2021/03/05 更新

写真a

カキザキ イクコ
柿崎 育子
KAKIZAKI Ikuko
所属
医学系 基礎医学領域
専任担当
医学研究科 高度先進医学研究センター 糖鎖工学講座
研究室電話
0172-39-5542

学位

  • 博士(医学)

  • 修士(薬学)

研究キーワード

  • hyaluronidase

  • extracellular matrix

  • proteoglycan

  • chondroitin sulfate

  • ヒアルロン酸,コンドロイチン硫酸,プロテオグリカン,細胞外マトリックス,ヒアルロニダーゼ

研究分野

  • ライフサイエンス / 機能生物化学

所属学協会

  • 日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG)

  • 日本応用糖質科学会

  • 東北糖鎖研究会

  • プロテオグライカンフォーラム

  • 日本糖質学会

  • 日本結合組織学会

  • 青森糖質研究会

  • 日本生化学会

  • 日本癌学会

▼全件表示

自己PR

  • (連携キーワード)

    細胞外マトリックス ヒアルロン酸

    (研究概要)

    生化学, 分子生物学
    細胞外マトリックスの主要な構成成分であるヒアルロン酸の代謝に関する研究

    (協力できる内容)

    技術相談(生化学)

    (PR)

    糖鎖に注目した研究の発展に貢献したいと思います。

論文

  • N-glycan signature of serum immunoglobulins as a diagnostic biomarker of urothelial carcinomas.

    Hirotake Kodama, Tohru Yoneyama, Toshikazu Tanaka, Daisuke Noro, Yuki Tobisawa, Hayato Yamamoto, Shinichiro Suto, Shingo Hatakeyama, Kazuyuki Mori, Takahiro Yoneyama, Yasuhiro Hashimoto, Ikuko Kakizaki, Shigeyuki Nakaji, Chikara Ohyama

    Cancer medicine   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Essential hyaluronan structure for binding with hyaluronan-binding protein (HABP) determined by glycotechnological approach.

    Shinichiro Suto, Ikuko Kakizaki, Yota Tatara, Masahiko Endo

    Carbohydrate polymers   251   116989 - 116989   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • A chondroitin sulfate chain of urinary trypsin inhibitor enhances protease inhibitory activity of the core protein

    Yu Teshigahara, Ikuko Kakizaki, Wataru Hirao, Kanji Tanaka, and Ryoki Takahashi

    Journal of Applied Glycoscience   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Hyaluronan synthesis inhibitor 4-methylumbelliferone affects extracellular matrix components in cultured human skin fibroblasts

    Yasufumi Endo, Genn Takahashi, Ikuko Kakizaki, and Masahiko Endo

    Hirosaki Med. J.   70 ( 1 )   1 - 12   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Dermatan sulfate oligosaccharides having reducing end 2, 5-anhydro-d-talose inhibit bovine testicular hyaluronidase activity.

    Ikuko Kakizaki, Hideyo Koizumi, Takashi Kobayashi, Toshiya Nakamura, Mitsuo Majima

    Carbohydrate research   483   107754 - 107754   2019年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Proteoglycan-substrate gel zymography for the detection of chondroitin sulfate-degrading enzymes.

    Takashi Kobayashi, Ikuko Kakizaki, Toshiya Nakamura

    Analytical biochemistry   568   51 - 52   2019年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Development of new therapeutic agents of preterm birth by glycosaminoglycan

    Seigo Tanaka, Ikuko Kakizaki, Kanji Tanaka, Tomoe Kodama, Asami Ito-Fukuyama, Shinichiro Suto, Ryoki Takahashi, Yoshihito Yokoyama

    Journal of Hypertension Research in Pregnancy   2019年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 4-Methylumbelliferone Decreases the Hyaluronan-rich Extracellular Matrix and Increases the Effectiveness of 5-Fluorouracil.

    Eri Yoshida, Daisuke Kudo, Hayato Nagase, Akiko Suto, Hiroshi Shimoda, Shinichiro Suto, Ikuko Kakizaki, Masahiko Endo, Kenichi Hakamada

    Anticancer research   38 ( 10 )   5799 - 5804   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Characterization of Proteoglycan and Hyaluronan in Hot Water Extract from Salmon Cartilage

    Kakizaki, I., Miura, A., Mineta, T., Hong, J., and Kato, Y.

    Journal of Applied Glycoscience   64 ( 4 )   83 - 90   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A mechanism for evasion of CTL immunity by altered O-glycosylation of HLA class I.

    Mihoko Sutoh Yoneyama, Yuki Tobisawa, Shingo Hatakeyama, Misaki Sato, Kiyoshi Tone, Yota Tatara, Ikuko Kakizaki, Tomihisa Funyu, Minoru Fukuda, Senji Hoshi, Chikara Ohyama, Shigeru Tsuboi

    Journal of biochemistry   161 ( 6 )   479 - 492   2017年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Chondroitin sulfate proteoglycans from salmon nasal cartilage inhibit angiogenesis.

    Takashi Kobayashi, Ikuko Kakizaki, Hiroyuki Nozaka, Toshiya Nakamura

    Biochemistry and biophysics reports   9   72 - 78   2017年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 4-Methylumbelliferone Suppresses Hyaluronan Synthesis and Tumor Progression in SCID Mice Intra-abdominally Inoculated With Pancreatic Cancer Cells.

    Hayato Nagase, Daisuke Kudo, Akiko Suto, Eri Yoshida, Shinichiro Suto, Mika Negishi, Ikuko Kakizaki, Kenichi Hakamada

    Pancreas   46 ( 2 )   190 - 197   2017年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Hyaluronan Production Regulates Metabolic and Cancer Stem-like Properties of Breast Cancer Cells via Hexosamine Biosynthetic Pathway-coupled HIF-1 Signaling.

    Theerawut Chanmee, Pawared Ontong, Tomomi Izumikawa, Miho Higashide, Nobutoshi Mochizuki, Chatchadawalai Chokchaitaweesuk, Manatsanan Khansai, Kazuki Nakajima, Ikuko Kakizaki, Prachya Kongtawelert, Naoyuki Taniguchi, Naoki Itano

    The Journal of biological chemistry   291 ( 46 )   24105 - 24120   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Antitumor effects of the hyaluronan inhibitor 4-methylumbelliferone on pancreatic cancer.

    Eri Yoshida, Daisuke Kudo, Hayato Nagase, Hiroshi Shimoda, Shinichiro Suto, Mika Negishi, Ikuko Kakizaki, Masahiko Endo, Kenichi Hakamada

    Oncology letters   12 ( 4 )   2337 - 2344   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Effects of C-xylopyranoside derivative on epithelial regeneration in an in vitro 3D oral mucosa model.

    Atsushi Uenoyama, Ikuko Kakizaki, Aki Shiomi, Naoaki Saito, Yuko Hara, Taro Saito, Hisashi Ohnuki, Hiroko Kato, Ritsuo Takagi, Takeyasu Maeda, Kenji Izumi

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   80 ( 7 )   1344 - 1355   2016年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • サケ軟骨熱水抽出物 (ヒアルコPG) の経口摂取による日焼け抑制効果―無作為化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験―

    後藤 昌史, 末川 裕, 花田 友香子, 柿崎 育子, 山本 和司, 加藤 陽治

    日本応用糖質科学会誌 応用糖質科学   6 ( 2 )   138 - 146   2016年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Benefical effect of 4-methylumbelliferone against bile duct ligation-induced hepatic fibrosis rats

    Naoya Sawada, Kenichiro Mikami, Go Igarashi, Tetsu Endo, Ken Sato, Ikuko Kakizaki, and Shinsaku Fukuda

    The Hirosaki Medical Journal   66 ( 2-4 )   143 - 151   2016年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Enzymatic synthesis of hyaluronan hybrid urinary trypsin inhibitor.

    Ikuko Kakizaki, Ryoki Takahashi, Miho Yanagisawa, Futaba Yoshida, Keiichi Takagaki

    Carbohydrate research   413   129 - 134   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Characterization of Proteoglycan and Hyaluronan in Water-based Delipidated Powder of Salmon Cartilage

    Kakizaki I., Miura, A., Ito, S., Mineta, T., Hong, J.S., and Kato, Y.

    Journal of Applied Glycoscience   62 ( 3 )   115 - 120   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Inhibitory effect of chondroitin sulfate oligosaccharides on bovine testicular hyaluronidase.

    Ikuko Kakizaki, Hideyo Koizumi, Fengchao Chen, Masahiko Endo

    Carbohydrate polymers   121   362 - 371   2015年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Chondroitin sulfate cluster of epiphycan from salmon nasal cartilage defines binding specificity to collagens.

    Yota Tatara, Ikuko Kakizaki, Shinichiro Suto, Haruna Ishioka, Mika Negishi, Masahiko Endo

    Glycobiology   25 ( 5 )   557 - 569   2015年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Biochemical and atomic force microscopic characterization of salmon nasal cartilage proteoglycan.

    Ikuko Kakizaki, Takashi Mineta, Mana Sasaki, Yota Tatara, Eiji Makino, Yoji Kato

    Carbohydrate polymers   103   538 - 549   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • One set system for the synthesis and purification of glycosaminoglycan oligosaccharides reconstructed using a hyaluronidase-immobilized column.

    Shinichiro Suto, Ikuko Kakizaki, Toshiya Nakamura, Masahiko Endo

    Biopolymers   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effect of a cholesterol-rich lipid environment on the enzymatic activity of reconstituted hyaluronan synthase.

    Pawared Ontong, Yasuyo Hatada, Shun'ichiro Taniguchi, Ikuko Kakizaki, Naoki Itano

    Biochemical and biophysical research communications   443 ( 2 )   666 - 671   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis of N-acetyl glucosamine analogs as inhibitors for hyaluronan biosynthesis.

    Gilbert Wasongaa, Yota Tatarab, Ikuko Kakizaki, Xuefei Huanga

    Journal of Carbohydrate Chemistry   32   392 - 409   2013年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Epiphycan from salmon nasal cartilage is a novel type of large leucine-rich proteoglycan.

    Yota Tatara, Ikuko Kakizaki, Yoshiyuki Kuroda, Shinichiro Suto, Haruna Ishioka, Masahiko Endo

    Glycobiology   23 ( 8 )   993 - 1003   2013年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Time-dependent gene expression and immunohistochemical analysis of the injured anterior cruciate ligament.

    T Naraoka, Y Ishibashi, E Tsuda, Y Yamamoto, T Kusumi, I Kakizaki, S Toh

    Bone & joint research   1 ( 10 )   238 - 244   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Hyaluronan-chondroitin hybrid oligosaccharides as new life science research tools.

    Ikuko Kakizaki, Shinichiro Suto, Yota Tatara, Toshiya Nakamura, Masahiko Endo

    Biochemical and biophysical research communications   423 ( 2 )   344 - 349   2012年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Interaction of Listeria monocytogenes autolysin amidase with glycosaminoglycans promotes listerial adhesion to mouse hepatocytes.

    Krisana Asano, Ikuko Kakizaki, Akio Nakane

    Biochimie   94 ( 6 )   1291 - 1299   2012年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Anti-inflammatory effect of proteoglycan and progesterone on human uterine cervical fibroblasts.

    Asami Fukuyama, Kanji Tanaka, Ikuko Kakizaki, Kosuke Kasai, Mitsuru Chiba, Toshiya Nakamura, Hideki Mizunuma

    Life sciences   90 ( 13-14 )   484 - 488   2012年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effects of divalent cations on bovine testicular hyaluronidase catalyzed transglycosylation of chondroitin sulfates.

    Kakizaki, I., Nukatsuka, I., Takagaki, K., Majima, M., Iwafune, M., Suto, S., Endo, M.

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   406 ( 2 )   239 - 244   2011年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Analysis of functional sugar chains of proteoglycan in the urine from woman with osteoporosis.

    Abe, K., Higuchi, T., Mizunuma, H., Kakizaki, I., Endo, M., and Suto, S.

    Hirosaki Med. J.   61 ( 2-4 )   97 - 103   2011年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Identification of proteoglycan from salmon nasal cartilage.

    Kakizaki, I., Tatara, Y., Majima, M., Kato, Y., Endo, M.

    ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS   506 ( 1 )   58 - 65   2011年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Method for hybrid synthesis of glycosaminoglycan chains Utilizing Chemo-enzymatic Procedures.

    Yamaguchi, M., Kakizaki, I., and Endo, M.

    J. Carbohyd. Chem.   29   315 - 331   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Mechanism for the hydrolysis of hyaluronan oligosaccharides by bovine testicular hyaluronidase.

    Kakizaki, I., Ibori, N., Kojima, K., Yamaguchi, M., Endo M.

    FEBS Journal   277 ( 7 )   1776 - 1786   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Novel proteoglycan glycotechnology: chemoenzymatic synthesis of chondroitin sulfate-containing molecules and its application.

    Masanori Yamaguchi, Keiichi Takagaki, Kaoru Kojima, Naohiro Hayashi, Fengchao Chen, Ikuko Kakizaki, Atsushi Kon, Masahiko Endo

    Glycoconjugate journal   27 ( 1 )   189 - 198   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Novel products in hyaluronan digested by bovine testicular hyaluronidase.

    Chen, F., Kakizaki, I., Yamaguchi, M., Kojima, K., Takagaki, K., and Endo, M.

    Glycoconj. J.   26 ( 5 )   559 - 566   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Stimulation of small proteoglycan synthesis by the hyaluronan synthesis inhibitor 4-methylumbelliferone in human skin fibroblasts.

    Funahashi, M., Nakamura, T., Kakizaki, I., Mizunuma, H., and Endo, M.

    Connect Tissue Res.   50 ( 3 )   194 - 202   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Structural Interactions in Chondroitin 4-Sulfate-mediated Adherence of Plasmodium falciparum-infected Erythrocytes in Human Placenta During Pregnancy-Associated Malaria.

    Achur RN, Kakizaki I, Goel S, Kojima K, Madhunapantula SV, Goyal A, Ohta M, Kumar S, Takagaki K, Gowda DC.

    Biochemistry   47 ( 47 )   12635 - 12643   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Up-regulation of hyaluronan synthase genes in cultured human epidermal keratinocytes by UVB irradiation.

    Kakizaki, I., Itano, N., Kimata, K., Hanada, K., Kon, A., Yamaguchi, M., Takahashi, T., Takagaki, K.

    Archives of biochemistry and biophysics   471 ( 1 )   85 - 93   2008年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Inhibitory effect of 4-methylesculetin on hyaluronan synthesis slows the development of human pancreatic cancer in vitro and in nude mice.

    Morohashi, H., Yoshihara, S., Nakai, M., Yamaguchi, M., Kakizaki, I., Kon, A., Sasaki, M., and Takagaki, K.

    International journal of cancer   120 ( 12 )   2704 - 2709   2007年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Diversity in the degree of sulfation and chain length of the glycosaminoglycan moiety of urinary trypsin inhibitor isomers.

    Kakizaki, I., Takahashi, R., Ibori, N., Kojima, K., Takahashi, T., Yamaguchi, M., Kon, A., and Takagaki, K.

    Biochimica et biophysica acta   1770 ( 2 )   171 - 177   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Efficient and widely applicable method of constructing neo-proteoglycan utilizing copper(I) catalyzed 1,3-dipolar cycloaddition.

    Yamaguchi, M., Kojima, K., Hayashi, N., Kakizaki, I., Kon A., and Takagaki, K.

    Tetrahedron Letter   47 ( 42 )   7455 - 7458   2006年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Study of hyaluronan synthase inhibitor, 4-methylumbelliferone derivatives on human pancreatic cancer cell (KP1-NL).

    Morohashi, H., Kon, A., Nakai, M., Yamaguchi, M., Kakizaki, I., Yoshihara S., Sasaki, M., and Takagaki, K.

    Biochemical and biophysical research communications   345 ( 4 )   1454 - 1419   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The effects of glycosaminoglycans on thrombopoietin-induced megakaryocytopoiesis.

    Kashiwakura, I., Teramachi, T., Kakizaki, I., Takagi, Y., Takahashi, T. A., and Takagaki, K.

    Haematologica   91 ( 4 )   445 - 451   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The glycophorin C N-linked glycan is a critical component of the ligand for the Plasmodium falciparum erythrocyte receptor BAEBL.

    Mayer, D.C., Jiang, L., Achur, R.N., Kakizaki, I., Gowda, D.C., and Miller, L.H.

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   103 ( 7 )   2358 - 2362   2006年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 4-methylumbelliferone, a hyaluronan synthase suppressor, enhances the anticancer activity of gemcitabine in human pancreatic cancer cells.

    Nakazawa, H., Yoshihara, S., Kudo, D., Morohashi, H., Kakizaki, I., Kon, A., Takagaki, K., and Sasaki, M.

    Cancer chemotherapy and pharmacology Links   57 ( 2 )   165 - 170   2006年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A hyaluronan synthase suppressor, 4-methylumbelliferone, inhibits liver metastasis of melanoma cells.

    Yoshihara S., Kon A., Kudo D., Nakazawa H., Kakizaki I., Sasaki M., Endo M., and Takagaki K.

    FEBS letters   579 ( 12 )   2722 - 2726   2005年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effect of a hyaluronan synthase suppressor, 4-methylumbelliferone, on B16F-10 melanoma cell adhesion and locomotion.

    Kudo, D., Kon, A., Yoshihara, S., Kakizaki, I., Sasaki, M., Endo, M., and Takagaki, K.

    Biochemical and biophysical research communications   321 ( 4 )   783 - 787   2004年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A novel mechanism for the inhibition of hyaluronan biosynthesis by 4-methylumbeliifieron.

    Kakizaki, I., Kojima, K., Takagaki, K., Endo, M., Kannagi, R., Ito, M., Maruo, Y., Sato, H., Yasuda, T., Mita, S., Kimata, K., and Itano, N.

    The Journal of biological chemistry   279 ( 32 )   33281 - 33289   2004年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Structural characterization of the bovine tracheal chondroitin sulfate chains and binding of Plasmodium falciparum-infected erythrocytes.

    Muthusamy, A., Achur, R. N., Valiyaveettil, M., Madhunapantula, S. V., Kakizaki, I., Bhavanandan, V. P., and Gowda, C. D.

    Glycobiology   14 ( 7 )   635 - 645   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Inhibition of 3T3-L1 adipocyte differentiation by 6-ethoxyzolamide: repressed peroxisome proliferator-activated receptor gamma mRNA and enhanced CCAAT/enhancer binding protein beta mRNA levels.

    Takahata, T., Kumano, T., Ookawa, K., Hayakari, M., Kakizaki, I., and Tsuchida, S.

    Biochemical pharmacology   67 ( 9 )   1667 - 1675   2004年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A glycomic approach to proteoglycan with a two-dimensional polysaccharide chain map.

    Iwafune, M., Kakizaki, I., Nakazawa, H., Nukatsuka, I., Endo, M., and Takagaki, K.

    Analytical biochemistry   325 ( 1 )   35 - 40   2004年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A novel Sp1-family-related cis-acting element for transcription of type VII collagen gene (COL7A1).

    Hideyuki Sasaki, Atsushi Kon, Hitoshi Takeda, Daisuke Sawamura, Ikuko Kakizaki, Keiichi Takagaki, Isao Hashimoto, Katsumi Hanada

    Journal of dermatological science   32 ( 3 )   239 - 242   2003年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Reconstruction of glycosaminoglycan chains in decorin.

    Mito Iwafune, Ikuko Kakizaki, Masahiro Yukawa, Daisuke Kudo, Sakae Ota, Masahiko Endo, Keiichi Takagaki

    Biochemical and biophysical research communications   297 ( 5 )   1167 - 1170   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Inhibition of hyaluronan synthesis in Streptococcus equi FM100 by 4-methylumbelliferone.

    Ikuko Kakizaki, Keiichi Takagaki, Yasufumi Endo, Daisuke Kudo, Hitoshi Ikeya, Teruzo Miyoshi, Bruce A Baggenstoss, Valarie L Tlapak-Simmons, Kshama Kumari, Akio Nakane, Paul H Weigel, Masahiko Endo

    European journal of biochemistry / FEBS   269 ( 20 )   5066 - 5075   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Activation of mouse Pi-class glutathione S-transferase gene by Nrf2(NF-E2-related factor 2) and androgen.

    Hiromi Ikeda, Mohamed S Serria, Ikuko Kakizaki, Ichiro Hatayama, Kimihiko Satoh, Shigeki Tsuchida, Masami Muramatsu, Shinzo Nishi, Masaharu Sakai

    The Biochemical journal   364 ( Pt 2 )   563 - 570   2002年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Cleavage of the xylosyl serine linkage between a core peptide and a glycosaminoglycan chain by cellulases.

    Keiichi Takagaki, Mito Iwafune, Ikuko Kakizaki, Keinosuke Ishido, Yoji Kato, Masahiko Endo

    The Journal of biological chemistry   277 ( 21 )   18397 - 18403   2002年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Carriers for enzymatic attachment of glycosaminoglycan chains to peptide.

    Keiichi Takagaki, Keinosuke Ishido, Ikuko Kakizaki, Mito Iwafune, Masahiko Endo

    Biochemical and biophysical research communications   293 ( 1 )   220 - 224   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Domain structure of chondroitin sulfate E octasaccharides binding to type V collagen.

    Keiichi Takagaki, Hidekazu Munakata, Ikuko Kakizaki, Mito Iwafune, Taito Itabashi, Masahiko Endo

    The Journal of biological chemistry   277 ( 11 )   8882 - 8889   2002年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Studies on sugar chain elongation in cultured human colon adenocarcinoma cells using 4-methylumbelliferyl glycoside derivatives and p-nitrophenyl glycoside derivatives as artificial primers.

    Kukidome, J., Kakizaki, I., Takagaki, K., and Endo, M.

    Hirosaki Med. J.   194 ( 1 )   59 - 65   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The mechanism of cell death in human cultured colon adenocarcinoma cell line COLO 201 induced by beta-D-N-acetylglucosaminyl-p-nitrophenol.

    J Kukidome, I Kakizaki, K Takagaki, A Matsuki, A Munakata, M Endo

    The Tohoku journal of experimental medicine   194 ( 1 )   23 - 34   2001年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Induction of apoptosis and cell cycle arrest in mouse colon 26 cells by benastatin A.

    I Kakizaki, K Ookawa, T Ishikawa, M Hayakari, T Aoyagi, S Tsuchida

    Japanese journal of cancer research : Gann   91 ( 11 )   1161 - 1168   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Enzymatic reconstruction of dermatan sulfate.

    K Takagaki, H Munakata, I Kakizaki, M Majima, M Endo

    Biochemical and biophysical research communications   270 ( 2 )   588 - 593   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Chimeric glycosaminoglycan oligosaccharides synthesized by enzymatic reconstruction and their use in substrate specificity determination of Streptococcus hyaluronidase.

    K Takagaki, H Munakata, M Majima, I Kakizaki, M Endo

    Journal of biochemistry   127 ( 4 )   695 - 702   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Identification of glutathione S-transferase p-1 as the class pi form dominantly expressed in mouse hepatic adenomas.

    K Ookawa, H Nakano, I Kakizaki, I Hatayama, H Kajihara-Kano, J Kimura, M Hayakari, T Takahata, K Satoh, S Tsuchida

    Japanese journal of cancer research : Gann   89 ( 6 )   641 - 648   1998年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Epitope mapping of a monoclonal antibody to human glutathione transferase P1-1 the binding of which is inhibited by glutathione.

    T Takahata, S Tsuchida, M Oomura, T Matsumoto, J Azumi, I Hatayama, M Hayakari, J Kimura, I Kakizaki, H Kano, K Satoh, K Sato

    The Biochemical journal   321 ( Pt 2)   531 - 536   1997年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Lentinan enhances sensitivity of mouse colon 26 tumor to cis-diamminedichloroplatinum (II) and decreases glutathione transferase expression.

    T Murata, I Hatayama, I Kakizaki, K Satoh, K Sato, S Tsuchida

    Japanese journal of cancer research : Gann   87 ( 11 )   1171 - 1178   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • cDNA and deduced amino acid sequence of human PK-120, a plasma kallikrein-sensitive glycoprotein.

    H Nishimura, I Kakizaki, T Muta, N Sasaki, P X Pu, T Yamashita, S Nagasawa

    FEBS letters   357 ( 2 )   207 - 211   1995年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Identification and cDNA cloning of single-stranded DNA binding proteins that interact with the region upstream of the human c-myc gene.

    Y Negishi, Y Nishita, Y Saëgusa, I Kakizaki, I Galli, F Kihara, K Tamai, N Miyajima, S M Iguchi-Ariga, H Ariga

    Oncogene   9 ( 4 )   1133 - 1143   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Cell cycle-dependent activation of C-myc enhancer.

    I Kakizaki, Y Imamura, I Galli, F Kihara, H Ariga, S Iguchiariga

    International journal of oncology   2 ( 4 )   657 - 661   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • シンプル生化学 改訂第7版(分担執筆)

    林典夫, 廣野治子, 野口正人, 五十嵐和彦, 柿崎育子, 他( 担当: 共著 ,  範囲: 2章 糖質, 10章 糖質の代謝)

    南江堂  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 食品ハイドロコロイドの開発と応用II

    加藤陽治, 柿崎育子, 後藤昌史( 担当: 共著 ,  範囲: サケ軟骨プロテオグリカンの開発と応用)

    シーエムシー出版  2015年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • シンプル生化学 改訂第6版(分担執筆)

    林典夫, 廣野治子, 野口正人, 五十嵐和彦, 柿崎育子, 他( 担当: 共著 ,  範囲: 2章 糖質, 10章 糖質の代謝)

    南江堂  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • マリンバイオテクノロジーの新潮流

    加藤陽治, 柿崎育子( 担当: 共著 ,  範囲: サケ鼻軟骨由来のプロテオグリカン)

    シーエムシー出版  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Endoglycosidases (Glycosaminoglycans)

    Kakizaki, I., and Takagaki, K.( 担当: 共著 ,  範囲: p173-p176)

    Springer  2008年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書  専門分野(e-Rad研究分野)コード:ライフサイエンス / 機能生物化学

  • Degradation of glycosaminoglycans, in Comprehensive Glycoscience - from Chemistry to Systems Biology

    Takagaki, K., and Kakizaki, I.( 担当: 共著 ,  範囲: p171-p192)

    Elsevier Science B. V.  2007年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • A possible cardiolipin-dependent inhibition mechanism of hyaluronan synthesis by 4-methylumbelliferone in streptococcus equi FM100, in Hyaluronan 2003 Conference Proceedings” Hyaluronan: Structure, Metabolism, Biological Activities, Therapeutic Applications”

    Kakizaki, I., Baggenstoss, B. A., Tlapak-Simmons, V. L., Nakane, A., Weigel, P. H., Endo, M., and Takagaki, K.( 担当: 共著 ,  範囲: p159–p163)

    Matrix Biology Institute  2005年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

▼全件表示

総説・短報・翻訳等

  • 精巣性ヒアルロニダーゼを用いたヒアルロン酸とコンドロイチン硫酸の糖鎖工学 ひとつの酵秦で糖鎖を切り貼りする技術

    柿崎育子

    化学と生物   56 ( 12 )   788 - 796   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   共著区分:単著  

  • サケ鼻軟骨由来熱水抽出プロテオグリカンの素材化および日焼け抑制効果を有した美容食品の開発

    後藤 昌史, 末川 裕, 花田 友香子, 山本 和司, 柿崎 育子

    日本応用糖質科学会誌 応用糖質科学   7 ( 1 )   23 - 28   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本応用糖質科学会   共著区分:共著  

  • 新規プロテオグリカン複合体(ヒアルコPG(R))摂取による紫外線からの防御効果

    後藤 昌史, 加藤 陽治, 柿崎 育子

    月刊バイオインダストリー   32 ( 11 )   45 - 50   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Custom synthesis of hyaluronan/chondroitin sulfate hybrid oligosaccharides: for future medical applications

    Kakizaki, I., Suto, S., Tatara, Y., and Endo, M.

    Hirosaki Med. J.   64 ( 64 (Suppl.) )   S53 - S57   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:Hirosaki Univ Press   共著区分:共著  

  • Synthesis of neoproteoglycans using the transglycosylation reaction as a reverse reaction of endo-glycosidases.

    Endo, M., and Kakizaki, I.

    Proc. Jpn. Acad., Ser. B.   88 ( 7 )   327 - 344   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Academy   共著区分:共著  

  • 医学応用を目指したプロテオグリカンの糖鎖工学

    柿崎育子

    月刊「化学工業」   61 ( 3 )   216 - 220   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:株式会社 化学工業社   共著区分:単著  

  • Hyaluronan Degradation in Tumor Growth and Metastasis(翻訳)

    Stern, R

    Trends in Glycoscience and Glycotechnology   16 ( 89 )   171 - 185   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:学進出版   共著区分:単著  

▼全件表示

受賞

  • 日本応用糖質科学会技術開発賞

    2016年09月

  • 第3回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント

    2010年06月

  • 第13回弘前大学医学部学術賞特別賞

    2009年01月

  • 第6回日本生化学会東北支部奨励賞

    2006年05月

  • 第5回インテリジェント・コスモス奨励賞

    2006年05月

担当授業科目(学内)

  • 2020年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,特別教育科目(研究室研修)3年次後期,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,生化学講義Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,薬理学(保健学科 看護学専攻1年次),専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,医学研究概論I,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2020年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2019年度年度,クリニカルクラークシップ(6クール),専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,特別教育科目(研究室研修)3年次後期,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,生化学講義Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,薬理学(保健学科 看護学専攻1年次),専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,医学研究概論I,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2019年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2018年度年度,PBL,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,クリニカルクラークシップ(5クール、6クール),専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,基礎人体科学演習(前期、後期),専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,基礎人体科学演習(前期、後期),専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,特別教育科目(研究室研修)3年次後期,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,生化学講義Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,薬理学(保健学科 看護学専攻1年次),専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2017年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2017年度年度,PBL,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,クリニカルクラークシップ(5クール、6クール),専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,基礎人体科学演習(前期、後期),専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,特別教育科目(研究室研修)3年次後期,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,生化学講義Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,薬理学(保健学科 看護学専攻1年次),専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,医学研究概論I,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2016年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2016年度年度,クリニカルクラークシップ(5クール、6クール),専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,基礎人体科学演習(前期、後期),専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,特別教育科目(研究室研修)3年次後期,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,特別教育科目(研究室研修)4年次前期,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,生化学講義Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2015年度年度,最新医学の現状(J),21世紀教育科目

  • 2015年度年度,クリニカルクラークシップ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,特別教育科目(研究室研修),専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,生化学講義Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,医学研究概論I,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2014年度年度,基礎科学実験,21世紀教育科目

  • 2014年度年度,クリニカルクラークシップ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,生化学講義Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,基礎科学実験(化学) ,21世紀教育科目

  • 2013年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,特別教育科目(研究室研修),専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,生化学講義Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,医学研究概論I,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2012年度年度,基礎科学実験(化学) ,21世紀教育科目

  • 2012年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,特別教育科目(研究室研修),専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,生化学講義Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,基礎科学実験(化学),21世紀教育科目

  • 2011年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,生化学講義Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,医学研究概論I,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2010年度年度,基礎科学実験(化学),21世紀教育科目

  • 2010年度年度,コアB-1 個体の構成と機能(5)生体物質の代謝,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,生化学講義Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,発展生命科学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,統合基礎医学実習A(生化学実習),専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,基礎科学実験(化学),21世紀教育科目

  • 2009年度年度,コアB-1 個体の構成と機能(5)生体物質の代謝,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,特別教育科目(研究室研修),専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,発展生命科学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,統合基礎医学実習A(生化学実習),専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,基礎科学実験(化学),21世紀教育科目

  • 2008年度年度,コアB-1 個体の構成と機能(5)生体物質の代謝,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,特別教育科目(研究室研修),専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,統合基礎医学実習A(生化学実習),専門教育科目(学部)

▼全件表示

社会貢献活動

  • 新潟大学自然科学研究科 非常勤講師

    2015年10月

  • 放送大学面接授業

    2013年12月

  • 弘大60周年記念事業プレ企画「科学者発見プロジェクト」における共同研究

    2010年09月

  • 弘大60周年記念事業プレ企画「科学者発見プロジェクト」における共同研究

    2008年11月 - 2009年01月

  • (一財)双仁会厚生看護専門学校 非常勤講師(生化学)

    2006年09月 - 現在