2021/03/08 更新

写真a

ウエノ シンヤ
上野 伸哉
UENO SHINYA
所属
医学系 基礎医学領域
専任担当
医学研究科 脳神経血管病態研究施設 脳神経生理学講座

学位

  • 医学博士

研究キーワード

  • 電気生理学

  • 神経科学

研究分野

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

  • ライフサイエンス / 麻酔科学

  • ライフサイエンス / 実験動物学

所属学協会

  • 東北てんかん談話会

  • 日本てんかん学会

  • 日本麻酔学会

  • 日本神経科学学会

  • 神経科学(Society for Neuroscience)

  • 日本生理学会

  • 日本薬理学会

▼全件表示

自己PR

  • (連携キーワード)

    脳 痛み 神経障害 麻酔薬作用機序 GABA

    (研究概要)

    神経科学 神経生理分野
    神経系に発現するチャネル変異による機能変化、chanelopathyの 解明
     神経障害による神経因性疼痛の機序の研究
     麻酔薬の作用機序の研究
     受容体発現、スパイン変化による神経可塑性機構の研究

    (協力できる内容)

    脳スライスおよび培養細胞を用いたパッチクランプ法
    LTP記録および解析
    ラット及びマウス行動実験解析
    spine 形態変化 

    (PR)

    チャネル配列変異や、チャネルトラフィッキング異常によるチャネル機能異常の解明から、chanelopathyの機構解析を目指す

論文

  • Copy number variations in Japanese children with autism spectrum disorder.

    Yui Sakamoto, Shuji Shimoyama, Tomonori Furukawa, Masaki Adachi, Michio Takahashi, Tamaki Mikami, Michito Kuribayashi, Ayako Osato, Daiki Tsushima, Manabu Saito, Shinya Ueno, Kazuhiko Nakamura

    Psychiatric genetics   2021年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Sex-Related Differences in Anxiety and Functional Recovery after Spinal Cord Injury in Mice.

    Tatsuhiro Fukutoku, Gentaro Kumagai, Taku Fujita, Ayako Sasaki, Kanichiro Wada, Xizhe Liu, Toshihiro Tanaka, Hitoshi Kudo, Toru Asari, Yoshikazu Nikaido, Shinya Ueno, Yasuyuki Ishibashi

    Journal of neurotrauma   37 ( 21 )   2235 - 2243   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • GABA storage and release in the medial globus pallidus in L-DOPA-induced dyskinesia priming.

    Haruo Nishijima, Fumiaki Mori, Akira Arai, Gang Zhu, Koichi Wakabayashi, Motohiro Okada, Shinya Ueno, Noritaka Ichinohe, Chieko Suzuki, Tomoya Kon, Masahiko Tomiyama

    Neurobiology of disease   143   104979 - 104979   2020年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Anti-Epileptic Effects of FABP3 Ligand MF1 through the Benzodiazepine Recognition Site of the GABA A Receptor

    Yasushi Yabuki, Jiaqi Liu, Ichiro Kawahata, Hisanao Izumi, Yasuharu Shinoda, Kohei Koga, Shinya Ueno, Norifumi Shioda, Kohji Fukunaga

    International journal of molecular sciences   21 ( 15 )   5525   2020年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Triphenyltin disrupts intracellular Zn2+ homeostasis in rat thymic lymphocytes.

    Toshiya Ueno, Keisuke Oyama, Youn Jae Hyung, Shinya Ueno, Yasuo Oyama

    Toxicol in Vitro   65   104782 - 104782   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Lipopolysaccharide induces mouse translocator protein (18 kDa) expression via the AP-1 complex in the microglial cell line, BV-2.

    Shuji Shimoyama, Tomonori Furukawa, Yoshiki Ogata, Yoshikazu Nikaido, Kohei Koga, Yui Sakamoto, Shinya Ueno, Kazuhiko Nakamura

    PloS one   14 ( 9 )   e0222861 - e0222861   2019年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Phospholipase C-related inactive protein type-1 deficiency affects anesthetic electroencephalogram activity induced by propofol and etomidate in mice.

    Tomonori Furukawa, Yoshikazu Nikaido, Shuji Shimoyama, Yoshiki Ogata, Tetsuya Kushikata, Kazuyoshi Hirota, Takashi Kanematsu, Masato Hirata, Shinya Ueno

    Journal of anesthesia   33 ( 4 )   531 - 542   2019年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Zonisamide Enhances Motor Effects of Levodopa, Not of Apomorphine, in a Rat Model of Parkinson's Disease.

    Haruo Nishijima, Yasuo Miki, Shinya Ueno, Masahiko Tomiyama

    Parkinson's disease   2018   8626783 - 8626783   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Anti-hypersensitive effect of angiotensin (1-7) on streptozotocin-induced diabetic neuropathic pain in mice.

    Yoshiki Ogata, Wataru Nemoto, Ryota Yamagata, Osamu Nakagawasai, Shuji Shimoyama, Tomonori Furukawa, Shinya Ueno, Koichi Tan-No

    European journal of pain (London, England)   23 ( 4 )   739 - 749   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Chronic inflammatory pain induced GABAergic synaptic plasticity in the adult mouse anterior cingulate cortex.

    Kohei Koga, Shuji Shimoyama, Akihiro Yamada, Tomonori Furukawa, Yoshikazu Nikaido, Hidemasa Furue, Kazuhiko Nakamura, Shinya Ueno

    Molecular pain   14   1744806918783478 - 1744806918783478   2018年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Poor motor-function recovery after spinal-cord injury in anxiety-model mice with phospholipase C-related catalytically inactive protein type 1 knockout.

    Taku Fujita, Gentaro Kumagai, Xizhe Liu, Kanichiro Wada, Toshihiro Tanaka, Hitoshi Kudo, Toru Asari, Tatsuhiro Fukutoku, Ayako Sasaki, Yohshiro Nitobe, Yoshikazu Nikaido, Ken-Ichi Furukawa, Masato Hirata, Takashi Kanematsu, Shinya Ueno, Yasuyuki Ishibashi

    Journal of neurotrauma   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Levodopa treatment and dendritic spine pathology.

    Haruo Nishijima, Tatsuya Ueno, Yukihisa Funamizu, Shinya Ueno, Masahiko Tomiyama

    Movement disorders : official journal of the Movement Disorder Society   2017年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Morphological dendritic spine changes of medium spiny neurons in the nucleus accumbens in 6-hydroxydopamine-lesioned rats treated with levodopa.

    Yukihisa Funamizu, Haruo Nishijima, Tatsuya Ueno, Shinya Ueno, Hiroki Mizukami, Soroku Yagihashi, Masahiko Tomiyama

    Neuroscience research   121   49 - 53   2017年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Propofol Anesthesia Is Reduced in Phospholipase C-Related Inactive Protein Type-1 Knockout Mice.

    Yoshikazu Nikaido, Tomonori Furukawa, Shuji Shimoyama, Junko Yamada, Keisuke Migita, Kohei Koga, Tetsuya Kushikata, Kazuyoshi Hirota, Takashi Kanematsu, Masato Hirata, Shinya Ueno

    The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   361 ( 3 )   367 - 374   2017年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Spine enlargement of pyramidal tract-type neurons in the motor cortex of a rat model of levodopa-induced dyskinesia

    Tatsuya Ueno, Haruo Nishijima,Shinya Ueno and Masahiko Tomiyama

    Frontiers in Neuroscience   11   205   2017年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Activations of muscarinic M1 receptors in the anterior cingulate cortex contribute to the antinociceptive effect via GABAergic transmission

    Kohei Koga, Yu Matsuzaki, Kenji Honda, Fumihiro Eto, Tomonori Furukawa, Keisuke Migita, Keiichi Irie, Kenichi Mishima, and Shinya Ueno

    Molecular Pain   2017年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Chronic diazepam administration increases the expression of Lcn2 in the CNS.

    Tomonori Furukawa, Shuji Shimoyama, Yasuo Miki, Yoshikazu Nikaido, Kohei Koga, Kazuhiko Nakamura, Koichi Wakabayashi, Shinya Ueno

    Pharmacology research & perspectives   5 ( 1 )   e00283 - e00283   2017年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Levodopa-induced morphologic changes of prefrontal pyramidal tract-type neurons in a rat model of Parkinson's disease.

    Haruo Nishijima, Tatsuya Ueno, Shinya Ueno, Fumiaki Mori, Yasuo Miki, Masahiko Tomiyama

    Neuroscience research   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • HSP90 Regulation of P2X7 Receptor Function Requires an Intact Cytoplasmic C-Terminus.

    Keisuke Migita, Taku Ozaki, Shuji Shimoyama, Junko Yamada, Yoshikazu Nikaido, Tomonori Furukawa, Yuko Shiba, Terrance M Egan, Shinya Ueno

    Molecular pharmacology   90 ( 2 )   116 - 126   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • cis-3-Hexenol and trans-2-hexenal mixture prevents development of PTSD-like phenotype in rats.

    Yoshikazu Nikaido, Junko Yamada, Keisuke Migita, Yuko Shiba, Tomonori Furukawa, Toshihiro Nakashima, Shinya Ueno

    Behavioural brain research   297   251 - 258   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Spontaneous epileptic seizures in transgenic rats harboring a human ADNFLE missense mutation in the β2-subunit of the nicotinic acetylcholine receptor.

    Yuko Shiba, Fumiaki Mori, Junko Yamada, Keisuke Migita, Yoshikazu Nikaido, Koichi Wakabayashi, Sunao Kaneko, Motohiro Okada, Shinichi Hirose, Shinya Ueno

    Neuroscience research   100   46 - 54   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • p62 Deficiency Enhances alpha-Synuclein Pathology in Mice

    Tanji, K. Odagiri, S. Miki, Y. Maruyama, A. Nikaido, Y. Mimura, J. Mori, F. Warabi, E. Yanagawa, T. Ueno, S. Itoh, K. Wakabayashi, K.

    Brain pathology   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Morphological and electrophysiological changes in intratelencephalic-type pyramidal neurons in the motor cortex of a rat model of levodopa-induced dyskinesia.

    Tatsuya Ueno, Junko Yamada, Haruo Nishijima, Akira Arai, Keisuke Migita, Masayuki Baba, Shinya Ueno, Masahiko Tomiyama

    Neurobiology of disease   64   142 - 149   2014年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Morphologic changes of dendritic spines of striatal neurons in the levodopa-induced dyskinesia model.

    Haruo Nishijima, Satoko Suzuki, Tomoya Kon, Yukihisa Funamizu, Tatsuya Ueno, Rie Haga, Chihiro Suzuki, Akira Arai, Tamaki Kimura, Chieko Suzuki, Reiko Meguro, Yasuo Miki, Junko Yamada, Keisuke Migita, Noritaka Ichinohe, Shinya Ueno, Masayuki Baba, Masahiko Tomiyama

    Movement disorders : official journal of the Movement Disorder Society   29 ( 3 )   336 - 343   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Association of nonsense mutation in GABRG2 with abnormal trafficking of GABAA receptors in severe epilepsy.

    Atsushi Ishii, Takeshi Kanaumi, Miwa Sohda, Yoshio Misumi, Bo Zhang, Naoto Kakinuma, Yoshiko Haga, Kazuyoshi Watanabe, Sen Takeda, Motohiro Okada, Shinya Ueno, Sunao Kaneko, Sachio Takashima, Shinichi Hirose

    Epilepsy research   108 ( 3 )   420 - 432   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • The kick-in system: a novel rapid knock-in strategy.

    Yuko Tomonoh, Masanobu Deshimaru, Kimi Araki, Yasuhiro Miyazaki, Tomoko Arasaki, Yasuyoshi Tanaka, Haruna Kitamura, Fumiaki Mori, Koichi Wakabayashi, Sayaka Yamashita, Ryo Saito, Masayuki Itoh, Taku Uchida, Junko Yamada, Keisuke Migita, Shinya Ueno, Hiroki Kitaura, Akiyoshi Kakita, Christoph Lossin, Yukio Takano, Shinichi Hirose

    PloS one   9 ( 2 )   e88549 - e88549   2014年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A novel prophylactic effect of furosemide treatment on autosomal dominant nocturnal frontal lobe epilepsy (ADNFLE).

    Junko Yamada, Gang Zhu, Motohiro Okada, Shinichi Hirose, Shukuko Yoshida, Yuko Shiba, Keisuke Migita, Fumiaki Mori, Takayuki Sugawara, Lei Chen, Fang Liu, Shuichi Yoshida, Shinya Ueno, Sunao Kaneko

    Epilepsy research   107 ( 1-2 )   127 - 137   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Drebrin immunoreactivity in the striatum of a rat model of levodopa-induced dyskinesia.

    Haruo Nishijima, Akira Arai, Tamaki Kimura, Fumiaki Mori, Junko Yamada, Keisuke Migita, Koichi Wakabayashi, Masayuki Baba, Shinya Ueno, Masahiko Tomiyama

    Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology   33 ( 4 )   391 - 396   2013年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Phospholipase C-related but catalytically inactive protein modulates pain behavior in a neuropathic pain model in mice.

    Tomoya Kitayama, Katsuya Morita, Rizia Sultana, Nami Kikushige, Keisuke Mgita, Shinya Ueno, Masato Hirata, Takashi Kanematsu

    Molecular pain   9   23 - 23   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Properties of a novel GABAA receptor γ2 subunit mutation associated with seizures.

    Keisuke Migita, Junko Yamada, Yoshikazu Nikaido, XiuYu Shi, Sunao Kaneko, Shinichi Hirose, Shinya Ueno

    Journal of pharmacological sciences   121 ( 1 )   84 - 87   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Dysfunction of extrasynaptic GABAergic transmission in phospholipase C-related, but catalytically inactive protein 1 knockout mice is associated with an epilepsy phenotype

    Zhu, G. et al.

    J Pharmacol Exp Ther   340 ( 3 )   520 - 528   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Phenotypes of pain behavior in phospholipase C-related but catalytically inactive protein type 1 knockout mice

    Migita, K., Tomiyama, M., Yamada, J., Fukuzawa, M., Kanematsu, T., Hirata, M., Ueno, S.

    Molecular Pain   7   79   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Involvement of P2X2 and P2X3 receptors in dorsal root ganglion neurons of streptozotocin-induced diabetic neuropathy.

    Migita K, Honda K, Yamada J, Takano Y, Ueno S.

    Hirosaki Med J   Supple1 ( 61 )   255 - 261   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Modulation of P2X receptors in dorsal root ganglion neurons of streptozotocin-induced diabetic neuropathy

    Migita, K., Moriyama, T., Koguchi, M., Honda, K., Katsuragi, T., Takano, Y., Ueno, S.

    Neurosci Lett   452 ( 2 )   200 - 203   2009年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Orexin A decreases ketamine-induced anesthesia time in the rat: the relevance to brain noradrenergic neuronal activity.

    Tose R, Kushikata T, Yoshida H, Kudo M, Furukawa K, Ueno S, Hirota K.

    Anesth Analg   108 ( 2 )   491 - 495   2009年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Interaction between orexinergic neurons and NMDA receptors in the control of locus coeruleus-cerebrocortical noradrenergic activity of the rat

    Tose, R., Kushikata, T., Yoshida, H., Kudo, M., Furukawa, K., Ueno, S., Hir R., Kushikata, T., Yoshida, H., Kudo, M., Furukawa, K., Ueno, S., Hirota, Kushikata, T., Yoshida, H., Kudo, M., Furukawa, K., Ueno, S., Hirota, K.

    Brain Res   2009年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Rats Harboring S284L Chrna4 Mutation Show Attenuation of Synaptic and Extrasynaptic GABAergic Transmission and Exhibit the Nocturnal Frontal Lobe Epilepsy Phenotype

    Zhu, G. et al.

    J Neurosci   28 ( 47 )   12465 - 12476   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Caffeine-inducible ATP release is mediated by Ca2+-signal transducing system from the endoplasmic reticulum to mitochondria

    Katsuragi, T., Sato, C., Usune, S., Ueno, S., Segawa, M., Migita, K.

    Naunyn Schmiedebergs Arch Pharmacol   378 ( 1 )   93 - 101   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • アルツハイマー型老年認知症患者を介護する家族の介護負担に関する研究--介護者の介護負担感,バーンアウトスケールとコーピングの関連を中心に

    鹿子供宏 上野伸哉 安田肇

    老年精神医学雑誌   19 ( 3 )   333 - 341   2008年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Molecular Basis for the GABAA Receptor-Mediated Tonic Inhibition in Rat Somatosensory Cortex. "jointly worked"

    Yamada J, Furukawa T, Ueno S, Yamamoto S, Fukuda A.

    Cereb Cortex   17 ( 8 )   1782 - 1787   2007年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Insertion of {alpha}7 Nicotinic Receptors at Neocortical Layer V GABAergic Synapses Is Induced by a Benzodiazepine, Midazolam. "jointly worked"

    Yamamoto S, Yamada J, Ueno S, Kubota H, Furukawa T, Yamamoto S, Fukuda A.

    Cereb Cortex   17 ( 3 )   653 - 660   2007年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effects of interleukin-1beta on hippocampal glutamate and GABA releases associated with Ca(2+)-induced Ca(2+) releasing systems. "jointly worked"

    Zhu G, Okada M, Yoshida S, Mori F, Ueno S, Wakabayashi K, Kaneko S.

    Epilepsy Res   71 ( 2-3 )   107 - 116   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Propofol, an anesthetic possessing neuroprotective action against oxidative stress, promotes the process of cell death induced by H2O2 in rat thymocytes. "jointly worked"

    Chikutei K, Oyama TM, Ishida S, Okano Y, Kobayashi M, Matsui H, Horimoto K, Nishimura Y, Ueno SY, Oyama Y.

    Eur J Pharmacol   540 ( 1-3 )   18 - 23   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ヒトてんかんと同じ遺伝子異常をもつモデル動物

    廣瀬伸一 他

    脳と精神の医学   17 ( 2 )   157 - 160   2006年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Cytometric analysis of lidocaine-induced cytotoxicity: a model experiment using rat thymocytes. "joinetly worked"

    Nishimura Y, Kanada A, Yamaguchi JY, Horimoto K, Kobayashi M, Tatsuishi T, Kanemaru K, Ueno SY, Oyama Y.

    Toxicology   218 ( 1 )   48 - 57   2006年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Brain-type creatine kinase activates neuron-specific K+-Cl- co-transporter KCC2. "jointely worked"

    Inoue K, Yamada J, Ueno S, Fukuda A.

    J Neurochem   96 ( 2 )   598 - 608   2006年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Characterization of newly cloned variant of rat glycine receptor alpha1 subunit. "jointly worked"

    Inoue K, Ueno S, Yamada J, Fukuda A.

    Biochem Biophys Res Commun   327 ( 1 )   300 - 305   2005年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Differential functional expression of cation-Cl- cotransporter mRNAs (KCC1, KCC2, and NKCC1) in rat trigeminal nervous system. "jointly worked"

    Toyoda H, Yamada J, Ueno S, Okabe A, Kato H, Sato K, Hashimoto K, Fukuda A.

    Brain Res Mol Brain Res   133 ( 1 )   12 - 18   2005年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Transgenic expression of enhanced green fluorescent protein enables direct visualization for physiological studies of vasopressin neurons and isolated nerve terminals of the rat. "jointly worked"

    Ueta Y, Fujihara H, Serino R, Dayanithi G, Ozawa H, Matsuda K, Kawata M, Yamada J, Ueno S, Fukuda A, Murphy D.

    Endocrinology   146 ( 1 )   406 - 413   2005年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Malfunction of respiratory-related neuronal activity in Na+, K+-ATPase alpha2 subunit-deficient mice is attributable to abnormal Cl- homeostasis in brainstem neurons. "jointly worked"

    Ikeda K, Onimaru H, Yamada J, Inoue K, Ueno S, Onaka T, Toyoda H, Arata A, Ishikawa TO, Taketo MM, Fukuda A, Kawakami K.

    J Neurosci   24 ( 47 )   10693 - 10701   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Zonisamide at clinically relevant concentrations inhibits field EPSP but not presynaptic fiber volley in rat frontal cortex. "jointly worked"

    Huang CW, Ueno S, Okada M, Kaneko S.

    Epilepsy Res   67 ( 1-2 )   51 - 60   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Interaction of neuron-specific K+-Cl- cotransporter, KCC2, with brain-type creatine kinase. "jointly worked"

    Inoue K, Ueno S, Fukuda A.

    FEBS Lett   564 ( 1-2 )   131 - 135   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Differential effects of intraplantar capsazepine and ruthenium red on capsaicin-induced desensitization in mice. "jointly worked"

    Sakurada T, Matsumura T, Moriyama T, Sakurada C, Ueno S, Sakurada S.

    Pharmacol Biochem Behav   75 ( 1 )   115 - 121   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • ボロン ブールペープ 生理学

    泉井亮 河南洋 久保川学 青木史 赤池紀夫 石川義弘 上田陽一 上野伸哉 他( 担当: 共訳 ,  範囲: 6,7章)

    西村書店  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

総説・短報・翻訳等

  • GABAA受容体応答の制御機構

    上野伸哉, 古川智範, 二階堂義和, 下山修司, 柴祐子, 山田順子,

    弘前医学   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • GABAA受容体g-subunitを介した機能変異

    上野伸哉

    生体の科学   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団   共著区分:単著  

  • 可塑性と臨床:痛み

    右田啓介, 山田順子, 上野伸哉

    Clinical Neurosci   29 ( 7 )   836 - 838   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:中外医学社   共著区分:共著  

  • ヒトてんかん遺伝子を導入したてんかんモデル動物の開発:てんかんの分子病態の解析

    岡田元宏 他

    てんかん治療研究振興財団研究年報   20   39 - 44   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:てんかん治療研究振興財団   共著区分:共著  

  • 医学部医学科3年生に対するチュートリアル導入授業-「ラージクラス・チュートリアル」による試み-

    加藤博之 他

    21世紀教育フォーラム   4   17 - 26   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:弘前大学21世紀教育フォーラム教育センター   共著区分:共著  

担当授業科目(学内)

  • 2020年度年度,生活習慣と健康(L),21世紀教育科目

  • 2020年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,生理学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,生理学実習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,神経科学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,生命化学倫理学,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2020年度年度,医学・医療の世界-脳のしくみ-,教養教育科目

  • 2020年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2019年度年度,医学英語Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,神経科学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,PBL,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,生命化学倫理学,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2019年度年度,医学・医療の世界-脳のしくみ-,教養教育科目

  • 2019年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2018年度年度,生活習慣と健康(L),21世紀教育科目

  • 2018年度年度,医の原則Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,医学英語Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,基礎医学概論,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,神経科学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,PBL,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,生命化学倫理学,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2018年度年度,医学・医療の世界-脳のしくみ-,教養教育科目

  • 2018年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2017年度年度,生活習慣と健康(L),21世紀教育科目

  • 2017年度年度,医の原則Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,医学英語Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,基礎医学概論,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,神経科学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,PBL,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,医学研究概論I,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2017年度年度,生命化学倫理学,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2017年度年度,医学・医療の世界-脳のしくみ-,教養教育科目

  • 2017年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2016年度年度,医の原則Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,医学英語Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,基礎医学概論,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,神経科学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,医学研究概論I,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2016年度年度,生命化学倫理学,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2016年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2016年度年度,脳のしくみ,教養教育科目

  • 2015年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2015年度年度,生活習慣と健康(L),21世紀教育科目

  • 2015年度年度,医の原則Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,医学英語Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,基礎医学概論,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,神経科学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,医学研究概論I,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2015年度年度,生命化学倫理学,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2014年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2014年度年度,基礎科学実験,21世紀教育科目

  • 2014年度年度,生活習慣と健康(L),21世紀教育科目

  • 2014年度年度,医の原則Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,基礎医学概論,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,神経科学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,医学研究概論I,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2014年度年度,生命化学倫理学,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2013年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2013年度年度,基礎科学実験,21世紀教育科目

  • 2013年度年度,生活習慣と健康(L),21世紀教育科目

  • 2013年度年度,医の原則Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,基礎医学概論,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,神経科学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,PBL,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2012年度年度,基礎科学実験,21世紀教育科目

  • 2012年度年度,生活習慣と健康(L),21世紀教育科目

  • 2012年度年度,医の原則Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,医学英語 I,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,基礎医学概論,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,神経科学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,PBL,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2011年度年度,基礎科学実験,21世紀教育科目

  • 2011年度年度,生活習慣と健康(L),21世紀教育科目

  • 2011年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,チュートリアル(後),専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,医学英語Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,医学英語 I,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,基礎医学概論,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,神経科学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,PBL,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,医学研究概論(前期),博士一貫課程・博士後期課程

  • 2010年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2010年度年度,基礎科学実験(生物),21世紀教育科目

  • 2010年度年度,PBL,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,医学英語 I,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,基礎医学概論,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,発展生命科学 I,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,医学研究概論(前期),博士一貫課程・博士後期課程

  • 2009年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2009年度年度,基礎科学実験(生物),21世紀教育科目

  • 2009年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,医学英語 I,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,発展生命科学 I,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2008年度年度,基礎科学実験(生物),21世紀教育科目

  • 2008年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,医学英語 II,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,発展生命科学 I,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2007年度年度,基礎科学実験(生物),21世紀教育科目

  • 2007年度年度,生活習慣と健康(H),21世紀教育科目

  • 2007年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,医学英語 II,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,発展生命科学 I,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,医学研究概論(前期),博士一貫課程・博士後期課程

  • 2007年度年度,神経科学研究セミナー,博士一貫課程・博士後期課程

▼全件表示

社会貢献活動

  • 放送大学講師

    2007年06月