2021/12/08 更新

写真a

ミヤモト リヨウ
宮本 量
MIYAMOTO Ryo
所属
自然科学系 機能創成科学領域
専任担当
理工学研究科 研究部

学位

  • 理学博士

  • 理学修士

研究分野

  • ナノテク・材料 / 基礎物理化学

所属学協会

  • 電子スピンサイエンス学会

  • 日本コンピュータ化学会

  • 錯体化学会

  • 日本希土類学会

  • 日本化学会

自己PR

  • (連携キーワード)

    電子スピン, 分光学, 分子構造, 磁気共鳴, 磁性, コンピュータ化学, 金属錯体, 金属イオン, 希土類

    (研究概要)

    * 遷移金属錯体・希土類金属錯体中の電子スピンを観測して, 分子構造や分子の性質について研究する。
    * 遷移金属錯体・希土類金属錯体中の安定構造や電子状態を分子軌道法に基づいて理論的に計算して, 実際の分子の性質を予測しあるいは光反応機構を解明する。

    (協力できる内容)

    * 常磁性金属イオンなど電子スピンを機能の中心として含む物質・化合物の分子レベルでの物性測定。
    * 分光学的な測定 (紫外可視吸収, 赤外線吸収, 蛍光・リン光, その他) に基づく分子レベルでの物性測定。
    * 分子軌道法に基づく理論化学的な物性の解明と新規化合物の開発。

論文

  • Free Radical Scavenging Capability of Various Defatted Sesame Seed Cakes and Hulls Using EPR Compared with In Vitro Testing and HPLC Analysis (共著)

    N. Nantarat, K. Nakagawa, R. Miyamoto, S. Chansakaow, J. Sirithunyalug, and P. Leelapornpisid

    Journal of Oleo Science   68   1279 - 1285   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis, Structures, and Solution Dynamics of Titanium and Zirconium Complexes Carrying a Bis(indolyl) and Two Diethylamido Ligands (共著)

    S. Ohta, S. Takahashi, A. Takenaka, Y. Akazawa, R. Miyamoto, and M. Okazaki

    Inorganic Chemistry   58   15520 - 15528   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis and Structure of a Bis(indolyl)-Coordinated Titanium Diamido Complex, and Its Catalytic Applications in the Intermolecular Hydroamination of Alkynes (共著)

    S. Ohta, M. Shimbayashi, R. Miyamoto, and M. Okazaki

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   91   1570 - 1575   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Evaluation of coexistent metal ions with TiO2: an EPR approach (共著)

    N. Sakaguchi Miyamoto, R. Miyamoto, E. Giamello, T. Kurisaki, H. Wakita

    Research on Chemical Intermediates   44   4563 - 4575   2018年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Characterization and photocatalytic properties of lutetium ion-doped titanium dioxide photocatalyst (共著)

    N. Sakaguchi Miyamoto, R. Miyamoto, E. Giamello, T. Kurisaki, H. Wakita

    Research on Chemical Intermediates   44   4577 - 4594   2018年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Dinuclear Ruthenium(III)-Ruthenium(IV) Complexes, Having a Doubly Oxido-Bridged and Acetato- or Nitrato-Capped Framework (共著)

    T. Suzuki, Y. Suzuki, T. Kawamoto, R. Miyamoto, S. Nanbu, H. Nagao

    Inorg. Chem.   55 ( 14 )   6830 - 6832   2016年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Slow Relaxation of the Magnetization from the Mn(III) Single-Ion(共著)

    R. Ishikawa, R. Miyamoto, H. Nojiri, B. K. Breedlove, M. Yamashita

    Inorganic Chemistry   52   8300 - 8302   2013年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Composition and antimicrobial activity of the essential oil and water extract from Japanese wild Rosa rugosa (共著)

    M. Nagaki, Y. Goto, T. Narita, J. Kawakami, R. Miyamoto

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   36   517 - 521   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Theoretical Study of Substituent Effects on Electronic and Structural Properties of the 2,4-Diamino-5-para-substituted-phenyl-6-ethyl-pyrimidines (共著)

    B.A. Saleh, H.A. Abood, R. Miyamoto, M. Bortoluzzi

    Journal of the Iranian Chemical Society   8   653 - 661   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • TD-DFT Study on the Fluorescent Chemosensor for Hg2+, 2-(Benzo-d-thiazol-2-yl)quinoline (共著)

    Ryo MIYAMOTO, Jun KAWAKAMI, Rie OHTAKE, Masahiko NAGAKI, Shunji ITO

    Journal of Molecular Structure   991   73 - 78   2011年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Solvent control on the structural versatility and properties of manganese(II) complexes surrunded by the flexible hinge-like ligand (共著)

    R. Ishikawa, K. Yamada, S. Yamauchi, R. Miyamoto, S. Kawata

    Inorg. Chem. Commun.   13   636 - 640   2010年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Substrate specificities of wild- and mutated-type farnesyl diphosphate synthases with artificial substrate homologs (共著)

    M. Nagaki, K. Miyata, J. Kawakami, R. Miyamoto, Y. Maki, H. Sagami, T. Koyama

    Trans. MRS-J   34   533 - 536   2009年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 2-(Benzo-d-thiazol-2-yl)quinoline as a Fluorescent Chemosensor Material for Hg(II) (共著)

    J. Kawakami, R. Ohtake, R. Miyamoto, M. Nagaki, and S. Ito

    Trans. MRS-J   33   9 - 11   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • IUPAC--NIST Solubility Data Series 85. Transition and 12 to 14 Main Group Metals, Lanthanide, Actinide and Ammonium Halates (共著)

    Hiroshi Miyamoto (Editor, Evaluator), Ryo Miyamoto (Editor, Evaluator), Cezary Guminski (Editor), Mark Salomon (Editor), Christo Balarew (Compiler), E. V. Zagnit'ko (Compiler), Jitka Eysseltova (Compiler), and Jean-Jacques Counioux (Compiler)

    J. Phys. Chem. Ref. Data   37 ( 2 )   933 - 1118   2008年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • XAFS Study on the Local Structure of Some Lanthanoid(III) Complexes (共著)

    S. Sudoh, T. Miyanaga, R. Miyamoto

    AIP Conference Proceedings   882   440 - 442   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A New Series of Radical-Triplet Pairs: Modulation of Radical-Triplet Interaction by a Counter Ion (共著)

    L. Maretti, I. S. M. Saiful, T. Kajiwara, R. Miyamoto, Y. Ohba, S. Yamauchi

    Molecular Physics   104 ( 10-11 )   1619 - 1626   2006年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Time-dependent DFT Study of Emission Mechanism of 8-Hydroxyquinoline Derivatives as Fluorescent Chemosensors for Metal Ions (共著)

    R. Miyamoto, J. Kawakami, S. Takahashi, S. Ito, M. Nagaki, H. Kitahara

    Journal of Computer Chemistry, Japan   5 ( 1 )   19 - 22   2006年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Reactivity of superoxide ions (O2-) occluded in micropores of calcium aluminosilicate varied via substitution with transition metal ions (共著)

    K. Sato, J. Iritani, R. Miyamoto, S. Fujita, K. Suzuki, M. Ohkawa, T. Mori

    Studies in Surface Science and Catalysis   158   2001 - 2008   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis and Characterization of Chromium(III) Octaphenylporphyrin Complexes with Various Axial Ligands: An Insight into Porphyrin Distortion (共著)

    R. Harada, Y. Matsuda, H. Okawa, R. Miyamoto, S. Yamauchi, T. Kojima

    Inorganica Chimica Acta   358 ( 8 )   2489 - 2500   2005年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ab Initio Molecular Orbital Study of Emission Mechanism of 2,6-Bis(quinolnecarboxy)methylpyridine as Fluorescent Chemosensors for Zinc and Cadmium Ions (共著)

    J. Kawakami, R. Miyamoto, K. Kimura, K. Obata, M. Nagaki, H. Kitahara

    Journal of Computer Chemistry, Japan.   2 ( 2 )   57 - 62   2003年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 錯体化合物事典

    錯体化学会編( 担当: 共著)

    朝倉書店  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  • レアメタル便覧 (共著)

    足立吟也 監修・編集代表( 担当: 共著 ,  範囲: 第36章)

    丸善  2011年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  • 希土類とアクチノイドの化学

    S. A. Cotton 著, 足立吟也 監修, 足立吟也, 日夏幸雄, 宮本量 訳( 担当: 共訳 ,  範囲: 全14章335頁中第4-8章の翻訳担当)

    丸善 & Wiley  2008年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

総説・短報・翻訳等

  • Ab Initio Molecular Orbital Study of Emission Mechanism of Fluorescent Chemosensors for Metal Ions (共著)

    J. Kawakami, R. Miyamoto

    Research Advances in Photochemistry & Photobiology   2   1 - 11   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Global Research Network   共著区分:共著  

担当授業科目(学内)

  • 2021年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,分子分光学,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,構造物理化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,構造物理化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,科学技術英語Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,科学技術英語Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2020年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,プログレス物理化学Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,分子分光学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,構造物理化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,構造物理化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,物理化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,物質創成化学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,科学技術英語Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,科学技術英語Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,分子分光学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,電子スピン科学特論,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2019年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,分子分光学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,化学専門実験,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,基礎化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,構造物理化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,構造物理化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,科学技術英語Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,科学技術英語Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,分子分光学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,電子スピン科学特論,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2018年度年度,化学の基礎Ⅱ(G),21世紀教育科目

  • 2018年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,プログレス物理化学Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,分子分光学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,構造物理化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,構造物理化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,物理化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,物質創成化学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,科学技術英語Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,分子分光学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,電子スピン科学特論,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2017年度年度,化学の基礎Ⅱ(G),21世紀教育科目

  • 2017年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,プログレス物理化学Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,構造物理化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,構造物理化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,分子分光学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,電子スピン科学特論,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2017年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2016年度年度,化学の基礎Ⅱ(G),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,フロンティア化学I,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,プログレス物理化学Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,構造物理化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,構造物理化学演習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,物理化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,分子分光学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,電子スピン科学特論,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2015年度年度,化学の基礎II(G),21世紀教育科目

  • 2015年度年度,フロンティア化学I,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,化学専門実験,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,基礎化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,構造物理化学I,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,構造物理化学II,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,物質創成化学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,分子分光学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,電子スピン科学特論,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2014年度年度,化学の基礎Ⅱ(G),21世紀教育科目

  • 2014年度年度,フロンティア化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,プログレス物理化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,構造物理化学演習,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,物理化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,分子分光学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,電子スピン科学特論,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2013年度年度,化学の基礎Ⅱ(G),21世紀教育科目

  • 2013年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2013年度年度,フロンティア化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,構造物理化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,構造物理化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,物理化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,物質創成化学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,分子分光学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,電子スピン科学特論,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2012年度年度,フロンティア化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,プログレス物理化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,構造物理化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,構造物理化学演習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,物理化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,分子分光学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,電子スピン科学特論,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2011年度年度,化学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,構造物理化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,構造物理化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,物理化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,分子分光学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,基礎化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,物理化学AI,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,物理化学AII,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,物理化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,分子分光学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,化学の基礎 II(G),21世紀教育科目

  • 2008年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,物理化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,物理化学演習A,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,分子分光学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2007年度年度,化学の基礎 II(A),21世紀教育科目

  • 2007年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,数値解析法,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,物質理工学実験 B,専門教育科目(学部)

▼全件表示

社会貢献活動

  • 化学への招待 (日本化学会東北支部事業)

    2019年08月

  • 化学への招待 (日本化学会東北支部事業)

    2018年08月

  • 化学への招待 (日本化学会東北支部事業)

    2017年08月

  • 化学への招待 (日本化学会東北支部事業)

    2016年08月

  • 化学への招待 (日本化学会東北支部事業)

    2015年08月

  • 化学への招待 (日本化学会東北支部事業)

    2013年08月

  • 化学への招待 (日本化学会東北支部事業)

    2012年08月

  • 化学への招待 (日本化学会東北支部事業) 世話役

    2008年08月

▼全件表示