2021/03/24 更新

写真a

ハシモト マサル
橋本 勝
HASHIMOTO MASARU
所属
自然科学系 農学・生命科学領域
専任担当
農学生命科学部 分子生命科学科

学位

  • 理学博士

研究分野

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

所属学協会

  • 新規素材探索研究会

  • アメリカ化学会

  • 日本農芸化学会

  • 天然有機化合物討論会

  • 有機合成化学協会

  • 日本化学会

▼全件表示

自己PR

  • (連携キーワード)

    生理活性天然物
    有機合成

    (研究概要)

    生命活動は、さまざまな有機化合物によってコントロールされています。食べ物からエネルギーを得ること、目で物を見ること、頭痛になるのも、治るもの、全てそれらをつかさどっている分子があります。天然物有機化学では、それら分子の構造を明らかにし、そのものを化学合成し生物学実験に提供したり、さらに構造を人工的に変換して天然には見られない高機能物質を開発、医薬、農薬への応用を目指します。

    (協力できる内容)

    生理活性物質の検索とその構造決定

論文

  • Oxidative Ring Contraction by a Multifunctional Dioxygenase Generates the Core Cycloocatadiene in the Biosynthesis of Fungal Dimeric Anhydride Zopfiellin

    Tetsuya ShiinaTaro OzakiYusuke MatsuShota NagamineChengwei LiuMasaru HashimotoAtsushi Minami, Hideaki Oikawa

    Organic Letters   22 ( 5 )   1997 - 2001   2020年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Identification of neomacrophorins isolated from Trichoderma sp. 1212-03 as proteasome inhibitors.

    Uesugi S, Honmura Y, Nishiyama M, Kusakabe K, Tonouchi A, Yamashita T, Hashimoto M, Kimura K-i.

    Bioorganic & Medicinal Chemistry   27 ( 24 )   115161   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • DFT calculation–assisted stereo‐structural assignment of arundifungin

    Mami Nishiyama Akio Tonouchi Hayato Maeda Masaru Hashimoto

    Chirality   32 ( 1 )   17 - 31   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • DFT計算支援による天然物のNMR解析

    橋本勝、福士江里、Warren Hehre

    日本核磁気共鳴学会機関紙   10   31 - 41   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Cyclopericodiol and Novel Chlorinated Melleins Isolated from Periconia macrospinosa KT3863

    Kota Inose, Kazuaki Tanaka, Hiroyuki Koshino, Masaru Hashimoto

    Tetrahedron   75 ( 35 )   130470   2019年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • An Efficient Protocol for Accurately Calculating 13C Chemical Shifts of Conformationally Flexible Natural Products: Scope, Assessment and Limitations.

    Warren Hehre, Phillip Klunzinger, Bernard Deppmeier, Andy Driessen, Noritaka Uchida, Masaru Hashimoto, Eri Fukushi, Yusuke Takata

    Journal of Natural Products   82 ( 8 )   2299 - 2306   2019年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Biosynthetic machinery of 6‐hydroxymellein derivatives leading to cyclohelminthols and palmaenones

    Takahiro Ugai, Atsushi MInami, Shizuya Tanaka, Raro Ozaki, Chengwei Liu, Hideyuki Shigemori, Masaru Hashimoto, Hideaki Oikawa

    ChemBioChem   20 ( 1 )   1 - 9   2019年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Neomacrophorin and Premacrophorin Congeners from Trichoderma sp. 1212-03

    Mami NIshiyama, Hayato Maeda, Akito Tonouchi, Masaru Hashimoto

    Tetrahedron   75 ( 22 )   2993 - 3000   2019年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Isolation of Peribysins O, P, and Q from Periconia macrospinosa KT3863 and Configurational Reinvestigation of Peribysin E Diacetate from Periconia byssoides OUPS-N133

    2.Kota Inose, Kazuaki Tanaka, Takeshi Yamada, Hiroyuki Koshino, Masaru Hashimoto

    Journal of Natural Products   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Structure-Activity Relationships of Trichothecenes against COLO201 Cells and Cochliobolus miyabeanus: The Role of 12-Epoxide and Macrocyclic Moieties

    1.Manami Matsumoto, Mami Nishiyama, Hayato Maeda, Akio Tonouchi, Katsuhiro Konno, Masaru Hashimoto

    Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters   29   982 - 985   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Structure of two purple pigments, catechiopyranocyanidins A and B from the seed-coat of the small red bean, Vigna angularis

    3.Yoshida, K.; Nagai, N.; Ichikawa, Y.; Goto, M.; Kazuma, K.; Oyama, K.-i.; Koga, K.; Hashimoto, M.; Iuchi, S.; Takaya, Y.; Kondo, T.,

    Scientific Reports   9   1484   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Biosynthetic study of conidiation-inducing factor conidiogenone: heterologous production and cyclization mechanism of a key bifunctional diterpene synthase.

    4.Shiina, T.; Nakagawa, K.; Fujisaki, Y.; Ozaki, T.; Liu, C.; Toyomasu, T.; Hashimoto, M.; Koshino, H.; Minami, A.; Kawaide, H.; Oikawa, H.

    Biosci. Biotech. Biochem.   83 ( 2 )   192 - 201   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis of Chiral Nonracemic α-Difluoromethylthio Compounds with Tetrasubstituted Stereogenic Centers via a Palladium-Catalyzed Decarboxylative Asymmetric Allylic Alkylation

    Hiroya Kondo, Mayaka Maeno, Kenta Sasaki, Ming Guo, Masaru Hashimoto, Motoo Shiro, Norio Shibata

    Organic Letters   20 ( 22 )   7044 - 7048   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • リンゴ果実におけるマイコパラサイト現象の生物有機化学

    橋本勝

    日本農薬学会誌   43 ( 2 )   101 - 108   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 天然物構造決定におけるDFT計算の活用

    橋本勝

    有機合成化学協会誌   76 ( 8 )   842 - 850   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 12-Deoxyroridin J and 12-Deoxyepiisororidin E from Calcarisporium arbuscular

    Manami Matsumoto, Shizuya Tanaka, Akio Tonouchi, Masaru Hashimoto

    Tetrahedron Letters   59 ( 21 )   1992 - 1995   2018年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Cyclohelminthols Y1-Y4 Metabolites Possessing Two Spirocyclopropanes in their Structure

    Shizuya Tanaka, Kazuaki Tanaka, Hayato Maeda, Masaru Hashimoto

    Journal of Organic Chemistry   83 ( 10 )   5688 - 5697   2018年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Stereochemical Correction and Total Structure of Roridin J

    Manami Matsumoto, Atsushi Ito, Akio Tonouchi, Masaaki Okazaki, Masaru Hashimoto

    Tetrahedron   73 ( 36 )   5430 - 5435   2017年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Cyclohelminthol X, a Hexa-substituted Spirocyclopropane from Helminthosporium velutinum yone96: Structural Elucidation, Electronic Circular Dichroism Analysis, and Biological Properties

    Shizuya Tanaka, Yuna Honmura, Shota Uesugi, Eri Fukushi, Kazuaki Tanaka, Hayato Maeda, Ken-ichi Kimura, Tatsuo Nehira, Masaru Hashimoto

    Journal of Organic Chemistry   82 ( 11 )   5574 - 5582   2017年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Neomacrophorin X, a [4.4.3]Propellane-typed Meroterpenoid from Trichoderma sp. 1212-03

    Kazuaki Kusakabe, Yuna Honmura, Shota Uesugi, Akio Tonouchi, Hayato Maeda, Ken-ichi Kimura, Hiroyuki Koshino, and Masaru Hashimoto

    Journal of Natural Products   80 ( 5 )   1484 - 1492   2017年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Homopetasinic acid isolated from Diaporthe sp. strain 1308-05

    1.Atsushi Ito, Ikuya Kumagai, Miku Maruyama, Hayato Maeda, Akio Tonouchi, Tatsuo Nehira, Ken-ichi Kimura, and Masaru Hashimoto

    Tetrahedron Letters   57 ( 10 )   1117 - 1119   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Isolation, absolute structures, and biological properties of cyclohelminthols I–IV from Helminthosporium velutinum yone96

    2.Yuna Honmura, Shota Uesugi, Hayato Maeda, Kazuaki Tanaka, Tatsuo Nehira, Ken-ichi Kimura, Masaaki Okazaki, Masaru Hashimoto

    Tetrahedron   72 ( 10 )   1400 - 1405   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Homojesterones: vinylogous analogues of jesterone from Helminthosporium velutinum TS28

    3.Miki Arayama, Shota Uesugi, Kazuaki Tanaka, Hayato Maeda, Tatsuo Nehira, Ken-ichi Kimura, Masaru Hashimoto

    Tetrahedron Letters   57 ( 7 )   1031 - 1035   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 4.Miki Arayama, Hayato Maeda, Kazuaki Tanaka, Noboru Takada, Tatsuo Nehira, Masaru Hashimoto

    4.Miki Arayama, Hayato Maeda, Kazuaki Tanaka, Noboru Takada, Tatsuo Nehira, Masaru Hashimoto

    Tetrahedron   71 ( 41 )   7900 - 7905   2015年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Isolation, ECD assisted structural analyses, biosynthetic discussions, and biological activities of epi-cochlioquinones D and its derivatives

    2.Miki Arayama, Tatsuo Nehira, Hayato Maeda, Kazuaki Tanaka, Hisashi Miyagawa, Tamio Ueno, Seijiro Hosokawa, Masaru Hashimoto

    Tetrahedron   71 ( 29 )   4788 - 4794   2015年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • リンゴ果実上におけるマイコパラサイト現象の分子機構

    橋本勝

    有機合成化学協会誌   73 ( 3 )   230 - 240   2015年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Isotopic Differentiation Protocol, a Selective Extraction of C- and N-Terminal Ions in ESI-Ms/Ms De Novo Peptide Sequencing

    Mako Fujii, Hiroshi Chiba, Noriko Tamayama, Saki Kanamaru, and Masaru Hashimoto

    Natural Products Chemistry & Research   3 ( 1 )   1000164 - 1000164   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Computation-Assisted Structural Elucidation of Epoxyroussoeone and Epoxyroussoedione Isolated from Roussoella japanensis KT1651

    Yuna Honmura, Hiroto Takekawa, Kazuaki Tanaka, Hayato Maeda, Tatsuo Nehira, Warren Hehre, and Masaru Hashimoto

    J. Nat. Products   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Relative and absolute structure of phomolide C

    4.Ito, A.; Maeda, H.; Tonouchi, A.; Hashimoto, M.

    Biosci. Biotech. Biochem,   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Lambertellin System, the mechanism for fungal replacement of Moniliniafructigena with Lambertellacorni-maris without competitive inhibition on ager media

    Akane Hirose, Shinji Kudo, Takanori Murakami, Kazuaki Tanaka, Yukio Harada, Masaru Hashimoto

    Bioorg. Med. Chem.   22 ( 8 )   2489 - 2495   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Neomacrophorin I, II, and III, novel drimenyl cyclohexanes with hydroxylated butanoates from Trichoderma sp. 1212-03

    Akane, Hirose, Hayato, Maeda, Akio, Tonouchi, Masaru Hashimoto

    Tetrahedron   70 ( 7 )   1458 - 1463   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • リンゴ果実におけるマイコパラサイト現象の生物有機化学的研究

    橋本勝

    日本化学会生体機能関連部会ニュースレター   28 ( 3 )   3 - 6   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • PlipastatinとFengucinにおける構造混乱の終結

    橋本勝

    化学と生物   51 ( 12 )   840 - 843   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 7-b- and 10-b-Hydroxylated Congeners of CAF-603; Elucidation of Absolute Configuration of CAF-603 Family, and their SAR Studies in the Antifungal Activity

    Hiroto Takekawa, Kazuaki Tanaka, Eri Fukushi, Koichi Matsuo, Tatsuo Nehira, Masaru Hashimoto

    Tetrahedron Letters   69 ( 6 )   1047 - 1051   2013年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Roussoellols A and B, Tetracyclic Fusicoccanes from Roussoella hysterioides

    Hiroto Takekawa, Kazuaki Tanaka, Eri Fukushi, Koichi Matsuo, Tatsuo Nehira, Masaru Hashimoto

    Journal of Natural Products   76 ( 6 )   1047 - 1051   2013年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Structural corrections of photinides A, B and their novel derivatives

    R. Yasumura; K. Tanaka.; T. Nehira; M. Hashimoto

    Tetrahedron   38 ( 23 )   7991 - 7996   2012年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Termination of the structural confusion between plipastatin A1 and fengycin IX

    M. Honma, K. Tanaka, K. Konno, K. Tsuge, T. Okuno, M. Hashimoto

    Bioorg. Med. Chem.   20   3793 - 3798   2012年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Absolute Stereochemistry of Altersolanol A and Alterporriols

    S. Kanamaru, M. Honma, T. Murakami, T. Tsushima, S. Kudo, K. Tanaka, K. Nihei, T. Nehira, M. Hashimoto

    Chirality   24   137 - 146   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Absolute Stereochemistry of Novel Isochromanone Derivatives from Leptosphaeria sp. KTC 727

    W. C. Tayone, S. Kanamaru, M. Honma, K. Tanaka, T. Nehira, M. Hashimoto

    Biosci. Biotech. Biochem,   75 ( 12 )   2390 - 2393   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A novel bisretinoid of retina is an Adduct on Glycerophosphoetanolamine

    K. Yamamoto, K. Yoon, K. Ueda, M. Hashimoto, J. R. Sparrow

    Investigative Ophthalmology & Visual Science   52 ( 12 )   9084 - 9090   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Syntheses of cellotriose and cellotetraose analogues as transition state mimics for mechanistic studies of cellulases

    1. S. Noguchi, S. Takemoto, S. Kidokoro, K.. Yamamoto, M. Hashimoto

    Bioorg. Med. Chem,   19   3812 - 3830   2011年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Stereochemical investigations of isochromenone and isobenzofuranone isolated from Leptosphaeria sp. KTC 727

    Wilanfranco T. C.; Honma, M.; Kanamaru S.; Noguchi, S.; Tanaka, K.; Nehira, T.; Hashimoto, M.

    J. Nat. Products   74 ( 0 )   425 - 429   2011年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Stereochemical differentiation in the Simmons-Smith reaction for cyclopropanated glucopyranose derivatives as molecular probes for glycosidases

    N. Akiyama, S. Noguchi, M. Hashimoto

    Biosci. Biotech. Biochem   75 ( 7 )   1380 - 1382   2011年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Bunodosine 391: a new analgesic acylamino acid from the venom of the sea anemone Bunodosoma cangicum

    4. Wilanfranco T. C.; Honma, M.; Kanamaru S.; Noguchi, S.; Tanaka, K.; Nehira, T.; Hashimoto, M.

    J. Nat. Products   74 ( 0 )   378 - 382   2011年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis of a trigalacturonic acid analogue mimicking the expected transition state in the glycosidases

    Yamamoto, K.; Noguchi, S.; Takada, N.; Miyairi, K.; Hashimoto, M.

    Crabohydr. Res.   345 ( 0 )   572 - 585   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Four Analogues of Spiroleptosphol isolated from Leptosphaeria doliolum

    T. Murakami, T. Tsushima, N. Takada, K. Tanaka, K. Nihei, T. Miura, M. Hashimoto

    Bioorg. Med. Chem.   19 ( 0 )   1122 - 1125   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Novel Neofusapyrones Isolated from Verticillium dahliae as Potent Antifungal Substances

    Honma, M.; Kudo, S.; Takada, N.; Miura, T.; Hashimoto, M.

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   20 ( 0 )   709 - 712   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Absolute stereochemistry and conformational analysis of achaetolide isolated from Ophiobolus sp

    Tayone, W. C.; Shindo, S.; Murakami, T.; Hashimoto, M.; Tanaka, K.; Takada, N.

    Tetrahedron   65 ( 0 )   7464 - 7467   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Isolation and absolute stereochemistry of optically active sydonic acid from from Glonium sp. (Hysteriales, Ascomycota)"

    T. Murakami, T. Tsushima, N. Takada, K. Tanaka, K. Nihei, T. Miura, M. Hashimoto

    Bioorg. Med. Chem.   19 ( NA )   492 - 495   2009年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Spartan Essentialを導入して ~演習講義「コンピュータ分子設計学」への展開

    橋本勝

    日本化学会情報化学部会誌   26 ( NA )   106 - 112   2009年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Syntheses of Lambertellols and Their Stable Analogues; Investigation of the Real Active Species in the Mycoparasitism by Lambertella Speciese

    Nomiya, M., Murakami, T., Takada, N., Okuno, T., Harada, Y., Hashimoto, M.

    J. Org. Chem   73   5039 - 5047   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Structure and Biosynthesis of Norneolambertellin Produced by Lambertella sp.1346

    Hashimoto, M.; Tsushima, T.; Murakami, T.; Nomiya, M.; Takada, N.; Tanaka, K

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   18 ( 14 )   4228 - 4231   2008年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Rdc-enhanced NMR spectroscopy in structure elucidation of natural products/small molecules: Sucro-neolambertellin as a testcase

    Schuetz, A.; Murakami, T.; Takada, N.; Junker, J.; Hashimoto, M.; Griesinger, C.

    Angew. Chem. Int. Ed.   47 ( 11 )   2032 - 2033   2008年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Stimulation of the Biosynthesis of the Antibiotics Lambertellols by the Mycoparasitic Fungus Lambertella corni-maris under the Acidic Conditions Produced by Its Host Fungus in Vitro

    Murakami, T.; Takada, N.; Harada, Y.; Okuno, T.; Hashimoto, M.

    Biosci. Biotech. Biochem.   71 ( 7 )   1230 - 1235   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • An RNA polymerase inhibitor, cyclothiazomycin B1, and its isomer.

    Hashimoto, M., Murakami, T., Funahashi, K.., Tokunaga, T., Nihei, K.., Okuno, T.,,Kimura, T., Naoki, H., Himeno, H.

    Bioorg. Med. Chem,   14 ( 24 )   8259 - 8270   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ピラノース環酸素を硫黄原子で置換したチオオリゴサッカリドの合成研究

    橋本勝

    有機合成化学協会誌   64 ( 7 )   766 - 777   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Synthetic Studies of Oligogalacturonate as Molecular Probes for endo-PG1

    M. Hashimoto, K., Yamamoto, M. Saito, K. Miyairi, T. Okuno,

    ICOB-5 & ISCNP-25 IUPAC International conference on Biodiversity and Natural Products   NA ( NA )   P41 - P41   2006年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Isolation, structure determination, and biological properties of cyclothiazomycins B1 and B2

    T. Murakami, T. Kimura T. Okuno, H. Himeno, M. Hashimoto

    ICOB-5 & ISCNP-25 IUPAC International conference on Biodiversity and Natural Products   NA ( NA )   P48 - P48   2006年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Design, synthesis, and enzymatic property of a sulfur-substituted analogueof trigalacturonic acid

    Yamamoto, K., Watanabe, N., Matsuda, H., Oohara, K., Araya, T., Hashimoto, M., Miyairi, K., Okazaki, I., Saito, M., Shimizu, T., Kato, H., Okuno, T.

    Bioorg. Med. Chem, Lett.   15 ( 22 )   4932 - 4935   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Isolation, structure elucidation, preparation,and biological properties of neolambertellin

    Murakami, T., Hashimoto, M., Okuno, T.

    Bioorg. Med. Chem, Lett.   15 ( 19 )   4185 - 4188   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthetic studies on oligosaccharides composed of 5-thioglucopyranose units

    Morii, Y., Matsuda, Y., Ohara, K., Hashimoto, M., Miyairi, K., Okuno, T.

    Bioorg. Med. Chem.   13 ( 17 )   5113 - 5144   2005年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Lambertellol C, a labile and novel biosynthetic congener of lambertellols A and B

    Murakami T., Sasaki A.., Fukushi E., Kawabata J., Hashimoto M., Okuno T.

    Bioorg. Med. Chem. Lett.,   15 ( 10 )   2587 - 2590   2005年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Optimization of isotope-labeling conditions for lambertellin based on isotope patterns observed by mass spectrometry

    Murakami T., Sasaki A.., Fukushi E., Kawabata J., Hashimoto M., Okuno T.

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   15 ( 10 )   2591 - 2594   2005年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Pachyelasides A-D, Novel Molluscicidal Triterpene Saponins from Pachyelasma Tessmannii

    Nihei K., YING B.-P., Murakami T., Matsuda H., Hashimoto M. & Kubo I.

    J. Agric. Food Chem.,   53 ( 3 )   608 - 613   2005年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis of thiosaccharides employing the Pummerer rearrangement of tetrahydrothiopyran oxides

    Fujita J., Matsuda H., Yamamoto K., Morii Y., Hashimoto M., Okuno T.& Hashimoto K.

    Tetrahedron   60 ( 32 )   6829 - 6851   2004年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Biosynthesis of Lambertellols Based on the High Specific Incorporation of the 13C-Labeled Acetates and Their Biological Properties

    Murakami T., Takahashi Y., Fukushi E., Kawabata J., Hashimoto M., Okuno T.& Harada Y.

    J, Am. Chem. Soc.   126 ( 30 )   9214 - 9220   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Lambertellols A and B, Novel 3,4-Dihydronaphthalen-1(2H)-ones with Spiro-butenolide Produced by Lambertella sp.1346.

    Murakami, T., Morikawa, Y., Hashimoto, M., Okuno, T. & Harada, Y.

    Org. Lett.   6 ( 2 )   157 - 160   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Pummerer rearrangement of 1-deoxy-5-thioglucopyranose oxides; novel synthesis of 5-thioglucopyranose derivatives.

    Matsuda, H., Fujita, J., Morii, Y., Hashimoto, M., Okuno, T. & Hashimoto, K.

    Tetrahedron Letters   44 ( 21 )   4089 - 4093   2003年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • α-Selective Glycosylation with 5-thioglucopyranosyl Donnors; Synthesis of an Isomaltotetraoside mimic Composed of 5-thioglucopyranose Units.

    Matsuda, H., Ohara, K., Morii, Y., Hashimoto, M., Miyairi, K. & Okuno, T.

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   13 ( 21 )   1063 - 1066   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthetic studies of carzinophilin. Part 4: Chemical and biological properties of carzinophilin analogues.

    Hashimoto, M., Matsumoto, M., Yamada, K. & Terashima,S.

    Tetrahedron   59 ( 17 )   3089 - 3097   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthetic studies of carzinophilin. Part 1: Synthesis of 2-methylidene-1-azabicyclo[3.1.0]hexane systems related to carzinophilin.

    Hashimoto, M., Matsumoto, M. & Terashima, S.

    Tetrahedron   59 ( 17 )   3019 - 3040   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthetic studies of carzinophilin. Part 2: Synthesis of 3,4-dibenzyloxy-2-methylidene-1-azabicyclo[3.1.0]hexane systems corresponding to the C1-17 fragment of carzinophilin.

    Hashimoto, M., Matsumoto, M. & Terashima, S.

    Tetrahedron   59 ( 17 )   3041 - 3062   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthetic studies of carzinophilin. Part 3: Synthetic approach toward carzinophilin and successful synthesis of 13-O-desacetyl-12,13-di-O-benzyl-4-O-methylcarzinophilin

    Hashimoto, M., Sugiura, M. & Terashima, S.

    Tetrahedron   59 ( 17 )   3063 - 3087   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • b-Selective Glycosylation of 5-Thioglucopyranose Derivatives: Synthesis of b-(1-6)Linked 5'-Thioglucopyranosyl Disaccharides.

    Ohara, K., Matsuda, H., Hashimoto, M., Miyairi, K. & Okuno, T

    Chemistry Letters   2002 ( 00 )   626 - 627   2002年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Total Synthesis of Both Enantiomers of Dictyochromenol and their (Z)-Isomers.

    Aoki, K., Takahashi, M., Hashimoto, M., Okuno, T., Kurata, K. & Suzuki, M.

    Biosci. Biotech. Biochem.   66 ( 00 )   1915 - 1924   2002年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Novel Preparation of (2-Azidomethyl)benzoic Acid and an Application as a Protective Group

    Matsuda, H., Hashimoto, M. & Okuno, T.

    Syn. Commun.   32 ( 00 )   347 - 345   2002年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Fluorescent Pigments if the Retinal Pigment Epithelium and Age-related Macular Degeneration.

    Ben-Shabat, S., Craig, P., A, Hashimoto, M., Liu, J., Koji, N. & Sparrow, J.

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   11 ( 00 )   1533 - 1540   2001年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Design and Synthesis of a novel Photoaffinity Taxoid as a Potential Probe for the Study of Paclitaxel-microtubules Interactions.

    Lin, S., Fang, K., Hashimoto, M., Nakanishi, K. & Ojima, I.

    Tetrahedron Lett.,   41 ( 00 )   4287 - 4290   2000年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • A2E, a Lipofuscin Fluorophore, in Human Retinal Pigmented Epithelial Cells in Culture

    Sparrow, J., Craig, P., A, Hashimoto, M. & Nakanishi, K.

    IVOS   40 ( 00 )   2988 - 1995   2000年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Enantioselective Binding of an 11-cis-Locked Cyclopropyl Retinal. The Conformation of Retinal in Bovine Rhodopsin

    Hashimoto, M. & Fujimoto, Y.

    Syn. Commun.   29 ( 00 )   3793 - 3797   1999年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Preparation and Biological Properties of Biotinylated PhTX Derivatives.

    Hashimoto, M., Liu, Y., Fang, K., Li, H.-y. & Nakanishi, K.

    Bioorg. Med. Chem.   7 ( NA )   1181 - 1194   1999年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A Stereoselective Synthesis of 4-O-methyl-13-Desacetyl-12,13-di-O-benzylcarzinophilin.

    Hashimoto, M. & Terashima, S.

    Heterocycles   47 ( NA )   59 - 64   1998年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Isolation and One-step Preparation of A2E and Iso-A2E, Fluorophores from Human Retinal Epithelium.

    Craig, P., A, Hashimoto, M., Nakanishi, K., Dillon, J. & Sparrow, J.

    Proc. Nat. Acd. Sci. USA,   95 ( NA )   14609 - 14613   1998年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A Bifunctional Photoaffinity Probe for Ligand/Receptor Interaction Studies.

    Fang, K.; Hashimoto, M.; Jockusch, S.; Turro, N. J.; Nakanishi, K.

    J, Am. Chem. Soc.,   120 ( NA )   8543 - 8544   1998年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Total Synthesis of an Enantiomeric Pair of Fr900482. 2. Synthesis of the Aromatic and Optically Active Aliphatic Segments.

    Yoshino, T., Nagata, Y., Itoh, E., Hashimoto, M., Katoh, T. & Terashima, S.

    Tetrahedron   53 ( NA )   10239 - 10252   1997年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Total Synthesis of Natural (+)-FR-900482. 2. Efficient Synthesis of the Aromatic and Optically Active Aliphatic Fragments.

    Yoshino, T., Nagata, Y., Itoh, E., Hashimoto, M., Katoh, T. & Terashima, S.

    Tetrahedron Letters   37 ( NA )   3475 - 3478   1996年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Novel Synthesis of (+)-Hydantocidin Based on the Plausible Biosynthetic Pathway.

    Nakajima, N., Matsumoto, M., Kirihara, M., Hashimoto, M., Katoh, T. & Terashima, S.

    Tetrahedron   52 ( NA )   1177 - 1194   1996年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • One-step Synthesis of (5)-Epi-Hydantocidin.

    Nakajima, N., Kirihara, M., Matsumoto, M., Hashimoto, M., Katoh, T. & Terashima, S.

    Heterocycle   42 ( NA )   503 - 508   1996年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthetic Studies on the Key Component of the New Generation of Quinolonecarboxylic Acid, DU-6859. 2. Asymmetric Synthesis of (1R,2S)-2-Fluorocyclopropylamine.

    Tamura, O., Hashimoto, M., Kobayashi, Y., Katoh, T., Nakatani, K., Kamada, M., Hayakawa, I., Akiba, T. & Terashima, S.

    Tetrahedron   50 ( NA )   3905 - 3914   1994年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis, Chemical Reactivity, and Cytotoxicity of Carzinophilin Congeners Carrying a 2-(Acylamino-1-alkoxycarbonyl)methylidene-1-azabicyclo[3.1.0]hexane System.

    Hashimoto, M., Matsumoto, M., Yamada, K. & Terashima, S.

    Tetrahedron Letters   35 ( NA )   2207 - 2210   1994年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A Stereoselective Synthesis of a Novel Model Compound of Carzinophilin Carrying the C6-C13 Unit with Correct Stereochemistry.

    Hashimoto, M. & Terashima, S.

    Chemistry Letters   1994 ( NA )   1101 - 1104   1994年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A Novel Synthesis of the C1-C17 Fragment of Carzinophilin.

    Hashimoto, M. & Terashima, S.

    Tetrahedron Letters   35 ( NA )   9409 - 9412   1994年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthetic Studies on the Key Component of the New Generation of Quinolonecarboxylic Acid, DU-6859. 1. Synthesis of (1R,2S)-2-Fluorocyclopropylamine by the Use of Optical Resolution.

    Tamura, O., Hashimoto, M., Kobayashi, Y., Katoh, T., Nakatani, K., Kamada, M., Hayakawa, I., Akiba, T. & Terashima, S.

    Tetrahedron   50 ( NA )   3889 - 3904   1994年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Asymmetric Synthesis of (1R,2S)-2-Fluorocyclopropylamine. the Key Intermediate of the New Generation of quinolonecarboxylic acid, DU-6859.

    Tamura, O., Hashimoto, M., Kobayashi, Y., Katoh, T., Nakatani, K., Kamada, M., Hayakawa, I., Akiba, T. & Terashima, S.

    Tetrahedron Letters   33 ( NA )   3487 - 3490   1992年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Chemical Reactivity, and Cytotoxicity of 2-Bis(alkoxycarbonyl)methylidene-1-azabicyclo[3.1.0]hexane Systems Related to Antitumor Antibiotic Carzinophilin A.

    Hashimoto, M., Yamada, K. & Terashima, S.

    Chemistry Letters   1992 ( NA )   975 - 978   1992年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis and Optical Resolution of dl-cis-2-Fluorocyclopropylamine, the Key Component of the New Generation of Quinolonecarboxylic acid, DU-6859.

    Tamura, O., Hashimoto, M., Kobayashi, Y., Katoh, T., Nakatani, K., Kamada, M., Hayakawa, I., Akiba, T. & Terashima, S.

    TetrahedronLetters   34 ( NA )   3483 - 3486   1992年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Total Synthesis of the meso-Triterpene Polyether Teurilene.

    Hashimoto, M., Harigaya, H., Yanagiya, M. & Shirahama, H.

    J. Org. Chem.   56 ( NA )   2299 - 2311   1991年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Total Synthesis of (+)-Thyrsiferol, (+)-Thyrsiferyl 23-Acetate, and Teurilene.

    Hashimoto, M., Kan, T., Nozaki, K., Yanagiya, M., Shirahama, H. & Matsumoto, T.

    J. Org. Chem.   55 ( NA )   5088 - 5107   1990年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The Absolute Configuration of 4,6-decadiyne-1,3,8-triol Isolated from Gymnopiliun spectabilis.

    Hashimoto, M., Yanagiya, M., Okuno, T. & Shirahama, H.

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   62 ( NA )   2751 - 2752   1989年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Total Synthesis of (+)-Thyrsiferol and (+)-Venustatriol

    Hashimoto, M., Kan, T., Nozaki, K., Yanagiya, M., Shirahama, H. & Matsumoto, T.

    Tetrahedron Letters   29 ( 00 )   1143 - 1144   1988年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A Short Step Synthesis of Teurilene. Stereocontrolled Sequential Double Cyclization of the C30-Tetraenetetraol to the Tandem Tetrahydrofurane System.

    Hashimoto, M., Harigaya, H., Yanagiya, M. & Shirahama, H.

    Tetrahedron Letters   29 ( NA )   5947 - 5948   1988年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effective Deprotection of 2-(Trimethylsilylethoxy)methylated Alcohols (SEM Ethers). Synthesis of Thyrsiferyl-23 Acetate.

    Kan, T., Hashimoto, M., Yanagiya, M. & Shirahama, H.

    Tetrahedron Letters   29 ( NA )   5417 - 5418   1988年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Total Synthesis of meso-Triterpene Ether, Teurilene

    Hashimoto, M., Yanagiya, M. & Shirahama, H.

    Chemistry Letters   1988 ( 00 )   645 - 646   1988年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Synthesis of A-B-C-ring Segment of Thyrsiferol: Construction of a Strained Tetrahydropyrane Ring Existing as a Boat Form.

    Hashimoto, M., Kan, T., Yanagiya, M., Shirahama, H. & Matsumoto, T.

    Tetrahedron Lettres   28   5665 - 5668   1987年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

総説・短報・翻訳等

  • Spartan'16を利用した天然物の構造決定

    橋本勝

    Wavefunction User Letter   6   1 - 8   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   共著区分:単著    専門分野(e-Rad研究分野)コード:ライフサイエンス / 生物有機化学

  • endo型 exo型グリコシダーゼ

    橋本勝

    有機合成化学協会誌   64 ( 7 )   782 - 782   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:有機合成化学協会   共著区分:単著  

  • 菌代謝産物の新展開

    橋本勝

    RURUCA NEWS   6 ( NA )   NA - NA   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:岩手大学連合農学研究科   共著区分:単著  

  • マイコパラサイトの化学

    橋本勝、村上貴宣

    化学と生物   44 ( 4 )   217 - 218   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本農芸化学会日本農芸化学会   共著区分:共著  

  • 分子モデリングソフトの講義への利用 コンピュータ分子設計学を例として

    橋本勝

    弘前大学総合情報処理センター広報HIROIN   23 ( NA )   63 - 70   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:弘前大学総合情報処理センター   共著区分:単著  

受賞

  • 日本農芸化学会東北支部奨励賞

    2002年10月

担当授業科目(学内)

  • 2020年度年度,化学の基礎Ⅱ(B),21世紀教育科目

  • 2020年度年度,生活の科学・技術(H),21世紀教育科目

  • 2020年度年度,コンピュータ分子設計学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,分子機能化学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,化学の基礎B,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,専門英語,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,生物有機化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,分析技術法 F,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,実践特別演習I,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,実践特別演習II,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,生物有機化学特論A,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,生物有機化学特論B,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,化学の世界-カリカリベーコンはどうして美味しいにおいなの? -,教養教育科目

  • 2020年度年度,化学の世界-毒の話-,教養教育科目

  • 2020年度年度,化学の世界-生活の化学B-,教養教育科目

  • 2019年度年度,化学の基礎ⅡB,21世紀教育科目

  • 2019年度年度,生活の科学・技術(H),21世紀教育科目

  • 2019年度年度,コンピュータ分子設計学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,分子機能化学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,化学の基礎B,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,生物有機化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,分析技術法 F,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,実践特別演習I,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,実践特別演習II,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,生物有機化学特論A,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,生物有機化学特論B,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,生物有機化学特論B,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,化学の世界-カリカリベーコンはどうして美味しいにおいなの? -,教養教育科目

  • 2019年度年度,化学の世界-毒の話-,教養教育科目

  • 2019年度年度,化学の世界-生活の化学B-,教養教育科目

  • 2019年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2018年度年度,化学の基礎Ⅱ(B),21世紀教育科目

  • 2018年度年度,生活の科学・技術(H),21世紀教育科目

  • 2018年度年度,コンピュータ分子設計学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,分子機能化学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,分子生命科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,化学の基礎B,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,生物有機化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,農学生命科学概論I,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,分析技術法 F,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,実践特別演習I,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,実践特別演習II,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,生物有機化学特論A,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,生物有機化学特論B,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,化学の世界-毒の話-,教養教育科目

  • 2018年度年度,化学の世界-生活の化学B-,教養教育科目

  • 2017年度年度,化学の基礎Ⅱ(B),21世紀教育科目

  • 2017年度年度,生活の科学・技術(H),21世紀教育科目

  • 2017年度年度,コンピュータ分子設計学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,分子機能化学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,分子生命科学実験Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,分子生命科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,化学の基礎B,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,生物有機化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,農学生命科学概論I,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,分析技術法 F,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,実践特別演習I,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,実践特別演習II,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,生物有機化学特論A,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,生物有機化学特論B,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,化学の世界-毒の話-,教養教育科目

  • 2017年度年度,化学の世界-生活の化学B-,教養教育科目

  • 2016年度年度,化学の基礎Ⅱ(B),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,生活の科学・技術(H),21世紀教育科目

  • 2016年度年度,コンピュータ分子設計学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,分子機能化学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,化学の基礎B,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,生物有機化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,化学の世界-毒の話-,教養教育科目

  • 2016年度年度,化学の世界-生活の化学B-,教養教育科目

  • 2015年度年度,化学の基礎Ⅱ(B),21世紀教育科目

  • 2015年度年度,生活の科学・技術(H),21世紀教育科目

  • 2015年度年度,生活の科学技術,21世紀教育科目

  • 2015年度年度,コンピュータ分子設計学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,分子機能化学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,文献講読,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,生物有機化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,分析技術法 F,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,実践特別演習I,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,連合一般ゼミナール(日本語),博士一貫課程・博士後期課程

  • 2014年度年度,化学の基礎Ⅱ(B),21世紀教育科目

  • 2014年度年度,コンピュータ分子設計学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,分子機能化学,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,専門英語,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,生物有機化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,化学の基礎Ⅱ(B),21世紀教育科目

  • 2013年度年度,コンピュータ分子設計学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,分子機能化学,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,生物有機化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,分析技術法 F,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,実践特別演習I,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,実践特別演習II,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,実践特別研究I,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,実践特別研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,生物有機化学特論I,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,生物有機化学特論II,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,化学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2012年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2012年度年度,生活の科学・技術(B),21世紀教育科目

  • 2012年度年度,コンピュータ分子設計学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,分子機能化学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,天然物化学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,専門英語,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,専門英語(応用生命),専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,生化・有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,生物有機化学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,生物有機化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,農薬学,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,分析技術法 F,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,実践特別演習I,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,実践特別演習II,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,実践特別研究I,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,実践特別研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,生物有機化学特論I,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,生物有機化学特論II,修士課程・博士前期課程

  • 2012年度年度,研究方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,化学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2011年度年度,生活の科学・技術(B),21世紀教育科目

  • 2011年度年度,コンピュータ分子設計学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,分子機能化学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,天然物化学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,生物有機化学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,生物有機化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,農薬学,専門教育科目(学部)

  • 2011年度年度,応用生命工学基礎研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,応用生命工学基礎論,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,応用生命工学専攻セミナー,修士課程・博士前期課程

  • 2011年度年度,生物有機化学,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,化学の基礎IIA,21世紀教育科目

  • 2009年度年度,化学の基礎IIB,21世紀教育科目

  • 2009年度年度,生活の科学技術,21世紀教育科目

  • 2009年度年度,コンピュータ分子設計学,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,応用生命工学演習,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,文献購読,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,生化学有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,生物有機化学,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,応用生命工学基礎研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,応用生命工学基礎論,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,応用生命工学専攻セミナー,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,生物有機化学,修士課程・博士前期課程

  • 2009年度年度,生物資源科学特別演習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2009年度年度,生物資源科学特別演習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2009年度年度,生物資源科学特別研究,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2009年度年度,生物資源科学特別研究,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2008年度年度,化学の基礎IIA,21世紀教育科目

  • 2008年度年度,化学の基礎IIB,21世紀教育科目

  • 2008年度年度,生活の科学技術,21世紀教育科目

  • 2008年度年度,コンピュータ分子設計学,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,専門英語,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,応用生命工学演習,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,文献購読,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,生化学有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,生物有機化学,専門教育科目(学部)

  • 2008年度年度,応用生命工学基礎研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,応用生命工学基礎論,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,応用生命工学専攻セミナー,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,生物有機化学,修士課程・博士前期課程

  • 2008年度年度,生物資源科学特別演習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2008年度年度,生物資源科学特別研究,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2007年度年度,化学の基礎IIA,21世紀教育科目

  • 2007年度年度,化学の基礎IIB,21世紀教育科目

  • 2007年度年度,生活の科学技術,21世紀教育科目

  • 2007年度年度,コンピュータ分子設計学,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,応用生命工学演習,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,文献購読,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,生化学有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,生物有機化学,専門教育科目(学部)

  • 2007年度年度,応用生命工学基礎研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2007年度年度,応用生命工学基礎論,修士課程・博士前期課程

  • 2007年度年度,応用生命工学研究推進方法論,修士課程・博士前期課程

  • 2007年度年度,生物有機化学,修士課程・博士前期課程

  • 2007年度年度,生物資源科学特別演習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2007年度年度,生物資源科学特別研究,博士一貫課程・博士後期課程

▼全件表示

社会貢献活動

  • 科学者発見プロジェクト

    2013年08月 - 2013年09月

  • 弘前大学ドリーム講座

    2012年08月

  • 学問研究会

    2009年11月

  • 弘前大学ドリーム講座

    2009年10月

  • ひらめきときめきKAKENHI

    2009年08月

  • 弘前大学ドリーム講座

    2009年08月

  • 進学相談会

    2009年06月

  • 弘前大学ドリーム講座

    2007年10月

▼全件表示