2019/03/19 更新

写真a

タネダ アキト
種田 晃人
TANEDA AKITO
所属
自然科学系 機能創成科学領域
専任担当
理工学研究科 研究部

学位

  • 博士(工学)

所属学協会

  • 情報処理学会

  • 日本RNA学会

  • 日本バイオインフォマティクス学会

  • 日本金属学会

自己PR

  • (連携キーワード)

    計算機、シミュレーション、核酸、遷移金属、アルゴリズム

    (研究概要)

    ○DNA配列に現れる不完全な反復配列の検出とその繰り返し構造を解析するための手法の開発。
    ○第一原理計算に基づくタイトバインディングパラメーターの開発。
    ○タイトバインディング分子動力学法による遷移金属クラスターの安定構造と電子状態。

    (協力できる内容)

    文字列処理やシミュレーション用計算機プログラムのアルゴリズム

    (PR)

    生体分子(主に核酸)や遷移金属を対象として、シミュレーションやプログラミングによる問題解決(文字列処理、最適化問題など)を専門としています。

論文

  • Changes in relative expression levels of viroid-specific small RNAs and microRNAs in tomato plants infected with severe and mild symptom-inducing isolates of Potato spindle tuber viroid

    Daiki Tsushima,Charith Raj Adkar-Purushothama,Akito Taneda,Teruo Sano

    Journal of General Plant Pathology   81   49 - 62   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Deep sequencing uncovers commonality in small RNA profiles between transgene-induced and naturally occurring RNA silencing of chalcone synthase-A gene in petunia.

    Megumi Kasai, Hideo Matsumura, Kentaro Yoshida, Ryohei Terauchi, Akito Taneda, Akira Kanazawa

    BMC genomics   14   63 - 63   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Multi-objective genetic algorithm for pseudoknotted RNA sequence design.

    Akito Taneda

    Frontiers in genetics   3   36 - 36   2012年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Coincident sequence-specific RNA degradation of linked transgenes in the plant genome(共著)

    Megumi Kasai, Maiko Koseki, Kazunori Goto, Chikara Masuta, Shiho Ishii, Roger P. Hellens, Akito Taneda & Akira Kanazawa

    Plant Molecular Biology   78 ( 3 )   259 - 273   2012年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Accumulation of Potato spindle tuber viroid-specific small RNAs is accompanied by

    Ying Wang, Makoto Shibuya, Akito Taneda, Tasuku Kurauchi, Mineo Senda, Robert A. Owens, Teruo Sano

    Virology   413   72 - 83   2011年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A web server for multi-objective pairwise RNA sequence alignment with an index for selecting accurate alignments

    A. Taneda

    IPSJ Transactions on Bioinformatics   4   2 - 8   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • MODENA: a multi-objective RNA inverse folding

    A. Taneda

    Advances and Applications in Bioinformatics and Chemistry   4   1 - 12   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Multi-objective pairwise RNA sequence alignment

    A. Taneda

    Bioinformatics   26   2383 - 2390   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Characterization of a new apple dimple fruit viroid variant that causes yellow dimple fruit formation in ‘Fuji’ apple trees

    Y.-H. He,S. Isono,Y. Kawaguchi-Ito,A Taneda,K. Kondo,A. Iijima,K. Tanaka,T. Sano

    Journal of General Plant Pathology   76   324 - 330   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A small nucleolar RNA functions in rRNA processing in Caenorhabditis elegans

    Y. Hokii,Y. Sasano,M. Sato,H. Sakamoto,K. Sakata,R. Shingai,A. Taneda,S. Oka,H. Himeno,A. Muto,T. Fujiwara,C. Ushida

    Nucleic Acids Research   38   5909 - 5918   2010年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Endogenous short interfering RNAs of chalcone synthase genes associated with inhibition of seed coat pigmentation in soybean

    T. Kurauchi,T. Matsumoto,A. Taneda,T. Sano,M. Senda

    Breeding Science   59   419 - 426   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • An efficient genetic algorithm for structural RNA pairwise alignment and its application to non-coding RNA discovery in yeast

    Akito Taneda

    BMC Bioinformatics   9   521   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Pariwise genome comparison for finding functional RNAs with low sequence identity

    A. Taneda

    The Proceedings of the 2007 Annual Conference of the Japanese Society for Bioinformatics   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:単著  

  • RNA Base Pairing Probability Alignment by Genetic Algorithm

    A. Taneda

    17h International Conference on Genome Informatics (GIW 2006) Poster and Software Demonstrations   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:単著  

  • Twelve novel C. elegans RNA candidates isolated by two-dimensional polyacrylamide gel electrophoresis

    Y Hokii, A Kubo, T Ogasawara, Y Nogi, A Taneda, R Arai, A Muto, C Ushida

    Gene   2006年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Prediction of Pseudoknotted RNA Structure by a Structural Alignment Using Genetic Algorithm

    A. Taneda

    16th International Conference on Genome Informatics (GIW 2005) Poster and Software Demonstrations   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:単著  

  • Cofolga: a genetic algorithm for finding the common folding of two RNAs

    A. Taneda

    Computational Biology and Chemistry   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • A genetic algorithm approach for finding the common structure of two homologous RNAs

    A. Taneda

    15th International Conference on Genome Informatics (GIW2004) Poster and Software Demonstrations   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:単著  

  • Adplot: detection and visualization of repetitive patterns in complete genomes

    A. Taneda

    Bioinformatics   2004年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

▼全件表示

受賞

  • 日本遺伝学会第84回大会 Best Paper賞

    2013年01月

担当授業科目(学内)

  • 2018年度年度,コンピュータ基礎,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,生体生命情報学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,科学技術英語,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,電子情報工学実験Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,電子情報工学最先端,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,電子情報工学演習A,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,電子情報工学演習B,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,電子情報工学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,電子情報工学実験Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,電磁気学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,情報Ⅰ,21世紀教育科目

  • 2014年度年度,コンピューティング,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,プログラミング応用Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,情報工学最先端B,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,電子情報工学全体講義,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,電子情報工学大系,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,電子情報工学実験Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,電子情報工学演習A,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,電子情報工学演習B,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2013年度年度,情報Ⅰ,21世紀教育科目

  • 2013年度年度,コンピューティング,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,プログラミング応用Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,情報工学最先端B,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,電子情報工学全体講義,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,電子情報工学大系,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,電子情報工学実験Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,電子情報工学演習A,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,電子情報工学演習B,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,電子情報工学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,電磁気学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,情報Ⅰ,21世紀教育科目

  • 2012年度年度,コンピューティング,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,プログラミング応用Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,人工知能,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,情報工学最先端B,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,電子情報工学全体講義,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,電子情報工学大系,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,電子情報工学実験Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,電子情報工学演習A,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,電子情報工学演習B,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,電子情報工学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,電磁気学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,電子情報工学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,コンピューティング,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,プログラミング応用Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,人工知能,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,電子情報工学大系,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,電子情報工学実験Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,電子情報工学実験Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,電子情報工学実験Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,電子情報工学実験Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,電子情報工学研修Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,電子情報工学研修Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,電磁気学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,ソフトコンピューティング特論,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,情報と職業,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,数物演習,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,電子回路演習,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,電子情報システム工学研修I,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,電子情報システム工学研修II,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,電子情報工学大系,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,電子情報工学実験II,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,ソフトコンピューティング特論,修士課程・博士前期課程

▼全件表示