基本情報

写真a

髙安 忍

TAKAYASU SHINOBU


取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内分泌学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 内分泌学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Involvement of Nurr-1/Nur77 in corticotropin-releasing factor/urocortin1-induced tyrosinase-related protein 1 gene transcription in human melanoma HMV-II cells.,Molecular and Cellular Endocrinology,2013年05月,2. Y. Watanuki, S. Takayasu, K. Kageyama, Y. Iwasaki, S. Sakihara, K. Terui, T. Nigawara, T. Suda

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Mutations in NFKB2 and potential genetic heterogeneity in patients with DAVID syndrome, having variable endocrine and immune deficiencies.,BMC medical genetics,15巻 (頁 139) ,2014年,Thierry Brue, Marie-Hélène Quentien, Konstantin Khetchoumian, Marco Bensa, José-Mario Capo-Chichi, Brigitte Delemer, Aurelio Balsalobre, Christina Nassif, Dimitris T Papadimitriou, Anne Pagnier, Caroline Hasselmann, Lysanne Patry, Jeremy Schwartzentruber, Pierre-François Souchon, Shinobu Takayasu, Alain Enjalbert, Guy Van Vliet, Jacek Majewski, Jacques Drouin, Mark E Samuels

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Ultraviolet B radiation-stimulated urocortin 1 is involved in tyrosinase-related protein 1 production in human melanoma HMV-II cells.,Peptides,61巻 (頁 93 ~ 97) ,2014年11月,Yutaka Watanuki, Kazunori Kageyama, Shinobu Takayasu, Yasushi Matsuzaki, Yasumasa Iwasaki, Makoto Daimon

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Inhibitory effects of trichostatin A on adrenocorticotropic hormone production and proliferation of corticotroph tumor AtT-20 cells.,Endocrine journal,62巻 12号 (頁 1083 ~ 1090) ,2015年12月,Yuki Nakada, Kazunori Kageyama, Aya Sugiyama, Rie Desaki, Shinobu Takayasu, Kanako Niioka, Shingo Murasawa, Noriko Ishigame, Yuko Asari, Yasumasa Iwasaki, Makoto Daimon

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,The Cables1 Gene in Glucocorticoid Regulation of Pituitary Corticotrope Growth and Cushing Disease.,The Journal of clinical endocrinology and metabolism,101巻 2号 (頁 513 ~ 522) ,2016年02月,Audrey Roussel-Gervais, Catherine Couture, David Langlais, Shinobu Takayasu, Aurelio Balsalobre, Bo R Rueda, Lawrence R Zukerberg, Dominique Figarella-Branger, Thierry Brue, Jacques Drouin

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,レビューブック内科・外科2020-2021,メディックメディア,2019年05月,髙安 忍

    その他,単著

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,内分泌腺腫瘍(第2 版) 基礎・臨床研究のアップデート  III.間脳・下垂体腫瘍,日本臨牀,78巻 4号 (頁 123 ~ 130) ,2020年,髙安 忍, 蔭山 和則, 大門 眞

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,QBオンラインCBT内分泌解説,QBオンラインCBT,2020年09月,髙安 忍

    総説・解説(商業誌),単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本神経内分泌学会第3回若手研究奨励賞,2003年09月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度,BSL,専門教育科目(学部)

  • 2020年度,内分泌学講義 甲状腺疾患、カルシウム代謝異常、電解質異常、クッシング症候群,専門教育科目(学部)