2022/03/25 更新

写真b

ハギハラ マサキ
萩原 正規
HAGIHARA Masaki
所属
自然科学系 機能創成科学領域
専任担当
理工学研究科 研究部

学位

  • 博士(エネルギー科学)

研究キーワード

  • 生物有機化学

  • 核酸化学

  • ケミカルバイオロジー

  • グアニン四重鎖

  • アンチセンス

  • RNA

研究分野

  • ナノテク・材料 / 生物分子化学

  • ナノテク・材料 / 生物分子化学

  • ナノテク・材料 / 生体化学

所属学協会

  • 日本薬学会

  • 日本ケミカルバイオロジー学会

  • 日本化学会

  • 日本化学会

  • 日本ケミカルバイオロジー学会

論文

  • Short Tandem Repeat Contractions during In Vitro DNA Synthesis by Repeat-binding Molecules

    Hagihara Masaki, Dohno Chikara, Saito Kaoru, Sugimoto Kazuhiro, Hishinuma Yuta, Sohma Yuri, Shibata Tomonori, Nakatani Kazuhiko

    Chemistry Letters   50 ( 11 )   1848 - 1851   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Guanine-tethered Oligonucleotides Restore Abnormal Protein Synthesis with a SNP Mutation in a 5′-UTR G-quadruplex of Human MSH2

    Hagihara Masaki, Shiroto Shuhei, Igarashi Shunya, Sato Shin-ichi

    Chemistry Letters   50 ( 10 )   1806 - 1809   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Inhibition of protein synthesis through RNA-based tandem G-quadruplex formation.

    Hagihara M

    Chemical communications (Cambridge, England)   57 ( 65 )   8063 - 8066   2021年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Small molecule-induced trinucleotide repeat contractions during in vitro DNA synthesis

    Chikara Dohno, Masaki Hagihara, Nursakinah Binti Mohd Zaifuddin, Mizuki Nihei, Kaoru Saito, Kazuhiko Nakatani

    Chemical communications (Cambridge, England)   57 ( 26 )   3235 - 3238   2021年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Structures and Catalytic Activities of Complexes between Heme and All Parallel-Stranded Monomeric G-Quadruplex DNAs

    Yasuhiko Yamamoto, Haruka Araki, Ryosuke Shinomiya, Kosuke Hayasaka, Yusaku Nakayama, Kentaro Ochi, Tomokazu Shibata, Atsuya Momotake, Takako Ohyama, Masaki Hagihara, and Hikaru Hemmi

    Biochemistry   57 ( 41 )   5938 - 5948   2018年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Structures and Catalytic Activities of Complexes between Heme and All Parallel-Stranded Monomeric G‐Quadruplex DNAs

    Yasuhiko Yamamoto, Haruka Araki, Ryosuke Shinomiya, Kosuke Hayasaka, Yusaku Nakayama, Kentaro Ochi, Tomokazu Shibata, Atsuya Momotake, Takako Ohyama, Masaki Hagihara, Hikaru Hemmi

    Biochemistry, in press   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A Small Molecule That Represses Translation of G‐Quadruplex-Containing mRNA

    Yousuke Katsuda, Shin-ichi Sato, Lisa Asano, Yoshitaka Morimura, Tomoyuki Furuta, Hiroshi Sugiyama, Masaki Hagihara, Motonari Uesugi

    Journal of the American Chemical Society   138 ( 29 )   9037 - 9040   2016年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • G-quadruplex DNA- and RNA-Specific-Binding Proteins Engineered from the RGG Domain of TLS/FUS

    Kentaro Takahama, Arisa Miyawaki, Takumi Shitara, Keita Mitsuya, Masayuki Morikawa, Masaki Hagihara, Katsuhito Kino, Ayumu Yamamoto and Takanori Oyoshi

    ACS Chemical Biology   10 ( 11 )   2564 - 2569   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Recognition of Chelerythrine to Human Telomeric DNA and RNA G-quadruplexes

    Li-Ping Bai, Masaki Hagihara, Kazuhiko Nakatani, Zhi-Hong Jiang

    Scientific Reports   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Recognition of chelerythrine to human telomeric DNA and RNA G-quadruplexes.

    Bai LP, Hagihara M, Nakatani K, Jiang ZH

    Scientific reports   4   6767   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Formation of a ligand-assisted complex of two RNA hairpin loops.

    Hong C, Otabe T, Matsumoto S, Dohno C, Murata A, Hagihara M, Nakatani K

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   20 ( 18 )   5282 - 5287   2014年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Formation of Ligand-Assisted Complex of Two RNA Hairpin Loops

    Changfeng Hong, Takahiro Otabe, Saki Matsumoto, Chikara Dohno, Asako Murata, Masaki Hagihara, and Kazuhiko Nakatani

    Chemistry European Journal   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Guanine-tethered antisense oligonucleotides as synthetic riboregulators.

    Hagihara M

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1111   197 - 207   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    PubMed

  • A Synthetic Riboswitch that Operates using a Rationally Designed Ligand-RNA Pair.

    Chikara Dohno, Izumi Kohyama, Maki Kimura, Masaki Hagihara, Kazuhiko Nakatani

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   52 ( 38 )   9976 - 9979   2013年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A synthetic riboswitch that operates using a rationally designed ligand-RNA pair.

    Dohno C, Kohyama I, Kimura M, Hagihara M, Nakatani K

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   52 ( 38 )   9976 - 9979   2013年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Activation of prokaryotic translation by antisense oligonucleotides binding to coding region of mRNA.

    Gosuke Hayashi, Changfeng Hong, Masaki Hagihara, Kazuhiko Nakatani

    Biochemical and biophysical research communications   429 ( 1-2 )   105 - 110   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Activation of prokaryotic translation by antisense oligonucleotides binding to coding region of mRNA.

    Hayashi G, Hong C, Hagihara M, Nakatani K

    Biochemical and biophysical research communications   429 ( 1-2 )   105 - 110   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Assembly of a Small DNA Rectangular Parallelepiped Block into Higher Order Nanostructures.

    Hiroki Nakagawa, Mariko Toda, Hiroshi Atsumi, Masaki Hagihara, Mitsuko Hayashi-Nishino, Chikara Dohno, Kazuhiko Nakatani

    Chemistry Letters   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Assembly of a Small DNA Rectangular Parallelepiped Block into Higher Order Nanostructures

    Hiroyuki Nakagawa, Mariko Toda, Hiroshi Atsumi, Masaki Hagihara, Mitsuko Hayashi-Nishino, Chikara Dohno, Kazuhiko Nakatani

    CHEMISTRY LETTERS   41 ( 11 )   1550 - 1552   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

  • Structure-activity studies on the fluorescent indicator in a displacement assay for the screening of small molecules binding to RNA.

    Shiori Umemoto, Seongwang Im, Jinhua Zhang, Masaki Hagihara, Asako Murata, Yasue Harada, Takeo Fukuzumi, Takahiro Wazaki, Shin-ichi Sasaoka, Kazuhiko Nakatani

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   18 ( 32 )   9999 - 10008   2012年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Structure-activity studies on the fluorescent indicator in a displacement assay for the screening of small molecules binding to RNA.

    Umemoto S, Im S, Zhang J, Hagihara M, Murata A, Harada Y, Fukuzumi T, Wazaki T, Sasaoka S, Nakatani K

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   18 ( 32 )   9999 - 10008   2012年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • A small molecule regulates hairpin structures in d(CGG) trinucleotide repeats.

    Masaki Hagihara, Hanping He, Maki Kimura, Kazuhiko Nakatani

    Bioorganic & medicinal chemistry letters   22 ( 5 )   2000 - 2003   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A small molecule regulates hairpin structures in d(CGG) trinucleotide repeats.

    Hagihara M, He H, Kimura M, Nakatani K

    Bioorganic & medicinal chemistry letters   22 ( 5 )   2000 - 2003   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Small molecule modulates hairpin structures in CAG trinucleotide repeats.

    Masaki Hagihara, Hanping He, Kazuhiko Nakatani

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   12 ( 11 )   1686 - 1689   2011年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Small molecule modulates hairpin structures in CAG trinucleotide repeats.

    Hagihara M, He H, Nakatani K

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   12 ( 11 )   1686 - 1689   2011年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Ligand-assisted complex formation of two DNA hairpin loops.

    Changfeng Hong, Masaki Hagihara, Kazuhiko Nakatani

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   50 ( 19 )   4390 - 4393   2011年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ligand-assisted complex formation of two DNA hairpin loops.

    Hong C, Hagihara M, Nakatani K

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   50 ( 19 )   4390 - 4393   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Antisense-induced guanine quadruplexes inhibit reverse transcription by HIV-1 reverse transcriptase.

    Masaki Hagihara, Lisa Yamauchi, Akiko Seo, Keisuke Yoneda, Mayo Senda, Kazuhiko Nakatani

    Journal of the American Chemical Society   132 ( 32 )   11171 - 11178   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Antisense-induced guanine quadruplexes inhibit reverse transcription by HIV-1 reverse transcriptase.

    Hagihara M, Yamauchi L, Seo A, Yoneda K, Senda M, Nakatani K

    Journal of the American Chemical Society   132 ( 32 )   11171 - 11178   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • A reverse transcriptase stop assay revealed diverse quadruplex formations in UTRs in mRNA.

    Masaki Hagihara, Keisuke Yoneda, Hiroaki Yabuuchi, Yasushi Okuno, Kazuhiko Nakatani

    Bioorganic & medicinal chemistry letters   20 ( 7 )   2350 - 2353   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A reverse transcriptase stop assay revealed diverse quadruplex formations in UTRs in mRNA.

    Hagihara M, Yoneda K, Yabuuchi H, Okuno Y, Nakatani K

    Bioorganic & medicinal chemistry letters   20 ( 7 )   2350 - 2353   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • A small molecule affecting the replication of trinucleotide repeat d(GAA)n.

    Hanping He, Masaki Hagihara, Kazuhiko Nakatani

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   15 ( 40 )   10641 - 10648   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • RNA aptamers that reversibly bind photoresponsive azobenzene-containing peptides.

    Gosuke Hayashi, Masaki Hagihara, Kazuhiko Nakatani

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   15 ( 2 )   424 - 432   2009年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Secondary-structure-inducible ligand fluorescence coupled with PCR.

    Fumie Takei, Masako Igarashi, Masaki Hagihara, Yoshimi Oka, Yoshihiro Soya, Kazuhiko Nakatani

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   48 ( 42 )   7822 - 7824   2009年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Unstable tandem repeats in promoters confer transcriptional evolvability.

    Marcelo D Vinces, Matthieu Legendre, Marina Caldara, Masaki Hagihara, Kevin J Verstrepen

    Science (New York, N.Y.)   324 ( 5931 )   1213 - 1216   2009年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Unstable tandem repeats in promoters confer transcriptional evolvability.

    Vinces MD, Legendre M, Caldara M, Hagihara M, Verstrepen KJ

    Science (New York, N.Y.)   324 ( 5931 )   1213 - 1216   2009年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • A small molecule affecting the replication of trinucleotide repeat d(GAA)n.

    He H, Hagihara M, Nakatani K

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   15 ( 40 )   10641 - 10648   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Secondary-structure-inducible ligand fluorescence coupled with PCR.

    Takei F, Igarashi M, Hagihara M, Oka Y, Soya Y, Nakatani K

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   48 ( 42 )   7822 - 7824   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • RNA aptamers that reversibly bind photoresponsive azobenzene-containing peptides.

    Hayashi G, Hagihara M, Nakatani K

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   15 ( 2 )   424 - 432   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Ligand binding to tandem G quadruplexes from human telomeric DNA.

    Li-Ping Bai, Masaki Hagihara, Zhi-Hong Jiang, Kazuhiko Nakatani

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   9 ( 16 )   2583 - 2587   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ligand binding to tandem G quadruplexes from human telomeric DNA.

    Bai LP, Hagihara M, Jiang ZH, Nakatani K

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   9 ( 16 )   2583 - 2587   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • DNA labeling by ligand inducible secondary structure.

    Tao Peng, Hanping He, Masaki Hagihara, Kazuhiko Nakatani

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   9 ( 12 )   1893 - 1897   2008年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • DNA labeling by ligand inducible secondary structure.

    Peng T, He H, Hagihara M, Nakatani K

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   9 ( 12 )   1893 - 1897   2008年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Context-dependent fluorescence detection of a phosphorylated tyrosine residue by a ribonucleopeptide.

    Tetsuya Hasegawa, Masaki Hagihara, Masatora Fukuda, Shun Nakano, Nobutaka Fujieda, Takashi Morii

    Journal of the American Chemical Society   130 ( 27 )   8804 - 8812   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Context-dependent fluorescence detection of a phosphorylated tyrosine residue by a ribonucleopeptide.

    Hasegawa T, Hagihara M, Fukuda M, Nakano S, Fujieda N, Morii T

    Journal of the American Chemical Society   130 ( 27 )   8804 - 8812   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Genotyping by allele-specific L-DNA-tagged PCR.

    Gosuke Hayashi, Masaki Hagihara, Kazuhiko Nakatani

    Journal of biotechnology   135 ( 2 )   157 - 160   2008年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Genotyping by allele-specific L-DNA-tagged PCR.

    Hayashi G, Hagihara M, Nakatani K

    Journal of biotechnology   135 ( 2 )   157 - 160   2008年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Ligand-stabilized hairpin structures interfere with elongation of human telomere.

    Masaki Hagihara, Yuki Goto, Kazuhiko Nakatani

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   9 ( 4 )   510 - 513   2008年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ligand-Stabilized Hairpin Structures Interfered with Elongation of Human Telomere

    Masaki Hagihara, Yuki Goto, Kazuhiko Nakatani

    ChemBioChem 2008, 9, 510-513   9 ( 4 )   510 - 3   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • RNA aptamers that reversibly bind to photoresponsive peptide.

    Hayashi G, Hagihara M, Nakatani K

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 52 )   703 - 4   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Photoregulation of a peptide-RNA interaction on a gold surface.

    Gosuke Hayashi, Masaki Hagihara, Chikara Dohno, Kazuhiko Nakatani

    Journal of the American Chemical Society   129 ( 28 )   8678 - 8679   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Photoregulation of a peptide-RNA interaction on a gold surface.

    Hayashi G, Hagihara M, Dohno C, Nakatani K

    Journal of the American Chemical Society   129 ( 28 )   8678 - +   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Allele specific C-bulge probes with one unique fluorescent molecule discriminate the single nucleotide polymorphism in DNA.

    Fumie Takei, Hitoshi Suda, Masaki Hagihara, Jinhua Zhang, Akio Kobori, Kazuhiko Nakatani

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   13 ( 16 )   4452 - 4457   2007年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Stepwise functionalization of ribonucleopeptides: optimization of the response of fluorescent ribonucleopeptide sensors for ATP.

    Tetsuya Hasegawa, Masaki Hagihara, Masatora Fukuda, Takashi Morii

    Nucleosides, nucleotides & nucleic acids   26 ( 10-12 )   1277 - 1281   2007年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Small-molecule binding to the nonquadruplex form of the human telomeric sequence.

    Yuki Goto, Shinya Hagihara, Masaki Hagihara, Kazuhiko Nakatani

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   8 ( 7 )   723 - 726   2007年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Small-molecule binding to the nonquadruplex form of the human telomeric sequence.

    Goto Y, Hagihara S, Hagihara M, Nakatani K

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   8 ( 7 )   723 - 726   2007年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Detection of L-DNA-tagged PCR products by surface plasmon resonance imaging.

    Gosuke Hayashi, Masaki Hagihara, Akio Kobori, Kazuhiko Nakatani

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   8 ( 2 )   169 - 171   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Detection of L-DNA-tagged PCR products by surface plasmon resonance imaging.

    Hayashi G, Hagihara M, Kobori A, Nakatani K

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   8 ( 2 )   169 - 171   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Allele specific C-bulge probes with one unique fluorescent molecule discriminate the single nucleotide polymorphism in DNA.

    Takei F, Suda H, Hagihara M, Zhang J, Kobori A, Nakatani K

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   13 ( 16 )   4452 - 4457   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Stepwise functionalization of ribonucleopeptides: optimization of the response of fluorescent ribonucleopeptide sensors for ATP.

    Hasegawa T, Hagihara M, Fukuda M, Morii T

    Nucleosides, nucleotides & nucleic acids   26 ( 10-12 )   1277 - 1281   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Reversible regulation of binding between a photoresponsive peptide and its RNA aptamer.

    Hayashi G, Hagihara M, Dohno C, Nakatani K

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 51 )   93 - 4   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • A modular strategy for tailoring fluorescent biosensors from ribonucleopeptide complexes.

    Masaki Hagihara, Masatora Fukuda, Tetsuya Hasegawa, Takashi Morii

    Journal of the American Chemical Society   128 ( 39 )   12932 - 12940   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A modular strategy for tailoring fluorescent biosensors from ribonucleopeptide complexes.

    Hagihara M, Fukuda M, Hasegawa T, Morii T

    Journal of the American Chemical Society   128 ( 39 )   12932 - 12940   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Inhibition of DNA replication by a d(CAG) repeat binding ligand.

    Hagihara M, Nakatani K

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 50 )   147 - 8   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Small-molecule ligand induces nucleotide flipping in (CAG)n trinucleotide repeats.

    Kazuhiko Nakatani, Shinya Hagihara, Yuki Goto, Akio Kobori, Masaki Hagihara, Gosuke Hayashi, Motoki Kyo, Makoto Nomura, Masaki Mishima, Chojiro Kojima

    Nature chemical biology   1 ( 1 )   39 - 43   2005年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Small-molecule ligand induces nucleotide flipping in (CAG)n trinucleotide repeats.

    Nakatani K, Hagihara S, Goto Y, Kobori A, Hagihara M, Hayashi G, Kyo M, Nomura M, Mishima M, Kojima C

    Nature chemical biology   1 ( 1 )   39 - 43   2005年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Stepwise molding of a highly selective ribonucleopeptide receptor.

    Shin-ichi Sato, Masatora Fukuda, Masaki Hagihara, Yukiko Tanabe, Katsutoshi Ohkubo, Takashi Morii

    Journal of the American Chemical Society   127 ( 1 )   30 - 31   2005年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Stepwise molding of a highly selective ribonucleopeptide receptor.

    Sato S, Fukuda M, Hagihara M, Tanabe Y, Ohkubo K, Morii T

    Journal of the American Chemical Society   127 ( 1 )   30 - 31   2005年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Application of L-DNA as a molecular tag.

    Hayashi G, Hagihara M, Nakatani K

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 49 )   261 - 2   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Solution structure of a small-molecular ligand complexed with CAG trinucleotide repeat DNA.

    Nakatani K, Hagihara S, Goto Y, Kobori A, Hagihara M, Hayashi G, Kyo M, Nomura M, Mishima M, Kojima C

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 49 )   49 - 50   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Solution structure of a small-molecular ligand complexed with CAG trinucleotide repeat DNA.

    Kazuhiko Nakatani, Shinya Hagihara, Yuki Goto, Akio Kobori, Masaki Hagihara, Gosuke Hayashi, Motoki Kyo, Makoto Nomura, Masaki Mishima, Chojiro Kojima

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 49 )   49 - 50   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • RNAペプチド複合体の段階的高機能化

    福田将虎, 佐藤慎一, 萩原正規, 大久保捷敏, 森井孝

    日本化学会第85春季年会,神奈川大学,2005.3.26-29   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ribonucleopeptides: functional RNA-peptide complexes.

    Masaki Hagihara, Tetsuya Hasegawa, Shin-ichi Sato, Susumu Yoshikawa, Katsutoshi Ohkubo, Takashi Morii

    Biopolymers   76 ( 1 )   66 - 68   2004年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Ribonucleopeptides: functional RNA-peptide complexes.

    Hagihara M, Hasegawa T, Sato S, Yoshikawa S, Ohkubo K, Morii T

    Biopolymers   76 ( 1 )   66 - 68   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Ribonucleopeptide receptors

    Masaki Hagihara, Tetsuya Hasegawa, Shin-ichi Sato, Susumu Yoshikawa, Katsutoshi Ohkubo, Takashi Morii

    Peptide Revolution: Genomics, Proteomics & Therapeutics   556 - 558   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

    Web of Science

  • Design of a ribonucleopeptide biosensor.

    Hagihara M, Hirata A, Ohkubo K, Morii T

    Nucleic acids research. Supplement (2001)   ( 3 )   193 - 4   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Optimization of an ATP-binding ribonucleopeptide receptor.

    Sato S, Hasegawa T, Hagihara M, Fukuda M, Ohkubo K, Morii T

    Nucleic acids research. Supplement (2001)   ( 3 )   239 - 40   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Optimization of an ATP-binding ribonucleopeptide receptor.

    S. Sato, T. Hasegawa, M. Hagihara, M. Fukuda, K. Ohkubo, T. Morii

    Nucleic acids research. Supplement (2001)   ( 3 )   239 - 240   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • Design of Functional Ribonucleopeptide Complexes

    Masaki Hagihara, Shin-ichi Sato, Katsutoshi Ohkubo, Takashi Morii

    The New Frontier of RNA Science,Kyoto   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Chemical approaches untangling sequence-specific DNA binding by proteins.

    Shin-ichi Sato, Masaki Hagihara, Kenji Sugimoto, Takashi Morii

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   8 ( 22 )   5066 - 5071   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Chemical approaches untangling sequence-specific DNA binding by proteins.

    Sato S, Hagihara M, Sugimoto K, Morii T

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   8 ( 22 )   5066 - 5071   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • A general strategy to determine a target DNA sequence of a short peptide: application to a D-peptide.

    Takashi Morii, Tomohisa Tanaka, Shin-ichi Sato, Masaki Hagihara, Yasunori Aizawa, Keisuke Makino

    Journal of the American Chemical Society   2002年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • In vitro selection of ATP-binding receptors using a ribonucleopeptide complex.

    Takashi Morii, Masaki Hagihara, Shin-ichi Sato, Keisuke Makino

    Journal of the American Chemical Society   124 ( 17 )   4617 - 4622   2002年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • In vitro selection of ATP-binding receptors using a ribonucleopeptide complex.

    Morii T, Hagihara M, Sato S, Makino K

    Journal of the American Chemical Society   124 ( 17 )   4617 - 4622   2002年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • Structure-based design of a leucine zipper protein with new DNA contacting region.

    Takashi Morii, Shin-ichi Sato, Masaki Hagihara, Yasuo Mori, Keiji Imoto, Keisuke Makino

    Biochemistry   41 ( 7 )   2177 - 2183   2002年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Structure-based design of a leucine zipper protein with new DNA contacting region.

    Morii T, Sato S, Hagihara M, Mori Y, Imoto K, Makino K

    Biochemistry   41 ( 7 )   2177 - 2183   2002年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Scopus

    PubMed

  • A general strategy to determine a target DNA sequence of a short peptide: application to a d-peptide.

    Morii T, Tanaka T, Sato S, Hagihara M, Aizawa Y, Makino K

    Journal of the American Chemical Society   124 ( 2 )   180 - 181   2002年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

    PubMed

  • A new strategy to determine the target DNA sequence of a short peptide.

    Sato S, Honjyo H, Tsuji S, Hagihara M, Makino K, Morii T

    Nucleic acids research. Supplement (2001)   ( 2 )   205 - 6   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • オリゴペプチド標的DNA配列の一般的決定法

    佐藤慎一, 田中智久, 萩原正規, 相沢康則, 森井孝, 牧野圭祐

    日本化学会第81春季年会,2F6-10,2002   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • RNA・ペプチド複合体(リボヌクレオペプチド)による分子認識

    萩原正規, 森井孝, 牧野圭祐

    日本化学会第81春季年会,2F6-12,2002   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Recognition of small molecules by a ribonucleopeptide.

    M. Hagihara, T. Morii, K. Makino

    Nucleic Acids Res Suppl   ( 1 )   7 - 8   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • In vitro selection of RNA aptamers that respond to a small RNA-binding ligand

    M. hagihara, T. Morii, K. Makino

    環太平洋国際化学会議,Hawaii(米国)   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Participation of oligomerization through C-terminal D domain region of Sp1 in DNA binding

    K Matsushita, M Hagihara, Y Sugiura

    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   21 ( 10 )   1094 - 1097   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

  • Participation of oligomerization through C-terminal D domain region of Sp1 in DNA binding.

    Keizo Matsushita, Masaki Hagihara, Yukio Sugiura

    Biological & Pharmaceutical Bulletin   1998年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • A novel zinc finger-based DNA cutter: biosynthetic design and highly selective DNA cleavage.

    Makoto Nagaoka, Masaki Hagihara, Jun Kuwahara, Yukio Sugiura

    Journal of the American Chemical Society   1994年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A NOVEL ZINC FINGER-BASED DNA CUTTER - BIOSYNTHETIC DESIGN AND HIGHLY SELECTIVE DNA CLEAVAGE

    M NAGAOKA, M HAGIHARA, J KUWAHARA, Y SUGIURA

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   116 ( 9 )   4085 - 4086   1994年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物

  • Methods in Molecular Biology, Vol. 1111, P. 197-208

    Masaki Hagihara( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Guanine-Tethered Antisense Oligonucleotides as Synthetic Riboregulators)

    Springer  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Chembiomolecular Science, At the Frontier of Chemistry and Biology, P. 59-67

    Shiori Umemoto, Changfeng Hong, Jinhua Zhang, Takeo Fukuzumi, Asako Murata, Masaki Hagihara, Kazuhiko Nakatani( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Toward the Discovery of Small Molecules Affecting RNA Function)

    Springer  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Peptide Revolution: Genomics, Proteomics & Therapeutics. P. 556–558

    Masaki Hagihara, Tetsuya Hasegawa, Shin-ichi Sato, Susumu Yoshikawa, Katsutoshi Ohkubo, Takashi Morii( 担当: 分担執筆)

    American Peptide Society  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

総説・短報・翻訳等

  • Guanine-Tethered Antisense Oligonucleotides as Synthetic Riboregulators

    Masaki Hagihara

    Methods in Molecular Biology   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:Springer   共著区分:単著  

  • Toward the Discovery of Small Molecules Affecting RNA Function

    Shiori Umemoto, Changfeng Hong, Jinhua Zhang, Takeo Fukuzumi, Asako Murata, Masaki Hagihara, Kazuhiko Nakatani

    Chembiomolecular Science, At the Frontier of Chemistry and Biology   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer   共著区分:共著  

  • Development of a Nanobiodevice based Ribonucleopeptide Complex

    T. Hasegawa, M. Hagihara, S. Sato, K. Ohkubo, T. Morii, S. Yoshikawa

    The 2nd International Symposium on Sustainable Energy System,Kyoto University Clock Tower Centennial Hall, Kyoto (Japan),2004.12.17-18   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Tailoring receptors and sensors from an RNA-peptide assmebly

    Y. Tanabe, M. Hagihara, S. Sato, K. Ohkubo, T. Morii

    International symposium on Nano-organization and Function,Tokyo,2004.11.11-12   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Design of sensing ribonucleopeptides for small ligands.

    M. Hagihara, T. Hasegawa, Y. Tanabe, S. Sato, S. Yoshikawa, K. Ohkubo, T. Morii

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 48 )   33 - 34   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

    J-GLOBAL

  • Recognition of Small Molecules by an RNA-peptide Complex

    HAGIHARA Masaki, SATO Shin-ichi, MORII Takashi, MAKINO Keisuke

    Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium   2002   425 - 426   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Article

    CiNii Books

  • Design of a ribonucleopeptide biosensor

    Masaki Hagihara, Akiyoshi Hirata, Katsutoshi Ohkubo, Takashi Morii

    the 30th Nucleic Acids Chemistry Symposium,Sapporo   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Design of phosphotyrosine-specific ribonucleopeptide receptors

    Tetsuya Hasegawa, Masaki Hagihara, Shin-ichi Sato, Takashi Morii, Katsutoshi Ohkubo, Susumu Yoshikawa

    The 1st International Symposium on Sustainable Energy System,Kyoto University 21COE Establishment of COE on Sustainable Energy System,Kyoto   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 短鎖ペプチドによる認識DNA塩基配列の決定

    佐藤慎一, 本庄弘一, 辻晋司, 萩原正規, 牧野圭祐, 森井孝

    第29回核酸化学シンポジウム,2-P37,2002   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • RNA・ペプチド複合体による人工リセプター(リボヌクレオペプチドリセプター)の創製

    萩原正規, 森井孝, 牧野圭祐

    第74回日本生化学会大会,4P-012,2001   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

受賞

  • Young Investigators’ Awards

    2007年04月

担当授業科目(学内)

  • 2021年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,プログレス有機化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,有機スペクトル解析学,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,有機化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,生物有機化学,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,科学技術英語Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,科学技術英語Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2021年度年度,物質創成化学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2021年度年度,物質創成化学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2021年度年度,物質創成化学特別講義 ,修士課程・博士前期課程

  • 2021年度年度,理工学特別演習A,修士課程・博士前期課程

  • 2021年度年度,理工学特別演習B,修士課程・博士前期課程

  • 2021年度年度,理工学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2021年度年度,理工学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2021年度年度,生物有機化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2021年度年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

  • 2020年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,有機スペクトル解析学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,有機化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,物質創成化学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,生物有機化学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,科学技術英語Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,科学技術英語Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,物質創成化学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,物質創成化学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,物質創成化学特別講義 ,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,理工学特別演習A,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,理工学特別演習B,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,理工学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,理工学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2020年度年度,生物有機化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,プログレス有機化学II,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,物質創成化学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,物質創成化学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,理工学特別演習A,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,理工学特別演習B,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,理工学特別研究A,修士課程・博士前期課程

  • 2019年度年度,理工学特別研究B,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,有機スペクトル解析学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,有機化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,物質創成化学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,生物有機化学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,物質創成化学特別講義 ,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度年度,生物有機化学特論 ,修士課程・博士前期課程

  • 2017年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2017年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,プログレス有機化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,有機化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,有機化学Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2017年度年度,生物有機化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度年度,プログレス有機化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,化学概論,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,有機化学Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,化学の基礎II(F),21世紀教育科目

  • 2015年度年度,フロンティア化学,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,プログレス有機化学II,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,基礎化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,有機化学IV,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,物質創成化学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2015年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2015年度年度,生物有機化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,化学の基礎Ⅱ(F),21世紀教育科目

  • 2014年度年度,フロンティア化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,プログレス有機化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,有機化学Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2014年度年度,物質創成化学特別講義,修士課程・博士前期課程

  • 2014年度年度,生物有機化学特論,修士課程・博士前期課程

  • 2013年度年度,化学の基礎Ⅱ(F),21世紀教育科目

  • 2013年度年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2013年度年度,フロンティア化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,プログレス有機化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,有機化学IV,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2013年度年度,物質創成化学英語演習,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,プログレス有機化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,有機化学Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2012年度年度,有機化学実験,専門教育科目(学部)

▼全件表示

社会貢献活動

  • 青森県立弘前南高等学校「南陵サイエンスセミナー」

    2017年11月11日

  • 弘前南高校SSH事業「南陵サイエンスセミナー」

    2017年11月

  • 化学への招待 弘前大学一日体験化学教室

    2017年08月07日

  • 青森県立弘前南高等学校「南陵サイエンスセミナー」

    2016年11月12日

  • 弘前南高校SSH事業「南陵サイエンスセミナー」

    2016年11月

  • 青森県立弘前南高等学校「南陵サイエンスセミナーIII」

    2015年10月31日

  • 青森県立弘前南高等学校「南陵サイエンスセミナーIⅡ」

    2015年10月

  • 北海道札幌新川高等学校 上級学校セミナー2014

    2014年11月05日

  • 北海道札幌新川高等学校 上級学校セミナー2014

    2014年11月

  • 青森県立弘前南高等学校「南陵サイエンスセミナーII」

    2014年10月04日

  • 青森県立弘前南高等学校「南陵サイエンスセミナーⅡ」

    2014年10月

  • 青森県立八戸北高等学校「青森サイエンスキャンプ」

    2014年09月06日 - 2014年09月07日

  • 青森県立八戸北高等学校「青森サイエンスキャンプ」

    2014年09月

  • 平成26年度教員免許状更新講習会担当

    2014年08月

  • 平成26年度弘前大学ドリーム講座

    2014年07月25日

  • 平成26年度弘前大学ドリーム講座 三沢高等学校

    2014年07月

  • 青森県立弘前南高等学校「南陵サイエンスセミナーII」

    2013年10月05日 - 2013年10月06日

  • 青森県立弘前南高等学校「南陵サイエンスセミナーⅡ」

    2013年10月

  • 青森県立八戸北高等学校「青森サイエンスキャンプ」

    2013年09月07日 - 2013年09月08日

  • 青森県立八戸北高等学校「青森サイエンスキャンプ」

    2013年09月

  • 青森県立八戸北高等学校「青森サイエンスキャンプ」

    2012年09月08日 - 2012年09月09日

  • 青森県立八戸北高等学校「青森サイエンスキャンプ」

    2012年09月

▼全件表示