2022/03/22 更新

写真a

コシムラ ヤスヒデ
越村 康英
KOSHIMURA Yasuhide
所属
人文社会・教育学系 教育・芸術領域
専任担当
教育学部 学校教育講座

学位

  • 修士(教育学)

  • 学士(教育学)

研究キーワード

  • 公民館

  • 生涯学習

  • 社会教育

研究分野

  • 人文・社会 / 教育学

所属学協会

  • 日本社会教育学会

  • 日本公民館学会

  • 社会教育推進全国協議会

  • 全国社会教育職員養成研究連絡協議会

自己PR

  • (連携キーワード)

    社会教育・生涯学習

    (研究概要)

    ①社会教育の事業・職員・施設に関する研究

    ②学習を核とした地域づくりに関する研究
     (地域と学校の連携・協働を含む)

    (協力できる内容)

    ・生活課題、地域課題に根ざした社会教育事業の開発
    ・社会教育職員の研修 など

    (PR)

    社会教育職員の皆様をはじめ、人との出会いやつながりを大切にして、地域に根を下ろしながら研究・実践に取り組んでいきたいと考えています。
    どうぞ、よろしくお願いいたします。

論文

  • 社会教育主事・公民館主事制度をめぐる現状と課題

    越村 康英

    『月刊社会教育』(2021年5月号)   2021年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 当事者性を育む人権教育実践に関する一考察ー芦原同和教育講座における公民館職員の存在に着目してー

    越村 康英

    東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科『学校教育学研究論集(第30号)』   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:単著  

  • 地域公民館研究集会がもつ評価実践としての価値ー公民館評価の可能性と課題ー

    越村 康英

    日本社会教育学会編『社会教育における評価(日本の社会教育第56集)』東洋館出版社   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 『私』がぶつかりあう講座論ー企画は大胆に、運営は謙虚にー

    越村 康英

    『月刊社会教育(2010年2月号)』国土社   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • ノーマライゼーションにむけた学びー自立支援法下での学習の公的保障の課題ー

    小林 繁,越村 康英

    『月刊社会教育(2008年10月号)』国土社   2008年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 『奉仕活動の義務化』とボランティア活動ー中央教育審議会『青少年の奉仕活動・体験活動の推進方策について(答申)』を問い返すー

    越村 康英

    『月刊社会教育(2003年2月号)』国土社   2003年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 髙井正・中村香編著『生涯学習支援のデザイン』

    中村 香,渋江 かさね,髙井 正,倉持 伸江  (以下、事例執筆者)越村 康英 他( 担当: 共著 ,  範囲: 第4部第9章〔事例17〕「職員をつなぎ、力量形成を支える千葉県公民館連絡協議会」(pp.154-157))

    玉川大学出版部  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 長澤成次編著『公民館で学ぶⅤ―いま、伝えたい 地域が変わる学びの力―』

    長澤 成次,越村 康英 他( 担当: 共著 ,  範囲: 第1章第4節「公民館職員に求められる役割と専門性」(pp.50-63))

    国土社  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 社会教育推進全国協議会編『社会教育・生涯学習ハンドブック(第9版)』

    姉崎 洋一,石井山 竜平,越村 康英,小林 繁,長澤 成次 他( 担当: 共著 ,  範囲: 第6編-4「学級講座をつくる」(pp.814-834))

    エイデル研究所  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 東京社会教育史編集委員会編・小林文人(編集代表)『大都市・東京の社会教育―歴史と現在―』

    小林 文人,越村 康英 他( 担当: 共著 ,  範囲: 第3部第4章第2節「社会同和教育・人権教育の施策と実践」(pp.404-411))

    エイデル研究所  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 辻浩・片岡了編著『自治の力を育む社会教育計画―人が育ち、地域が変わるために―』

    辻 浩,細山 俊男,布施 利之,金田 光正,矢久保 学,片岡 了,益川 浩一,越村 康英,大島 英樹,添田 祥史,丸山 啓史,黒沢 ひとみ( 担当: 共著 ,  範囲: 第8章「地域課題に根ざした学習プログラムの計画―公的社会教育における『学級・講座』を中心に―」(pp.132-147))

    国土社  2014年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 長澤成次編著『公民館で学ぶⅣ―人をつなぎ、暮らしをつむぐ―』

    長澤 成次,越村 康英 他( 担当: 共著 ,  範囲: 第1章第3節「公民館のエンパワーメントと評価」(pp.38-49))

    国土社  2013年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 朝岡幸彦・飯塚哲子・井口啓太郎・谷口郁子編『講座づくりのコツとワザ―生涯学習デザインガイド―』

    朝岡 幸彦,井口 啓太郎,越村 康英,飯塚 哲子、谷口 郁子 他( 担当: 共著 ,  範囲: 第Ⅱ章第3節「幅広く伝える広報・宣伝の方法―企画者の想いを伝え、学びの輪を広げる―」(pp.51-58))

    国土社  2013年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 日本公民館学会編『公民館のデザイン―学びをひらき、地域をつなぐ―』

    浅野 平八,越村 康英 他( 担当: 共著 ,  範囲: 第Ⅱ章第4節「団体活動室・青年室の機能を発展させる」(pp.91-99))

    エイデル研究所  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 日本社会教育学会編『学びあうコミュニティを培う―社会教育が提案する新しい専門職像―』

    姉崎 洋一,上田 幸夫,越村 康英 他( 担当: 共著 ,  範囲: 第2部第2章第3節「社会教育指導員」(pp.67-73) ※井口啓太郎との共同執筆につき、本人執筆部分の抽出不可能。)

    東洋館出版社  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 上田幸夫・辻浩編著『現代の貧困と社会教育ー地域に根ざす生涯学習ー』

    辻 浩,上田 幸夫,越村 康英,野依 智子,飯塚 哲子,大島 英樹,片岡 了,井口 啓太郎,武田 るい子( 担当: 共著 ,  範囲: 第4章「社会的排除に挑む青年と障害者の学習」(pp.61-77))

    国土社  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 長澤成次編著『公民館で学ぶⅢー私たちの暮らしと地域を創るー』

    長澤 成次,越村 康英 他( 担当: 共著 ,  範囲: 第1章第3節「人権尊重社会の創造と公民館ーその課題と可能性ー」(pp.34-45))

    国土社  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 小林文人・佐藤一子編著『世界の社会教育施設と公民館ー草の根の参加と学びー』

    佐藤 一子,越村 康英,田村 達夫,小林 文人 他( 担当: 共著 ,  範囲: Ⅱ部第3章➀「青年学級を推進した公民館ー新潟県十日町市」(pp.352-365) ※田村達夫との共同執筆につき、本人執筆部分の抽出不可能)

    エイデル研究所  2001年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

担当授業科目(学内)

  • 2021年度年度,教育科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,生涯学習論,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,社会教育演習,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,社会教育特殊講義,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,社会教育計画論,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,キャリア形成の基礎,教養教育科目

  • 2021年度年度,人を育む営み-教育学への誘い-,教養教育科目

  • 2021年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2020年度年度,教育科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,生涯学習論,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,社会教育演習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,社会教育計画論,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,キャリア形成の基礎,教養教育科目

  • 2020年度年度,キャリア形成の基礎B,教養教育科目

  • 2020年度年度,キャリア形成の基礎B,教養教育科目

  • 2020年度年度,人を育む営み ー 教育学への誘い ー,教養教育科目

▼全件表示

社会貢献活動

  • 弘前大学「子どもの貧困」プロジェクト・セミナー「ヤングケアラーへの支援を考える」 調査報告「青森県のヤングケアラーについて考えるためにー高校生の生活実態に関するアンケート調査報告」 ※吉田美穂(弘前大学)との共同報告

    2022年02月20日

  • 弘前市教育委員会「令和3年度教育に関する事務の管理及び執行の状況の点検及び評価報告書」学識経験者による意見、令和4年3月

    2022年02月

  • 令和3年度地域学校協働活動推進委員会 委員

    2022年01月14日 - 2022年03月31日

  • 令和3年度 弘前市公民館関係職員研修会 「弘前型公民館の再構築にむけて② ー地区公民館の役割を探る 」:講義「公民館に期待される役割ー実際生活に即する『学び』の組織化と支援」

    2021年12月03日

  • 第71回秋田県公民館大会(基調講演)「コロナ禍における公民館実践の展開と課題ー公民館にできることとは」

    2021年11月11日

  • 令和3年度第2回合同学習会 講義「生涯学習・社会教育に求められる今日的な役割」

    2021年11月04日

  • 第43回全国公民館研究集会/令和3年度東北地区社会教育研究大会/第66回東北地区公民館大会(山形大会) 第3分科会「公民館活動と地域コミュニティ」助言者

    2021年10月14日

  • 令和3年度 弘前市公民館関係職員研修会 「弘前型公民館の再構築にむけて① ー中央公民館の役割を探る 」:講義「公民館の機能と職員の役割を再考するー実際生活に即する『学び』の組織化と支援」

    2021年06月24日

  • 令和3年度弘前大学社会教育主事講習運営委員会 委員・講師(副主任講師)

    2021年05月14日 - 2021年09月14日

  • 令和3年度生涯学習・社会教育総合調査事業に係る研究顧問

    2021年05月 - 2021年10月

  • 青森県総合社会教育センター「令和3年度生涯学習・社会教育関係職員研修講座(新任研修)」(社会教育 きほんの「き」) 講師

    2021年05月

  • 弘前市社会教育委員

    2021年04月 - 現在

  • 令和2年度弘前市公民館関係職員研修会「オンライン講座に向けて、事例から学びオンラインツールを体験する」 講評者

    2021年02月

  • 弘前市教育委員会「令和2年度教育に関する事務の管理及び執行の状況の点検及び評価報告書」学識経験者による意見、2021年2月

    2021年02月

  • 青森県総合社会教育センター「令和2年度生涯学習・社会教育関係職員研修講座」(地域に根ざした講座を企画するために) 講師

    2020年11月

  • 第60回関東甲信越静公民館研究大会 分科会「高齢者の学び・活動と公民館」 助言者

    2020年11月

  • 千葉県公民館連絡協議会 特別研究委員

    2014年02月 - 2020年09月

  • 浦安市公民館運営審議会 委員

    2013年09月 - 現在

  • 『月刊社会教育』編集協力委員

    2008年01月 - 現在

▼全件表示