2022/03/28 更新

写真a

ナガオサ カズシゲ
永長 一茂
NAGAOSA Kaz
所属
地域イノベーション学系 戦略的融合領域
専任担当
地域戦略研究所 食料科学研究部門

学位

  • 博士(薬学)

  • 修士(薬学)

研究キーワード

  • 貪食

  • 生体防御

  • アポトーシス

  • host defence

  • がん予防

研究分野

  • ライフサイエンス / 食品科学

  • ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学

  • ライフサイエンス / 泌尿器科学

  • ライフサイエンス / 機能生物化学

所属学協会

  • 日本生化学会

  • 日本がん予防学会

  • 日本薬学会

  • 日本農芸化学会

  • 日本発生生物学会

論文

  • 青森県産トラウトサーモンの輸出促進と市場評価

    福田 覚, 鈴木 宏介, 泉 ひかり, 前田 穣, 永長 一茂, 中井 雄治, 前多 隼人, 岡村 恒一, 嵯峨 直恆

    産学連携学   17 ( 2 )   113 - 125   2021年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Research

  • Role for phagocytosis in the prevention of neoplastic transformation in Drosophila

    Min Zhang, Kaz Nagaosa, Yuji Nakai, Tetsuo Yasugi, Masako Kushihiki, Dini Rahmatika, Makoto Sato, Akiko Shiratsuchi, Yoshinobu Nakanishi

    Genes to Cells   25 ( 10 )   675 - 684   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Inhibitory effects of viral infection on cancer development.

    Rahmatika, D., Kuroda, N., Min, Z., Nainu, F., Nagaosa, K., Nakanishi, Y.

    Virology   528   48 - 53   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Oral Administration of Edible Wakame Seaweed Undaria pinnatifida (Wakame) Modifies Glucose and Lipid Metabolism in Rats: A DNA Microarray Analysis.

    Yoshinaga, K., Nakai, Y., Izumi, H., Nagaosa, K., Ishijima, T., Nakano, T., Abe, K.

    Molecular Nutrition & Food Research   2018年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Signaling pathway for phagocyte priming upon encounter with apoptotic cells.

    Nonaka, S., Ando, Y., Kanetani, T., Hoshi, C., Nakai, Y., Nainu, F., Nagaosa, K., Shiratsuchi, A., and Nakanishi, Y.

    Journal of Biological Chemistry   292 ( 19 )   8059 - 8072   2017年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Peptidoglycan recognition protein-triggered induction of Escherichia coli gene in Drosophila melanogaster.

    Qingquan Kong, Yuji Nakai, Nanae Kuroda, Akiko Shiratsuchi, Kaz Nagaosa, Yoshinobu Nakanishi

    Journal of biochemistry   157 ( 6 )   507 - 517   2015年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Phosphatidylserine recognition and induction of apoptotic cell clearance by Drosophila engulfment receptor Draper.

    Tran Thanh Tung, Kaz Nagaosa, Yu Fujita, Asana Kita, Hiroki Mori, Ryo Okada, Saori Nonaka, Yoshinobu Nakanishi

    Journal of biochemistry   153 ( 5 )   483 - 491   2013年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Integrin αPS3/βν-mediated phagocytosis of apoptotic cells and bacteria in Drosophila.

    Saori Nonaka, Kaz Nagaosa, Toshinobu Mori, Akiko Shiratsuchi, Yoshinobu Nakanishi

    The Journal of biological chemistry   288 ( 15 )   10374 - 10380   2013年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Role of NPxY motif in Draper-mediated apoptotic cell clearance in Drosophila.

    Yu Fujita, Kaz Nagaosa, Akiko Shiratsuchi, Yoshinobu Nakanishi

    Drug discoveries & therapeutics   6 ( 6 )   291 - 297   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Independent recognition of Staphylococcus aureus by two receptors for phagocytosis in Drosophila.

    Akiko Shiratsuchi, Toshinobu Mori, Kenji Sakurai, Kaz Nagaosa, Kazuhisa Sekimizu, Bok Luel Lee, Yoshinobu Nakanishi

    The Journal of biological chemistry   287 ( 26 )   21663 - 21672   2012年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Apoptosis-dependent externalization and involvement in apoptotic cell clearance of DmCaBP1, an endoplasmic reticulum protein of Drosophila.

    Ryo Okada, Kaz Nagaosa, Takayuki Kuraishi, Hiroshi Nakayama, Naoko Yamamoto, Yukiko Nakagawa, Naoshi Dohmae, Akiko Shiratsuchi, Yoshinobu Nakanishi

    The Journal of biological chemistry   287 ( 5 )   3138 - 3146   2012年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Integrin βν-mediated phagocytosis of apoptotic cells in Drosophila embryos.

    Kaz Nagaosa, Ryo Okada, Saori Nonaka, Kazuki Takeuchi, Yu Fujita, Tomoyuki Miyasaka, Junko Manaka, István Ando, Yoshinobu Nakanishi

    The Journal of biological chemistry   286 ( 29 )   25770 - 25777   2011年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Phagocytic removal of cells that have become unwanted: Implications for animal development and tissue homeostasis

    Yoshinobu Nakanishi, Kaz Nagaosa, Akiko Shiratsuchi

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   53 ( 2 )   149 - 160   2011年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

    PubMed

  • Role of NPxY motif in Draper-mediated apoptotic cell clearance in Drosophila

    Yu Fujita, Kaz Nagaosa, Akiko Shiratsuchi, Yoshinobu Nakanishi

    Drug Discoveries & Therapeutics   6 ( 6 )   291 - 297   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Scopus

    PubMed

  • ショウジョウバエ胚におけるアポトーシス細胞貪食の検出

    白土明子, 永長一茂, 中西義信

    実験医学(別冊)「細胞死実験プロトコール」   169 - 174   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Pretaporter, a Drosophila protein serving as a ligand for Draper in the phagocytosis of apoptotic cells.

    Takayuki Kuraishi, Yukiko Nakagawa, Kaz Nagaosa, Yumi Hashimoto, Takashi Ishimoto, Takeshi Moki, Yu Fujita, Hiroshi Nakayama, Naoshi Dohmae, Akiko Shiratsuchi, Naoko Yamamoto, Koichi Ueda, Masamitsu Yamaguchi, Takeshi Awasaki, Yoshinobu Nakanishi

    The EMBO journal   28 ( 24 )   3868 - 3878   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Immune response to bacteria in seminiferous epithelium.

    Kaz Nagaosa, Chie Nakashima, Atsushi Kishimoto, Yoshinobu Nakanishi

    Reproduction (Cambridge, England)   137 ( 5 )   879 - 888   2009年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Immune response to bacteria in seminiferous epithelium

    Kaz Nagaosa, Chie Nakashima, Atsushi Kishimoto, Yoshinobu Nakanishi

    REPRODUCTION   137 ( 5 )   879 - 888   2009年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

  • Activator protein 1-mediated expression of monocyte chemoattractant protein 1 in cultured rat luteal cells.

    Kaz Nagaosa, Izumi Aikoshi, Yuzuru Hasegawa, Yoshinobu Nakanishi

    Molecular reproduction and development   75 ( 6 )   1077 - 1084   2008年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Activator protein 1-mediated expression of monocyte chemoattractant protein 1 in cultured rat luteal cells

    Kaz Nagaosa, Izumi Aikoshi, Yuzuru Hasegawa, Yoshinobu Nakanishi

    MOLECULAR REPRODUCTION AND DEVELOPMENT   75 ( 6 )   1077 - 1084   2008年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

  • Perturbation of spermatogenesis by androgen antagonists directly injected into seminiferous tubules of live mice.

    Kaz Nagaosa, Atsushi Kishimoto, Ryoichi Kizu, Akihisa Nakagawa, Akiko Shiratsuchi, Yoshinobu Nakanishi

    Reproduction (Cambridge, England)   133 ( 1 )   21 - 27   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Perturbation of spermatogenesis by androgen antagonists directly injected into seminiferous tubules of live mice

    Kaz Nagaosa, Atsushi Kishimoto, Ryoichi Kizu, Akihisa Nakagawa, Akiko Shiratsuchi, Yoshinobu Nakanishi

    REPRODUCTION   133 ( 1 )   21 - 27   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

  • Phosphatidylserine- and integrin-mediated phagocytosis of apoptotic luteal cells by macrophages of the rat.

    Shinya Kato, Akiko Shiratsuchi, Kaz Nagaosa, Yoshinobu Nakanishi

    Development, growth & differentiation   47 ( 3 )   153 - 161   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Phosphatidylserine- and integrin-mediated phagocytosis of apoptotic luteal cells by macrophages of the rat

    S Kato, A Shiratsuchi, K Nagaosa, Y Nakanishi

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   47 ( 3 )   153 - 161   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

  • Expression and function of class B scavenger receptor type I on both apical and basolateral sides of the plasma membrane of polarized testicular Sertoli cells of the rat.

    Akihisa Nakagawa, Kaz Nagaosa, Tomoe Hirose, Kayoko Tsuda, Kunio Hasegawa, Akiko Shiratsuchi, Yoshinobu Nakanishi

    Development, growth & differentiation   46 ( 3 )   283 - 298   2004年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Expression and function of class B scavenger receptor type I on both apical and basolateral sides of the plasma membrane of polarized testicular Sertoli cells of the rat

    A Nakagawa, K Nagaosa, T Hirose, K Tsuda, K Hasegawa, A Shiratsuchi, Y Nakanishi

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   46 ( 3 )   283 - 298   2004年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

  • Phospholipid flip-flop and phospholipid scramblase 1 (PLSCR1) co-localize to uropod rafts in formylated Met-Leu-Phe-stimulated neutrophils.

    S Courtney Frasch, Peter M Henson, Kaz Nagaosa, Michael B Fessler, Niels Borregaard, Donna L Bratton

    The Journal of biological chemistry   279 ( 17 )   17625 - 17633   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Phospholipid flip-flop and phospholipid scramblase 1 (PLSCR1) co-localize to uropod rafts in formylated Met-Leu-Phe-stimulated neutrophils

    SC Frasch, PM Henson, K Nagaosa, MB Fessler, N Borregaard, DL Bratton

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   279 ( 17 )   17625 - 17633   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

  • Concomitant induction of apoptosis and expression of monocyte chemoattractant protein-1 in cultured rat luteal cells by nuclear factor-kappaB and oxidative stress.

    Kaz Nagaosa, Akiko Shiratsuchi, Yoshinobu Nakanishi

    Development, growth & differentiation   45 ( 4 )   351 - 359   2003年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Concomitant induction of apoptosis and expression of monocyte chemoattractant protein-1 in cultured rat luteal cells by nuclear factor-kappa B and oxidative stress

    K Nagaosa, A Shiratsuchi, Y Nakanishi

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   45 ( 4 )   351 - 359   2003年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

  • Determination of Cell Type Specificity and Estrous Cycle Dependency of Monocyte Chemoattractant Protein-1 Expression in Corpora Lutea of Normally Cycling Rats in Relation to Apoptosis and Monocyte/Macrophage Accumulation1

    Kaz Nagaosa, Akiko Shiratsuchi, Yoshinobu Nakanishi

    Biology of Reproduction   67 ( 5 )   1502 - 1508   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Determination of cell type specificity and estrous cycle dependency of monocyte chemoattractant protein-1 expression in corpora lutea of normally cycling rats in relation to apoptosis and monocyte/macrophage accumulation.

    Kaz Nagaosa, Akiko Shiratsuchi, Yoshinobu Nakanishi

    Biology of reproduction   67 ( 5 )   1502 - 1508   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Phosphatidylserine binding of class B scavenger receptor type I, a phagocytosis receptor of testicular sertoli cells.

    Yuki Kawasaki, Akihisa Nakagawa, Kaz Nagaosa, Akiko Shiratsuchi, Yoshinobu Nakanishi

    The Journal of biological chemistry   277 ( 30 )   27559 - 27566   2002年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Phosphatidylserine Binding of Class B Scavenger Receptor Type I, a Phagocytosis Receptor of Testicular Sertoli Cells

    Yuki Kawasaki, Akihisa Nakagawa, Kaz Nagaosa, Akiko Shiratsuchi, Yoshinobu Nakanishi

    Journal of Biological Chemistry   277 ( 30 )   27559 - 27566   2002年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Temperature-dependent tautomer fluorescence spectra of 3’, 4’,-benzo-2’-hydroxychalcone: direct evidence for photoenolization followed by Z→ E isomerization in the singlet manifold.

    Kunihiro Tokumura, Kazushige Nagaosa, Yumi Ohta, Ryoka Matsushima

    Chemical Physics Letters   295   516 - 524   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Temperature-dependent tautomer fluorescence spectra of 3’,4’,-benzo-2’-hydroxychalcone: direct evidence for photoenolization followed by Z → E isomerization in the singlet manifold.

    CHEMICAL PHYSICS LETTERS   295 ( 5-6 )   516 - 524   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物

  • 実験医学別冊 現象を見抜き検出できる!細胞死実験プロトコール

    白土明子, 永長一茂, 中西義信( 担当: 分担執筆)

    羊土社  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

総説・短報・翻訳等

  • がん研究素材としてのショウジョウバエ

    永長一茂、白土明子

    医療人育成センター紀要   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   共著区分:共著  

  • 細胞競合と食品を利用したがん予防研究

    永長 一茂

    日本がん予防学会 News Letter   103   2 - 3   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著  

  • ショウジョウバエを用いた食品の機能性研究

    永長 一茂,中井 雄治

    日本家政学会誌   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Mechanisms and significance of phagocytic elimination of cells undergoing apoptotic death.

    Nonaka, S., Shiratsuchi, A., Nagaosa, K., Nakanishi, Y.

    Biological and Pharmaceutical Bulletin   40 ( 11 )   1819 - 1827   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 新たながん予防食品を探す

    永長一茂

    青い森きんしん経済レポート   450   1 - 1   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著  

  • 発生および生体防御における変性自己細胞の貪食の役割

    永長一茂

    化学と生物   53 ( 2 )   115 - 119   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Phagocytic removal of cells that have become unwanted: implications for animal development and tissue homeostasis.

    Nakanishi, Y., Nagaosa, K., and Shiratsuchi, A.

    Development, growth & differentiation   53   149 - 160   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 細菌分解後のマクロファージにアポトーシスが誘導される仕組みとその意義.

    永長一茂

    ファルマシア   41   900 - 901   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Mechanism of luteolysis: Phagocytosis of apoptotic luteal cells by macrophages of the rat.

    Y Nakanishi, S Kato, K Nagaosa, A Shiratsuchi

    BIOLOGY OF REPRODUCTION   202 - 202   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SOC STUDY REPRODUCTION   共著区分:単著  

    Web of Science

▼全件表示

受賞

  • JB Award 2014

    2014年10月

  • 日本生化学会北陸支部第18回支部奨励賞

    2014年05月

担当授業科目(学内)

  • 2021年度年度,食の機能・安全科学,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,食品開発科学,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,食料科学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,食の機能・安全科学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,食の機能・安全科学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,食の機能・安全科学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,食の機能・安全科学,専門教育科目(学部)

▼全件表示

社会貢献活動

  • 弘大学食料研第19回サイエンスカフェ

    2021年12月01日

  • 弘大学食料研第18回サイエンスカフェ

    2021年03月

  • 弘大学食料研第17回サイエンスカフェ

    2020年02月

  • 弘大学食料研第16回出張サイエンスカフェ

    2019年10月

  • 弘大学食料研第15回出張サイエンスカフェ in 函館

    2019年08月

  • 弘大学食料研第14回サイエンスカフェ

    2019年07月

  • 弘大学食料研第13回サイエンスカフェ

    2019年03月

  • 弘大学食料研第12回出張サイエンスカフェ

    2018年10月

  • 弘大学食料研第11回サイエンスカフェ

    2018年06月

  • 弘前大学食料科学研究所第10回サイエンスカフェ

    2018年03月

  • 弘前大学食料科学研究所第9回出張サイエンスカフェ

    2017年10月

  • 弘前大学食料科学研究所第8回サイエンスカフェ

    2017年06月

  • 弘前大学食料科学研究所第7回サイエンスカフェ

    2017年02月

  • 弘前大学食料科学研究所第6回出張サイエンスカフェ

    2016年10月

  • 弘前大学食料科学研究所第5回サイエンスカフェ

    2016年06月

  • 弘前大学食料科学研究所第4回サイエンスカフェ

    2016年02月

  • 弘前大学附属図書館ラウンジトーク

    2015年12月

  • 平成27年度日本農芸化学会東北支部市民フォーラム「青森から発信する食品研究」

    2015年11月

  • 弘前大学食料科学研究所第3回サイエンスカフェ

    2015年10月

  • 弘前大学食料科学研究所第2回サイエンスカフェ

    2015年06月

  • 弘前大学食料科学研究所第1回サイエンスカフェ

    2015年03月

▼全件表示

メディア報道

  • りんご王国こうぎょくカレッジ

    2016年02月