ryo, Ito Shoei

    JCPE Journal   12 ( 1 )   25 - 32   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • The Conformational Analysis of Organic Molecules by Theoretical Calculations

    J. Kawakami, Y. Kawakami, R. Miyamoto, K. Nakamura, H. Kojima, Y. Tamai, S. Ito

    Recent Res. Devel. Pure & Applied Chem.   4   49 - 58   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Complexing Behavior of New Naphthalene Derivatives Having Amide Groups as Fluorescent Chemosensors for Alkali and Alkaline Earth Metal Ions

    KAWAKAMI Jun, FUKUSHI Atsuo, ITO Shoei

    Chemistry letters   1999 ( 9 )   955 - 956   1999年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Scopus

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Intramolecular Exciplex Formation and Complexing Behavior of Naphthalene Derivatives as Fluorescent Chemosensors for Calcium and Barium Ions

    KAWAKAMI Jun, ITOH Hiroyuki, MITSUHASHI Haruki, ITO Shoei

    Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry   15 ( 7 )   617 - 618   1999年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Correlation of Exciplex Formation with Ground State Conformations in Flexible Bichromophoric Esters: 2-(1-Pyrenyl)ethyl p-Cyanobenzoate and Its Model Compounds

    Kawakami Jun, Furuta Toshiaki, Nakamura Junko, UCHIDA Akira, IWAMURA Michiko

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   72 ( 1 )   47 - 54   1999年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Correlation of Exciplex Formation with Ground State Conformations in Flexible Bichromophoric Esters: 2-(1-Pyrenyl)ethyl p-Cyanobenzoate and Its Model Compounds.

    Kawakami Jun, Furuta Toshiaki, Nakamura Junko, Uchida Akira, Iwamura Michiko

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   72 ( 1 )   47 - 54   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Intramolecular Exciplex Formation and Complexing Behavior of Naphthalene Derivatives as Fluorescent Chemosensors for Calcium and Barium Ions.

    KAWAKAMI Jun, ITOH Hiroyuki, MITSUHASHI Haruki, ITO Shoei

    Analytical Sciences   15 ( 7 )   617 - 618   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • CNDO/S法によるアゾ化合物の吸収波長計算

    佐々木 順彦, 川上 淳, 石高 良彦[他]

    弘前大学理工学部研究報告   1 ( 1 )   19 - 25   1998年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • CNDO/S法によるアゾ化合物の吸収波長計算

    佐々木順彦, 川上淳, 石高良彦, 吉井克昌, 関斉, 伊藤正英, 田尻明男

    Bull Fac Sci Technol Hirosaki Univ   1 ( 1 )   19 - 25   1998年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Intramolecular Exciplex Formation and Metal Ion Recognition in 1-(1-Naphthalenecarboxy)-n-(p-substituted benzenecarboxy)oxaalkanes

    KAWAKAMI Jun, SATA Hirohito, EBINA Kohjiro, ITO Shoei

    Chemistry letters   1998 ( 6 )   535 - 536   1998年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Fluorescent Chemosensors for Metal Ion Recognition by means of Naphthalene Derivatives

    J. Kawakami, Y. Komai, T. Sumori, H. Sata, S. Ito

    Recent Res. Devel. Pure & Applied Chem.   2   231 - 237   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Three-Dimensional Structure of a Glycosphingolipid having a Novel Carbohydrate Linkage, Galβ1-4(Fucα1-3)Glcβ1-3Galβ, determined by Theoretical Calculations

    J. Kawakami, Y. Kawakami, K. Nakamura, H. Kojima, S. Ito, Y. Tamai

    Glycoconjugate Journal   15 ( 2 )   107 - 113   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Scopus

    PubMed

  • Intramolecular Exciplex Formation and Metal Ion Recognition in 1-(1-Naphthalenecarboxy)-n-(p-substituted benzenecarboxy)oxaalkanes

    Kawakami Jun, Sata Hirohito, Ebina Kohjiro, Ito Shoei

    Chemistry Letters   27 ( 6 )   535 - 536   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Scopus

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Fluorescence Spectrophotometric Determination of Ca^<2+> and Ba^<2+> Based on 1, n-Bis(1-naphthylcarboxy)oxaalkanes

    KAWAKAMI Jun, KOMAI Yuko, ITO Shoei

    Chemistry letters   1996 ( 8 )   617 - 618   1996年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Correlation of Exciplex Formation with Ground State Conformations in Flexible D-A Systems : The Conformational Analysis of 2-(1-Pyrenyl)ethyl p-Cyanobenzoate by Theoretical Calculations

    J. Kawakami, T Furuta, S. Ito, M. Iwamura

    Sci. Rep. Hirosaki Univ.   43   42 - 52   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Fluorescence Spectrophotometric Determination of Ca<SUP>2+</SUP> and Ba<SUP>2+</SUP> Based on 1, <I>n</I>-Bis(1-naphthylcarboxy)oxaalkanes

    Kawakami Jun, Komai Yuko, Ito Shoei

    Chemistry Letters   25 ( 8 )   617 - 618   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Correlation of Exciplex Formation with Ground State Conformations. 2.: The Conformational Analysis of trans-2-(1-Pyrenyl)cyclohexyl p-Cyanobenzoate by Theoretical Calculations

    J. Kawakami, T Furuta, S. Ito, M. Iwamura

    Sci. Rep. Hirosaki Univ   43   53 - 59   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Photoaddition of Tetrahydrofuran to 5-(Alkylidene)-2,2-dimethyl-1,3-dioxane-4,6-dions

    K. Tando, J. Kawakami, S. Ito

    Sci. Rep. Hirosaki Univ.   42   11 - 17   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 有機分子の励起状態での分子内相互作用に関する研究~p-置換安息香酸ω-(1-ピレニル)アルキルの分子内エキサイプレックス形成

    川上 淳

    博士論文(東邦大学)   1994年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Intramolecular Fluorescence Quenching and Exciplex Formation in ω-(1-Pyrenyl)alkyl p-Substituted Benzoates

    J. Kawakami, M. Iwamura

    J. Phys. Org. Chem.   7 ( 1 )   31 - 42   1994年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Correlation of Exciplex Formation with Ground State Conformations in β-(1-Pyrenyl)ethyl Benzoates

    J. Kawakami, M. Iwamura, J. Nakamura

    Chem. Lett.   ( 6 )   1013 - 1016   1992年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 芳香族カルボン酸ω-(1-ピレニル)アルキルの励起状態における分子内相互作用

    川上 淳

    修士論文(東邦大学)   1991年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 分子内にピレン、アントラセンをもつ化合物の励起状態の性質

    川上 淳

    卒業論文(東邦大学)   1989年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 弘前大学レクチャーコレクション 学びの世界へようこそ

    弘前大学出版編( 担当: 共著)

    弘前大学出版  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

総説・短報・翻訳等

  • CCDC Number: 2048668(2-(N,N-dimethylamino)tryptanthrin)

    Jun Kawakami, Mizuki Harada, Shun Ohta, Shunji Ito

    2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:The Cambridge Crystallographic Data Centre   共著区分:単著  

  • CCDC Number: 2048673(2-(4-(diphenylamino)phenyl)indolo[2,1-b]quinazoline-6,12-dione)

    Jun Kawakami, Mizuki Harada, Shun Ohta, Shunji Ito

    2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:The Cambridge Crystallographic Data Centre   共著区分:単著  

  • CCDC Number: 2041169(tryptanthrin)

    Jun Kawakami, Chica Osanai, Shun Ohta, Shunji Ito

    2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:The Cambridge Crystallographic Data Centre   共著区分:単著  

  • CCDC Number: 2041173(2-(2-fluoro-12-oxoindolo[2,1-b]quinazolin-6(12H)-ylidene)malononitrile)

    Jun Kawakami, Chica Osanai, Shun Ohta, Shunji Ito

    2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:The Cambridge Crystallographic Data Centre   共著区分:単著  

  • CCDC Number: 2041171(2-fluorotryptanthrin)

    Jun Kawakami, Chica Osanai, Shun Ohta, Shunji Ito

    2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:The Cambridge Crystallographic Data Centre   共著区分:単著  

  • 光る物質を創る-光化学の研究

    川上 淳

    弘前大学創立70周年記念出版『弘前大学レクチャーコレクション-学びの世界へようこそ-』   31 - 38   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   共著区分:単著  

  • CCDC Number: 1865457( 2-(6,14-dioxo-6,14-dihydroazuleno[1',2':4,5]pyrrolo[2,1-b]quinazolin-12-yl)-3-phenylbuta-1,3-diene-1,1,4,4-tetracarbonitrile)

    Chieko Kogawa, Asuka Fujiwara, Ryuta Sekiguchi, Taku Shoji, Jun Kawakami, Masaaki Okazaki, Shunji Ito

    2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:The Cambridge Crystallographic Data Centre   共著区分:単著  

  • ただいま夢中人:新規蛍光性化学センサーの合成

    川上 淳

    テクノ・コム '13(新広告社)   52 - 52   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • ただいま夢中人 新規蛍光性化学センサーの合成

    川上 淳

    進学ブック「テクノ・コム」   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:新広告社   共著区分:単著  

  • 青森地区弘前地域の活動

    川上 淳

    化学と工業   65 ( 1 )   34 - 34   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本化学会   共著区分:単著  

  • 青森地区弘前地域の活動

    川上 淳

    化学と工業(日本化学会)   65 ( 1 )   34 - 34   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 研究室紹介

    川上 淳

    学園だより(弘前大学)   170   19 - 21   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • ケージド化合物による生理機能の分析

    川上 淳

    ぶんせき   ( 6 )   287 - 288   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本分析化学会   共著区分:単著  

  • Differentiation of P19CL6 embryonic carcinoma cells to beating cardiomyocyte-like cells induced by 8-methyltryptanthrin

    Kazuhiko Seya, Asako Yamaya, Mana Murakami, Haruo Kitahara, Jun Kawakami, Ken Okumura, Shigeru Motomura, Ken-Ichi Furukawa

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   112   247P - 247P   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC   共著区分:単著  

    Web of Science

  • ケージド化合物による生理機能の分析

    川上 淳

    ぶんせき(日本分析化学会)   6   287 - 288   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 8-Methyltryptanthrin induces cardiac differentiation of P19CL6 embryonic carcinoma cells

    Kazuhiko Seya, Asako Yamaya, Sayuri Kamachi, Haruo Kitahara, Jun Kawakami, Ken Okumura, Shigeru Motomura, Ken-Ichi Furukawa

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   109   287P - 287P   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC   共著区分:単著  

    Web of Science

  • あおもり一押し技術シーズ:蛍光性化学センサー/有害物質検出に応用

    川上 淳

    東奥日報(朝刊)   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:東奥日報社   共著区分:単著  

  • 簡便分析試薬としての新規なデンドリマー型蛍光性化学センサーの開発

    川上 淳

    平成17年度~平成18年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:川上 淳   共著区分:単著  

  • CCDC Number: 272926(trans-(η5-Cyclopentadienyl)(1,3-bis(trimethylsilyl)-2,4-bis(2-azulenyl)-η4-cyclobutandienyl)-cobalt)

    S.Ito, M.Ando, A.Nomura, N.Morita, C.Kabuto, H.Mukai, K.Ohta, J.Kawakami, A.Yoshizawa, A.Tajiri

    2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:The Cambridge Crystallographic Data Centre   共著区分:単著  

  • 亜鉛イオン用蛍光プローブ

    川上 淳

    光化学   34 ( 3 )   202 - 204   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:光化学協会   共著区分:単著  

  • 光機能分子の世界~蛍光性化学センサーの開発~

    川上 淳

    りんご王国こうぎょくカレッジ(FMラジオ放送)   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:FM アップルウェーブ   共著区分:単著  

  • 亜鉛イオン用蛍光プローブ

    川上 淳

    光化学(光化学協会)   34 ( 3 )   202 - 204   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • フォトケミスト ディレクトリー:川上 淳

    川上 淳

    フォトケミスト ディレクトリー(光化学協会)   54 - 55   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Chem Office による化学構造式の描画と立体モデリング

    川上 淳

    弘前大学総合情報処理センターソフトウエアマニュアルWINDOWS編   5 - 22   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:単著  

▼全件表示

受賞

  • BCSJ Award

    2016年10月

  • Analytical Sciences Hot Article Award

    2014年10月

  • 平成22年度化学系学協会優秀ポスター賞

    2010年09月

担当授業科目(学内)

  • 2020年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,光化学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,化学概論,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,有機化学演習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,科学技術英語Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,科学技術英語Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,有機光化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,物質創成化学特別研究A ,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,理工学特別演習A ,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,理工学特別研究A ,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,キャリア形成の基礎②,教養教育科目

  • 2019年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,プログレス物理化学Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,光化学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,化学概論,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,有機化学演習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,科学技術英語Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,科学技術英語Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,有機光化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,プログレス物理化学Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,光化学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,化学概論,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,有機化学演習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,物質創成化学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,科学技術英語Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,有機光化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,プログレス物理化学Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,化学概論,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,有機化学演習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,物質創成化学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,有機光化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,物質創成化学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,物質創成化学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,理工学特別演習A,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,理工学特別演習B,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,理工学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,理工学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,化学の基礎Ⅰ(B),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,プログレス物理化学Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,化学の基礎,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,化学専門実験,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,基礎化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,教職実践演習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,有機化学演習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,有機光化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,物質創成化学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,物質創成化学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,理工学特別演習A,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,理工学特別演習B,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,理工学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,理工学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,分子認識化学特論,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2016年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2015年度年度,化学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2015年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,プログレス物理化学Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,有機化学演習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,物質創成化学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,有機光化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,物質創成化学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,物質創成化学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,理工学特別演習A,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,理工学特別演習B,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,理工学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,理工学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,分子認識化学特論,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2014年度年度,化学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2014年度年度,フロンティア化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,プログレス物理化学Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,有機化学演習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,有機光化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,物質創成化学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,物質創成化学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,物質理工学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,理工学特別演習A,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,理工学特別演習B,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,理工学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,理工学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,分子認識化学特論,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2013年度年度,化学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2013年度年度,フロンティア化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,プログレス物理化学Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,化学専門実験,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,基礎化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,有機化学演習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,物質創成化学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,有機光化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,物質創成化学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,物質創成化学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,物質理工学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,理工学特別演習A,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,理工学特別演習B,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,理工学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,理工学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,分子認識化学特論,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2012年度年度,化学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2012年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2012年度年度,フロンティア化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,プログレス物理化学Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,有機化学演習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,有機光化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,物質創成化学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,物質創成化学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,物質理工学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,理工学特別演習A,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,理工学特別演習B,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,理工学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,理工学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,化学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2011年度年度,科学・技術の最前線(B),21世紀教育科目

  • 2011年度年度,光エネルギー化学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,有機化学演習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,有機材料構造解析学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,有機光化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,物質創成化学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,物質創成化学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,物質理工学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,理工学特別演習A,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,理工学特別演習B,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,理工学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,理工学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,分子認識化学特論,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2010年度年度,化学の基礎ⅡA,21世紀教育科目

  • 2010年度年度,光エネルギー化学,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,化学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,有機化学演習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,有機材料構造解析学,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,物質創成化学特別研究A ,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,理工学特別演習A ,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,有機光化学特論 ,修士課程・博士前期課程

  • 2010年度年度,物質創成化学特別研究B ,修士課程・博士前期課程

  • 2010年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2010年度年度,物質理工学特別研究 ,修士課程・博士前期課程

  • 2010年度年度,理工学特別演習B ,修士課程・博士前期課程

  • 2010年度年度,理工学特別研究A ,修士課程・博士前期課程

  • 2010年度年度,理工学特別研究B ,修士課程・博士前期課程

  • 2010年度年度,分子認識化学特論 ,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2009年度年度,化学の基礎ⅡA,21世紀教育科目

  • 2009年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2009年度年度,科学技術の最前線(B),21世紀教育科目

  • 2009年度年度,光エネルギー化学,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,有機化学演習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,有機化学演習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,有機材料構造解析学,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,有機光化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,物質理工学特別演習,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,物質理工学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,化学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,有機化学演習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,有機化学演習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,有機材料構造解析学,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,有機光化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,物質理工学特別演習,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,物質理工学特別研究,修士課程・博士前期課程

  • 2007年度年度,化学の基礎ⅠB,21世紀教育科目

  • 2007年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,基礎化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,有機化学演習 I,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,有機化学演習 II,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,物質理工学特別演習,修士課程・博士前期課程

  • 2007年度年度,物質理工学特別研究,修士課程・博士前期課程

▼全件表示

社会貢献活動

  • 化学への招待

    2015年08月

  • 平成27年度弘前大学「科学者発見プロジェクト」

    2015年06月

  • 化学への招待

    2014年08月

  • 青森県新産業創造課主催サイエンス体験ツアー

    2013年08月

  • 弘前大学ドリーム講座(弘前中央高校)

    2013年08月

  • 化学への招待

    2013年08月

  • SSH研究室訪問(大館鳳鳴高校)

    2013年07月

  • 青森県高等学校理数系課題発表会

    2012年12月

  • 弘前大学ドリーム講座(青森北高校)

    2012年10月

  • 化学への招待

    2012年08月

  • SSH研究室訪問(大館鳳鳴高校)

    2012年07月

  • 楽しい化学

    2011年10月

  • 青森県新産業創造課主催サイエンス体験ツアー

    2011年08月

  • 化学への招待

    2011年08月

  • 出張講義

    2010年10月

  • 楽しい科学

    2010年10月

  • 青森サイエンスキャンプ

    2010年09月

  • 化学への招待

    2010年08月

  • 教員免許状更新講習会

    2010年08月

  • 弘前大学ドリーム講座

    2009年09月

  • 化学への招待

    2009年08月

  • 青森県新産業創造課主催サイエンス体験ツアー

    2009年07月

  • 化学への招待

    2008年08月

  • 青森県新産業創造課主催サイエンス体験ツアー

    2008年07月

  • 化学への招待

    2007年08月

▼全件表示