2021/03/31 更新

写真a

カシワギ アキコ
柏木 明子
KASHIWAGI AKIKO
所属
自然科学系 農学・生命科学領域
専任担当
農学生命科学部 食料資源学科

学位

  • 博士(工学)

研究分野

  • ライフサイエンス / 進化生物学

所属学協会

  • バイオインダストリー協会

  • 日本生物工学会

  • 日本進化学会

  • 日本生物物理学会

論文

  • The single-stranded RNA bacteriophage Qβ adapts rapidly to high temperatures: an evolution experiment

    Md. Tanvir Hossain, Toma Yokono and Akiko Kashiwagi

    Viruses-Basel   12 ( 6 )   638   2020年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Complete genomic sequence of the Pseudomonas lactis bacteriophage HU1 isolated from raw cow’s milk

    Chikage Tanaka, Takahiro Nakayama, Takahiro Toba, and Akiko Kashiwagi

    Archives of Virology   165 ( 1 )   215 - 217   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Influence of adaptive mutations, from thermal adaptation experiments, on the infection cycle of RNA bacteriophage Qβ.

    Akiko Kashiwagi, Tamami Kadoya, Naoya Kumasaka, Tomofumi Kumagai, Fumie Sano Tsushima, Tetsuya Yomo

    Archives of virology   163 ( 10 )   2655 - 2662   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A Lytic Bacteriophage for Controlling Pseudomonas lactis in Raw Cow's Milk.

    Chikage Tanaka, Kohsuke Yamada, Honami Takeuchi, Yoshio Inokuchi, Akiko Kashiwagi, Takahiro Toba

    Applied and environmental microbiology   84 ( 18 )   2018年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Characterization of a single mutation in TraQ in a strain of Escherichia coli partially resistant to Qβ infection

    Akiko Kashiwagi, Hikari Kitamura, Fumie Sano Tsushima

    Frontiers in Microbiology   6   124   2015年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Contribution of silent mutations to thermal adaptation of RNA bacteriophage Qβ

    Kashiwagi A, Sugawara R, Sano Tsushima F, Kumagai T, Yomo T.

    Journal of Virology   88 ( 19 )   11459 - 11468   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Adaptation of a cyanobacterium to a biochemically rich environment in experimental evolution as an initial step toward a chloroplast-like state

    Hosoda K, Habuchi M, Suzuki S, Miyazaki M, Takikawa G, Sakurai T, Kashiwagi A, Sueyoshi M, Matsumoto Y, Kiuchi A, Mori K, Yomo T.

    PLoS ONE   9 ( 5 )   e98337   2014年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Quantitative comparison of the RNA bacteriophage Qβ life cycle in rich and minimal media

    Tomonori Inomata, Hitomi Kimura, Haruki Hayasaka, Akinori Shiozaki, Yasuhiro Fujita, Akiko Kashiwagi

    Archives of Virology   2012年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ongoing phenotypic and genomic changes in experimental coevolution of RNA bacteriophage Qβ and Escherichia coli

    Akiko Kashiwagi, Tetsuya Yomo

    PLoS Genetics   7 ( 8 )   2011年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Adaptation by stochastic switching of a monostable genetic circuit in Escherichia coli

    Saburo Tsuru, Nao Yasuda, Yoshie Murakami, Junya Ushioda, Kotaro Mori, Akiko Kashiwagi, Shingo Suzuki, Bei-Wen Ying, Tetsuya Yomo

    Molecular Systems Biology   7   2011年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Cooperative adaptation to establishment of a synthetic bacterial mutualism

    Kazufumi Hosoda, Shingo Suzuki, Yoshinori Yamauchi, Yasunori Shiroguchi, Akiko Kashiwagi, Naoaki Ono, Kotaro Mori, Tetsuya Yomo

    PLoS ONE   6 ( 2 )   2011年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Transition from positive to neutral in mutation fixation along with continuing rising fitness in thermal adaptive evolution

    Toshihiko Kishimoto, Leo Iijima, Makoto Tatsumi, Naoaki Ono, Ayana Oyake, Tomomi Hashimoto, Moe Matsuo, Masato Okubo, Shingo Suzuki, Kotaro Mori, Akiko Kashiwagi, Chikara Furusawa, Bei-Wen Ying, Tetsuya Yomo

    PLoS Genetics   6 ( 10 )   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Noisy growth rate leads to fluctuating protein concentration in bacteria

    Saburo Tsuru, Junya Ichinose, Akiko Kashiwagi, Bei-Wen Ying, Kunihiko Kaneko, Tetsuya Yomo

    Physical Biology   6   036015 - 036023   2009年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Evolution of carrying capacity in evolution experiments focusing on a single locus on the Escherichia coli chromosome

    Kotaro Mori, Akiko Kashiwagi, Itaru Urabe and Tetsuya Yomo

    BioSystems   95 ( 2 )   114 - 119   2009年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Construction of Escherichia coli Gene Expression Level Perturbation Collection

    Akiko Kashiwagi, Takahiro Sakurai, Saburo Tsuru, Bei-Wen Ying, Kotaro Mori and Tetsuya Yomo

    Metabolic Engineering   11 ( 1 )   56 - 63   2009年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Phenotypic plasticity of Escherichia coli at initial stage of symbiosis with Dictyostelium discoideum

    Akito Yamada, Shin-Ichi Matsuyama, Masahiko Todoriki, Akiko Kashiwagi, Itaru Urabe, Tetsuya Yomo

    BioSystems   92   1 - 9   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • An improved physico-chemical model of hybridization on high-density oligonucleotide microarrays

    Naoki Ono, Shingo Suzuki, Chikara Furusawa, Tomoharu Agata, Akiko Kashiwagi, Hiroshi Shimizu and Tetsuya Yomo

    Bioinformatics   24 ( 10 )   1278 - 1285   2008年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Experimental optimization of probe length to increase the sequence specificity of high-density oligonucleotide microarrays

    Shingo Suzuki, Naoki Ono, Chikara Furusawa, Akiko Kashiwagi and Tetsuya Yomo

    BMC Genomics   8   373   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Insight into the sequence specificity of a probe on an Affymetrix GeneChip by titration experiments using only one oligonucleotide

    Shingo Suzuki, Chikara Furusawa, Naoki Ono, Akiko Kashiwagi, Itaru Urabe and Tetsuya Yomo

    BIOPHYSICS   3   47 - 56   2007年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Analysis of Fluctuation in Protein Abundance without Promoter Regulation based on Escherichia coli Continuous Culture

    Tadashi Yamada, Chikara Furusawa, Keisuke Nagahisa, Akiko Kashiwagi, Tetsuya Yomo, and Hiroshi Shimizu

    BioSystems   90 ( 3 )   614 - 622   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Adaptive Response of a Gene Network to Environmental Changes by Fitness-induced Attractor Selection

    Akiko Kashiwagi, Itaru Urabe, Kunihiko Kaneko and Tetsuya Yomo

    Plos ONE   1 ( 1 )   e49 - e49   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Inherent Characteristics of Gene Expression for Buffering Environmental Changes

    Takao Suzuki, Akiko Kashiwagi, Itaru Urabe and Tetsuya Yomo

    BIOPHYSICS   2   63 - 70   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Analysis of fluctuation in gene expression based on continuous culture system

    Tadashi Yamada, Makoto Sadamitsu, Keisuke Nagahisa, Akiko Kashiwagi, Chikara Furusawa, Tetsuya Yomo, and Hiroshi Shimizu

    Bio-ADIT 2006   113 - 127   2006年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Ubiquity of log-normal distributions in intra-cellular reaction dynamics

    Chikara Furusawa, Takao Suzuki, Akiko Kashiwagi, Tetsuya Yomo and Kunihiko Kaneko

    BIOPHYSICS   1   25 - 31   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • History dependent effect on phenotypic expression of a newly emerged gene

    Takao Suzuki , Akiko Kashiwagi , Kotaro Mori , Itaru Urabe and Tetsuya Yomo

    BioSystems   77 ( 1-3 )   137 - 141   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Analysis of Cell Population Dynamics in Continuous Culture of Escherichia coli

    Tadashi Yamada, Kouichi.Maeoka, Akiko Kashiwagi, Keisuke Nagahisa,

    Proceeding of Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering   3P ( 01 )   087   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Plasticity of fitness and diversification process during an experimental molecular evolution

    Akiko Kashiwagi, Wataru Noumachi, Masato Katsuno, Mohammad. T. Alam, Itaru Urabe and Tetsuya Yomo

    Journal of Molecular Evolution   52 ( 6 )   502 - 509   2001年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • How small can the difference among competitors be for coexistence to Occur

    Akiko Kashiwagi, Tadashi Kanaya, Tetsuya Yomo, and Itaru Urabe

    Researches on Population Ecology   40 ( 2 )   223 - 226   1998年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Fate of a mutant emerging at the initial stage of evolution

    Xu Wei.-Zhong., Akiko Kashiwagi, Tetsuya Yomo, and Itaru Urabe

    Researches on Population Ecology   38 ( 2 )   231 - 237   1996年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Experimental Molecular Evolution Showing Flexibility of Fitness Leading to

    Akiko Kashiwagi, Wataru Noumachi, Masato Katsuno, Mohammad. T. Alam, Itaru Urabe and Tetsuya Yomo( 担当: 共著)

    Springer-Verlag Berlin Heidelberg  2004年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • シリーズ・ニューバイオフィジックスII 複雑系のバイオフィジックス 第4章 大腸菌を用いた実験室内進化

    柏木 明子,四方 哲也( 担当: 共著)

    共立出版株式会社  2001年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

総説・短報・翻訳等

  • フラスコの中で変異と選択を繰り返す実験進化 酵素の機能改変から生物進化の仮説検証まで

    柏木 明子

    日本農芸化学会誌 化学と生物   4   202 - 203   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • RNA バクテリオファージQβ の高温適応実験進化における適応機構

    柏木明子

    (独)日本学術振興会「科研費NEWS」(2018年度VOL.1)   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著  

  • 微生物を用いたフラスコの中での実験進化

    柏木明子

    生産と技術   66 ( 4 )   30 - 32   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:社団法人 生産技術振興協会   共著区分:単著  

  • フラスコの中の微生物生態系

    柏木 明子

    日本生物工学会誌   89 ( 7 )   411   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:公益社団法人 日本生物工学会   共著区分:単著  

  • 生命システム探求への構成的アプローチにおけるBD FACS™フローサイトメーターの応用

    森 光太郎、角南 武志、伊藤 洋一郎、柏木 明子、四方 哲也

    BD Biosciences Cell Analysis Science Avanzato   4   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:ベクトンディッキンソン   共著区分:共著  

  • Dynamic Behavior of Cell Distribution in Continuous Culture of Escherichia coli

    Tadashi Yamada, Kohei Maeoka, Akiko Kashiwagi, Keisuke Nagahisa, Chikara Furusawa, Suteaki Shioya, Tetsuya Yomo, Hiroshi Shimizu

    ソフトウエアバイオロジー   4   31 - 36   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:化学工学会   共著区分:共著  

▼全件表示

受賞

  • 長瀬研究振興賞

    2020年04月

  • 平成27年度弘前大学学術特別賞 若手優秀論文賞

    2016年02月

  • 第1回BIOPHYSICS論文賞

    2012年06月

  • Zukerkandl Prize

    2002年01月

担当授業科目(学内)

  • 2020年度年度,統計学の基礎,21世紀教育科目

  • 2020年度年度,データ解析の基礎,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,バイオテクノロジー実験,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,微生物バイオテクノロジーⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,微生物バイオテクノロジーⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,食料資源学基礎実験,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,食料資源学演習I,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,食料資源学演習II,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,実践特別演習I,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,実践特別研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,構成的生態学I,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,構成的生態学II,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,専攻別特別演習(連大),博士一貫課程・博士後期課程

  • 2020年度年度,特別研究(連大),博士一貫課程・博士後期課程

  • 2020年度年度,生物学の世界-生命科学研究概論-,教養教育科目

  • 2020年度年度,農学の世界-農学領域のバイオテクノロジー-,教養教育科目

  • 2019年度年度,バイオテクノロジー実験,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,専門英語,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,微生物バイオテクノロジーⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,微生物バイオテクノロジーⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,海外研修入門,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,生物資源学演習I,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,生物資源学演習II,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,学術特別演習II,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,学術特別研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,実践特別演習II,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,実践特別研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,専攻別特別演習(連大),修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,構成的生態学I,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,構成的生態学II,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,特別研究(連大),修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,科学英語,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2018年度年度,統計学の基礎,21世紀教育科目

  • 2018年度年度,データ解析の基礎,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,バイオテクノロジー実験,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,微生物バイオテクノロジーⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,微生物バイオテクノロジーⅡ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,海外研修入門,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,生物資源学演習I,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,生物資源学演習II,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,食料資源学専門実験,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,学術特別演習I,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,学術特別研究I,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,構成的生態学I,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,構成的生態学II,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,生物資源科学特別研究,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2018年度年度,生物学の世界-生命科学研究概論-,教養教育科目

  • 2018年度年度,農学の世界-農学領域のバイオテクノロジー-,教養教育科目

  • 2017年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2017年度年度,バイオテクノロジー実験,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,微生物バイオテクノロジーⅠ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,生物資源学演習I,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,生物資源学演習II,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,食品加工・貯蔵学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,学術特別演習II,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,学術特別研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,実践特別演習I,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,実践特別研究I,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,構成的生態学I,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,構成的生態学II,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,科学英語,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,地域学ゼミナール,教養教育科目

  • 2017年度年度,工学の世界-生物の科学・技術-,教養教育科目

  • 2016年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,データ解析の基礎,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,専門英語I,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,生物資源学演習I,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,生物資源学演習II,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,食品加工・貯蔵学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,食品学実験,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,食品機能・安全評価学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,学術特別演習I,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,学術特別研究I,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,構成的生態学I,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,構成的生態学II,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,科学英語,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,工学の世界-生物の科学・技術-,教養教育科目

  • 2016年度年度,農学の世界-農学領域のバイオテクノロジー-,教養教育科目

  • 2015年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2015年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2015年度年度,専門英語Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,生物資源学演習I,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,食品加工・貯蔵学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,食品学実験,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,食品機能・安全評価学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,生物の科学・技術(B),21世紀教育科目

  • 2014年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2014年度年度,専門英語Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,生物資源学演習I,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,農学生命化学概論II,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,食品加工・貯蔵学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,食品学実験,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,食品機能・安全評価学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,科学英語,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,生物の科学・技術(B),21世紀教育科目

  • 2013年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2013年度年度,専門英語Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,生物資源学演習I,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,食品加工・貯蔵学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,食品学実験,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,食品機能・安全評価学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2012年度年度,生物の科学・技術(B),21世紀教育科目

  • 2012年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2012年度年度,専門英語Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,食品加工・貯蔵学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,食品学実験,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,食品機能・安全評価学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,生物の科学・技術(B),21世紀教育科目

  • 2011年度年度,生物学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2011年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,専門英語I,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,生物資源学演習I,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,生物資源学演習II,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,食品プロセス工学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,食品分析学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,食品加工・貯蔵学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,食品学実験,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,食品機能・安全評価学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,応用生命工学専攻セミナー ,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,応用生命工学専攻課題研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,食品化学,修士課程・博士前期課程

  • 2010年度年度,最先端生命科学概論(A),21世紀教育科目

  • 2010年度年度,生物の科学・技術B,21世紀教育科目

  • 2010年度年度,生物学の基礎II(A),21世紀教育科目

  • 2010年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,専門英語I,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,応用生命工学演習,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,生物資源学演習I,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,生物資源学演習II,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,食品加工・貯蔵学,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,食品機能・安全評価学,専門教育科目(学部)

  • 2010年度年度,応用生命工学専攻セミナー ,修士課程・博士前期課程

  • 2010年度年度,応用生命工学専攻課題研究I,修士課程・博士前期課程

  • 2010年度年度,応用生命工学専攻課題研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2010年度年度,食品化学,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,基礎ゼミ,21世紀教育科目

  • 2009年度年度,生物学の基礎II(A),21世紀教育科目

  • 2009年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,専門英語,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,応用生命工学演習,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,応用生命工学科実験 (食品工学実験),専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,食品プロセス工学,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,食品分析学,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,応用生命工学専攻セミナー ,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,応用生命工学専攻基礎研究I,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,応用生命工学専攻基礎研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,食品化学,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,最先端生命科学概論(A),21世紀教育科目

  • 2008年度年度,生物の科学・技術B,21世紀教育科目

  • 2008年度年度,生物学の基礎IIB,21世紀教育科目

  • 2008年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,応用生命工学演習,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,応用生命工学科実験 (食品工学実験),専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,文献講読,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,食品プロセス工学,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,食品分析学,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,応用生命工学専攻セミナー,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,食品化学,修士課程・博士前期課程

▼全件表示

社会貢献活動

  • 弘前大学ドリーム講座

    2008年12月

  • 弘前大学ドリーム講座

    2007年11月