Updated on 2022/01/04

写真a

 
KOBAYASHI Tadashi
 
Affiliation
Division of Medical Science Clinical Medicine Section
Full-time staff
University Hospital General Medicine
External link

Degree

  • M.D, Ph.D

Research Areas

  • Life Science / Medical systems

  • Life Science / Medical management and medical sociology

  • Life Science / Pathophysiologic neuroscience

  • Life Science / Anatomy

  • Life Science / Rehabilitation science

  • Humanities & Social Sciences / Area studies

  • Life Science / Gerontological nursing and community health nursing

  • Humanities & Social Sciences / Education

  • Others / Others

▼display all

Professional Memberships

  • JAPANESE SOCIETY OF HOSPITAL GENERAL MEDICINE

  • Intellectual Property Association of Japan

  • 日本老年医学会

  • The Japanese Association of Anatomists

  • Japanese Non-surgical Orthopedics(JNOS)

  • American Institute of Ultrasound in Medicine (AIUM)

  • Intellectual Property Management Professionals Association

  • Japan Medical Association

  • Japan Primary Care Association

  • 国際パフォーマンス学会

▼display all

Papers

  • Effects of interfascial injection of bicarbonated Ringer's solution, physiological saline and local anesthetic under ultrasonography for myofascial pain syndrome -Two prospective, randomized, double-blinded trials-

    Tadashi Kobayashi, Hiroaki Kimura, Noriyuki Ozaki

    Journal of the Juzen Medical Society   125 ( 2 )   40 - 49   2016.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Doctoral thesis   Kind of work:Joint Work  

  • Diagnostic accuracy of pocket-sized ultrasound for aspiration pneumonia in elderly patients without heart failure: A prospective observational study

    Yamanaka H, Maita H, Kobayashi T, Akimoto T, Osawa H, Kato H

    Geriatrics & Gerontology International.   21 ( 12 )   1118 - 1124   2021.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Severe edema and blood blisters of the lower extremities caused by sitagliptin, a dipeptidyl peptidase-4 inhibitor

    Maita H, Kobayashi T, Akimoto, Osawa H, Kato H

    Journal of General and Family Medicine.   2021.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • A case of Raynaud's phenomenon of toes induced by whole-body warm stimulation

    77. Akimoto T, Kobayashi T, Maita H, Osawa H, Kato H

    Journal of General and Family Medicine.   2021.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • A case of juvenile myoclonic epilepsy in which a disease-specific question led to the diagnosis

    Maita H, Kobayashi T, Akimoto, Osawa H, Kato H

    Journal of General and Family Medicine.   2021.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Diagnostic Value of Thick-Slice Head Computed Tomography for Cerebellar Peduncle Infarction: A Case Report

    2021.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • An undiagnosed patient with skin rash, polyarthritis, and edema responding to low-dose colchicine: A case report

    Hiroki Maita, Tadashi Kobayashi, Takashi Akimoto, Hiroshi Osawa, Keisuke Hasui, Hiroyuki Kato

    SAGE Open Medical Case Reports   9   2050313X211024508   2021.6

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Non-episodic angioedema with eosinophilia undetected by an automated hematology analyzer

    3 ( 4 )   136 - 140   2021.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • A 10-year undiagnosed medication overuse headache in a 31-year-old man complaining of ice-cream headache-like symptoms p

    140 - 144   2020.11

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Expansion of 1 mL solution by ultrasound-guided injection between the trapezius and rhomboid muscle: a cadaver study

    Hiroaki Kimura, MD, Tadashi Kobayashi, MD, PhD, Yoshihiro Zenita, Ayato Kurosawa, Shin Aizawa, MD, PhD

    Pain medicine   2020.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Initial assessment of femoral proximal fracture and acute hip arthritis using pocket-sized ultrasound: a prospective observational study in a primary care setting in Japan.

    Takashi Akimoto, Tadashi Kobayashi, Hiroki Maita, Hiroshi Osawa, Hiroyuki Kato

    BMC musculoskeletal disorders   291 ( 21 )   291 - 291   2020.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

    PubMed

    researchmap

  • Vertebral compression fracture with upper lumbar radiculopathy without spinous process tenderness: A case report

    Akimoto T, Kobayashi T, Maita H, Osawa H, Kato H

    Journal of Hospital General Medicine   2020.4

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Factors associated with seasonal influenza self-diagnosis: a prospective observational study in Japan

    Maita H, Kobayashi T, Akimoto T, Matsuoka F, Osawa H, Kato H

    npj Primary Care Respiratory Medicine   30 ( 9 )   2020.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Vestibular migraine without headache treated with lomerizine: A 35-year-old woman undiagnosed for 10 years

    Maita H, Kobayashi T, Akimoto T, Osawa H, Kato H

    Journal: Journal of General and Family Medicine   2020.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Ultrasound-guided dry needling for abnormal fascia between the deltoid muscle and the supraspinatus tendon

    Kurosawa A, Kobayashi T, Namiki H

    Pain medicine   2019.11

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

    PubMed

    researchmap

  • Lung Ultrasound for Initial Diagnosis and Subsequent Monitoring of Aspiration Pneumonia in Elderly in Home Medical Care Setting

    Namiki H, Kobayashi T

    Gerontology and Geriatric Medicine   5   2019.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Ultrasound-guided dry needling for abnormal fascia improved chronic mandibular numbness for 6 years after orthodontic surgery

    Zenita Y, Kobayashi T

    Journal of Bodywork and Movement Therapies   22 ( 4 )   866 - 867   2018.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)   Kind of work:Joint Work  

  • Medical Ecology in Near Future of Rapidly Aging Japan: Projected Scenario

    Kobayashi T, Maita H, Kato H

    Technological Forecasting & Social Change   2018.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • The ecology of medical care on the westernmost remote island, Yonaguni Island, Japan: A cross-sectional study

    Namiki H, Kobayashi T

    PLOS ONE   13 ( 6 )   e0199871   2018.6

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

    PubMed

    researchmap

  • Self-diagnosis of seasonal influenza in a rural primary care setting in Japan: A cross sectional observational study

    Maita H, Kobayashi T, Osawa H, Kato H

    PLOS ONE   13 ( 5 )   e0197163 - 9   2018.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Long-term, low-dose of clarithromycin as a cause of community-acquired Clostridium difficile infection in a 5-year-old boy

    H Namiki, T Kobayashi

    Oxford Medical Case Reports   2018.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Seasonal influenza among children diagnosed by their guardians: A small pilot study in Japan

    Maita H, Kobayashi T, Osawa H, Kato H

    Primary Health Care Research & Development   2018.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Symptoms of Hypogonadism Caused By 5α-Reductase Inhibitors

    Hiroki Maita, Tadashi Kobayashi, Hiroshi Osawa, Takahiro Hirano, Hiroyuki Kato

    International Journal of Family & Community Medicine   1 ( 3 )   2017.11

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

    researchmap

  • Academic Start-Up Support Using Tele-Education Improved Self Esteem of a Rural General Physician

    Kobayashi T, Namiki H

    International Journal of Family & Community Medicine   1 ( 3 )   2017.11

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Intermittent Signs of Erythromelalgia Diagnosed by Smartphone Selfie

    Maita H, Kobayashi T, Osawa H, Hirano T, Kato H,

    International Journal of Family & Community Medicine   1 ( 1 )   2017.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

    researchmap

  • Challenges on Medical Front due to Individualization of Medical Equipment in Aging Developed Countries, and Proposed Solutions

    Kobayashi T, Maita H, Kato H

    BMJ Innovations   3 ( 3 )   127 - 129   2017.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • A possible new risk factor causing pneumomediastinum in a middle-aged patient: anatomical weakness in the bronchial wall

    Hirofumi Namiki, Kazuhiko Matsuno, Tadashi Kobayashi

    International Journal of Case Reports and Images   2017.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Pocket-sized Hand-held Ultrasound Devices Innovating Nursing Care: An Education System

    Namiki H, Kobayashi T, Ochiai M, Yamaguchi M

    Gekkan Shin-Iryo   ( 8 )   92 - 97   2017.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Musculoskeletal problem burden and countermeasures, on Yonaguni Island, Japan: A retrospective epidemiological study using the International Classification of Primary Care, Second Edition

    Namiki H, Kobayashi T, Sakihara E

    GEKKAN CHIIKI IGAKU   31 ( 7 )   560 - 567   2017.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • A Comparison of Opioid Prescribing Patterns in the US and Japan: Primary Care Physicians’ Attitudes and Perceptions

    Eriko Onishi, MD; Tadashi Kobayashi, MD, PhD; Eve Dexter, MS; Miguel Marino, PhD; Tetsuhiro Maeno; Richard A. Deyo, MD, MPH

    Journal of the American Board of Family Medicine   30 ( 1 )   2017.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Fracture of the Styloid Process in an Elderly Patient Caused by Rolling Over During Sleep: A Case Report

    Namiki H, Kobayashi T

    Journal of Medical cases   8 ( 2 )   61 - 62   2017.1

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Development of Pocket-sized Hand-held Ultrasound Devices Enhancing People’s Abilities and Need for Education on Them

    Tadashi Kobayashi, Hiroyuki Kato

    Journal of General and Family Medicine   17 ( 4 )   276 - 288   2016.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • An undiagnosed patient with skin rash, polyarthritis, and edema responding to low-dose colchicine: A case report.

    Maita H, Kobayashi T, Akimoto T, Osawa H, Hasui K, Kato H

    SAGE open medical case reports   9   2050313X211024508   2021

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

    PubMed

  • Factors associated with seasonal influenza self-diagnosis: a prospective observational study in Japan

    Hiroki Maita, Tadashi Kobayashi, Takashi Akimoto, Fumihiko Matsuoka, Hiroshi Osawa, Hiroyuki Kato

    npj Primary Care Respiratory Medicine   30 ( 1 )   9 - 9   2020.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

    PubMed

    researchmap

  • 歯科領域の痛みに対するエコーガイド下fasciaハイドロリリース

    木村裕明、 佐野公永、小林只、他

    DENTAL DIAMOND   11   138 - 145   2020.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • エコーガイド下fasciaハイドロリリースによる拘縮肩・腰痛の治療

    木村裕明、小林只、洞口敬、他

    Monthly Book Orthopeadics   33 ( 10 )   7 - 26   2020.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • 腰痛治療の新しいアプローチ:腰部痛に対するエコーガイド下fasciaハイドロリリース

    木村裕明,浅賀亮哉,小林 只

    書籍「長引く腰痛はこうして治せ!」   2020.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • What is fascia ? from the viewpoint of existence, language and history

    Kobayashi T

    The Journal of Clinical Sports Medicine   2020.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • Fascia とはー西洋医学と東洋医学の架け橋として

    銭田良博、須田万勢、小林只

    臨床スポーツ医学   2020.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • エコーガイド下fasciaハイドロリリースを実践するための基本.

    木村裕明、黒沢理人、小林只

    臨床スポーツ医学   2020.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • 整形内科的生活指導・総論─患者を動機づける診療技術

    小林只

    週間日本医事新報 4987号(2019/11/19発刊)   2019.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • Trial of Virtual reality education using telemedicine with 5G system

    Kimura H, Kobayashi T, Aoyama K

    2019.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • エコーガイド下刺鍼によるfasciaリリース~リスク管理から精密治療まで~

    吉村亮次, 木村裕明, 小林只

    医道の日本   77 ( 6 )   52 - 58   2018.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)   Kind of work:Joint Work  

  • Ultrasound-guided fascia release with dry needling as risk management and minimum invasive treatment

    Ryoji Yoshimura, Hiroaki Kimura, Tadashi Kobayashi

    The Japanese Journal of Acupuncture & Manual Therapies   2018.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Tele-education using Vertual Reality System

    Kimura H, Kobayashi T, Aoyama K

    Image technology & information display   2018.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • テクノロジーが普及する社会における、患者・医療者の在り方 ~時代により変わるもの、変わらないもの~

    小林只

    雑誌「在宅医療0-100」「2018年1月号:在宅医療における医療デバイスとは」   2018.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • Caution when using medical devices in home medical care ~ tele-medicine ~

    Tadashi Kobayashi, Takahiro Hirano

    Medical devices in home-care.   2018.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • 首こり症・肩こり症に対する超音波ガイド下生理食塩水注射~fasciaリリースの実際とコツ~

    木村裕明、小林只

    整形外科Surgical Technique   7 ( 5 )   486 - 592   2017.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • ポケットエコーによる看護ケア革命~スマホの如き活用とその学習方法~

    並木宏文、小林只、落合実、山口睦弘

    月刊新医療   ( 8 )   2017.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • Differential diagnosis for acute neck pain and ultrasound-guided injection therapy

    Kobayashi T, Kimura H

    Orthopaedic Surgery and Traumatology   60 ( 7 )   841 - 851   2017.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • 摂食嚥下,サルコペニアにもエコーの時代,みんなが現場で使いこなせ!.

    小林只

    治療   2016.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • ポケットエコーは聴診器の仲間・地域の味方(後編)

    小林 只

    羊土社   2 ( 2 )   471 - 474   2015.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • 新しい概念「筋膜性疼痛症候群(MPS)」 : 筋肉は痛くない!?キーワードは膜!すごワザ生理食塩水注射によるエコーガイド下筋膜リリース!! (特集 THE 整形内科) -- (整形内科に必要な知識と技能)

    小林 只, 木村 裕明

    治療   97 ( 5 )   616 - 620   2015.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • 痛みに対する新時代の薬物療法! : NSAIDsからトラムセット,リリカ,サインバルタ,そしてワンデュロを超えて (特集 THE 整形内科) -- (整形内科に必要な知識と技能)

    小林 只, 木村 裕明

    治療   97 ( 5 )   622 - 626   2015.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • 肩こり症の診断と治療 (特集 THE 整形内科) -- (よくある運動器疾患,疾病ごとの各論(診断から治療まで))

    小林 只, 木村 裕明

    治療   97 ( 5 )   698 - 701   2015.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • ポケットエコーは聴診器の仲間・地域の味方(前編)

    小林 只

    Gノート   2 ( 3 )   307 - 311   2015.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • Educational Significance of Training for Problem Oriented Medical Record after Clinical Clerkship for 6th Grade Medical Students.

    10   23 - 30   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Kind of work:Joint Work  

  • Physical examination training using a lung-sound simulator for medical students during bedside learn

    10   43 - 48   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Kind of work:Joint Work  

  • 救急医療における高齢者の終末期医療を若年者はどう考えるのか―非医学生を対象としたアンケート調査より―

    加藤博之、大沢弘、小林只

    日本救急医学会雑誌   25 ( 8 )   512   2014.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

  • すんなりわかる 実践!へき地医療を考える (特集 へき地医療を考える : 日本のへき地を支えるプライマリ・ケア医の重要性)

    小林 只

    治療   96 ( 1 )   78 - 82   2014.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Single Work  

  • 研修現場でEBMを実践しよう

    小林 只, 船越 樹, 名郷直樹

    月間レジデント   2009.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

▼display all

Books

  • Primary Care: diagnosis and solution (in Japanese)

    ( Role: Edit)

    2012.9 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 痛み探偵の事件簿

    須田万勢(著)、小林只(監)( Role: Supervisor (editorial))

    日本医事新報社  2021.10 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 2nd Edition; Fundamentals and Clinical Practice of Fascia Release Based on Anatomy, Motion, and Ultrasound (in Japanese)

    Hiroaki Kimura, Tadashi Kobayashi, Hirofumi Namiki( Role: Joint editor)

    2021.7 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book  Code for field of experts (e-Rad):Life Science / Pathophysiologic neuroscience

  • fascia, what it is and why it matters

    Kobayashi T(chief translator to Japanese), Divid Lesondak (author)( Role: Joint translator)

    Ido-No-Nippon-Sha  2020.2 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • Pocket Echo Life Support Educational series. Part 2. nasogastric tube and aspiration pneumonia (in Japanese)

    Tadashi Kobayashi( Role: Edit)

    CHUGAI-IGAKUSHA  2019.10 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • Ultrasound in the teratment of athletes

    Horaguchi T, Kimura H, Kobayashi T( Role: Contributor ,  Ultrasound-guided fascia hydrorelease)

    MEDICAL VIEW  2019.7 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • Fascia release for shoulder pain and stiffness shoulder: focusing on frozen shoulder (in Japanese)

    Kimura H, Takagi K, Namiki H, Kobayashi T( Role: Joint author)

    BUNKODO  2018.7 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • "Mutoryu" Orthopedic

    Editor:Shinji KASHIWAGUCHI, Authers: Shinichi KIKUCHI, Hiroshi MINAGAWA, Tadashi KOBAYASHI, Shinichi Yoshida, Kinshi Kato ( Role: Joint editor)

    2017.5 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book  Code for field of experts (e-Rad):Life Science / Pathophysiologic neuroscience,Life Science / Anatomy

  • Fundamentals and Clinical Practice of Fascia Release Based on Anatomy, Motion, and Ultrasound (in Japanese)

    ( Role: Joint editor)

    2017.3 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book  Code for field of experts (e-Rad):Life Science / Pathophysiologic neuroscience

  • THE SEIKEINAIKA: Non-surgical orthopedics (in Japanese)

    ( Role: Edit)

    2016.6 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • Pocket Echo Life Support Educational series. Part 1. Bladder (in Japanese)

    ( Role: Edit)

    2016.5 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • How to use Pocket sized ultrasound device in an aging society. (in Japanese)

    ( Role: Sole author)

    2013.7 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • "Mutoryu" Orthopedic (in Korean )

    Translator:Hyojun Jeong, Editors:Shinji Kashiwaguchi, Authors: Tadashi Kobayashi et al( Role: Contributor)

    MEDIANBOOK  2018.8 

     More details

    Book type:Scholarly book

  • The SEIKEINAIKA (in Korean )

    Translator:Hyojun Jeong, Editors:Yoshihiko SHRAISHI, Yuko SHIRAISHI, Hiroshi MINAGAWA, Tadashi KOBAYASHI( Role: Joint editor)

    MEDIANBOOK  2017.4 

     More details

    Book type:Scholarly book

  • 長引く腰痛はこうして治せ!(分担執筆)担当「腰痛治療の新しいアプローチ:腰部痛に対するエコーガイド下 fascia ハイドロリリース.」

    木村裕明,浅賀亮哉,小林只(著者)、村上栄一(編集)( Role: Joint author)

    日本医事新報社  2020.2 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 「特集:肩こり・腰痛・膝痛患者に対する整形内科的生活指導」週間医事新報4987号

    小林只(監修・編集)( Role: Edit)

    日本医事新報社  2019.11 

     More details

    Language:Japanese

  • 第4節 遠隔通信システムを活用したVR 遠隔医療教育の試み(スマート医療テクノロジー ~AI、ビッグデータの利活用による次世代手術システムと医療経営~)

    木村裕明,小林只,青山勝治( Role: Joint author)

    NTS株式会社  2019.10 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • みるミルできるポケットエコー 2 経鼻胃管・誤嚥性肺炎 (Pocket Echo Life Support教育シリーズ)

    小林 只, ヘルスケア人材育成協会( Role: Edit)

    中外医学社  2019.10 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

    researchmap

  • Injection therapy for neck: fascia hydrorelease

    Kimura H, Kurosawa A, Kobayashi T( Role: Contributor)

    Yodosha  2019.10 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • これから始めるスポーツエコー(分担執筆)担当「頸部,頸椎周囲への注射療法. 迷わず打てる関節注射・神経ブロック」

    木村裕明,黒沢理人,小林只(編集 後藤英之)( Role: Contributor)

    MEDICAL VIEW  2019.7 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 肩痛・拘縮肩に対するFasciaリリース (Fasciaの評価と治療)

    木村裕明, 高木恒太朗, 並木宏文, 小林 只( Role: Joint editor)

    文光堂  2018.7 

     More details

    Language:English Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 多職種で取り組む食支援: 急性期から看取りまで 僕なら私なら「こう食べていただきます!」

    古屋聡(編者)、小林只(分担執筆)( Role: Contributor ,  嚥下摂食、サルコペニアにもエコーの時代、みんなが現場で使いこなせ!)

    南山堂  2017.10 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 解剖・動作・エコーで導くFasciaリリースの基本と臨床―筋膜リリースからFasciaリリースへ (Fasciaの評価と治療)

    木村 裕明, 高木 恒太朗, 並木 宏文, 小林 只( Role: Joint editor)

    文光堂  2017.3 

     More details

    Language:English Book type:Scholarly book

    researchmap

  • THE 整形内科

    白石 吉彦, 白石 裕子, 皆川 洋至, 小林 只( Role: Joint editor)

    南山堂  2016.5 

     More details

    Language:English Book type:Scholarly book

    researchmap

  • みるミルできるポケットエコー 1 膀胱 (Pocket Echo Life Support教育シリーズ)

    ( Role: Joint author)

    中外医学社  2016.4 

     More details

    Language:English Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 特殊鍼灸テキスト

    北出 利勝, 篠原 昭二, 小林 只 他( Role: Contributor)

    医歯薬出版  2014.12 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 臨床現場でEBMを実践しよう

    名郷 直樹、南郷 栄秀、 小林 只、他( Role: Contributor)

    医学出版  2014.10 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • ポケットエコー自由自在 ホントに役立つ使い方

    小林 只, 加藤 博之( Role: Sole author)

    中外医学社  2013.7 

     More details

    Language:English Book type:Scholarly book

    researchmap

  • プライマリ・ケア‐地域医療の方法‐

    松岡史彦, 小林只( Role: Joint author)

    メディカルサイエンス社  2012.9 

     More details

    Language:English Book type:Scholarly book

    researchmap

  • よく出会う「困った」問題を解決!薬の疑問Q&A

    名郷 直樹、 南郷 栄秀、 小林 只 他( Role: Contributor)

    羊土社  2010.12 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

▼display all

Review Papers

  • 医療機器の大衆化が創出するのは、希望か?不安か?

    小林只

    日本医事新報社「炉辺閑話」   2021.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:日本医事新報社   Kind of work:Single Work  

  • 看護師によるエコーのススメ〜排便~

    畠山誠, 小林只

    アルメディアWEB   2020.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Kind of work:Joint Work  

  • 看護師によるエコーのススメ〜経鼻胃管をエコーでチェックしてみよう!〜

    並木宏文, 小林只

    アルメディアWEB   2020.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Kind of work:Joint Work  

  • 京都科学シミュレーター パンフレット(膀胱、経鼻胃管、肺炎)

    小林只

    京都科学販売冊子   2020.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Kind of work:Single Work  

  • 看護師によるエコーのススメ〜肺エコー〜

    平野貴大, 小林只

    アルメディアWEB   2020.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Kind of work:Single Work  

  • 看護師によるエコーのススメ~導入~膀胱エコー~

    小林只, 落合実

    アルメディアWEB   2020.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Kind of work:Single Work  

  • 第10回:Dr.写六最後の事件(後編)「痛み探偵の事件簿」

    須田万勢(著)、小林只(監修)

    週間日本医事新報   2020.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:日本医事新報社   Kind of work:Joint Work  

  • 第9回:Dr.写六最後の事件(前編)「痛み探偵の事件簿」

    須田万勢(著)、小林只(監修)

    週間日本医事新報   2020.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:日本医事新報社   Kind of work:Joint Work  

  • 第8回:犯人は2人「痛み探偵の事件簿」

    須田万勢(著)、小林只(監修)

    週間日本医事新報   2020.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:日本医事新報社   Kind of work:Joint Work  

  • 第7回:腱のねじれた男「痛み探偵の事件簿」

    須田万勢(著)、小林只(監修)

    週間日本医事新報   2019.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:日本医事新報社   Kind of work:Joint Work  

  • 第6回:消えた炎症「痛み探偵の事件簿」

    須田万勢(著)、小林只(監修)

    週間日本医事新報   2019.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:日本医事新報社   Kind of work:Joint Work  

  • 第5回:第二の瘢痕「痛み探偵の事件簿」

    須田万勢(著)、小林只(監修)

    週間日本医事新報   2019.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:日本医事新報社   Kind of work:Joint Work  

  • 第4回:まだらの腰痛「痛み探偵の事件簿」

    須田万勢(著)、小林只(監修)

    週間日本医事新報   2019.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:日本医事新報社   Kind of work:Joint Work  

  • 第3回:膝痛の証明 パート2「痛み探偵の事件簿」

    須田万勢(著)、小林只(監修)

    週間日本医事新報   2019.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:日本医事新報社   Kind of work:Joint Work  

  • 第2回:膝痛の証明「痛み探偵の事件簿」

    須田万勢(著)、小林只(監修)

    週間日本医事新報   2019.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:日本医事新報社   Kind of work:Joint Work  

  • 第1回:頸部痛の研究「痛み探偵の事件簿」

    須田万勢(著)、小林只(監修)

    週間日本医事新報   2019.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:日本医事新報社   Kind of work:Joint Work  

  • 総合診療医による高齢化社会対応学~医療者と住民に寄り添う医療を目指した機器開発と教育手法の構築~

    小林只, 米田博輝, 米田博輝, 穐元崇, 穐元崇, 平野貴大, 大沢弘, 加藤博之, 加藤博之, 加藤博之

    日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集   10th (Web)   2019

     More details

    Language:English   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • インフルエンザの自己診断が信頼できる患者の特徴とは?

    米田博輝, 米田博輝, 小林只, 穐元崇, 大沢弘, 加藤博之, 加藤博之, 加藤博之

    日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集   10th (Web)   2019

     More details

    Language:English   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 眼症状の確認が診断契機となったサルコイドーシスの一例~稀な疾患の診断プロセス~

    穐元崇, 穐元崇, 小林只, 米田博輝, 大沢弘, 加藤博之, 加藤博之, 加藤博之

    日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集   10th (Web)   2019

     More details

    Language:English   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 総合診療医による高齢化社会対応学~身近な医療の発展的転換を図るための機器開発と教育手法の構築~

    小林只, 米田博輝, 米田博輝, 平野貴大, 平野貴大, 穐元崇, 穐元崇, 大沢弘, 加藤博之, 加藤博之, 加藤博之

    日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集   9th   2018

     More details

    Language:English   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • シングルボードコンピュータによる医学教育を目的とした生体計測の検討

    松谷秀哉, 加藤博之, 大沢弘, 小林只, 米田博輝, 穐元崇

    医療情報学連合大会プログラム・抄録集   38th   2018

     More details

    Language:English   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 大腿骨近位部骨折に対するポケットエコーの診断精度:プライマリ・ケアにおける急性股関節部痛の初期評価

    穐元崇, 穐元崇, 小林只, 米田博輝, 米田博輝, 平野貴大, 平野貴大, 大沢弘, 加藤博之, 加藤博之, 加藤博之

    日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集   9th   2018

     More details

    Language:English   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Kind of work:Joint Work  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ポケットエコーMiruco リレーインタビュー

    小林只

    シグマックス社 ポケットエコー特設ページ   2016.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Kind of work:Single Work  

  • 摂食嚥下,サルコペニアにもエコーの時代,みんなが現場で使いこなせ! (特集 多職種で取り組む摂食嚥下障害 : 僕なら私なら「こう食べさせる!」) -- (これもぜひ知っておきたい!)

    小林 只

    治療   98 ( 6 )   868 - 873   2016.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Publisher:南山堂   Kind of work:Single Work  

    researchmap

  • なるほど! 使える! 住宅医療のお役立ちワザ(第2回)ポケットエコーは聴診器の仲間! 地域の味方!(後編)膀胱エコーはこんなことにも役立つ!

    小林 只

    Gノート   2 ( 3 )   471 - 474   2015.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Publisher:羊土社   Kind of work:Single Work  

    researchmap

  • 肩こり症の診断と治療 (特集 THE 整形内科) -- (よくある運動器疾患,疾病ごとの各論(診断から治療まで))

    小林 只, 木村 裕明

    治療   97 ( 5 )   698 - 701   2015.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Publisher:南山堂   Kind of work:Joint Work  

    researchmap

  • 新しい概念「筋膜性疼痛症候群(MPS)」 : 筋肉は痛くない!?キーワードは膜!すごワザ生理食塩水注射によるエコーガイド下筋膜リリース!! (特集 THE 整形内科) -- (整形内科に必要な知識と技能)

    小林 只, 木村 裕明

    治療   97 ( 5 )   616 - 620   2015.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Publisher:南山堂   Kind of work:Joint Work  

    researchmap

  • 痛みに対する新時代の薬物療法! : NSAIDsからトラムセット,リリカ,サインバルタ,そしてワンデュロを超えて (特集 THE 整形内科) -- (整形内科に必要な知識と技能)

    小林 只, 木村 裕明

    治療   97 ( 5 )   622 - 626   2015.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Publisher:南山堂   Kind of work:Joint Work  

    researchmap

  • なるほど! 使える! 住宅医療のお役立ちワザ(第1回)ポケットエコーは聴診器の仲間! 地域の味方!(前編)診療力100倍! 診断から判断へのパラダイムシフト!

    小林 只

    Gノート   2 ( 2 )   307 - 311   2015.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Publisher:羊土社   Kind of work:Single Work  

    researchmap

  • 誰でもできる体液管理

    小林 只

    Sonimage P3 clinical report   2014.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:コニカミノルタヘルスケア   Kind of work:Single Work  

  • Using the portable ultrasound diagnostic device, easy body fluids assesment

    小林 只

    Sonimage P3 clinical report   2014.11

     More details

    Language:English   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Kind of work:Single Work  

  • すんなりわかる 実践!へき地医療を考える (特集 へき地医療を考える : 日本のへき地を支えるプライマリ・ケア医の重要性)

    小林 只

    治療   96 ( 1 )   78 - 82   2014.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Publisher:南山堂   Kind of work:Single Work  

    researchmap

  • 地域を駆け抜けるポケットエコー新時代 ~あなたのワークフローが変わっていく~

    小林 只

    SeeMore Info. Special version. Doctor’s Guide   2013.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Kind of work:Single Work  

▼display all

Works

  • 患者シミュレーターを基盤とした医療分野のシミュレーション教育支援サービス

    2020.4

     More details

    Work type:Artistic work  

  • エコー基礎学習用シミュレーター

    2020.4

     More details

    Work type:Educational material  

  • エコーガイド下腹部触診シミュレーター

    2020.3

     More details

    Work type:Educational material  

  • エコー学習用 誤嚥性肺炎シミュレーター

    2019.9

     More details

    Work type:Educational material  

  • ポケットエコー Miruco リニアプローブ(医療機器:超音波診断装置)

    2019.9

  • エコー学習用 経鼻胃管シミュレーター

    2019.9

     More details

    Work type:Educational material  

  • 介護動作学習シミュレーター「脳卒中後下肢拘縮モデル」

    2019.4

     More details

    Work type:Educational material  

  • 患者シミュレーターを基盤とした医療分野のシミュレーション教育支援サービス

    2018.4

     More details

    Work type:Educational material  

  • エコー学習用 膀胱シミュレーター

    2016.4

     More details

    Work type:Educational material  

  • User interface 画面表示「ポケットエコー Miruco (医療機器:超音波診断装置)」

    2016.4

  • ポケットエコー Miruco (医療機器:超音波診断装置)

    2016.4

▼display all

Awards

  • 2019 Reviewer certificate awards of journal of ultrasound in medicine (AIUM)

    2020.02

  • 2018 Reviewer certificate awards of journal of ultrasound in medicine (AIUM)

    2019.06

  • 第31回地域保健医療に関する研究奨励賞

    2018.05

Social Activities

  • 第2回日本ファシア会議で講演「発痛源はファシアか神経か~構造と機能の言葉で整理する~」

    2021.11.28

  • 第2回日本ファシア会議で座長「術後痛に対する新しい治療法」

    2021.11.28

  • 第2回日本ファシア会議で座長「Fascia(ファシア)の変化を知り婦人科手術に活かす」

    2021.11.28

  • 第2回日本ファシア会議で座長「ファシアリリースを考えた眼瞼下垂症手術」

    2021.11.28

  • 第2回日本ファシア会議で座長「Fasciaに注目した手術療法を考える- 整形外科手術後の関節可動域制限の因子」

    2021.11.28

  • 第2回日本ファシア会議で座長「Fasciaに注目した手術療法を考える ―前立腺全摘術を通した“膜”認識の検討:筋膜とfasciaの間で―」

    2021.11.28

  • 第4回日本整形内科学研究会学術集会で教育講演「治療手技の標準化と差別化~知財戦略とブランディング~」

    2021.11.27

  • 令和3年度弘前大学研究不正防止講演会で講演「オンラインだから気をつけたい学会発表の落とし穴~個人情報・著作権・安全保障貿易管理~」

    2021.10.27

  • 第39回JNOSウェビナー「痛み探偵の事件簿~炎症性疾患とファシア~」で座長

    2021.10.23

  • 第38回JNOSウェビナー「医療広告ガイドラインと景品表示法」で座長

    2021.10.09

  • 第36回JNOSウェビナー「抄録の作り方、ブラッシュアップの技術~症例報告、学会発表、講演に共通の”型”を学ぶ」で座長

    2021.09.11

  • 第40回関東甲信越ブロック理学療法士学会教育講演「変⾰する社会が求める理学療法⼠の”専⾨性” ~変りゆく⾔葉・診療技術・連携・テクノロジー、変わらない思い」

    2021.09.04 - 2021.09.07

  • 第35回JNOSウェビナー「英語が苦手な人の英語論文の読み方」で座長

    2021.08.28

  • 第33回JNOSウェビナー「第4回 メタファシリテ-ション・事実質問法~多職種実践・症例~」で座長

    2021.07.24

  • 第32回JNOSウェビナー「fasciaリリースの基本と臨床~ハイドロリリースのすべて~第2版 ①~総論:fasciaとハイドロリリースの歴史、症例提示」で講師・座長

    2021.07.10

  • 第29回JNOSウェビナー「利用規約の読み方・実践編 ~気になるサービスを一緒にチェックしてみよう~」で講師

    2021.05

  • 第26回JNOSウェビナー「解剖イラストの作図技法① JNOSのオリジナル画像頒布について」で座長

    2021.04

  • 第2回運動器超音波理学療法フォーラムで講演「超音波所見と機能解剖から腰部痛・下肢痛を考える~fasciaとハイドロリリースの位置づけ~」

    2021.03

  • 第23回JNOSウェビナー「肘外側部痛症候群へのエコーガイド下fasciaハイドロリリース~応用編②~」で座長および講演・実演

    2021.02

  • 第24回JNOSウェビナー「第3回メタファシリテ-ション・事実質問法~症例ディスカッション」で座長

    2021.02

  • 第22回JNOSウェビナー「第2回メタファシリテ-ション・事実質問法~患者の行動変容・整形内科的生活指導」で座長

    2021.02

  • 第21回JNOSウェビナー「肘外側部痛症候群へのエコーガイド下fasciaハイドロリリース~応用編①~」で座長

    2021.01

  • 第19回JNOSウェビナー「第1回メタファシリテ-ション・事実質問法~診断編」で座長

    2020.12

  • メディア掲載:innavinet 「地域医療におけるポケットエコーの在り方に関するオンラインプレスセミナー」

    2020.12

  • 日本整形内科学研究会第3回学術集会で座長「痛みとは-痛みの定義2020-」

    2020.11

  • プレスセミナーで講演「メディカルデバイスの大衆化が拓く地域医療の未来~近未来の医療環境を見据えたモノづくり・コトづくり~」

    2020.11

  • 日本整形内科学研究会第3回学術集会で座長「著作権を意識した解剖イラスト作成技術」

    2020.11

  • 日本整形内科学研究会第3回学術集会で座長「リハビリテーションおよび鍼灸臨床現場における整形内科教育」

    2020.11

  • 日本整形内科学研究会第3回学術集会で座長「若手医師に対する整形内科教育」

    2020.11

  • 日本整形内科学研究会第3回学術集会で座長「総合診療における整形内科学」

    2020.11

  • 第1回日本ファシア会議で講演「Fasciaに対する実態・言語・歴史」

    2020.11

  • 第15回JNOSウェビナー「ファシアを含めた運動器の基礎と運動効果」で座長

    2020.10

  • 第12回JNOSウェビナー「第3回 オンラインセミナーおよび研究発表のための資料作成術 実践編~著作物のライセンス検索技術、著作物性に応じたリライト技術を中心に~」で講演

    2020.08

  • 第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 in 京都で座長超音波ハンズオン Point of Care(整形内科) 「整形内科診療を始めよ う! 学ぼう! 教えよう!」

    2020.08

  • 第10回JNOSウェビナー「オンラインセミナーおよび研究発表のための資料作成術~肖像権・個人情報、産業財産権、安全保障貿易管理~」で講演

    2020.07

  • [Web講演会] LIVEディスカッション ポケットエコーで診る今注目の肺エコー~在宅医療での実用性に迫る~

    2020.07

  • 第8回JNOSウェビナー「オンラインセミナーおよび研究発表のための資料作成術~著作物・肖像権・個人情報を中心に(総論)」で講演

    2020.06

  • 第4回JNOSウェビナー「頚肩部 ④」で実技講演

    2020.05

  • 第6回JNOSウェビナー「Angiosomeを活用した発痛源評価と治療 ②~症例2-4~」で座長

    2020.05

  • 第5回JNOSウェビナー「Angiosomeを活用した発痛源評価と治療 ①~総論、症例1~」で座長

    2020.05

  • 第3回JNOSウェビナー「頚肩部 ③」で実技講演

    2020.04

  • 第2回JNOSウェビナー「頚肩部 ②」で実技講演

    2020.04

  • 令和元年度第3回 青森県立中央病院総合医育成臨床研修会で講演「エコーは第2の聴診器~医師も看護師も手軽に活用する時代~」

    2020.03

  • 第1回JNOSウェビナー「頚肩部 ①」で実技後援

    2020.03

  • 一般社団法人日本整形内科学研究会 第1回 エキスパートセミナー ii 群馬

    2020.02

  • 第68回 日大スポーツ医学勉強会で講演「看護領域におけるエコーの活用未来(ミニワークショップを含む)」

    2020.01

  • 第68回 日大スポーツ医学勉強会で講演「エコー×ファシア×自律神経×インフォームドコンセントが不定愁訴を紐解く ~”むち打ち症”を例に~」

    2020.01

  • 第17回神楽坂スポーツ医学セミナーin Tokyoで講演「エコーとファシアで再考する診断と治療 ~発痛源と悪化因子の評価と介入~」

    2019.12

  • 一般社団法人日本整形内科学研究会 第2回全国学術集会でアドバンスセミナー 膝 講師

    2019.12

  • New classification criteria of facial pain syndrome(FPS)and its injection technique of Hydrorelease compared to hydrodissection

    2019.11

  • 一般社団法人日本整形内科学研究会 第2回全国学術集会で座長「外科医にとっての新しいFascia像~高精細内視鏡による近接拡大視から見えてきた生体組織~」

    2019.11

  • 大江戸運動器エコー研究会で講演「ファシア総論」

    2019.10

  • 大江戸運動器エコー研究会で実技デモ

    2019.10

  • 大江戸運動器エコー研究会で講演「肩の多角的治療のための全身評価から局所診断、そして精密治療に至る診察プロセス~胸郭前面(鎖骨・肋骨・胸骨・剣状突起)を例に~」

    2019.10

  • 一般社団法人日本整形内科学研究会 関東ブロック地方会「Carla Stecco先生特別講演」の座長および企画運営

    2019.08 - 2019.09

  • 第8回野球肘研究会夏合宿 in 仙台で講演「Fasciaとエコー下Hydroreleaseで再考する疼痛診療~歴史・基礎研究・臨床応用」

    2019.08

  • 第28回青森県医師臨床研修対策協議会医師臨床研修指導医ワークショップ タスクフォース

    2019.08

  • 一般社団法人日本整形内科学研究会 北海道東北ブロック 2019年裏磐梯エコーキャンプで講演「むち打ち症の評価・治療」

    2019.07 - 2019.09

  • 第13回日本肩関節理学療法研究会で講演「fasciaとエコーガイド下ハイドロリリースの歴史・基礎・臨床」

    2019.07

  • 第13回日本肩関節理学療法研究会で実技講演「エコーとファシアで再考する疼痛診療~発痛源(肩)と悪化因子(全身)」

    2019.07

  • 一般社団法人日本整形内科学研究会 九州ブロック 第3回研修会で実技講演「疼痛・自律神経症状治療のネクストステージ」

    2019.06

  • 無刀流整形外科セミナー in 東京で座長

    2019.06

  • 一般社団法人日本整形内科学研究会 九州ブロック 第3回研修会でハンズオンセミナー講師「発痛源のための、問診・身体評価の徹底トレーニング講座」

    2019.06

  • 2019年06月 無刀流整形外科セミナー in 東京で講演「fascia総論」

    2019.06

  • 第10回日本プライマリ・ケア連合学会でシンポジウムの企画で講演「テクノロジーと地域社会の節度ある融合を目指して~機器開発・現場運用・プラットフォーム形成~」

    2019.05

  • 歯科機能構成研究会で実技講演「口腔機能・顎関節と筋膜性疼痛」

    2019.05

  • 第10回日本プライマリ・ケア連合学会で企画・座長「考え・感情・事実を聞き分ける”事実質問”の手引き」

    2019.05

  • 第10回日本プライマリ・ケア連合学会で企画・座長「プライマリ・ケアにおける運動器診療ブラッシュアップ:若手総合診療医による”整形内科”の学習・実践」

    2019.05

  • 永野整形外科クリニック10周年記念 実技講演会「エコーと臨床」

    2019.04

  • 永野整形外科クリニック10周年記念 実技講演会「事実質問とメタファシリテーションの活用」

    2019.04

  • 第9回日本プライマリ・ケア連合学会 東北支部学術集会の企画運営

    2019.03 - 2019.09

  • エコーセミナー in 横浜市青葉区で実技講演「運動器の描出基礎とエコーの応用~総合診療医の立場から~」

    2019.03

  • 一般社団法人日本整形内科学研究会 関東・東海ブロック 第1回研修会で座長「シンポジウム・実技講演:腰殿部痛」

    2019.03

  • 平成30年度青森県立中央病院総合医育成臨床研修会で講演「運動器超音波診療 導入編」

    2019.03

  • 第5回 青森県総合診療医育成フォーラムで「青森県に求められる遠隔医療の在り方~大間病院における実証研究を経て~」の座長と実演

    2019.02

  • 第67回 日大スポーツ医学勉強会で講演「適切な「ことば使い」とは?ー法令☓倫理☓職種で整理する運動器エコーとFasciaの扱い方ー」

    2019.01

  • RUSI & JNOS 関西・中国四国ブロック 第1回研修 ワークショップ 運動器エコーハンズオン(頚部 ・膝 ・足) 講師

    2019.01

  • 第1回日本整形内科学研究会全国学術大会アドバンスドセミナー「肩」の講師

    2018.11

  • 第1回日本整形内科学研究会全国学術大会で講演「Fasciaに係る医学用語~ICD11と解剖用語制定の報告~」

    2018.11

  • 第1回日本整形内科学研究会全国学術大会で講演「医療広告ガイドラインと社会的誠実性のある振舞いとは」

    2018.11

  • 第43回日本足の外科学会学術集会のシンポジウム「⾜部・⾜関節疾患に対する超⾳波診療」で講演「総合診療における超音波の使い方~総合診療医が足を診るとき~」

    2018.11

  • 第26回青森県医師臨床研修対策協議会医師臨床研修指導医ワークショップ タスクフォース

    2018.08

  • 日本ペインクリニック学会 第52回大会で共同講演「Fasciaリリース(Pros and Cons)」

    2018.07

  • シグマックス社で講演「近未来の医療環境 Up to date」

    2018.06

  • 第9回日本プライマリ・ケア連合学会で教育講演:運動器疼痛に対する整形内科的生活指導~患者を動機づける診療技術~

    2018.06

  • 第4回青森県総合診療医育成フォーラム・パネルディスカッション「青森県に求められる遠隔医療の在り方を考える~へき地で遠隔医療を有効活用している先進地域の視察を通じて~」で発表:「大きな自治体としての離島で行われている遠隔医療:飛島(酒田市)」

    2018.03

  • 第4回青森県総合診療医育成フォーラムで講演「共同して行う介護体験が拓く多職種連携の近未来~期待される総合診療医の参加~」

    2018.03

  • 第4回青森県総合診療医育成フォーラムでハンズオンセッション講師「弘前大学総合診療部開発の新型片麻痺拘縮シミュレータによる介護体験を通じて多職種の絆を深めよう!」

    2018.03

  • 筋膜性疼痛症候群研究会アドバンスセミナー in 群馬 の講師アドバイザー「肩関節の発痛源評価を目的とした動作分析&臨床的触診&超音波エコーハンズオン ~関節包・QLS(Quadrilateral space:四辺形腋窩隙)を中心にしたFasciaの必要な臨床スキルの獲得~」

    2018.03

  • 津軽運動器リハビリテーション研究会 2月研修会の講師補佐「膝関節部の触診とエコー」

    2018.02

  • 筋膜性疼痛症候群研究会ベーシックセミナー in 奈良 の講師アドバイザー「膝関節の発痛源評価を目的とした動作分析&臨床的触診&超音波エコーハンズオン」

    2018.02

  • 平成29年度青森県立中央病院総合医育成臨床研修会で講演「1人1台 エコーは第2の聴診器~大衆医療機器となったエコー~」

    2018.02

  • Ultrasound-guided Injection with Physiological Saline (Fascia Hydrorelease): From the past through the present to the future

    2018.02

  • 津軽運動器リハビリテーション研究会 12月研修会講師「事実質問〜その質問は事実をとらえているかinリハビリ版〜」

    2017.12

  • なかざわスポーツクリニックにて講師「リハビリスタッフが活用するエコー講座(肩編)」

    2017.12

  • 筋膜性疼痛症候群研究会ベーシックセミナー in 名古屋 の講師アドバイザー「腰殿部痛の発痛源評価と治療」

    2017.12

  • 第8回日本仙腸関節研究会で実技講演:Fasciaで整理する腰痛診療のポイント~解剖・動き・エコーによる診断・治療技術の標準化と発展を目指して~

    2017.11

  • 津軽運動器リハビリテーション研究会 11月研修会講師「肩部」

    2017.11

  • 一般社団法人日本鍼灸協会(JAU)にて実技講演「鍼治療の適応評価:神経診察・レッドフラッグ等」

    2017.11

  • 第7回リハビリテーション栄養学会 in 仙台で教育講演:嚥下・リハビリ領域におけるエコーの臨床・研究における展望

    2017.11

  • 第7回リハビリテーション栄養学会 in 仙台でハンズオンセミナー講師:嚥下・リハビリのためのエコー活用体験

    2017.11

  • 第6回PC学会関東支部会学術集会で実技講演:ポケットエコーMirucoによるPELSセミナー体験版~膀胱・体液管理(看護師対象)~

    2017.11

  • 第6回PC学会関東支部会学術集会で実技講演:1人1台エコーは第2の聴診器(医師対象)

    2017.11

  • 第31回地域医学研究会 地域医療振興協会静岡県支部にて実技講演会:プライマリ・ケア☓運動器疼痛☓エコー☓Fasciaリリース注射(医師対象)

    2017.11

  • 第31回地域医学研究会 地域医療振興協会静岡県支部にて実技講演会:看護師のためのポケットエコーセミナー~Mirucoと体液評価~

    2017.11

  • 第20回筋膜性疼痛症候群研究会in福岡で講演「改正個人情報保護法による臨床・研究への影響」

    2017.10

  • 離島発!! 総合診療セミナー「THE整形内科2017」で実技講演「複雑系慢性痛の読み解き方と生活指導」

    2017.09

  • 日本シグマックス社にて講演:在宅医療におけるポケットエコーの役割とその可能性

    2017.09

  • 津軽運動器リハビリテーション研究会 8月研修会講師

    2017.08

  • 第24回青森県医師臨床研修対策協議会医師臨床研修指導医ワークショップ タスクフォース

    2017.08

  • 筋膜性疼痛症候群研究会ベーシックセミナー in 群馬 の講師アドバイザー「肩関節部の発痛源評価と治療」

    2017.08

  • ポケットエコーセミナー名古屋で実技講演「PELSセミナー体験版」

    2017.07

  • 第6回スポーツ医学ベーシックセミナー(手関節)in 名古屋で講演・座長

    2017.07

  • 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 JOSKAS in 札幌「シンポジウム 7変革するスポーツ診療 超音波診断装置の威力」で「超音波を用いた腰痛管理」で講演

    2017.06

  • 第19回筋膜性疼痛症候群研究会で講演「改正個人情報保護法による臨床・研究への影響」

    2017.06

  • 臨床研修医セミナー 青森県内臨床研修病院合同説明会

    2017.06

  • 第19回筋膜性疼痛症候群研究会ベーシックセミナー腰で実技講演:腰部の発痛源評価

    2017.06

  • 津軽運動器リハビリテーション研究会 6月研修会講師

    2017.06

  • 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会でワークショップ企画:プライマリ・ケアエコー使いまくりセミナー~The 整形内科(肩こり編)~

    2017.05

  • 日本超音波医学会第90回学術集会で講演「頚肩部痛で役立つ運動器エコー」

    2017.05

  • 日本超音波医学会第90回学術集会で講演「超音波ガイド下生理食塩水注射の歴史的背景」

    2017.05

  • 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会でワークショップ企画:人工知能・IoT時代における総合診療医の役割と課題

    2017.05

  • Toward Development of Patient Care and Communication between Medical Staff, Using Method of Pocket-sized Hand-held Ultrasound for Nurses and Education of them - Pocket-Echo Life Support (PELS) educational course-

    2017.05

  • 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会でワークショップ企画:プライマリ・ケアエコー使いまくりセミナー~The 整形内科(腰痛編)~

    2017.05

  • 大塚製薬工場で講演:今後の医療環境を見据えたモノ作り

    2017.05

  • 筋膜性疼痛研究会ベーシックセミナー膝 in 群馬 で実技講演「エコーによる軟部組織の動態分析の具体的手法」

    2017.04

  • 兵庫県あんしん病院で講演会:整形内科の目指す未来~多職種協働による局所治療から生活サポートまで~

    2017.04

  • 第3回青森県総合診療医育成フォーラム:「やってみよう、PCMカンファレンス」

    2017.03

  • 第3回青森県総合診療医育成セミナーで実技講演:「ポケットエコーが広げる総合診療の世界」

    2017.03

  • 平成28年度津軽支部研修会で講師 『運動器エコー入門』

    2017.03

  • 筋膜性疼痛症候群研究会アドバンスドセミナー 「肩関節部」in 群馬 の講師アドバイザー:「関節包とQLSを中心とした発痛源評価と触診とエコーとFasciaリリース」

    2017.03

  • 琉球大学医学部附属病院 第5回在宅医療推進のための研修会で講習会:ポケットエコーで現場をもっと快適に!在宅・外来編

    2017.02

  • 奈良県永野整形外科クリニックで実技セミナー:「頚部痛と腰背部痛の評価と実践」

    2017.02

  • 日本プライマリ・ケア連合学会奈良県支部で実技セミナー:「プライマリ・ケア エコー活用講座」

    2017.02

  • 日本プライマリ・ケア連合学会九州総会沖縄支部でセミナー開催:離島から発信!若手総合診療医の歩み方と生きがいを考える

    2017.02

  • 琉球大学医学部附属病院 第5回在宅医療推進のための研修会 その3 看護師対象:在宅医療・訪問看護 そして介護でも即戦力! ポケットエコー・ライフ・サポート(PELS)in OKINAWA

    2017.02

  • 琉球大学医学部附属病院 第5回在宅医療推進のための研修会で講習会 その2 看護師対象:在宅医療・訪問看護 そして介護でも即戦力! ポケットエコー・ライフ・サポート(PELS)in OKINAWA

    2017.02

  • 地域疼痛ケア協会で基調講演:地域へ疼痛ケア技術を棚卸しする方法と社会からの期待

    2016.12

  • 第2回 大間病院セミナー:Pocket Echo Life Support 1「臨床現場のワークフローを変える!初めてでも簡単 膀胱エコー」

    2016.11

  • 第18回筋膜性疼痛症候群研究会ベーシックセミナーで実技講演:肩関節の発痛源評価

    2016.11

  • 第18回筋膜性疼痛症候群研究会で講演:Fasciaの形態と機能

    2016.11

  • 隠岐島前病院実技セミナー:THE整形内科2016

    2016.10

  • へき地勤務医師のICTを活用した遠隔学術サポート

    2016.09

  • 一般社団法人超音波鍼協会JAUのでの講演:これからの鍼灸師☓エコーに期待すること

    2016.09

  • 大間病院セミナー:Pocket Echo Life Support 1「臨床現場のワークフローを変える!初めてでも簡単 膀胱エコー」

    2016.08

  • 第5回日本リハビリテーション栄養研究会東北支部セミナーで実技講演:筋膜性疼痛とエコーからアプローチする嚥下障害と栄養リハ

    2016.08

  • 第22回青森県医師臨床研修対策協議会医師臨床研修指導医ワークショップ タスクフォース

    2016.08

  • 第6回駿河台スポーツ医学・関節鏡セミナーで実技講演:生理食塩水注射によるエコーガイド下Fasciaリリースの原理と実際~スポーツ選手の疼痛マネージメントに対する可能性~

    2016.06

  • 第7回日本プライマリ・ケア連合学会 学術大会でワークショップ企画:プライマリ・ケアエコー使いまくりセミナー~The 整形内科(肩こり・腰痛編)~

    2016.06

  • 第7回日本プライマリ・ケア連合学会 学術大会でワークショップ企画:1人1台ポケットエコーはスマホの如く(Pocket-echo life support)

    2016.06

  • 第17回筋膜性疼痛症候群研究会ベーシックセミナーで実技講演:肩関節の発痛源評価

    2016.06

  • 丸山病院で実技講演:解剖・動き・エコーによる筋・軟部組織の評価・治療から紡ぐ多職種地域連携

    2016.05

  • 日本在宅医学会 第1回地域フォーラム in 福井でワークショップ:在宅におけるポータブルエコーの活用法

    2016.04

  • 第18回ペインクリニック診断研究会で実技講演:Fasciaから再整理する軟部組織病変の診断と治療~「解剖・動き・エコー」による診断・治療技術の標準化と発展を目指して~

    2016.04

  • 2016年4月19日 東京 看護師のためのポケットエコー・ライフ・サポート教育コース

    2016.04

  • 市整会 学術集会で講演:生理食塩水注射によるエコーガイド下筋膜リリース~適応病態と筋軟部組織疼痛治療における位置づけ~

    2016.02

  • 高知諸診医会で実技講演:生食注射によるエコーガイド下Fasciaリリース~解剖・動き・エコーによる多職種連携を目指して~

    2016.01

  • 日本プライマリ・ケア連合学会山梨県支部生涯学習セミナーで実技講演:とにかく現場でエコーを使いまくろう!プライマリケアエコーセミナー!

    2016.01

  • 柴田病院公開セミナーで実技講演:fascia・解剖・エコー・動きによる技の標準化と発展

    2015.11

  • 兵庫県保険医協会新聞 2015年11月25日 :プライマリ・ケア医に伝えたいこと 〜ポケットエコー、筋膜性疼痛、機器進歩の地域への影響力〜

    2015.11

  • NHK ドクターG 医療監修

    2015.10

  • 兵庫県保険医協会 診療内容向上研究会で講演 :プライマリ・ケア医に伝えたいこと〜ポケットエコー、筋膜性疼痛、機器進歩の地域への影響力〜

    2015.10

  • 山梨市立牧丘病院で実技講演:在宅看護ケアに役立だったエコー実践

    2015.10

  • 隠岐島前病院主催 離島発!!総合診療セミナー 「THE 整形内科」

    2015.09

  • 東京大学大学院医学系研究科 老年看護学で実技講演:在宅看護ケアに役立だったエコー実践

    2015.09

  • なかざわスポーツクリニックで実技講演:解剖・動き・エコーで再整理する筋軟部組織の診断・治療

    2015.09

  • イニシアで講演:地域包括ケアシステムにより変わる医師の役割と在宅医療の姿~在宅・地域・コンビニ・サ高住・診療所・病院・企業まで~

    2015.09

  • 第5回日本プライマリ・ケア連合学会東北ブロック支部学術集会で実技講演:ポケットエコーは聴診器のみ仲間・地域の味方。診断から判断へのパラダイムシフト!

    2015.09

  • 東埼玉病院で実技講演:とねっと合同企画在宅看護ケアに役立だったエコー実践

    2015.09

  • 第19回東北ブロック医師臨床研修指導医ワークショップ

    2015.08

  • 第57回日本老年医学会で実技講演:ポケットエコー自由自在

    2015.06

  • シグマックス社で講演:在宅に向けて、看護師主導のポケットエコー活用

    2015.05

  • 日本電波工業社で講演:在宅に向けて、看護師主導のポケットエコー活用

    2015.05

  • みきやまリハビリテーション病院で講演:在宅に向けて,看護師主導のポケットエコー活用術

    2015.03

  • 沖縄ハートライフ病院で実技講演:ポケットエコーは聴診器の仲間+α(総合診療+イノベーション)

    2014.12

  • 兵庫県保険医協会で実技講演:日常診療に於ける携帯超音波診断装置の活用法

    2014.11

  • 第2回 プライマリケアエコー 使いまくりセミナーで実技講演

    2014.10

  • 武蔵国分寺公園クリニックで実技講演:ポケットエコーの診療所外来活用方法

    2014.10

  • 秋田大学医学部附属病院で講演: 筋膜性疼痛の最新知見と治療方法

    2014.10

  • セミナーレポート:日本プライマリ・ケア連合学会東北ブロック支部 第3回学術集会 「多職種連携による疼痛治療戦略~筋痛症muscle pain の診断治療~(ワークショップ)」

    2014.09

  • 第18回東北ブロック医師臨床研修指導医ワークショップ

    2014.08

  • 運動器エコーフェア in Osaka 「MPSの歴史と発展」で実技講演

    2014.07

  • 第52回 レジナビフェア2014 in東京「医学生のための臨床研修病院合同セミナー」

    2014.07

  • プライマリケアエコー 使いまくりセミナー  プライマリ・ケア行動医療学研究会主催

    2014.06

  • 第30回レジナビフェア2014 in大阪「研修医のための臨床研修病院合同セミナー」

    2014.06

  • 第25回日本在宅医療学会学術集会 イブニングセミナーレポート

    2014.05

  • 臨床研修医セミナー 青森県内臨床研修病院合同説明会

    2014.05

  • 第55回 レジナビフェア2015 in 東京「医学生のための臨床研修病院合同セミナー」

    2014.03

  • プライマリ・ケア連合学会 第9回 若手医師のための家庭医療学冬期セミナー ポケットエコーWS

    2014.02

  • 湯沢医療センターで講演:ポケットエコーの小病院での活用方法

    2014.01

  • 富山医科薬科大学で実技講演:ポケットエコーの総合病院外来・入院・在宅 活用方法

    2013.11

  • 超音波機能解剖研究会 で実技講演: 1)運動器エコー実習、2)認知行動療法から地域診断まで

    2013.06

▼display all

Media Coverage

  • PATENT INTEGRATIONでインタビュー「シーズ段階の技術開発内容をどのような企業とアライアンスを組んで事業化を進めていくのか、連携先企業の探索に活用」

    2021.04

  • 医療監修及び出演:看護師ポケットエコー[アルメディア Web]

    2020.05

  • 第124回日本解剖学会総会・学術集会(新潟)でシンポジウム「Fasciaの基礎(肉眼解剖)から臨床応用まで」のオーガナイザー・座長・講師

    2019.03

  • RUSI & JNOS 関西・中国四国ブロック 第1回研修にてシンポジウム『エコーが変える! 運動器治療の連携』座長

    2019.01

  • 第1回日本整形内科学研究会全国学術大会でシンポジウム「JNOSの未来」で座長・企画

    2018.11

  • 医療監修及び出演:ポケットエコーMiruco リレーインタビュー

    2016.08

  • 公立邑智病院で講演・セミナー:地域に生み続けるために、行政、病院がすべきこと

    2015.09

  • 看護師向けのポケットエコー教育動画 撮影

    2015.09

  • 整形外科超音波学会で講演:運動器エコーの縄張り争い~最大のライバルは誰?~

    2015.07

  • 臨床研修医セミナー 青森県内臨床研修病院合同説明会

    2015.06

  • 取材レポート:総合診療医から見たVscan dual probeの可能性と活用例

    2014.10

  • 取材レポート:森田式トリガーポイント鍼療法

    2014.10

  • 取材:東奥日報 こども新聞

    2014.08

  • 第16回日本在宅医学会大会ランチョンセミナーレポート 救急救命医が考えるポケットエコーを活用した在宅医療と病院の連携

    2014.03

  • 取材レポート:在宅医療における有効的なポケットエコー活用法

    2014.03

▼display all