基本情報

写真a

赤田 尚史

AKATA Naohumi


職名

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本地球化学会

  • 日本雪氷学会

  • 日本保健物理学会

  • Associate editor, Radiation Environment and Medicine

  • 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 核融合エネルギー部門 核融合原型炉安全設計合同特別チーム

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 放射線・化学物質影響科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Weak size dependence of resuspended radiocesium adsorbed on soil particles collected after the Fukushima nuclear accident,Journal of Environmental Radioactivity,172巻 (頁 65 ~ 73) ,2017年,Kaneyasu, N., Ohashi, H., Suzuki, F., Okuda, T., Ikemori, F., Akata, N., Kogure, T.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Measurement system for alpha and beta emitters with continuous air sampling under different exposure situations,Applied Radiation and Isotopes,126巻 (頁 79 ~ 82) ,2017年,Yamada, R., Tamakuma, Y., Iwaoka, K., Hosoda, M., Shiroma, Y., Akata, N., Mizuno, H., Yamada, K., Kuroki, T., Tokonami, S.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Regional and global contributions of anthropogenic iodine-129 in monthly deposition samples collected in North East Japan between 2006 and 2015,Journal of Environmental Radioactivity,2017年,Hasegawa, H., Ohtsuka, Y., Kakiuchi, H., Akata, N., Hisamatsu, S.

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 英語,Absorbed dose rate in air at the NIFS Site before the deuterium plasma experiment in LHD,Plasma and Fusion Research,12巻 ,2017年,Shiroma, Y., Akata, N., Miyake, H., Hayashi, H., Saze, T., Tanaka, M., Nishimura, K.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,A survey of a high natural radiation spot in Tono area, Japan,Radiation Environment Medicine,6巻 (頁 34 ~ 38) ,2017年02月,Akata, N., Ikeda, T., Minato, S., Shiroma, Y., Shimo, M.

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,原子力関連施設周辺での環境トリチウムモニタリングの実際,Journal of Plasma and Fusion Research,89巻 10号 (頁 645 ~ 651) ,2013年09月,柿内秀樹,赤田尚史

    総説・解説(学術雑誌),共著

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度,被ばく医療学〔Radiation medical science〕,専門教育科目(学部)

  • 2019年度,エネルギーと環境〔Energy and Environment〕,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度,バイオアッセイ演習,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度,被ばく医療総論,修士課程・博士前期課程