基本情報

写真a

前多 隼人

MAEDA HAYATO


職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://nature.cc.hirosaki-u.ac.jp/public/hayato-maeda/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 水産科学

  • 水産科学

  • 水産学

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会

  • 日本油化学会

  • 日本栄養・食糧学会

  • 日本水産学会

  • 日本食品科学工学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 食品科学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    肥満、糖尿病、海藻、カロテノイド、脂質

    (研究概要)

    「食品化学」、「栄養化学」、「脂質化学」
    ・生活習慣病を予防・改善する食品素材の探索
    ・フコキサンチンによる抗肥満作用

    (協力できる内容)

    食品と健康についての調査

    (PR)

    食品中に含まれる肥満や糖尿病の予防に役立つ成分の、研究や調査についてご相談を承ります。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Fucoxanthin induces apoptosis and enhances the antiproliferative effect of the PPARg ligand, troglitazone, on colon cancer cells. ,Biochimica et biophysica acta,1675巻 1-3号 (頁 113 ~ 119) ,2004年11月,Hosokawa M, Kudo M, Maeda H, Kohno H, Tanaka T, Miyashita K

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 英語,Fucoxanthin from edible seaweed, Undaria pinnatifida, shows antiobesity effect through UCP1 expression in white adipose tissues.,Biochemical and biophysical research communications,332巻 2号 (頁 392 ~ 397) ,2005年07月,Maeda H, Hosokawa M, Sashima T, Funayama K, Miyashita K

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 英語,Fucoxanthin and its metabolite, fucoxanthinol, suppress adipocyte differentiation in 3T3-L1 cells.,International journal of molecular medicine,18巻 1号 (頁 147 ~ 152) ,2006年07月,Maeda H, Hosokawa M, Sashima T, Takahashi N, Kawada T, Miyashita K

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 英語,Fucoxanthin and fucoxanthinol enhance the amount of docosahexaenoic acid in the liver of KKAy obese/diabetic mice.,Journal of agricultural and food chemistry,55巻 13号 (頁 5025 ~ 5029) ,2007年06月,Tsukui T, Konno K, Hosokawa M, Maeda H, Sashima T, Miyashita K

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 英語,Dietary combination of fucoxanthin and fish oil attenuates the weight gain of white adipose tissue and decreases blood glucose in obese/diabetic KK-Ay mice.,Journal of agricultural and food chemistry,55巻 19号 (頁 7701 ~ 7706) ,2007年09月,Maeda H, Hosokawa M, Sashima T, Miyashita K

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Functional Foods and Health,ACS Press,2008年08月,Maeda H, Hosokawa M, Sashima T, Takahashi N, Miyashita K.

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Biocatalysis and Bioenergy,John Wiley & Sons Inc.,2008年08月,Narayan B, Kumar C S, Sashima T, Maeda H, Hosokawa M, Miyashita K.

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,カロテノイドの科学と最新応用技術 2-12章 アレンカロテノイドの機能性,シーエムシー出版,2009年10月,前多隼人, 細川雅史

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Functional ingredients from algae for foods and nutraceuticals,Woodhead Publishing,2012年09月,Hayato Maeda

    単行本(学術書),chapter13 Anti-obesity and anti-diabetic activities of algae,単著

  • 日本語,基礎食品分析実験 ,文教出版,2013年03月,前多隼人

    教科書,第8章色素の分析,共著

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,海藻由来フコキサンチンの脂肪細胞に対する分化調整機能と抗肥満効果,光琳,食品工業,48巻 8号 (頁 68 ~ 74) ,2004年01月,前多隼人, 細川雅史, 宮下和夫

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,内臓脂肪蓄積と食品機能成分:特にフコキサンチンについて,フジメディカル出版,Functional Food,1巻 2号 (頁 159 ~ 165) ,2008年01月,前多隼人, 細川雅史, 宮下和夫

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,機能性食品素材としての雑海藻の高度利用,食品資材研究会,ニューフードインダストリー,52巻 4号 (頁 33 ~ 40) ,2010年04月,前多隼人, 東小太郎

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,クロモジ精油の生理機能,フレグランスジャーナル社,Aroma Research,47巻 12号 (頁 244 ~ 245) ,2011年08月,前多隼人, 片方陽太郎

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,パプリカ色素による脂質代謝調節作用,食品資材研究会,New Food Industry,54巻 1号 (頁 24 ~ 30) ,2012年01月,前多隼人, 斉藤修一, 阿部美菜子, 中村望, 片方陽太郎

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第7回マリンバイオテクノロジー学会大会 ポスター発表優秀賞,2004年06月18日

  • 2004年函館アカデミックフォーラム 産学連携「クリエイティブネットワーク」会長賞,2004年11月12日

  • Hokkaido University 21st Century COE Program Marine Bio-Manipulation Frontier for Food Production Toward Advanced and Safe Use of Aquatic Organisms The Second International Symposium Marine Resources as Functional and Therapeutic Agents Good poster award,2005年05月25日

  • 2005年函館アカデミックフォーラム みぞぐち事業株式会社賞,2005年10月01日

  • WCOS2012 Outstanding Poster Presentation Award,2012年10月04日

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,化学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2016年度,化学の基礎D,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,専門英語Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,生物資源学演習Ⅰ ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,食品保健機能学,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • ひろさき産学官連携フォーラム平成20年度第9回講演会 学術国際振興基金助成事業に係る公開発表会,2009年03月

  • 平成21年度弘前産学官連携フォーラム第2回講演会,2009年07月

  • 農学生命科学部公開講座「食と健康・不健康」,2009年10月

  • 海産資源(ナマコ)を使った新商品に関する研修会  ナマコの機能性を活かした商品開発について ,2009年10月

  • 研究成果報告会 「大間産ツルアラメに含まれる栄養機能成分の季節変化」,2010年05月

全件表示 >>